ネットニュースを読んでいたら病気のため作家の内田康夫氏が休筆するという記事があった。
 連載中の浅見光彦の新作は未完成のままで単行本化してそのつづきをプロ・アマ問わずに公募するという内容に、ふとたしか長崎殺人事件だったかの後書きを思い出した…
 それによると基本的に書きながら考えるそうで犯人やトリックなども決めずに最終的にそれまで書いた内容から伏線にしたりして犯人も決めると書いていて学生時代に読んで「本当に?」なんて思っていたけれど、今回の公募をみて何となく本当だったのかなと思った。だとしたら作者自身未完成作品の犯人を知らないのかもしれないと思うとちょっと笑ってしまった。それこそ未読だから話に聞いただけだけれど一作目は途中まで刑事が主役として書いていてふとそれまで書いてきたものと繰り返しだと思って、途中から単なる被害者の兄という役割でしかなかった浅見光彦を探偵役にしたそうだから…

 ただし実は浅見光彦シリーズはきちんと完結していたりする。
 もともときちんとシリーズを完結させたいとして少し前に浅見光彦最後の事件を発表して気になるのだけれど未だに未読…最後の事件を遂に執筆したのは年齢的に何があるかわからないからということで、それ以降に発表するのは最後の事件の前に解決した話になると聞いていたからある意味で今回の病気がそれにあたるなと思ってしまった…余談だけれど西村京太郎さんも既に十津川警部シリーズの最終作の構想があるそうでたしか「十津川警部、ルーツを探る」という題名で十津川村が舞台だと読んでかなり読んでみたい…

 最後の事件において浅見光彦はいくつか大きな決断を下すそうだけれど気になる…ただ最終作ということで過去の事件の関係者やヒロイン、警察官が多数再登場という話に主に二時間ドラマ版だけで、ほとんど原作を読んでいない自分としてはちょっとハードルが高い。
 ちょっと笑ってしまったのが一作目から最後の事件までは一年しか経っていない…あれだけの事件を解決しながらも劇中では一年…つまり一年間だけであれだけの殺人事件に関わっているというかなり無茶な設定なこと。

 最近は夜勤帯の仕事だからほとんど観れていないけれど実家にいたころは家族で二時間ドラマを観ていたから当然観て好きになったから最後の事件の発表にちょっとさびしさを感じたし何よりも二時間ドラマ枠が次々と廃止されているのが悲しい…夕方の再放送で古い二時間サスペンスがあるとついつい観てしまうしフルムーン旅情ミステリーや陣内孝則さんの明智小五郎シリーズ、スチュワーデス刑事など好きなものがたくさんあったから…あと単発で変な設定のものもあったりして間違いなくミステリー趣味に影響を受けていると思う。ホステス探偵危機一髪は題名のインパクトがすごいけれどその後シリーズ化にかなりビックリした。

 最近色々な方の訃報で時の流れを感じることが増えてきたけれど、こういった小さい頃から親しんでいた作品や番組の完結や終了も増えてきて切なさや悲しさを感じることが増えてきた…

AD

 昔はまったく時代小説は古くさく感じて興味がなく、せいぜい時代劇を観るくらいだった。
 小さい頃、祖父やおば(祖父の姉)にたびたび預けられてそれで時代劇を観る機会はあったけれども、基本的にそれは変わらないもののどちらかといえば派手な、それこそ最後に見せ場がある水戸黄門や暴れん坊将軍が好きで鬼平犯科帳や大岡越前といったものは地味に感じて当時はあまり印象に残っていなかった。ちなみに銭形平次に関しては「男だったら~♪」というフレーズは知っているもののドラマ版を観たことがあるのかないのかそのあたりかなりうろ覚えである。
 それがどういうわけか最近少し興味が出てきてまずはすこし前に復刊された銭形平次の傑作選三冊を入手してぽつぽつと読んで言葉遣いや今ではあまり聞かない言葉に戸惑いながらも謎解き中心の物語に面白いな~と感じた。銭形平次は現在もともと文庫版全集を出していた出版社の倒産や映像化などが近年ないことから復刊の機会があまりないということで紙媒体で比較的容易に入手できるのは三冊という状況である…
 そして次に気になったのが最近最終作が製作され現在アニメが放送中の池波正太郎氏の鬼平犯科帳シリーズである。
 学生時代に読んだ時代劇を特集した本で基本的にファン層が高いなかで鬼平犯科帳だけは演じる中村吉右衛門さんの魅力などから若い女性ファンが増えているという文章に「本当に?」と思って気になっていたのである。ただ全24巻の一話完結ながらも連作として話がつながっていると聞くとなかなかに手を出しづらかった…
 それがアニメ化をきっかけにか決定版と題した改訂版が順次刊行予定でそれで思いきって手を出したのである。本屋さんで旧版表紙に見慣れていたから(とはいえ文庫履歴を読むと2000年代に新装版とあり実際は二十年も使われていないことを知って驚いた)ちょっと寂しさを感じた。ちなみに現在発行はダブルカバー版で上がアニメ版、下が歌川広重氏の版画を単色化したものである。

 さてさて読んでみると漢字や名前に引っ掛かってそのあたりはもう読みは気にせずどんどんと物語を楽しんだのだけれども、銭形平次と比べてわりと言葉遣いなどに違和感が少なくて読みやすかった。銭形平次の方はちょっと文章が丁寧でそれが独特だったけれど同時に自分が時代小説に読みなれていないこともあって戸惑うばかりだった。

 基本的に自分は鬼平犯科帳の登場人物…それこそレギュラーメンバーの知識がないことから今回読んだ一巻のある意味で人物の紹介は助かった。それと同時に「え、あんなひどい目に合わされたのに仲間になるの!」だとか魅力的に感じてまた登場してほしいな~と思ったキャラクターが再登場時にあっさりと退場して驚いたりとある意味知識がないからこそどうなるのかわからずハラハラしながら読んでいた。老盗人の喜之助だとか昔の知り合いを語る偽物がいるから本物のためにその手口を真似て今いるのは偽物だと知らしめるとかなり好きになっただけにその最期が切なかった…
 そして読んでいて登場する悪党が凶悪なのも驚いた…全員皆殺しなど当たり前でそのあたりで誇りを持つ盗人と対立していたりしてついつい誇りを持つ盗人の方を応援してしまった。
 時代的なものがあるから仕方がないとはいえ拷問場面…特に普段は穏やかなものの悪党には容赦しない鬼平の拷問は読んでいてきついものがあった…とはいえそれだけ相手も悪辣ではあるけれど、冤罪などと考えてしまうのはあくまでも自分が現代に生きるからこそでこのあたり時代的なことを差し引かないといけずある意味古典作品の難しいところだと思う。安易に書き直すのはよくないと思うから、このあたりはそういった時代だった…として触れるのが正しい姿だと思う。
 読んでいて気になってしまったといえば、男性キャラクターは魅力的に描かれているのに対して女性の方はかなり薄い…まだ最初だからか鬼平の奥さんすらいい人なんだな、というくらいしかわからない。そしてそれはまだいい方でどちらかといえば女性の描き方がかなり辛辣に描かれていてこのあたりちょっと苦手だった…

 実際に読むと未だに人気があるのが納得の面白さでやっぱり食わず嫌いはいけないな~と思う一冊だった。それこそ鬼平暗殺を依頼した人物との決着もついていないことからゆっくりのんびりと続きを読んでいくつもりである。
 放送地域から自分は観ていないけれどもキャラクターデザインなど色々とあってもこうした風にきっかけになるのだと思う。実際に自分がそうなのだから…


AD

SNSに2014/10/25掲載

新・刑事コロンボ制覇計画十九作目は再びエド・マクベイン氏の87分署シリーズが原作の
死を呼ぶジグソー
Undercover
である。
この作品は以前鑑賞しているので再鑑賞なのだけど、そのときにも書いたように刑事ドラマとしては面白いのだけど刑事コロンボとしてはうーんとなってしまう。ただしそのときに書いたようにおそらくこの作品がはじめて自分が刑事コロンボとして意識して初めて観た作品なのでそういったあたりで決して嫌いになれない作品である。
コロンボを演じるピーター・フォーク氏はよほど原作が好きなのか本作では脚本に改訂として参加している…だからこそ冒頭の殺し合いやコロンボが殴られて顔面を蹴られるという暴力的なものもフォーク氏の許可の下に描かれている…そのあたりちょっと複雑ではある。
さて前作の鑑賞のときはピーター・フォーク氏の奥さんが出演してなおかつ被害者になるというくらいしか意識がなかったのだけど、他の出演者をみるとタイン・デイリーさんが脇役で再出演したり被害者のひとりとなるバート・ヤング氏が「ロッキー」シリーズのレギュラーだったり(ちなみに彼を評して「ロッキーのポーリー」みたいという、明らかに出演暦をネタにした台詞がある!)色々と噂を聞いて気になっている「俺がハマーだ」や初代ハリウッドリメイクの「ウルトラマンパワード」に出演していたハリソン・ペイジ氏や旧・新シリーズに出演していた方が再登場…特に旧・新にまたがって出演したロバート・ドナー氏は「あ、あの人か」とちょっと顔見知りになっていてそのあたり嬉しかったりする。
本作はミステリーうんぬんというよりもパズルがひとつずつ集まって盗まれた大量の現金のあり場所がどこにあるか、そしてピースを誰が持っているか、さらにいえば次々と持ち主が命を落としていくというサスペンス部分を楽しむものだと思う。前述したように刑事コロンボとしては微妙だけど刑事ドラマとしてはハラハラドキドキである。ただそれを刑事コロンボですることなのか…というのが正直なところである。マンネリ防止や好みというものもあるとは思うのだけど、やっぱり刑事コロンボは倒叙ミステリーでそこを色々とひねってほしいなと思ってしまった。

そして前回はあまり意識していなかったのだけど演出が長く刑事コロンボの世界観をつくりあげていた左近充洋さんから壺井正さんにバトンタッチしている…そしてその際に吹替えではある大きな決断を下しているのだけどそのあたりで色々と意見がわかれる…
ガイドブックではこの頃の吹替えに批判的でオリジナル原語では落ち着いているのに大げさになっているのでいくつかの作品に関しては吹替えと同時に原語での視聴をおすすめしているのだけど、マガジンに掲載されている壺井さんのインタビューによるとこの時期のピーター・フォーク氏の演技が元気がないことから二代目コロンボの石田太郎さんと話し合って今までの元気なコロンボでいこうとして意図的に元気に葺き替えているのである…このあたりオリジナルを尊重する人には許し難いことだろうけれども、面白さを伝えるという点では決して自分は否定できない…そういったあたりで本当に難しいと思う…
余談だけどファンはすごいなと思うのが本作には愛犬ドッグが登場しているのだけど、その登場と言うのが車の中と言うよく気づいたなというもの本当にすごいと思う…
何度か書いているようにDVD版はデジタルリマスター版なのだけどそのマスターに使用している問題で金曜ロードショーで放映されたものと画面の割合が変更、本作の場合は上下がカットされているのだけど、本作の場合犯人を追い詰めることとなる重要な言葉がカットされてしまっている…看板のところでカットされているところには「日曜日はのぞく」というひと言があるのだけどそれが観えないのである…本作で犯人を追い詰めるのはその時間帯に発見される、証言どおりならありえないものという重要なものなのである…本当にこういったあたりどうにかならなかったのか…

 

 

 

AD