ビーストのイケイケ相場観

相場全体から見直し急騰銘柄、値幅が取れる銘柄を中心に稼ぐ銘柄を書いていきます

NEW !
テーマ:

【相場見通し】


ドイツ銀行の経営不安が再燃したことで、欧米は軟調推移。


リスク警戒の流れから円買いの流れが強まり、100円30銭近辺で推移。CME225先物は円建てが16,280円、ドル建てが16,330円。


連日の欧米株安に加え、円高進行で売り優勢の展開となりそうで、午前10時からは米大統領選候補者のテレビ討論が予定されており、特に前場は大統領選絡みのニュースがマーケットを大きく揺さぶる展開が想定。


ただ、欧米の金融株の戻りを確認するまでは押し目買いは入りづらい。


日経平均の予想レンジは16,000円~16,400円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


先週末の欧米はそろって下落。調整が入った上に、原油価格の下落も売り材料。


為替は100円90銭近辺で推移。CME225先物は円建てが16,580円、ドル建てが16,630円。


欧米安に加えて為替の上値も重いことから、全般的に売り優勢の展開が想定。今晩には米大統領候補の第1回テレビ討論会が控えており、様子見姿勢も強まりやすい。


買い材料に乏しく、安く寄った後は小動きが続くと考えられる。


日経平均の予想レンジは16,500円~16,800円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


9月のFOMCでは利上げは見送りとなり、米国は連日の上昇となった一方、為替はドル安・円高が進行。


本日は円高がネガティブとなるが、昨日政府と日銀が緊急会合を開き、急激な円高をけん制する姿勢を見せたことで、足元でドル円は100円80銭台近辺で推移。


ただ、米国がしっかり息を吹き返しており、リスク・オフの地合いは継続するとの見方が強まりやすいことから、下は25日線を意識しつつ、様子見姿勢を強める展開が想定される。


日経平均の予想レンジは16,700円~16,880円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


全体的には日米中央銀行イベントを前に積極的な動意は限られ、欧州はまちまちで米国は上昇。


為替も小動きで足元では101円70銭近辺で推移し、CME225先物は円建てが16,335円、ドル建てが16,415円。


日銀会合の結果が出るまでは動きづらく、結果が出た後は荒い動きが予想される。今回さらなる追加緩和の可能性は低いが、金融緩和の総括検証も行われる予定で、総括の内容に沿った形で微修正が出てくる可能性はある。


今晩のFOMCで為替が大きく動く可能性があり、上値は追いづらい展開を想定される。


日経平均の予想レンジは16,100円~16,500円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


FOMCを前に警戒感が強まったことで、米国は先週末、昨晩と続落。為替は9月利上げ観測の後退から、ドル円は101円台後半で推移。CME225先物は円建てが16,245円、ドル建てが16,330円。


日本は米国の軟調と円高がネガティブに作用しそうで、基本的には明日に日銀金融政策決定会合とFOMCの結果発表を控え、動意自体が限定的と考えられる。


CME225先物水準からは安寄りも想定されるが、そこからさらに売り込む材料にも乏しい。とはいえ、日米中央銀行イベントを前に積極的な押し目買いも期待薄。


日経平均の予想レンジは16,200円~16,500円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


欧米の上昇を好感して買い優勢のスタートが予想されるが、為替が102円を割り込んでおり、上値が重く早々に伸び悩む展開を予想。


米国では小売売上高が市場予想を下回ったことなどで9月の利上げ観測が後退。


日本は前日から物色が極端に変化することはないだろうが、アップルの大幅高もあり、ハイテク株への物色にやや広がりがみられそう。


引けにかけては、三連休や来週のFOMC、日銀金融政策決定会合を控え、売買が手控えられる公算が大きい。


日経平均の予想レンジは16,400円~16,500円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


米国はダウ、S&P500は続落、ナスダックは反発。為替にも動意なく、日本を取り巻く環境に主だった材料は見出せない。中秋節で中国市場も休場となる。


アップルの上昇を受けて電子部品株の一角が物色されそう。


今晩の米国の寄り付き前には、小売売上高、フィラデルフィア連銀製造業景況感指数、NY連銀製造業景気指数、鉱工業生産など経済指標の発表が重なるため、様子見ムーその強い相場となりそう。


日経平均の予想レンジは16,350円~16,500円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


米国は長期金利上昇による混乱から大幅安。為替は1ドル=102円台を維持しているものの、来週の日米金融イベントを前にリスク回避姿勢が強まる公算が大きい。CME225先物は円建て16,530円、ドル建てが16,605円で取引を終えた。


日経新聞が来週の日銀金融政策決定会合で実施される金融緩和策の総括的な検証では、政策の軸にマイナス金利の深掘りを据える方針になると報じた。


国債購入でイールドカーブのスティープ化を促すことも協議すると伝わっており、銀行株が逆に買われる場面があれば、日銀のETF買いにともなう先物買いが下支えとなる展開も。


日経平均の予想レンジは16,350円~16,850円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


早期利上げへの警戒感が和らぎ、米国は大幅反発。CME225先物は円建てが16,655円、ドル建てが16,735円。


為替は円安方向には大きく動いていないが、金利上昇基調を背景に銀行や保険セクターなどの上昇持続性が高そうで、主力大型株中心に序盤は買い戻しが先行する展開が予想される。


FOMCや日銀金融政策決定会合を翌週に控え積極的には動きづらいが、昨晩の米国では通信や公益など高配当利回りセクターが上昇していたことから、配当利回りが高いなどバリューエーション面で割安感のある銘柄は注目か。


日経平均の予想レンジは16,700円~16,850円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人

テーマ:

【相場見通し】


米主要3指数が2%超下落し、CME225先物は円建てが16,650円、ドル建てが16,735円と、リスク回避姿勢が強まる公算が大きいが、米金利上昇を背景に為替は円安方向に安定しており、輸出株の下落幅は抑えられる可能性はある。


日銀によるETF買いで下げ渋る場面も想定されるが、為替が円高方向に振れる動きとなった場合は再び売り込まれる展開なども考えられる。


FRB高官による利上げに対する前向きな発言が続くなか、今晩予定されているFOMCメンバーではハト派寄りのブレーナーFRB理事による講演を前に手控え姿勢も。


日経平均の予想レンジは16,660円~16,850円

 


株式投資ランキング


株式 ブログランキングへ

いいね!した人