実録! 歌舞伎町 NEWS

歌舞伎町 アジア最大の歓楽街でのニュースを歌舞伎町の片隅からレポート


テーマ:
新宿区のマンションに大量の覚せい剤や大麻などを隠し持ち、密売していたとして、暴力団組員の兄弟が警視庁に逮捕された。
覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されたのは、指定暴力団住吉会系の組員・窪谷利行容疑者(34)と、弟の和行容疑者(31)。
調べによると、窪谷容疑者らは、新宿区のマンションに覚せい剤およそ1.2kgのほか、大麻やコカインなど、末端価格にして、およそ7,900万円分の薬物を隠し持つなどした疑いが持たれている。
窪谷容疑者らは、インスタント焼きそばの容器の中に大麻を隠すなど偽装工作をして、マンション内に薬物を保管していて、警視庁は今後、入手先などを追及する方針。 ソース
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京・歌舞伎町で01年、44人が死亡した雑居ビル火災で、業務上過失致死傷罪に問われ、東京地裁が2日に無罪を言い渡したマージャン店元現場責任者の男性(44)について、東京地検は16日、控訴しないことを決めた。男性の無罪が確定した。

 検察側は、執行猶予付きの有罪判決を受けたビルの実質所有者、瀬川重雄被告(66)ら5人についても控訴しない方針。ソース

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
わいせつDVDを売ると知りながらビルの部屋を店として貸したとして、警視庁は、いずれも東京都新宿区大久保2丁目の不動産ブローカー原和孝(66)、鎌田貞一(59)の両容疑者をわいせつ図画販売などの幇助(ほうじょ)容疑で逮捕したと11日発表した。同庁によると、わいせつ作品の販売幇助容疑で店舗の貸主側が逮捕されるのは前例がないという。

 保安課などの調べでは、両容疑者は昨年11月26日、新宿区歌舞伎町1丁目のビル1階で、2店舗がわいせつDVDを販売すると知りながら貸した疑い。ビルの持ち主からフロア全体を月105万円で借り、1店舗当たり60万円で貸して差額の15万円を得ていたという。

 新宿・歌舞伎町は、無修正の違法作品を販売する店が軒を連ねる。警視庁は今年4~5月に42店の経営者や従業員計43人を逮捕するなど摘発を重ねてきた。しかし、摘発したビルに別の経営者の店が入る「いたちごっこ」が長年続いているという。

 警視庁は、違法店根絶には貸主側の責任を問う必要があると判断。両容疑者は約10年にわたって貸し続けていたといい、特に悪質として逮捕に踏み切った。  ソース



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

歌舞伎町を活性化するため、新宿区や地元商店街、NPOなどは10日横断組織

「歌舞伎町タウンマネジメント」を発足させた。

公園や広場を利用してイベントを開くほか、歌舞伎町に関する情報を発信する。ソース日経紙面



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

9日午前3時ごろ、東京都豊島区池袋2の路上で「殴り合いのけんかをしている」と110番があった。警視庁池袋署員が駆けつけたところ、指定暴力団極東会系組員(38)とみられる男性が倒れており、病院で死亡が確認された。死亡した男性の知人の30歳とみられる男性も倒れており、顔面骨折の重傷。池袋署は近くにいた4人の身柄を確保しており、傷害致死容疑で調べる。

 池袋署によると、死亡した男性は全身に殴られた跡があった。4人のうち1人は指定暴力団住吉会系の組員(25)。ほかにも数人が関与したとみている。4人は現場近くの飲食店で酒を飲んでいたが、店を出た直後、男性らと口論の末、殴り合いのけんかになったという。 ソース


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

44人が死亡、3人がけがをした2001年の東京・歌舞伎町の雑居ビル火災で、業務上過失致死傷罪に問われたビル所有会社「久留米興産」の実質経営者瀬川重雄(66)、同社社長山田一夫(56)両被告とテナント側4人の判決公判が2日、東京地裁であった。波床昌則裁判長は「利潤追求に専心し、危険な状態の改善を怠った」と述べ、5人に禁固3~2年、執行猶予5~4年(求刑禁固4~3年)を言い渡した。テナント側の1人は無罪とした。瀬川被告の弁護人は「今後の対応は、遺族の気持ちや被告の疲弊を考慮して決めたい」と話した。
 波床裁判長は、瀬川被告らにはエレベーターホールに放置された物品を撤去するなどの義務があったと認定した。その上で、「放置状態を解消し、防火戸が正常に閉鎖していれば、死傷の結果は発生しなかった」と述べた。さらに、火災前にビルのエレベーターのボタンやマットが焦がされるなどしたことを挙げ、瀬川被告らに火災発生の予見可能性があったと判断、「義務を怠った業務上の過失があることは明らか」とした。
 山田被告については、東京消防庁の立ち入り検査で不備を認識していたにもかかわらず、管理を怠ったとした。ソース



サクラギフトカードを現金化

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。