カエルのある事ない事

日記も物語の仲間っていうことで。

一日一日を大切に生きようと思いながら

毎日ダラダラと過ごしてしまっているカエルです。


むむむ。。。


只今、コメント欄を認証制にさせて頂いております。

完璧に管理人の独断と偏見による判断で

アダルト系や明らかなコピペによるコメントは削除させていただきます。

ご了承ください。



アメンバーなる機能がついたようですが

当面、アメンバー限定記事は書かないつもりなので。。。

ということで、現在アメンバーは受け付けておりません

宜しく。


テーマ:


この本を見つけられてよかった(*^^*)
いつも本を買う時は勇気がいります。
面白いかどうかわからないから。。。

作者が書いているように
つかみが大事ですよね。
この本は成功しています。
中間部も成功で
ラストはどんでん返しの連続です。
すっかり寝不足になってしまいました。

デビュー作でベストセラー作家となった主人公が
2作目が書けなくて追い詰められ
アメリカの田舎町に住む恩師のもとを訪ねます。
恩師がハリー・クバートなんですが
彼は『悪の起源』という本を書いて大作家となった人。
この本は恋愛小説なのに何故そんな題名なのか
それも謎のひとつです。
30年程前に15才の少女が行方不明になり
偶然ハリーの家の庭から掘り出された骨が
その少女のものであった、ということから
ハリーが逮捕され
『悪の起源』はその少女との恋愛を
書いたものだった事から
ハリーは変態扱いされてしまいます。
主人公は恩師の無実を証明しようと
あちこち突き回し始めます。
田舎町の人々の秘密が次々と…
主人公はこの事件を本にする訳ですが
現在と過去の話が交錯し
『悪の起源』の内容もそこに絡められ
面白い作りになっています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
サラ・パレツキーのV・I・ウォーショースキーのシリーズ。
ヴィクが大好きで全シリーズ読んでます(*^^*)
今回の事件は昔ちょっとだけ付き合った幼馴染が
実の娘を殺した罪で服役していて
刑期を終え、出所した母が無実だといっているので
調べて欲しいと依頼してきたことから始まる。

いつもながら正義感と好奇心いっぱいのヴィク。
一作目はまだ若かったけど
今では歳を重ね、それでもズタボロになる。
相変わらずの活躍ぶりで嬉しくなる。

次作も楽しみ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
カミーユ・ヴェルーヴェン警部のシリーズ三部作です。
日本で出版されたのは「その女アレックス」が先でしたが
一作目は「悲しみのイレーヌ」です。
なのでこれから読もうと思われた方はイレーヌの方からお読みになる事をお薦めします。
 
かなりショッキングな事件が題材になってますが
このシリーズはどんでん返しな結末がとても面白いです。
途中で犯人の目星はついてしまう作品もあるけど^^;
三作ともそれぞれの手法が違い
それも面白いです。
特にイレーヌはネタバレになりますが
最後まで読んだ時に今迄の内容が実は犯人が書いた小説だった?
みたいな・・・
 
登場人物も魅力的です。
主人公のカミーユは
画家だった母がニコチン中毒の為
身長が145cmで止まってしまっていて
そのせいで生き辛い人生を送って来た。
部下のルイは超お金持ちの家に生まれながら
警察官になったという人物。
かなりハンサムで身に着けているものも一流。
他にも個性豊かな人たちが登場する。
 
どの作品もカミーユにとって辛い物語になっていますが
それもなんだかフランスっぽいのかなぁと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は日本文学は夏目漱石や芥川龍之介、太宰治などの作品を読んだくらいで
読むのはもっぱら海外ミステリーばかり。
最近、友人から藤沢周平の『蟬しぐれ』の話題が出て
なんとなく読んでみようという気になった。

甘酸っぱい初恋の話。。。だけど
なんかこういうのってあるかなぁって気になる。
時代も違うんだけどね。
なかなか伝えられない思いも
年齢を重ね、お互いの生活も変わり
それでも時折胸をよぎる思いがある。
はぁ。。。切ない。

この歳になるとやたら昔が懐かしく思い出され
初恋かぁ、と振り返ってみて
あれ?私の初恋っていつだろ??
初恋の人って誰だ???
う〜ん、わからん(笑)
子どもの頃はちょっと可愛かったり
お勉強ができる子とか
運動ができる子とか
いっぱいいいなって思う人がいたような^_^;

まぁ、それはおいといて
やはり日本文学は空気感や描写など
心に残るものがあるな、感じた。
やはり私は日本人なので共感できるんだろうな。
今更だけど、日本文学も読んでみよう。
蝉しぐれ (文春文庫)/文藝春秋

¥745
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた久し振りのブログ。
最近、ビーズアクセサリー作家になってるカエルです(*^^*)

今日、Facebookのお友だちが
某フレンチトーストのお店に来るという記事を読み
オーナーさんにご注文頂いてたブレスレットをお届けがてら
会いに行ってきました。
ちゃっかり商品も幾つか持って行きました^^;
したらば、ご注文頂いてた物の他にも
ネックレスとピアスもお買い上げ頂いちゃいました。
今日初めてお会いした方も
ピアスを買って下さり
人のお店で商売してしまったわ^^;
自分が作った物を気に入って貰えるのって
すごく嬉しいです。
また、頑張るぞ!   と、励みになります(*^^*)
ありがとうございます💕

紫のピアスの画像がなくて見てもらえないのが残念。
{4555839D-2C43-43CA-BCA4-1C786C3E97F8:01}

{C6AC977F-7529-4FEC-B422-1CE4DFE45FBD:01}

{7ADD6C04-9108-4025-87BB-477D752A7709:01}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


去年下書きしてホッパラかしていた記事を
アップしておこっと^^;

本の事を全く書いていなかった^^;
でも読んでなかった訳じゃないんです。

読んだ本を引っ張り出してみたらば
もう内容もすっかり忘れちゃったのもあったりして。。。

とりあえずアップ^^

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)/東京創元社

¥972
Amazon.co.jp

中編が二つ。
養鶏場の殺人は読んでてイライラする程の優柔不断な奴が
女にまとわりつかれて逃げられないまま彼女に死なれ・・・
以下ネタバレを避けます^^
とんでもない人って実際にいそうで怖いです。


陪審員に死を (創元推理文庫)/東京創元社

¥1,404
Amazon.co.jp

気に入っているマロリーシリーズのはずなのに
内容を殆ど忘れてしまってます^^;



パパ、ママ、あたし (創元推理文庫)/東京創元社

¥1,296
Amazon.co.jp

ショーべリ警視のシリーズ。
「お菓子の家」に続く2作目。
家庭内の虐待など色んな壊れた家庭が描かれている。
もうひとつひき逃げされたらしい母親と赤ちゃんと
その家に一人で残された子供の話も同時進行で
なかなか面白い作りになってる。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
わたくし、ビーズアクセサリーを作ってます。
Facebook仲間とイベントを開催して
売ったりなんかしちゃって^^;
安目の値段設定で気軽に使ってもらえる物を目指してる。
ネットの某サイトにも出店もしてるけど
なかなか売れませんな>_<
ただ、あれこれデザインを考えて
作ってみるのが楽しいんだよね。

それでもたま~に注文してくれる人もいて
喜んでもらえたらホント、嬉しい(*^^*)

私は自分が着けたい物を作る。
それが私の特色になっていけばいいな、と思う。
私自身に個性というものは無いかも、だけど
私の作品には個性を持たせたい。
只今、そんなこんなでもがいております。

{65C8E355-FB9F-4A4D-B350-7E017BD8D0B5:01}

{95E91B2F-BC26-416A-BAB0-26D00D57B666:01}

{F04883C1-FAEB-4AF4-A4EC-E94F63963477:01}

{8162ED60-5CC0-4F90-875D-1F47B49B279F:01}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日新聞夕刊で連載されている
「孤道」のアーカイブを
昨日掲載分まで読み終えた。

私は日本のミステリーは殆ど読まないのですが
読み始めると結構面白い。
特に聞き覚えのある地名が出てくるので
おぉ、知ってる知ってると
ニヤニヤしながら読める。

それにしても新聞の連載小説というのは
なんと細切れな事か!
一回分が短過ぎる。

明日から新聞を開くのが楽しみです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。