6月2日(月曜日)後楽園ホールで行われる「角海老ボクシング」

セミファイナルに出場する、日本バンタム級6位寺畠章太選手

セミセミに出場する阿部展大選手 に試合前インタビューができませんでした。



スイマセン。。。



と、いうことで

寺畠選手、阿部選手の試合の見所を少しですが、ご紹介します。


terabatake

寺畠選手は、ノーランカーサラゴサ上間選手(沖縄ワールドリング)と対戦。

サラゴサ選手とは5年ぶりの再戦。当時の試合結果は4RKO負けと、苦い思い出が残していますが
サラゴサ戦後の寺畠選手の戦績は、11戦10勝1敗

日本タイトルで三谷將之選手 (高砂)に敗退した以外はすべて勝ち続けています。
5年後の今、日本ランカーとなり一回りも二回りも成長した寺畠選手は

あの時の苦い思い出を糧に、再戦に挑みます。



abe

阿部選手は、前回(4/20)茨城県日立市で行われた

対鈴木拓也(ワールド日立)戦3-0の判定負けとなり、悔しい思いをしました。
が、試合後すぐに今回の木村勇大選手 (石川)との対戦が決まり、気合の入る阿部選手。
対戦相手の木村選手は、角海老宝石ジムの眞榮城、加藤(この試合ののメインイベンター)に判定負けしていて、眞榮城、加藤共に阿部選手と同じ佐藤トレーナーの門下生とあって対策はバッチリ出来ていそうです。
阿部選手の階級(S・フェザー)の中量級は東洋太平洋フェザー級王者に榎洋之選手 がいたり

先日新チャンピオンになったWBA世界ライト級王者小堀佑介選手

日本フェザー級6位秋葉慶介選手 日本ライト級6位加藤善孝選手 など、層が厚く刺激しあえる階級。

今後日本ランキング入りを狙う阿部選手にとって、この試合は絶対勝利を手にしたいとこです!!




応援よろしくお願いします!


---------------------------------------------------


小堀佑介
試合当日、会場入り口ロビーで

「小堀佑介イラスト&サイン入りチャリティーTシャツ」

を販売いたします。(数に限りあり)

どうぞ、お立ち寄りください!!

AD