実録! 歌舞伎町 NEWS

歌舞伎町 アジア最大の歓楽街でのニュースを歌舞伎町の片隅からレポート


テーマ:
東京都内で警視庁が年末年始の特別警戒をしている中、矢代隆義警視総監は21日夜、忘年会などでにぎわう新宿区歌舞伎町の繁華街を巡視した。
 矢代総監は午後7時半ごろ、歌舞伎町交番を出発。新宿コマ劇場周辺を歩いた。
 歌舞伎町は全国有数の繁華街で、暴力団や来日外国人らの凶悪犯罪も発生。警視庁は2004年4月から特別対策を始め、違法風俗店や犯罪組織の摘発などの環境浄化策を推進している。 ソース
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京・新宿歌舞伎町で警視庁が違法営業の風俗店などの一斉取締まりを行い、外国人ホステスやホストなどあわせて29人を摘発しました。
 警視庁は、5日から6日未明にかけ、新宿・歌舞伎町で風俗店など61店舗の立ち入りを実施。外国人クラブの中国人ホステスら4人が資格外の仕事をしたとして、入管法違反の容疑で摘発され、店の経営者の谷強(39)容疑者が逮捕されました。

 また、路上で強引な客引きをしていたホストの男(29)や、合成麻薬、MDMA34錠を所持していた会社員の男(23)らが逮捕されるなど、あわせて29人が摘発されました。警視庁は年末に向け、違法営業の取締りを強化していく方針 ソース



ワンランク上の男に!メンズラグジュアリー満載!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

15歳に満たない少女が東京から鹿児島・奄美大島へ連れて行かれ、ホステスとして働かされた事件で、児童福祉法違反の罪に問われている3人の男性被告の初公判が3日、東京家裁で開かれた。
 起訴状によると、3人の被告は、鹿児島県奄美市の飲食店「パブ トロピカル」の経営者(33)と従業員2人=(26)と(28)=で、今年5月末から6月中旬にかけて当時14歳だった少女にホステスとして客を接待させていた。
 検察側は冒頭陳述で、経営者や従業員が、暴力団組員の杉沢俊秀被告(28)=児童福祉法違反の罪で公判中=から少女を紹介されたときや、少女が実際に働いている間に、年齢確認を怠ったと指摘した。
 各被告は、罪状認否で起訴事実を大筋で認めたが、少女の実年齢については3被告とも「知らなかった」(被告人質問)と述べた。
 身分証明書などを使って十分な確認しなかった理由について、3被告は鹿児島弁を交えながらそれぞれこう答えた。
 経営者「(杉沢被告から)20歳と紹介されたので」
 従業員「口頭で確認したところ、干支(えと)と生年月日が合っていたので」
 別の従業員「経営者が確認していたので、自分が確認する必要はないと思った」
 いずれも、確認を他人任せにしていたようだ。
 また、弁護人や検察官から「少女の見た目から年齢を判断できなかったのか?」という趣旨の質問をされた際には、こう答えた。
 経営者「見た目は奄美にいるタイプではなかったので、年齢が(実際より)上に見えた」
 従業員「島にいないようなテレビで見るギャルの格好をしていたので、19歳ぐらいに見えた」
 別の従業員「地元の子は童顔なので、(少女は)20歳くらいの年齢なのかなと思った。金髪と服装からもそう思った」と応えた。
 検察側は、こうした3被告の甘い認識に対し、「ホステスを雇用する際には、面接を行わないんですか?その際に身分証で確認しないんですか?」と、雇い主としての責任を追及した。経営者は、「常に従業員は身内とか顔見知り。奄美のみんなが知っているので、面接は形だけ。身分証での確認もやってないと思う」と、十分な身分確認をする習慣がなかったと供述した。
 ただ、児童福祉法には、15歳未満の児童に業務として酒席の接待をさせてはいけないと明記されている。東京だろうが奄美大島だろうが、どこでも同じ。大人には、子供を守る大きな責任があることを忘れてはならない。次回公判は10日、東京家裁で。 ソース


歌舞伎町でナンパ、奄美大島で働かせ逮捕




ワンランク上の男に!メンズラグジュアリー満載!




サクラギフトカードを現金化

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。