三寒四温の言葉そのままに、気候の変動がとても激しい毎日ですが
お元気でお過ごしですか!?

カドベヤのご近所(100mくらい)に在住し、
ふだんは鍼灸と心理療法を行っている金澤礼子と申します。
カドベヤとのご縁はなんだかんだと2010年から、
今日は約1年ぶりに案内人をさせていただきましたおじぎ


さてさて、用意しましたのは小さなカード16枚。

カドベヤのブログ

まずは“縁”を読み解きたい対象をあれこれ話しながら思い浮かべます。
対象が決まったら、「その関係に求めていること」を16個、カードに書き出します。

カドベヤのブログ
うーんうーんと搾り出すように書く人。
すらすらあっという間にかけてしまう人。
あれ?こんなこといつも考えないのに、、、という言葉が出てきてしまう人。


自分の中から映し出された言葉を俯瞰でながめながら
16枚→8枚→4枚→2枚→1枚と絞っていくのですが
2枚になるあたりから、ハタと手が進まなくなりました。

わたしの場合でお伝えすると、読み解きたい対象は「カドベヤ」で
「楽しさ」「温かさ」「愛」とかそういう言葉は、ばっさばっさ落ちていきましたy’s
残った二枚は「うず」と「重なり」
これまでそんなふうに考えたことがないのですがどうにも目が止まってしまう。

種明かしをすると、この手法はフォーカシングといい
たとえば、今回の「求めているもの」でフォーカスした場合
最後に残るカードは“痛み”であるといわれています泣

さらになぜ痛みが必要かというと、
痛みの下には“才能”が隠れており、それに気づかせるためだともいわれています。
この才能を発見しあう
関係性こそ“縁”といえるのかもしれません。

(自分で自分の気持ちがわからないときも、
その時のテーマによってフォーカシングしていくことで
本当に感じていることにたどりつきやすくなります、ご活用ください♪)


ここでみんなの1枚をシェアジャ~ン
キラリ「幸」
キラリ「旅行に行きたい」
キラリ「笑い」
キラリ「信頼」
キラリ「Lucky」
キラリ「重なり」


お一人ずつ聴いていくと、その方らしさがぎゅっと濃縮されていて
もっと聴いてみたくなりました。
上下のない気軽なコミュニティ(共同体)で、
才能を持ち寄って生きていくことが、この先大切になる気がしてなりません。



続いてそれぞれの才能を、与えてみる実践にチャレンジ!!*

カドベヤのブログ

「笑い」のディーバ、Chiakiが回転しながら見たこともない動きを繰り出し、一同大爆笑!
本当に、一瞬で笑わせるなんてすごい才能だ !pink



カドベヤのブログ
「Lucky」を振りまく写真家黒田は、受け取りやがれ!フォルァ!!(★)と、
オキテ破りにカードを投げつけ、またそれを見事にキャッチする新井さん。


カドベヤのブログ
人と「信頼」しあう力がじつはとても大きいのんちゃんが
「信頼」をプレゼントしたのは、信頼している横山先生ハート


カドベヤのブログ
「重なり」をとても喜んで受け取ってくれた大藪さんに喜ぶ図。


カドベヤのブログ

アットホームなワークショップのあとはお楽しみごはん
横山&こうすけシェフ作成の具沢山の豚汁と豆もやし、
それに差し入れのチョコ菓子を
お腹がはちきれそうなほどたっぷりいただきました。
今日もおいしかった~うまい


【参加者からの感想メッセージ


明るい漢字ばかりを使っているのに気づいて、
おれの本音がだいたいわかってきた。
最後に残ったのは「幸」の一文字。
いつも人助けなんかしてなんの意味があるのかと思っていたけど
金があってもなくても、幸せになってもらいたいと思ってるんだなぁ。

(大藪ギター

AD

コメント(2)