「桜より 松は二木を 三月越し」

 

松尾芭蕉が奥の細道の中で詠んでいる句です。

 

今日から6月ですね。

 

こんにちは。

価値組事務局@ハコダー

箱田 一貴です。

 

 

これは価値組で制作している「笑顔のカレンダー」の

6月のページに使われている

宮城県岩沼市の名跡「二木の松」にちなんだ絵です。

 

 

「桜より 松は二木を 三月越し」

(さくらより まつはふたきを みつきごし)

 

桜の咲く弥生の三月に旅立ったころから

この武隈(たけくま)の松を観ようと願っていた。

三ヶ月越しにその願いが叶い、目の前にしている。

言い伝えどおり、根元から二木に分かれた見事な松だ。

 

とか、

桜より待っててくれたのは、この二木の松だった。

 

というふうに訳されています。

 

ちょうど6月頃に芭蕉が岩沼を歩いたときに詠んだ句ということで

この「笑顔のカレンダー」の6月のページで紹介させてもらいました。

 

 

 

価値組プロデュース「笑顔のカレンダー」

 

2011年3月に起きた東日本大震災で

私たちに何か、、、印刷というお仕事に携わる者たちとして出来ることはないか

印刷という技術・紙というメディアを通じて心温まるメッセージを伝えたい、

笑顔を取り戻してもらいたいという想いでスタートしたプロジェクト。

 

福山市社協さんと繋がりがあるというご縁で、

宮城県岩沼市の皆さんへ お届けしています。

 

 

私たちの住んでる広島県福山市と

宮城県の岩沼市とは直線距離でも1000キロと、

ちょっとだけ?離れてますが

 

この「笑顔のカレンダー」を手にしてもらう事で

距離が縮まれば良いな、気持ちが繋がれたら良いなって。

そう思っています。

 

今月もププッと楽しく面白く、そして元気にいきましょう!
☆〜(ゝ。∂)

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

もしインスタグラムやってたらぜひフォローしてくださいね

kazukihakoda

ついでにTwitterもフォローしてくださいね

@kachigumibox

 

*゚ ゜゚**゚ ゜゚*
価値組ブログ
*゚ ゜゚**゚ ゜゚*

 

価値組は備後の印刷のこれからを考える会

その事務局の立場から、印刷会社の課題解決のお手伝いをしています。

 

広島県印刷工業組合福山支部&価値組委員会

事務局 箱田 一貴

 

社名に「紙」って入ってませんが、用紙の販売をする会社です。

 

アオイ福原()福山支店

広島県福山市曙町2-10-18

Tel.084-920-2233 Fax.084-920-2232