かえでと大神の恋愛報告書

大好きなキャラクターのサクラ大戦の藤枝かえでさんになりきって、大神とかえでカップルのラブラブな日常を綴っていきます。

私、かえで姫は「大神×かえでを愛でる会」と「W隊長×W副司令カップル応援倶楽部」を応援しています!!(*≧∀≦*) http://fujieda.ran-maru.net/ http://taifuku.hanamizake.com/

テーマ:
手違いで本物の毒りんごを口にし、意識不明になってしまった白雪姫の私…

~~助けて!大神王子様!!
このままじゃ私…本当に白雪姫みたいに死んじゃうわ…!!

「――ん…?騒がしいけど、なにかあったのかい?」
「あ…!大神さん!」

王子の衣装に着替え終わった大神くんが舞台袖に戻ってきたわ!

「~~すんまへん…。うちのせいでかえではんが大変なことになってしもうたんや…!!」
「えっ!?どういうことだい!?」
「~~いいえ、大神さん!悪いのは私なんです!!くわしくお話ししますので、とりあえず今日の公演は中止に――」
「――お待ちなさい!」

そこへ、魔女の衣装のすみれにつづいてマリアと織姫、小人A、B、Cのアイリス、レニ、カンナも舞台衣装でやってきた。

「すみれさん…!?」
「…話は聞かせてもらいましたわ」
「~~ねえ、かえでお姉ちゃんが本物の毒リンゴを食べちゃったってホントなの!?」
「~~なんだって!?」
「…かすみが事務室に置いていた対降魔用の劇薬を紅蘭がニスと間違って、毒リンゴに塗ってしまったそうなんです」
「~~本当に申し訳ありません…。私がすぐにしまっておけばこんなことには…」
「かすみはんのせいやない!~~うちがちゃんとラベルを確認しなかったせいや…」
「…今はどっちに責任があるかなんてどうでもいいんじゃない?」
「レニの言うとうりで~す!それより早く解毒剤をかえでさんに飲ますのが先なんじゃないで~すか!?」
「そうだな…。かすみくん、解毒剤はどこにあるんだい!?」
「たしか花やしき支部に…。問い合わせれば一時間ほどで届くかと…」
「でも、この劇薬は新薬なんだよね?どのくらいの時間で死に至るの?」
「実験用に捕まえた降魔で試した時は一時間ほどで…。ですが、人間に投与したのは初めてですので…」
「~~一時間か…。くそっ!ギリギリだな…」
「ほんなら、うちが蒸気バイクで花やしき支部まで取ってきますわ!そうすれば、もっと早く持ってこられるやろ!?」
「そうだな!頼んだぜ!紅蘭!!」
「私たちは解毒剤が届くまでアドリブでつなげましょう!」
「了解です!ちょうど今から二十分休憩が入りますしね…!」
「みんな…。~~だが、これは緊急事態だ!かえでさんの命がかかっているのに無理に舞台をつづけるなんて…」
「フフ、何をおっしゃいまして?中尉。私たちはプロの女優なのですよ?」
「そうですよ!このまま中途半端に終わらせてしまったら、せっかくのかえでさんの頑張りが水の泡になってしまうじゃありませんか!?」
「そ、それはそうかもしれないが…」
「あたいたちを信じなって!絶対にかえでさんを死なせやしないからさ…!!」
「司令になったあなたが部下の前で情けない顔してどうするですかー!?」
「みんなの言うとうりです。支配人見習いとして初日の公演、主役のかえでさんといっしょに必ず成功させましょう…!」
「…ああ、そうだな。頼むぞ!みんな!!俺もアドリブで最後まで芝居をつづけてみせる!そして、必ずかえでさんを助けて、カーテンコールをいっしょに迎えるんだ…!!」
「きゃは♪お兄ちゃん、カッコいい~ドキドキ
「~~みなはん、ほんまにカンニンな…。すぐに解毒剤を届けるさかい…!!」
「そろそろ休憩が終わりますね…。ご武運を!」
「よし…!――かえでさん、すぐに助けますから待っててくださいね…!!」

王子様の大神くんは仮死状態で舞台の上で眠っている白雪姫の私を見つめ、りりしく舞台に踏み出していった…!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。