で、結局…

テーマ:

ノンアルビールが当たったので

 

こりゃ〆切が迫ってるから

 

みんなに急いで知らせなきゃと前記事を先にあげましたが

 

今日の本題はこちら。

 

注意汚い表現ばかりなんで、お食事中の方は気を付けてね。

 

 

昨日夫はバナナスムージーを飲んでも出ず

 

そして何度も何度も呪文の様に

 

がーん『これで出んかったら明日も休まなアカン…』

 

とブツブツ繰り返し

 

がーん『あぁ……』だの

 

がーん『ふぅぅぅぅぅぅぅぅ…』だのを

 

絶えず私の隣のソファーに座って言うので

 

鬱陶しいったらありゃしない。

 

 

そして時折トイレで叫ぶww →

 

 

 

私の隣に立ち

 

泣く『もぉぉぉぉぉぉ!』

 

と泣きだす。

 

 

真顔『あのなぁ…

 そりゃ辛いのんはわかるけどや

 今日は休みを取ったんやから

 マッサージもしてスムージーも飲んで

 ウエストをツイストする様に運動もしたら

 後はそのうち出るわって気楽にするしか無いんとちゃうの?

 何も午後から出勤せんとアカン羽目になってる訳やないんやから

 ここ小一時間の間で出さんとアカン訳でも無し!

 鬱陶しいんやけど!!』

 

泣く『でもぉぉぉぉ!

 こんなに出ぇへんのは今まで初めてやもんんんん!』

 

ムキー『何言うてんねんな!

 今まで結婚33年の間

 今のアンタの泣き顔とオロオロ状態は

 嫌っちゅう程何度も見てます!!

 糞詰まりでうるさいのも初めてとちゃいます!!』

 

泣く『でもこれだけ苦しいのは初めてやもんんん!』

 

ムキー『うるさい!鬱陶しい!

 ネガティブがうつる!!』

 

 

 

で、ほどなくして

 

ソファーに寝ころびながら

 

泣く『あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!』だの

 

泣く『うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!』だの

 

泣く『(尻の穴が)痛いぃぃぃぃぃぃ!』だの繰り返し

 

トイレから出て来ては

 

肛門からちょこっと顔は出ている物の

 

デカすぎて出て来ない便の事を事細かく説明し

 

尻の穴がどれほど痛いかを訴える。

 

 

 

ホントーに鬱陶しい。

 

 

 

 

独身時代に勤めていた病院が肛門科の専門医なんで

 

摘便の介助も実際の作業もした事があり

 

真顔『しようと思ったらしてやれるけど

 まずは自分でやるのが一番やけど出来る?』

 

と聞くと

 

がーん『無理ぃぃぃぃ!!』と答える。

 

 

まぁ、そうでしょうね。

 

 

真顔『とりあえず手指を清潔にして

 肛門の周りから指に感触がある範囲の便を

 粘土を押しつぶすようにプッシュして来てください。

 大きい物なら腸壁が広がってるから

 臀部からも触れるほど大きいんで

 そこからも無理のない範囲でプッシュしてみてください。

 はい!行ってらっしゃい!』

 

トイレに駆け込む夫。

 

出て来る夫。

 

笑う『肛門の周りから触っても大きい塊やってわかるほどの大きさやった!

 それをギューッと押して四方からも押して

 お尻から触ってみてもちょっと触れたからそれも押してみたら

 コロンと親指大のが出た!』

 

真顔『摘便なら自分でソレを肛門内で指でやってほじくり出すんやけど

 後は浣腸かなぁ』

 

えー『買って来てくれる?』

 

真顔『買って来た所で自分で出来る?』

 

がーん『出来ません…』

 

真顔『浣腸を買って来た所でソレを私にして貰おうと??』

 

がーん『お願いします…』

 

(´-ω-`)ウーン…………

 

真顔『トイレで座ってる所の股の間に手を入れて

 浣腸を差し込んで注入するのって

 自分じゃないとなかなか難しい訳だよ。

 今の浣腸は先が曲がって挿入しやすくなってるから

 自分でも挿入しやすくなってる訳だけど

 それでも出来ない訳?』

 

がーん『出来ません…』

 

(´-ω-`)ウーン…………

 

真顔『まずベッドにラバーマットの代わりになる様にポリ袋を広げて敷いてから

 その上に新聞紙を敷いて

 その上に紙おむつを敷いて尻を出して横向けに寝て貰い

 膝を軽く曲げた姿勢でいて貰う訳だ。

 それで臀部を指で広げて肛門に注入し

 ティッシュやなんやで軽く押さえて暫し我慢して貰う。

 そこからトイレに行って貰って出して貰うんやけど

 その注入してから「暫し我慢」って言うのが

 出来る??』

 

えー『わからん…』

 

ニヤニヤ『あのね…

 わからんかったらアカン訳だよwww

 笑わせんなよジジイww』

 

(´-ω-`)ウーン…………

 

真顔『病院に行こうにもさぁ

 便秘で酷いのは気分が悪くなって

 頭痛がしたり吐き気がしたりで

 それこそ急を要する状態な訳やけど

 アンタそれほどでも無いやろ?』

 

泣く『気分が悪くて頭痛がして来て

 吐き気もして来てるぅぅ!!』

 

ムキー『嘘つけ!!』

 

泣く『ホンマやもんんんんん!!』

 

 

って事で

 

かかりつけ医に電話して

 

状態と症状を伝えたら

 

診ますから連れて来てと。

 

チーン『本人大袈裟ですけどとにかく苦しいとうるさいんです』

 

と付け加えましたけどね。

 

 

真顔『外科外来で直接受け付けるからソコ行って!』と伝え

 

夫を病院入口で降ろし

 

私は駐車場に車を停めに行き

 

それから外科外来へ。

 

 

夫の姿が無いので診察室かと思ったら

 

トイレに行ったと聞く。

 

 

程無くして看護師から呼ばれたが

 

真顔『今トイレに行ってます』

 

と答えると

 

ナース『あっ!あの方ですか?』

 

と指さす看護師。

 

 

そこにはスタスタと足取り軽く歩く夫。

 

ポーン………

 

ナース『お元気そうですねぇ…』

 

ムキー『ええ、外面いいんで…』

 

 

そこからレントゲンやらなんやらで

 

とりあえず便が腸まで詰まっているのではなく

 

腸閉塞や捻転も無く(腸のオペ患は可能性あり)

 

肛門付近で便が固まっているだけだろうとなり

 

予定通りに浣腸に。

 

では、行ってらっしゃい。

 

 

診察中に

 

医者や看護師に

 

医者『○○はしてみましたか?』

 

と聞かれるも

 

笑う『ハイ!家内に言われて○○も◆◆もしました!』だの

 

笑う『ハイ!それも家内に言われてやってみました!』だの

 

えー『家内の言う通りに○○なのは分かっているんですが…』だの

 

えー『家内からも言われました…』だの

 

家内、家内うるせーわ!

 

 

 

15分ほどで戻って来た夫。

 

笑う『一気に出た!!』

 

そ、そりゃ良かったね…

 

そりゃ出るだろうよ。

 

真顔『シリンジでして貰った?』

 

笑う『うん、注射器みたいのやった』

 

まぁ、そりゃ病院だもんね。

 

真顔『出しきった?』

 

えー『まだ残ってる感はある…』

 

そこにまた看護師が来て

 

ナース『2回目どうしますか?』

 

真顔『まだ残ってる感があるのでして下さい。

 この人に聞くともうイイですとか言いますから

 イイ事無いんでして下さい。

 これで家に帰ったらめんどくさくてうるさいんで。』

 

ナース『ご主人どうしますか?www』

 

えー『します…』

 

行ってらっしゃい。

 

 

再び出て来た夫。

 

真顔『どう?出た?』

 

笑う『うん!スッカラカンになった感じ!』

 

真顔『そりゃ良かった』

 

 

支払いは3.400円ほど。

 

無駄な出費やったわ…ガクリ汗

 

 

帰りに看護師が笑顔で

 

ナース『ご主人、奥様の仰る事を聞いて下さいねww』

 

と笑ってたが

 

ムキー『外面がイイだけなんで

 物わかりの悪いジジイですから聞きません。

 特に嫁の言う事は聞きません!』

 

と言っといた。

 

 

帰りの車の中でも

 

運転している私の後ろから

 

えー『ごめんなさい…

 すみませんでした…』

 

をボソボソ言い

 

帰宅してからも

 

えー『ごめんなさい…

 今日はありがとうございました…

 本当にすみませんでした…』

 

を繰り返す夫。

 

 

これだけ謝ろうとも

 

イザその場になったら

 

全く言う事を聞かんで我が道を行くのが夫なんで

 

『どんだけ謝ろうと

 「反省」の文字があっても

 「改心」の文字が

 アンタの辞書には無いからな!』

 

とは言うといた。

 

 

今日は出勤出来て

 

良かった良かったw

 

 

 


人気ブログランキングへ

AD

コメント(4)