高槻天神先生のブログ

学研JR高槻前天神教室で行っている科学実験教室のブログです
基本、毎月第4土曜日に教室を開いています


テーマ:

ビンの中に松ぼっくりが入っています。

ビンの口より松ぼっくりが大きいので出すことができません。







どうやって、ビンの中に松ぼっくりを入れたのでしょうか?

ビン詰松ぼっくりの作り方は、「秘密」ですが、松ぼっくりをビンから出す方法は、お教えしましょう。
ビン詰松ぼっくりから松ぼっくりを出す方法は、
「松ぼっくりの入ったビンに水をいっぱい入れて、数時間待つ」
以上


水につかった松ぼっくりは傘がしぼんで小さくなるので、ビンの口から出すことができます。

(しぼんだ松ぼっくりは、天日で乾かして傘が開くまでに数日かかります。)


次は不思議な5円玉です。





木につなぎ目はありません。

木の矢の刺さった5円玉の作り方は、わかりますか?


庭の植木の枝に5円玉を挿しておいて、数年待つ。

枝が太くなったら、木の枝を切って矢の形に木を削る。
という方法でもできるかもしれませんが、この5円玉は、そんな悠長な方法で作ったのではありません。


必要な材料は、5円玉と矢の形に削った木(写真の矢は、かまぼこ板を削ったもの)、水、鍋、万力です。


万力の代わりにペンチでもできると思いますが、木が乾くまでペンチを握っていられないので、強力なゴムバンドのようなものが必要かもしれません。

私は、100円ショップで売っていたおもちゃの(ような)万力を使いました。



5円玉に木を通した後もひと手間が必要になります。


いろいろ工夫して、チャレンジしてみてください。


2つを合体させたものも作ってみました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は、電池・電気おもしろ実験の1回目でした。


最初は、魔法の水で電池を作ってみましょう。

まず、銅とアルミのシートを用意します。






銅シートとアルミのシートは向い合せに紙コップのふちにとめます。

ICメロディーは音がよく聞こえるように、紙コップの底に両面テープで貼り付けておきます。
単三電池をつなぐとメロディーが聞こえます。




ICメロディーと銅シート、アルミシートをミノムシクリップでつなぎます。
ICメロディーの黒い線をアルミ側(-極)に、赤い線を銅側(+極)につなぎます。


そして魔法の水をコップに入れます。
するとICメロディーから何か聞こえてきますが、なんかパワーが無いみたいですね。

同じようにコップに銅とアルミのシートをはさんだものをもう一つ作って、直列につなぎます。
音楽が聞こえますが、まだ音が小さいようです。
もう一つ紙コップ電池を直列につなぎました。
やっと、単三電池で鳴らした時のようにメロディーが聞こえました。

単三電池とほぼ同じ電池ができたことになります。



今度は、同じ紙コップ電池を別に作って、水道水を入れてみました。
水道水ではさっきと違ってうまく鳴りません。
3個直列につないだものでもすごく小さな音しか聞こえません。
でもこの紙コップに、ポッカレモンを数滴入れるとだんだん音が大きくなっていくのがわかりました。




先ほどの魔法の水は何だったでしょうか?
魔法の水を別の容器にとって、みんなに舐めてもらいました。
(コップ電池の中の水は金属が溶けだしているので、なめないように)
味は、しょっぱいですね。
魔法の水は食塩水でした。


水道水に比べて、食塩水やレモン水は電気をよく通すのでコップが電池になったのですね。

電気を通すものなら、食塩水以外でも電池になるようです。


では、実験セットを組み立ててみんなも自分で試してみましょう。



食塩水は、先ほどのコップの実験と同じなので、みんなの実験セットでもICメロディーはよくなりました。
スポーツドリンクもよくなりましたが、食塩水よりは弱い感じですね。
レモン水もスポーツドリンクと同じくらいですかね。


次は、液体ではなく、食べ物でも実験してみましょう。
キュウリを輪切りにしたものを実験セットを使ってICメロディーにつなぎます。




すると同じようにICメロディーは鳴りました。
でもキュウリ5個では少し音が小さいようです。2つ増やしてつないでみるとようやくいい音になりました。


(キュウリは一晩塩漬けにしたものを使っています)
今回は行っていませんが、レモンでも同じように電池になります。


次は、液体やキュウリではなく、人間で電池を作ってみましょう。
みんなの体が電池になるんだよ、というと????という顔ですね。

アルミ箔を丸めたものやアルミのシート(100円ショップで売っているレンジフードを切ったもの)などのアルミ製のものと、さまざまなステンレス製のもの、銅のシートを使います。








手を食塩水でぬらして、右手にアルミ製のもの、左手に銅かステンレス製のものをもって全員が直列になるようにミノムシクリップをつなぎます。





最後にICメロディーにつなぐと、ほらICメロディーが鳴りました。



一人ひとりはどれくらいの電池になっているのか、順番にテスターで測定しました。
一番よく電気を起こしていた生徒は0.8ボルトありました。
少ない生徒は0.2ボルトでしたが(食塩水にちゃんと手をつけていなかった?)、だいたい一人が0.6ボルトくらいの電池になっていることがわかりました。



自分が電池になったことにはみんなびっくりでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は、食べ物びっくり実験の2回目でした。


植物には酸・アルカリに反応して色の変わるものがあります。

紫キャベツの汁は不思議なくらいいろいろな色に変化します。
これを実験で試してみましょう。


紫キャベツを煮て作った紫色の汁を用意しました。
これを卵のパックに少しずつ入れて並べます。




実験に使うのは、砂糖水、食塩水、こんにゃく袋の水、石鹸水、重曹、アンモニア水、クエン酸、レモン(ポッカレモン)です。







それぞれを、紫キャベツの汁にスポイトを使って少量入れていきます。
すると色が変化するのがよくわかります。



赤ピンク系に変わるもの青緑黄色系に変わるもの色の変化がないものがあります。
クエン酸やレモンはきれいなピンク系に変わりました。
重曹や石鹸水こんにゃくの水は緑系に変わります。アンモニア水は緑から少し黄色系に変化します。


砂糖水と食塩水は色が変化しませんでした。

酸性のものだと赤ピンク系に変化して、アルカリ性のものだと青緑系に変化します。
変化しなかったものは、酸性でもアルカリ性でもない中性ということです。


このように紫キャベツの汁で酸性かアルカリ性かを調べることができます。
これは、紫キャベツに含まれているアントシアニンというものが、酸やアルカリで色が変化する性質があるからです。

アントシアニンが含まれている食べ物は他にもムラサキいもがあります。
ムラサキいものパウダーというものがあります。ケーキを作るときに紫の色を付けたりするのに利用されるようです。
このムラサキいものパウダーを溶かした汁でも同様の実験ができます。
ブドウにもアントシアニンが含まれているので100%果汁のグレープジュースでも試してみました。



グレープジュースでは酸性にあまり反応せず赤くはなりませんでしたが、アルカリ性には緑に変化しました。

紫キャベツとムラサキいもがきれいに変化するのがわかりました。



酸性アルカリ性を調べるものとして、普通はリトマス試験紙を使います。
リトマス試験紙はリトマスゴケという苔から抽出された紫の色素で作られています。
アントシアニンよりも酸・アルカリで色が大きく変化するので、酸やアルカリの強さを調べるのに使われます。


次は鉛筆が色鉛筆に変わるというおもしろい実験です。
単一電池を6本つないだ大きな電池を作ります。
鉛筆は両端の芯を出すように削っておきます。



この鉛筆に電池の+極と-極をつなぎます。
トレーにペーパータオルをしいて、紫キャベツの汁をしみ込ませます。
そして、このトレーの中で電気を通した鉛筆でゆっくり線を引くと-極側の鉛筆で緑の線が引けます。
また、+極側の鉛筆ではピンクの線が引けます。



先ほどの酸性・アルカリ性の実験でピンクになるのは酸性、緑になるのはアルカリ性だということがわかりました。

ということは、-側の鉛筆の先からはアルカリ性のものは発生していて、+極側の鉛筆の先からは酸性のものが発生しているということですね。
紫キャベツの汁の水分が電気分解されて、酸性のものとアルカリ性のものが発生していることがわかります。

プラコップに少し紫キャベツの汁を入れて、コップにこの鉛筆を立てて電気を通すときれいな虹のような模様を作ることができます。





今度は、この電気鉛筆を使ってカレーにお絵かきをします。
トレーにペーパータオルをしいて、食塩水をしみ込ませます。
その上にカレーを作るときに使うターメリックをぱらぱらとふりかけます。






前の実験と同じように電気鉛筆で線をひくと-側の鉛筆で赤い線が引けます。




ターメリックの場合は+側の鉛筆は色が出ません。
その代り、-側の鉛筆で書いた赤い線を+側の鉛筆でなぞると色が消えます。
消しゴムじゃなくて、消し鉛筆になります。


おもしろいのは、紫キャベツの時は+側が赤くなったのに対して、ターメリックは-側が赤くなっています。

同じアルカリ性にたいして、赤くなるものと緑になるものがあるということですね。


アルカリ性で赤くなったという証拠に、このターメリックにアンモニア水をかけると、確かに赤く変化しました。



最後は、実験セットの電気ペンを組み立てて、みんなで紫キャベツの色の変化やターメリックの色の変化を確かめました。



また、実験セットに入っているリトマス試験紙を使って、-極側がアルカリ性になっていることを確かめます。

たしかに、赤色のリトマス試験紙が青色に変化しました。





(おまけ)

紫キャベツの汁にドライアイスを入れてみると



ぶくぶくと白い煙が出てきて



少し赤くなります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は、食べ物びっくり実験の1回目でした。


まずは、チューインガムのびっくりです。

みんなにガムを少し(一枚の四分の一くらい)配って、よく噛んでもらいます。
次に、板チョコの一山を配って、ガムと一緒によく噛んでみます。

しばらくするとガムがなくなってきました。




チョコだけではまだ、なくならなかった生徒には、かっぱえびせんを追加で食べてもらいました。
するとチューインガムは消えてしまいます。


どうしてでしょう?
チューインガムは水には溶けませんが油にはよく溶けます。

チューインガムはチョコレートやかっぱえびせんの油分に溶けてしまったのです。


次はみんなでバター作りをします。
バターって、意外と簡単に作ることができるので驚きです。

材料は、生クリームだけです。
ただし、乳製品と表示されている生クリームでないとうまく作れません。

生クリームを厚手のポリ袋に入れて、ゴムひもで結びます。




それを手で下向けにまりつきのようにパンパンとはじくだけです。

交代でみんなにパンパンしてもらいましたが、小さい生徒は少しむつかしそうでした。



5分くらいやっていると生クリームが油分と水分に分離します。
分離した油分がバターで水分の方はバターミルクといいます。

生クリームの状態のときは、油分がタンパク質などに覆われていて、水分とよく混ざっていますが

衝撃を与えることで、このたんぱく質の幕がとれて、油分と水分とが分離します。




100mlの生クリームで、これだけのバターを作ることができました。




バターミルクも飲んでみましたが、結構おいしいものでした。

出来たバターは、クラッカーにのせてみんなでおいしく食べました。



次は、ウズラの卵のびっくり実験ですが、まずはゆで卵を作ります。
卵をゆでるのには鍋が必要ですね。
今日はこの鍋として紙を使います。


紙でお湯が沸くの?
とても不思議な感じですが、実際にやってみましょう。

水を入れた紙のなべに、コンロで火をつけます。
みんなは、紙が燃えて水がこぼれるのではないかと心配顔です。
紙なべの周囲は少し焦げましたが、水の入っている部分は何も変わりません。




水も沸騰してきて、しばらくしてウズラのゆで卵が無事にできました。


どうして紙は燃えなかったのでしょう?
紙の燃える温度(発火点)は約300度です。
紙なべは、水が入っている限り、水の沸点の100度より熱くなることがないわけです。
だから紙は燃えずにお湯を沸かすことができたのです。
鍋のない非常時などには役に立つ知識ですね。


そして、本題のウズラの卵のびっくり実験です。
ウズラの卵には模様が付いていますが、この模様は印刷されたものだといううわさがあります。
本当でしょうか?
印刷されたものならそれをはがすとどうなるのかな?

実験で調べてみましょう。


使うのはお酢です。
ウズラの卵をお酢につけて、しばらく待ちます。

すると、まず、卵から泡が出てきました。




この泡は卵の殻がお酢に溶かされてできた炭酸ガスです。
2分ほどして、このコップをお箸でかき混ぜると・・・・
アララ、模様が取れてきました。



取り出して、ティッシュできれいに拭くと
真っ白なウズラの卵になりました。



ウズラは卵を敵から見えにくくするために、このような模様をつけていたのですね。


最後は、レモンのびっくり実験です。
ろうそくの火に向かって、レモンの皮をそいだものを指で二つ折りにします。
なにかが飛び出します。
そして飛び出したものが花火のように燃えるのがわかります。




これは、レモンの皮に含まれている油分(リモネン)が飛び出して燃えたのです。

このリモネンは他にもすごい性質があります。
まずペットボトルに油性マジックで字を書きます。
この字はティッシュで拭いてみても消えません。
洗剤で拭いても消えません。
しかし、レモンの皮で拭くとマジックが消えました。




また、発砲スチロールにこのレモンの皮を二つ折りにして軽く押し付けると発泡スチロールが溶けるのがわかります。


他にもゴム風船にレモンの皮の汁をかけてしばらくすると
パーンと破裂します。




リモネンがゴムを溶かしたのですね。



リモネンはレモンやオレンジ、ミカンなどのかんきつ類によく含まれていて、オレンジオイル配合と書かれた洗剤なども売られています。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は、大気圧のふしぎ実験の2回目でした。


最初は、「はなれないステンレスボウル」の実験をします。

2個のステンレスのボウルをゴム(パッキンといいます)をはさんでくっつけます。
やり方は、まず、ティシュをふんわりと丸めてボウルに入れて火をつけます。




炎が上がったら、もう一つのボウルをかぶせて、バケツの水に沈めて冷やします。



何をしたかというと、気体の熱膨張を利用して、ボウルの中の空気を追い出したのです。
こうしてくっついた2つのボウルはもうはなれません。

みんなでボウルについたボルトを持って、引っ張ってみました。
誰もはなすことはできません。
先生も思いっきり力を入れて引っ張ってみましたが離れません。



空気が少なくなったボウルは大気圧の圧力に押されて、しっかりくっついています。

この実験は、17世紀にゲーリケというドイツ人の科学者がマルデブルグという町で行った実験を再現したものです。


規模は全然違いますが、
ゲーリケは直径1メートルほどの大きな銅製のおわんを、彼の発明した真空ポンプを使って中を真空にしてくっつけました。
そして、8頭ずつの馬で両方から引っ張ってもはなすことができない、という実験を行いました。
この実験は、町の名前から「マルデブルグの半球の実験」と呼ばれています。

ゲーリケは、この実験で大気の圧力がいかにすごいかということを証明しました。


次は、空き缶ペシャンコ作戦。
真空をつくる方法として、はなれないボウルではティッシュを燃やしましたが、今度は別の方法でやってみます。
空き缶に少し水を入れて、コンロで沸騰させます。




その空き缶を逆さに洗面器の水の中に入れると、一瞬で空き缶がペシャンコになります。




どのようにして真空ができたのでしょうか?
その秘密は水にあります。
水という液体は、沸騰すると水蒸気という気体になります。
水が水蒸気になると1700倍に膨らみます。
缶の中の空気は水蒸気に押し出されてしまい、カンを逆さに水に入れると水蒸気が一気に冷やされて、体積が縮みます。

缶の中は真空に近い状態になったため、大気圧の力で缶がつぶされてしまうのですね。


この時、水も缶の中に入ってきますが、水の入る速さと水蒸気が冷える速さの競争になります。
水が入るより早く水蒸気が冷やされれば、大気圧で空き缶がペシャンコになります。
だから、プルトップの空き缶でないとこの実験はうまくいきません。




やかんを沸騰させると白い湯気が出ますが、この湯気は水蒸気ではありません。
水蒸気は実は透明です。
透明な水蒸気が、空気中に出て冷やされて小さな水滴になったものが湯気になります。
沸騰したやかんの吹き出し口のすぐ近くは、湯気もなく何もないように見えますが、水蒸気が噴き出しているのです。



次は吸いつくゴムシートの実験です。
うすいゴムシートにセロテープで取っ手をつけていろんなものを持ち上げてみましょう。
金属のボウルの底にゴムシートを押しつけて持ち上げます。
簡単に持ち上げられます。
ゴム磁石みたいですね。


では、磁石につかないもので実験してみましょう。

紙のお皿の底にゴムシートをつけて持ち上げると、これも持ち上げられます。




みんなで他にいろいろなものを持ち上げてみました。

では、紙皿の底に穴をあけてやった場合はどうでしょうか?
さっきは簡単に持ち上がったのに今度は吸いつきませんね。

何が違うのでしょうか?
ゴムシートに空気が入ってしまうと持ち上がらなくなるということがわかります。


このゴムシートを使ってプラコップを釣り上げる競争をしました。
釣り上げるコツをつかむと簡単に吊り上げられました。



次は巨大なゴムシートを使った超強力ゴムシートです。
丸いゴムシートは直径16cmのゴムシートです。
大気圧は1平方センチ当たり1㎏の力がありますから、このゴムシートが作り出す真空の力は、理論上は約200kgのものまで持ち上げることができます。
四角いほうのゴムシートは30cm四方のゴムシートです。
ですから、900kgのものまで持ち上げることができる計算になります。
実際にはそこまで持ち上げられませんが、教室の机程度は簡単に持ち上げられました。





最後は、踊るポヨヨン風船です。
水を入れて膨らませた風船のポヨヨン君。
ビンの口より大きいのでビンに入ることができません。
どうすれば、ポヨヨン君をビンの中に入れることができるでしょうか?




これもティッシュを使います。
ティッシュに火をつけて、ビンの中に入れて、すぐにポヨヨン君をビンの口にのせます。
すると、ビンの中から膨張した空気が出ていくので、ポヨヨン君がぽよよんぽよよんと踊ります。

そのあと、だんだんポヨヨン君がビンの中に吸い込まれていきます。



ビンに入ったポヨヨン君は引っ張っても、もう出すことができません。




前回の実験でおこなった「とれないキャンディー」とおなじで、引っ張りだそうとしてもビンの中の空気が少ないので出すことができないのです。
さて問題です。
どうやったら、ポヨヨン君を引っ張りだせるでしょうか?
ヒントは、ストローです。


いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。