自分をカエル

色んな意味でカエルンは浮気性
そんな自分を見つめなおす為の書き物
βακα..._〆(゚▽゚*) wright by kaerun


テーマ:
【今週、妻が浮気します。】
【電車男】に次いで流行ってるようですね。

これを本を買わずに、ネットで検索して
全てを読んだ時、俺もそんな事があったなぁ~
ウ━(・m・`≡´・д・)━ン…

過去の事を思い出しました。

それは、妻と結婚して2年目
今からすると2年前、上の子が生まれて
妻のお腹には、2人目が居る時でした。


ある休日、俺はヽ(´ー`ヽ)マターリ過ごしてた。
妻は、いつものように実家で食事の用意をしてた。
(妻は実家で、調理をして
 もちろん妻実家の食事も義母と一緒に作る。
 子供に食べさせた後、家に戻ってご飯するという
 なんか良く解らない生活スタイル)

その日に限って・・・
妻は、家に携帯を置いたまま実家に戻ってた。
すると?
妻の携帯にメールが・・・

サブウインドウには、送信主の名前では無く
電話番号で送られたメール・・・
何気に、携帯を見た時

何故?


名前が登録されて無い奴からの
スカイメールが妻の携帯に来るんだろうか?
って言う
疑問が生じました。

その時
俺と妻は、Tu-kaの機種で同じ携帯を持ってた。
だから
機種による操作方法やら、機能などは把握してたし
携帯も新たに持たせた携帯だっただけに

その何故?
って疑問から、
少し・・・興味本位で携帯メールを見てみた。
内容は、他愛の無い内応で始まってたが
最後の一文が気になった。
「今忙しいから、来週はやっぱり会える時間ないわ・・・」
(゜Д゜)ハァ?

【会えない?】


そこが妙に気になる。
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ピクピク

妻は、誰かと会うとか、そのような話を一切してなかったし・・・
誰なんだろう?
確かめたい・・・

30分程悩んだ挙句
ウ━(・m・`≡´・д・)━ン…

悪いと思いながら・・・
その番号だけの送り主に、
スカイメールを返信してみた。
「そっか・・・会えないんだ。(-_-;)
 じゃ次は、いつなら会えそう?」


すぐに返事が返って来た。

相手からのメール
「なんでって?その理由は前に言ったやろ?
 俺も今 大事な時で試験も近いからな
 次の予定は、まだはっきり言えんわ」


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!


なんだそれ???
つ~か偉そうな返事ですね。
ウ━(・m・`≡´・д・)━ン…

かなり、親しき仲で無いと
普通は、言いませんからね

さて!?
(;゚д゚)ァ....
ここで、妻が誰とメールをやり取りしてるか?
俺の頭の中の記憶をフル回転で検索する。

ピ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ン !!
閃いたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

その人物の特定を、ある程度判別出来ました。
なんの根拠も無いけど、

まずは、落胆 _| ̄|○↓↓↓ してみる。
それに続き
悲しみ(つД`;)

最後に、自分が情けなかった。
「何故、返信してしまったんだろう?
 俺がメールしなければ、悲しむ事も無かったのに・・・」

っと

ただ
悲しみから、怒りに変わるのも早かった。
その怒りを抑えて
再度、返信した。
「やっぱり・・・会いたいな?
 少しでも良いから・・・
 ダメかなぁ~?(>Д<)」

返信した後

すぐに返事が返って来たが
今となっては、思い出せないくらい。
怒りが頂点に達していた。

その相手とは??






















【略奪愛】シリーズ でも書いた妻の相手
そう
失踪したとされる

【元彼氏】から

だと把握したからだ
試験ってのと
相手の電番が・・・J-Phone(今のVodaPhone)
俺の過去の妻との会話で、何気無く言ってた事から推測して
【元彼氏】と断定した。

そう断定した後は
送・受信したメール(俺が送った奴と後の返事)を削除する時
更に疑問が解決した。

明らかに送信済みメールの数が少な過ぎる。
その時、持ってた機種は
受信メールは、フォルダ毎に分けられるが
送信メールは、一個の送信箱にしか入らない。
それが誰に送ってもそうなる。
自分が持ってる携帯を見てもそうだし

日々、俺とのスカイメールでの送信ボックスは、
今日俺が削除した2通のメールを消しただけでは
送信箱MAX数、50-2で48残る筈が
何故か、20くらいしか残って無かった。
なんかおかしい(;゚д゚)ァ....
っと思い、妻の携帯から自分の携帯へ
50になるまで、空メールを送信してみたら
50通送っても、40までしか・・・
送った送信メールが残らない。
その隠れた10個のメールの行方は???
(゜Д゜)ハァ?(゜Д゜)ハァ?(゜Д゜)ハァ?

自分の携帯をよぉ~く調べて見ると
プライベートモードで送信したメールは
送信フォルダには残るが、
プライベートモード以外では削除出来ない。
表示もされないって事を、見つけた。
って事は、
その表示もされない10通の送信メールは・・・
プライベートモードで、送ったメールだと断定する。

隠してた妻の秘密
それが、メッキのように剥がれ落ちいく
じゃ
プライベートモードのパスワードは?
数字四桁で、妻が入れそうな
妻、俺、子の誕生日
結婚記念日、一緒に暮らした日
出合った日等を入れても解らない。
どうせ数字!!
0000~9999までの間に解るだろうが・・・


そう考えてる間に
俺の心臓の動悸が激しくなり。
何故か
寒くも無いのにガタガタ((((;゜Д゜)))ブルブルと
体の芯から・・・震えが止まらなくなった。
そうなった時
俺の頭の中は、真っ白になり
何も考える事が、出来なくなっていた。



その震えと同時に、
急な悪寒が始まり・・・
布団にくるまって、暖を取ってた時に

妻が実家から戻って来た。
何事も無かったような顔をして
いつもの通りの妻が・・・

布団にくるまってた俺は

問い詰めるべきか?


ウー c(`Д´c)

何も言わざるべきか?


キョロ━(゚∀゚≡゚∀゚)━キョロ

悩んだ結果
俺は、妻に言う事にした。


俺「なぁ~なぁ~自分の携帯弄ってて
  同じかなって?お前の携帯見たけど
  メール送信箱って、最大50通やん?
  50まで行ったら、古いメールから消えてくやん?
  でっお前の携帯見た時に
  何故か・・・40から増えないんよね?
  なんでなんやろう?潰れてるんかな???」

って事を言った時

妻「さぁ~知らん(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)」
少しぁゃιぃ素振りの返事で・・・

俺「でな・・・
  自分の携帯で、プライベートモードして
  送ってみたんよ
  そしたら、お前と同じ現象になったんやけど?
  前、聞いた時、
  プライベートモードなんてしてないって言ってたよな?」


妻「う・・・ん・・・」
俺「まぁ~良いけどさ(-_-;)
  でっ
  お前 来週 誰かと会う約束してた?」


妻「えっ?なんで?」
(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)

俺「いやな・・・
  先に、謝っておくわ
  ごめんm(__)m
  お前の携帯に、アドレス登録されてない
  メール来てて・・・
  そのメールの中身見ちゃったんよね?
  それに書いてたから・・・」


それから妻は、何も話さなくなった。
いつもそうで、自分が都合悪くなると・・・
何も話さなくなる。
ここからは、俺の独壇場になって来て

俺「だから、なんで嘘ついて隠そうとするの!?
  まず、お前の携帯貸せや!
  (゚д゚#)ゴルァッ!」

と言い、携帯を取る。

俺「暗証番号は?」
妻「・・・」
俺「聞えなかったかなぁ~?暗証番号!!」

妻「10**」
俺「その4桁って、前の彼氏の誕生日か
  出合った日ちゃうん?以前、お前が言ってた・・・」

妻「・・・」

でっ
プライベートモードで、妻の携帯を見ると
隠れてた部分が現れる。

送信箱も受信箱の内容は、
男「会いたいなぁ~久しぶりに!」
妻「うん(はあと) 凄い・・・会いたい。」
男「でも、会ったらお前を抱いてしまうしな
  それでも良いんか?」
妻「いいよ♪ 私も・・・(はあと)」
男「でも、旦那に悪くないの?」


というメールのやり取りが続いてた。
律儀に、メールを保存設定(;゚д゚)ァ....

そこで俺は、
内心、半狂乱になりながらも
冷静さを装い。

俺「これ何?
  でっ会ってやったんか?」

との問いに首を横に振る妻

俺「俺は、そう聞いても納得せんし
  相手の意見も聞かないとなぁ~
  一方だけの意見では、俺は判断出来ん。」


っと同時に
相手の男の電話に、電話した。
初めの会話は、相手も俺も喧嘩越し
中盤に、
俺が
「お前が、俺の妻を忘れられんのなら
 そっくりやるわ
 上の子と今、腹に入ってる子供もオプションでな!
 俺は、もうこんな女要らんしな!!」


と言った後
相手の反応は、一気に喧嘩越しから弱腰になり
俺をなだめるような話になってきたが
そんな口先だけでは、俺は動じない。

俺「まだこいつ(妻)の意見もはっきり
  聞いて無いから、
  また後ほど、掛けなおすから
  出ろよ!お前!」

って言った後 電話を切った。

その頃、妻は涙も見せず
ただうつむいた状態で、謝罪も無かった。
それに腹が立った俺・・・

その時
義母が現れた。
上の子を連れて来たようだ。

話の展開も解らずに
喧嘩の仲裁に入って来た義母・・・

義母と俺と妻の3人で話の中で
義母は、変な質問を妻にした。
「あの子かいな・・・
 でっあんたは、あの子の事まだ好きなん?」

って問いに


妻は大きく、

縦にうなずいた。


そこで、俺の決意は定まった。
義母が居る間に、

「じゃ俺、どっか行きますんで
 後は宜しく
 養育費とかその他の件は、また相談しに来ますわ!」

と俺は言った後

義母は、なだめるように俺に話初めて
話し終わった後
義母は、上の子を置いて戻って行った。

俺は、何故か?
女は叩けない・・・だから
自分の携帯 2つを真っ二つに!
(携帯2個を今でも持ってる。)
(;゚д゚)ァ....
と呆然とする妻

でっ
上着を着て、家を出る準備をした。
引き止める妻・・・
振り払う俺・・・

出ようとした時
1歳になったばかりの上の子が、大泣きした。
ウワァァァァァァ(つД`;)ァァァァァァン!

その涙を見た時

俺は、我に返った。


(゜Д゜)ハッ
俺は、妻の夫であるけど・・・
俺は、こいつ(上の子)の父親なんだ
っと
上の子を抱きかかえ
泣き止ませるように、子供をあやしながら
再度、妻と話をした。

そして
思い直した・・・

俺も、一度 妻を悲しませた。
特に異性関係で、悩ませもした。
(その時、メル友がまだ多かったのでw)
だから、
妻の今回も両者は言うように

してない!


って事を信じてあげる事にした。

途中で、消息を絶った男は引きずる。
それを俺自身が解っていながら
それをちゃんと振り切って、
断ち切らせてあげる事が出来なかった俺

振り返ってみると、
この2年間・・・
家に帰ると、パソコンに向いっきりで
ろくに会話も無かった。
随分、寂しい思いをさせて来たし
子供の事も、ほぼ妻にまかせっきりにして
協力しなかった結果が
このように、昔の男の誘惑に
すぐに乗ってしまいそうになったのだと・・・

そういう冷静な気持ちで
相手の事を考えれるようになった時
俺は、めまいがして倒れるように横になる。
熱を計ると、39度超えの高熱

あの時の急な悪寒は、
この熱による悪寒だったんだと思った時
眠りの世界へ、俺は旅たった。

その日から、
2日間 寝込んでしまった訳だけど
寝てる時に、色々と自分の中で葛藤をして
一つの答えを導きだした。

それに、
浮気も、一応・・・未遂で防げた訳だし
特に、妻に対して汚点も無い。
恋愛的な、感情も俺にも残ってる。
だからこそ
我を失う程に、怒りが込み上げた訳だし。

現在、1歳になる子供も居て
新たに生まれてくる子も居る。
その為に、もう一度
妻を見つめ直そうと考えた。

離婚するのは、簡単だけど
今回のは、性格の不一致では無く
一時的な感情による、突発的な行動
それに
親の勝手な行動で
子供達に、片親の辛さを背負わせる訳には行かないし
妻と結婚する時に、約束した。

「絶対に!離婚しない。
 子供達に、お前のように
 片親の辛さを味合わせない。」

の言葉

俺の座右の銘でもある。

【有言実行】

に反するので
今回の騒動は、一応 その時で終わらせた。
それ以降
妻の携帯を見る事も無い。

見てしまっては、行けない物
それには触れないように考えを改め
逆に、妻が再度同じ事をするようなら

俺の魅力と努力が・・・

劣ってたんだ


と思えるようになっただけでも
この夫婦喧嘩は、
無駄じゃなかったんだと・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
待望により・・・

 (゜Д゜)ハァ?
 調子乗るな!!
  凸(゚д゚#)ゴルァッ!!
っと
言う所を・・・我慢して頂いて



【気付けば、そこは??(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)】

の続きって事で

あらすじ
前日、カラオケ屋にて外泊した俺
電車の中で、つい気分が良くなり爆睡。


気が付けば、帰り予定時間を約5時間もオーバー
ヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。(ノ´д)ノ
帰ってからの

妻の態度は・・・?


(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)



妻の機嫌は・・・?


ヽ(`Д´)ノウワァァァン



ようやく電車を降りた俺
家からは少し遠い所だが・・・
バイク置いてたからそこで降りる。


降りて
携帯見るとメールが
(;゚д゚)ァ....

「帰りに、チビらのジュース買ってきて!!」
顔文字も絵文字も無し
_| ̄|○オコッテルヨ

心配も通り越して怒りに変わってる。
ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ

少し二日酔いっぽいフラフラした状態でバイクに乗り
霧雨っぽい雨が俺を一段と冷やしてくれる。
自宅近くの薬局で、ジュースと菓子
そして、半分は優しさのバファリンを買い
家の前に立ち止まる。


ドキドキ(。・ω・q)(p・ω・。)pドキドキ
しながら玄関を開ける。
この時のドキドキってなんかワクワクに変わる俺


何を言われるか?
言われた事に、どう対処するか?
それを頭の中で、色々と考える。
(脳での演算時間 0.1秒)



【ただいまぁ~】
っと言って
家に入ると























キョロ(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)キョロ

誰も居ない。


部屋も冷え切ったまま・・・
って言うか
ここに数時間前に居てた気配すらない!!

多分、実家に帰ってるんだろう。
何のかんのさみしいとか言っておきながらも・・・
妻は、実家に帰れるから良いよな(^_^;)
っと思いつつ

メールで帰った事を告げる。











返事はない・・・


時計の音が、妙に耳に響き
うるさい(-_-;)

時計の音を聞きながら
気が付けば、再度意識を無くした俺
(良く寝る奴です。ウ━(・m・`≡´・д・)━ン…)




何時間寝てたんだろう???
気配を感じ
目覚めた時・・・

枕元で、妻は裁縫をしてた。
子供達のかばんを作ってるようだった。

「おはよう」と声を掛けてくる妻
「おはよう」と俺も返事をする。

っと
妻の顔を見た時

顔は笑って無かった。


(;゚д゚)ァ ワワ....
ガクガク((((;゜Д゜)))ブルブル

寝ぼけてた俺
寝起きの悪い俺

しかし
即、

正座して


_| ̄|○ ゴメン・・・ナサイ

その日は、ずっとご機嫌取りをする。
っが
目は笑ってくれない。

このスネモードは、
あと数日続いたのは言うまでも無かった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
色々あって
かなり、先送りされましたが
【結婚する為に!】① の続きです。
(・∀・)ニヤニヤ


妻の母に言われた事
それは!!






「借金あるし、この子(現在の妻)は
 消費者金融に働いてる。
 あんたに覚悟があるなら
 

養子

になるしかないんちゃう?」


そう
姓を変える事で、妻は仕事を辞めなくて良いし
消費者金融のリストにも出てこない。
(消費者金融の貸借をしてるかの
 リスト検索には、名前と性別で検索されるらしい。)
って事で、
養子になり、姓を変えるって事を提案された。


そこで!?
俺の判断は・・・


どうせ俺 次男だし
(・∀・)ニヤニヤ
自分の苗字や名前よりも
あだ名や源氏名使ってる方が多いし
(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)


新たな女と知り合った時は
苗字変えたりしてるから違和感ないし
βακα..._〆(゚▽゚*)



苗字変えたって

俺は俺だし



って事で
ウ━(・m・`≡´・д・)━ン…っと悩む間も無く
即決めしました。

「いいっすよw
 こいつと一緒になれるなら!!」

と即答しました。

自分で言うのも何ですが
潔いというか、何も考えてないと言うか・・・
有言実行と言うか・・・
自分がしたい事は、どんな手も使うと言うか
言ってるとキリが無いけど

俺って

カコイイ━━(*^∇^)━━!!


俺自身が惚れちゃいます。
(自我陶酔の境地♪)
・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・


すると
妻の母が言うには
「いやいや それはあんた自身は良いでしょうが
 御両親がどう言うか???
 じゃないの?」

って言われ

その日は、その話で終わり。
宴会モードに変わって、朝方まで呑んでました。
さてと

次は、自分の両親にどう言うか!?
だな
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

--- 続く ---
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。