2007-04-26 00:00:39

カブト虫のバッジを背負っているなら・・・

テーマ:株式市場

チャート的に相場全体は、かなり厳しい感じとなってきましたが、本格化した決算発表をみると、こんなに売っていいのか?──と思わせる内容です。確かに、事前に言われていた慎重さは感じられます。でも、前期までが高い水準にあるわけですから、急激な利益成長など見込めるはずもありません。


高い成長を期待して「たったこれだけ」と思って、売ってしまうのなら、それは間違いでしょう。無理に高い水準まで買い上がる必要はないと思いますが、2008年も過去最高益更新の見通し──と出て、材料出尽くしとばかりに売られてしまうような銘柄があれば、そこは買い場になるのではないでしょうか。


さて、決算発表シーズンが本格化。この時期、決算が集中して人手が足りなくなり、デスクにふんぞり返っているわけにはいきません。きょうも決算発表会見の応援に借り出され、いくつか覗いてみました。


そこで感じるのは、突込みが甘い・・・モノを知らない・・・料理の仕方が悪い・・・そんな記者が多いということです。おいおい、そんな質問で、投資家の代弁者になれるのかい?──と思う場面もしばしば。“カブト虫”のバッジが泣くぞぉ~。


株式市場は先読みするのが大事なんだから、終わった期(2007年3月期)のことを聞いてどうするんだい?せっかく日本企業は、今期の見通しを公表する会社が大半なんだから、それを聞くべきなのに・・・。


見通しを聞いたとしても、数年後に業績へ織り込む受注産業で、売上高や利益を聞いてどうすんだい?・・・原料高の影響を質問するならまだわかるけど、聞くのは数字だけ。そんなの受注した2~3年前に見当がついているので、受注高、その採算性などを聞かなきゃ投資家の役に立たないでしょ・・・。


といったところで、現場に出ると、そうした質問をするのですが、どうも、自分が聞くことによって、若い記者に勉強をさせている気が・・・(苦笑)。まあ、それでマスコミ全体の決算記事の底上げにつながればいい・・・と思う時もあります。


さて、決算について少し書いてしまうと、原発で人気化した日立プラント、実際に米国で建設が活発化した場合、メリットが発生するのは2~3年後からになるそうですが、日立とGEが受注を獲得した場合、間違いなくビジネスチャンスが大きくなるとのこと。やはり、現場に出ないと本当のことはわかりません。今さらながら、もっと現場に出るかな(笑)。


今宵は、これにて夜の街




かぶと

カブト虫バッジ。最近、燻製ファミリーではクワガタ流行りですけど・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kabuquiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。