ゾゾっとしたこと

テーマ:
こんにちは、お久しぶりですニコニコ

あれよあれよという間に前回の更新から時間が空いてしまいましたが、今回はインターンシップを通して感じたこと、その後の日々の生活の変化などについて書ければと思いますニコニコ

今年は大学受験の準備などで将来について考えさせられる事が多くあったのですが、インターンシップは貴重な経験が出来て良かった半分、少し複雑な気持ちにもなりました。

ヨーグルトやチーズなど乳製品を扱う会社で発注数に誤りがないか確認したり、発送先の住所を登録したりするお手伝いをさせていただいたのですが、1つ痛感したのが責任の重さ。

普段はいくら課題やテストが多くて大変といえど、それをしなかったところで痛い目に遭うのは私本人だけだしそれに痛い目といっても成績が発表された後5分ほど落ち込むだけですイヒ

一方で仕事となると自分の行動が直に他の人に影響し、失敗すれば最悪職を失ってしまう。

"1つ1つの選択が人生に影響してしまうんだよ"とスタッフの方から言われた言葉が心に刺さりました。

生きていくためには仕事しなければいけないし、ただはするだけでなく結果を出さないと競争社会では生き残れない。

皆んなと仲良く同じを許さない資本主義の世界恐ろしや笑い泣きとゾッとしました。

果たして私は将来どうやって生活を成り立たせるのか、考えれば考えるほど途方にくれました滝汗

ただ1つ良いことも。
ただ席に座ってやるべき事をこなしていれば後はお咎めなしの今の状況が何て恵まれているのか気付くことができ、「あーありがたいちゅー」と何だか幸せな気持ちになれました。

これ以上のぬるま湯生活を今後送ることはないかもしれない、だったらひとまず存分にそれを享受しよう、馬鹿らしく思えても全力で課題をこなそうとそれまでより少し前向きな姿勢で日々過ごせるようになりましたニコ


不真面目になりきれず、大学受験の準備が終わっても何となく学校を休む気にはなれないしテストや課題も手を抜けず、周りが楽しそうにわいわい騒いでいるのを見ると、結局あの人たちの方があのまま人生楽しく過ごせるんじゃないの。あぁ何やってるんだろ。と憂鬱になることもありました。

けれど、課題をきっちりこなして良い成績を取ることで達成感を得られるのならそれでいいじゃない爆笑 人によって何に幸せを感じるかは違うんだと少し考え方の視点を変えられた気がします。


間違えたらどうしよう、将来が不安チーンと不安な気持ちにもなったインターンシップですが、振り返ってみると良い経験ができたなと思いました。


卒業まであと1ヶ月を切りましたが自分なりに最後まで頑張りますウシシ


最後まで読んでいただきありがとうございましたクローバー


番外編

クリスマスの時期に買い物に出かけたところカリフォルニアらしい写真が撮れましたやしの木🎄