1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-09-17 11:16:14

2013年9月議会の一般質問の内容です。

テーマ:ブログ

みなさん、こんにちは。

今回の議会での一般質問は以下のように通告を致しました。

お時間のある方、興味のある方は是非傍聴へお越しください!



一、危機管理と香川県地震・津波被害想定第二次公表について


1)8月28日に香川県地震・津波被害想定第二次公表報告書の発表があったその結果を受けての対応と対策に関してお伺いする。今回の人的・物的被害の想定について市長の感想をお伺い致します。


2)被害想定では人口の約1/3が避難者(避難所と避難所外の合計)となる見込みであります。それに対応する市の準備は現在どのようになっているのかお伺い致します。


3)行政報告時に防災知 識のさらなる普及や建物の耐震化等、防災・減災対策の啓発等を引き続き行ってまいりたいと考えている。とのことでしたが、確かに防災減災対策としてこのよ うなことを行って行くことは非常に重要であり効果的なことであると思います。現在までもこのような活動を行ってきたと思いますが、その内容またそれによる 効果(避難訓練の参加者数、耐震診断や耐震化、地域防災の充実)を具体的にお教えいただきたい。また、危機管理として、行政としてどのような備えや準備を 行っていくのか、対応を行っていくのか、これも非常に重要な点であります。先の質問から導き出されたギャップをどのように埋めていくのか具体的に答弁を求 めます。


4)行政における危機管 理は、防災だけではなくあらゆる面において考えておくべきであります。例えば、新興感染症やネットワーク攻撃など外部要因によるもの、不祥事などの内部要 因によるものと多様な危機があります。これらの危機管理を現在どのようにおこなっているのかお伺い致します。


5)危機管理という面から、先日4日の台風接近の際に小中学校に帰宅指示がでたと思うが、その指示をだした時の判断はどなたがされたのか。また、その判断の基準はどういったもの中をお伺い致します。


6)この台風に関しては夕方には収まってくるとの予報も出ていたが、帰宅指示をかけたのはもっ とも雨の強かった時間であったと思う。小学生は保護者の迎えがあったように見えたが中学生は各々土砂降りの中帰宅をしていたように見えた。通常は外出を控 え災害に備えるというのが常識的なところと思いますが、そんななか中学生は各々帰宅をしていたという状況であります。普通考えれば、雨の状況や今後の予報 から判断するならば学校待機(通常授業)で対応するべきではなかったかと考えるが、教育長のお考えは。


 

二、事業評価制度の導入について


1)現在、本市においてもPDCAのサイクルを回しながら施策の実行や見直し次期計画(予算)への反映等を行っていると思うが現在行っているその手法はどのようなものでどのようなやり方を行っているのかお伺い致します。


2)多くの自治体では事業評価シートなどを用い、事業の実績や推移、コスト、今後の課題や事業を取り巻く環境を書き出しそれをもとに評価を行っていくという手法をとっています。本市においてもそれをまねるのではなく本市独自の手法で事業の見えるかを行いPDCAサイクルを確実にまわしていく必要性があると思いますが市長のお考えをお伺い致します。


三、ふるさと納税について



1)本市におけるふるさと納税制度の現在の活用状況はどのようになっているのかお伺い致します。


2)交付税算入もされず市にとってこの制度を推進していくことは非常に有益だと考える。今後のどのように活用していくのか、また、多くの方にこの制度を利用していただく為にもっと独自の改良を加えてもいいのではないかと考えるがそのような考えはないのかをお伺い致します。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-08-30 22:36:36

かがみはら慎一郎公式ホームページ開設!

テーマ:ブログ
みなさん、こんばんは。

本日より、かがみはら慎一郎ホームページがオープンしました。

それにあわせて、フェイスブックページも開設いたしました。
(いいね!をよろしくお願いします。)

このブログには、定例議会を中心に活動情報をUPしようと考えています。

今後とも、よろしくお願い致します。


かがみはら慎一郎公式ホームページ
http://kagamihara-shinichiro.com/


かがみはら慎一郎FBページ
https://www.facebook.com/KagamiharaShinichiro
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-19 21:49:36

一般質問終了

テーマ:ブログ
みなさん、こんばんは。



本日は、市長、教育長並びに選挙管理委員長に質問をしてきました。



トータル的に振り返って考えてみると、



8割程度しか自分の思っていたことが質問できませんでした...



まだまだ修行がたりません...



精進あるのみです。みなさんのご指導よろしくお願いします。



①避難所の受け入れ態勢について



生徒、高学年児童の救護者として認識すべきとの問いに対し、



市長より、お願いを出来る部分はお願いをしていきたいと答弁を頂きました。



それに対し、それならば計画等にもその旨を掲載し、



訓練等も行うべきではとただすと、



教育委員会との協議が必要だが前向きに検討していく。と答弁を頂きました。



また、避難所に関しては、避難所運営協議会(仮称)を各避難所ごとに立ち上げ、



いざという時の役割の明確化を行うべきとただしました。



②投票率の向上について



なぜ投票率の向上が必要かということの私の認識※を申し上げ、



それに対する選管長の考えと今後の啓発に関して問いました。



選管長からは、私の考えはその通りであり、私も同感である。



今後は、そのことを念頭におき、



啓発等猛烈に進めていくとの答弁を頂きました。



また、学校等教育現場への出前事業に関し、



もっと、市選管として積極的に行くべきであるとただしました。



選管からは、受け身だけではなく積極的に行っていくとの答弁を頂き、



教育委員会に受け入れの意思の確認をしたところ、



選管と連携を図っていきたいとの答弁をいただきました。



③水道事業について



施設の老朽化に対する認識を確認したところ、



数字的にみても全国的、類似団体に比べ施設の老朽化が進んでいる。



また、更新事業の遅れも顕著であり、24年度から老朽施設の更新を



順次行っているとの答弁でした。



私からは、水は命に係わる大切なものである。



市民に分かりやすい形で、今後の水道施設や事業としての展開を



示すべきであると申し上げました。


かがみはら慎一郎_志
※投票率向上に関する私の認識
自分達のまちは自分たちで創るんだ。おらが町を託せる、その代表であり、共に 町を作る仲間として、市長や議員をしっかりと見極めて投票するんだ!といった自らのまちを愛しその意思表示を投票という形で行っていくそういった意味での 投票率の向上。また、先般、東京都小平市で行われました、住民投票に関しては開票に際し投票率のボーダーラインがあった。今回は50%だったと記憶をする が、多くの住民投票の場合もこのぐらいのボーダーラインが設けられている。結局これは、住民の意思がきちんと反映されているのかどうかというところでのラ インであると理解をする。住民投票と選挙を純粋に比べることは出来ないのかもしれないが、住民の意思を反映した投票結果かどうかという点では同じではなか ろうかと考える。そういった意味でもある程度の投票率は保たなければならないとも考えている。しかしながら、単純に投票率を上げるだけではダメであると考 える。諸外国で選挙での投票の義務化を行っている国があるが、100%の投票率だからいい結果が得られているかというとそうでもない結果も多く出ている。 やはり、郷土愛を育て、なぜ投票に行かなければならないのか。政治や議会の仕組みをしっかりとした教育をしていく必要性があると思う。そういった中で相対 的に投票率を上昇傾向にしていく必要性があると考える。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。