ホテルファンドの運用失敗

テーマ:

今日のyahooニュースに次のような記事がありました。

ホテルファンドに賠償請求へ=出資者に償還、元本の2割未満―高配当で注目集める

時事通信 10月10日(日)2時40分配信

 高い利回りをうたって、各地でラブホテルを運営するファンドへの投資を勧誘した東京都内の不動産関連業者が、8月に運用期限を迎えた出資者に元本の約16%しか償還できないと通知したことが9日、分かった。損失は総額30億円を超えるとみられ、一部の出資者は業者側に損害賠償を請求する準備を進めている。
 問題となっているのは、グローバル・ファイナンシャル・サポート(GFS、渋谷区)が2007年夏、1口50万円、予定利回り年8.4%で出資を募った「HOPEラスト優先出資匿名組合」。GFSのファンドは、ラブホテルを扱う点や配当率の高さに注目が集まり、経済誌などで紹介されていた。
 GFSは募集要項で、総額50億円をホテル購入などに充て、営業で出た利益から出資者に配当すると説明。3年後にはホテルを売却し、代金を償還するとしていた。
 出資者側の弁護団によると、最初の2年間は配当があったが、GFSは今年8月、「不動産市場が失速し、ホテルの評価額が約17億円にとどまった。運用期間を延長しなければ、1口8万24円しか償還できない」と通知した。
 弁護団代表の荒井哲朗弁護士は「わずか3年で大暴落したという説明には強い疑問がある」と指摘。「高配当を過度に強調した勧誘が行われ、リスクについて説明義務を果たしていない」としている。
 グローバル・ファイナンシャル・サポートの話 取材は受け付けていない。

~以上、ここまで~ 

やはりといえば、やはりですね。このファンド、マネー雑誌にも広告をけっこう出していました。以前にもモンゴルのレアメタルへの投資といったファンドをつくっている会社もありましたが、だいたい商品ファンド系で高利回りをうたっている商品は、なにかあるケースがおおいですね。

出資された方は、お気の毒としか言いようがありません。が、投資は自己責任という面があるのも事実です。このような商品にだまされることなく、しっかりと商品の是非を見極めることが必要です。しかし、牛、レアメタル、ラブホテルといろんな投資先をよく考えるものですね。しかも、商品説明がそれらしいので、投資家は厳しい目をしっかりもつ必要がありますね。(某牛へ投資する企業は、私が知る限り10年以上も前からしっかり破綻せずに続いています。我が家では、会社の決算書を送って欲しいと依頼して、返事がなかったので、投資はしなかったのですが・・・・。やはり、その程度の慎重さは欲しいものです。
AD

おすすめ金融サイト

テーマ:
外為どっとコムの評判~バーチャルから始めました!~ FPの管理人が自身を持っておすすめするFX会社です。
FXの取引だけでなく、FXを資産運用や生活の中で10倍お得に役立てる方法をご紹介します!

セゾン投信の評価・評判~FPの辛口な口コミ~
URL 説明文 投資信託はコストが肝心!低コストで海外にバランスよく運用できるセゾン投信をやさしく解説します。



SBIネット銀行の評価・評判~お得な活用術~ ファイナンシャルプランナーが大人気の住信SBIネット銀行のお得な活用術を紹介!年間3万円以上の節約効果!


ノーロード投資信託比較ガイド
FPの管理人がおすすめできるノーロード投資信託を厳選して紹介しています!「投信の種類が多くて結局どれがいいの?」とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

初心者の金投資
ファイナンシャルプランナがー初心者向けに金投資の方法を解説しています

金ETF比較ガイド
金投資の手段のひとつ金ETFについて詳しく解説しています。金ETFは低コストで柔軟な投資ができて人気!

純金積立・プラチナ積立比較ガイド
純金積立・プラチナ積立の基礎知識と取扱会社の比較をしています。

投資は「欲」と「恐怖」の戦い

テーマ:
マネックス証券では、
只今口座開設キャンペーンで口座開設+取引で5000円もらえます!
⇒⇒⇒マネックス証券の評価レビューはこちら

最近また、米国の株価不調で日本株も低迷していますね~。

株価が低迷してくると、

少数派の人が喜んで買って、

大多数の人が目を背けてしまうんですよね。


やっぱりこれは、「恐怖」という心理が働いてしまうから仕方がない!

でも、「感情を排除することが投資の成功の秘訣」
なんですよ。

これは、ボリンジャーバンドを発明したボリンジャー氏のセミナーに
参加したときに受けたアドバイスなんですけど^^


株価が下がったときの「恐怖」
株価が上がっていくときの「欲」

この2つの感情をうまくコントロールできるようになれば、
投資の上級者になれるのでしょうけど。

わたしも修行中です。

頑張りましょうー。


⇒⇒⇒マネックス証券の評価レビューはこちら 口座開設+取引で5000円もらえます。
私と松本大さんのツーショット写真も公開しています!

関連記事
ボリンジャー氏セミナーの記録

個人投資家同士の飲み会

テーマ:
マネックス証券の「松本大とここだけトーク@銀座 」が終わってから、全く面識のない個人投資家5名が、意気投合し、軽く飲みに行くことになりました。

年齢は、20代、30代の若者中心で、あと50代の男性がいらっしゃいました。

その50代の男性は、投資歴25年のベテランで、お話がとても参考になりました。

その方は、28歳から投資をはじめて、25年間で350万円を1億まで増やしたそうです。

投資方法は、日本株のみ。信用取引なし。スウィングトレードだそうです。

で、何でこんなベテランの方がセミナーに参加しているかをお聞きしました。

セミナーの内容より、セミナーに来ている人を見て、買いか売りか判断するためだよ。

あ~。なるほど。と思いました。

 実は、私もそういった判断、けっこう当たると思っています。

人によって、判断材料は違いますが、「書店に株式投資の本が多くなってきたら売りのサイン」とか、「主婦雑誌に株式投資の話が出てきたら、もう株価はピークだから売り」とか、
まわりの環境の変化で流れをつかむ方もいるようです。


で、その方に「今回のセミナーの参加者は、どんな印象を受けましたか?」とたずねました。

その方は、笑いながら「あの子たち、市場に打ち負かされなければいいけど・笑。でも買ってもいい水準だと思う。
とおっしゃっていました。

個人投資家同士の飲み会は、初めてでした。セミナーもいいけど、個人のお話も参考になる部分があったし、お互いにアドバイスし合って、楽しかったです。

投資家のオフ会とかもこんな感じなのかな?

投資家のオフ会とかあれば、ぜひ参加してみたいなと思いました。


節約・貯蓄ブログランキングに参加しています!


おすすめキャシュバックキャンペーン 私も総額6万円以上キャッシュバックを受けました。おすすめです。




マネックス証券の「松本大ここだけトーク@銀座」というイベントで、マネックス口座を持っている10名が社長に直接質問できる企画がありました。
会場の雰囲気とお会いした時の感想を書きたいと思います。


場所は、マネックスラウンジ@銀座 でした。時間は18時30分~スタート。

5分前には、個人投資家8名が着席し、社長さんの登場を待っていました。予定時刻直前あたりから、スタップも背筋をピンとして、約20畳くらいの会場もシーンとしてきました。

社長さんだから、やっぱりオーラとかあって、別格な感じかな?」など考えているうちに、社長さんが

カバンをスタッフに渡しながら「いや~。おまたせしました~。」と登場。



マネックス社長 松本大氏

「え~。フツー。やさしそう。」が正直な感想です。


やさしい雰囲気を醸し出す松本大さんを見て、緊張が解けました。

松本大さんも「緊張しますね~。」なんておっしゃっていましたけど、さすが、言葉に詰まることもなく、全く緊張している様には感じませんでした。

ちょこっと挨拶したあと、すぐ質問に入りました。

個人投資家から質問は、次ぎのような質問がでました。


「大きな下落のあと、今後の日経平均が12000円を上回るのはいつごろだと思いますか?」

「子供の資産運用を検討しています。子供は、長いスパンで投資できるメリットがあります。そういったメリットを活かして、年5%~7%の利回りで運用するためには、どのような対象にどういった運用をしたらいいでしょうか。松本大さんならどんな運用をしますか?」(←私の質問です。)


「全くの初心者です。どういったポートフォリオを組むのが理想的ですか?」

「新聞や雑誌など言っていることがバラバラなので、何を基準にして投資をしていいかわかりません。どういったことを参考にするべきですか?」

が、主な質問でした。

 一般的に言われていることを言うのかな?と思っていましたが、松本大さんの視点の意見で「へえ。それは初めて聞いた。」という部分もあったし、多角的なアドバイスで大変参考になりました。

松本大さんの回答はこちらにまとめました。

8月13日にも同じ企画があるようです。マネックス口座を持っている方のみお申込できます。詳しくはこちらで紹介しています


節約・貯蓄ブログランキングに参加しています!


1000円


1000円


680円






マネックスラウンジ@銀座 体験・感想

テーマ:
銀座のマネックスラウンジに行ってきました。

マネックスラウンジがオープンした当初から存在は知っていましたが、正直ちょっと入りづらくて、行けませんでした。

今回、初めて覗いてみました。

入り口に若い受付のお姉さまが二人すわっていて、「入ってもいいですか?」と聞いたら「どうぞ~。」とご自由に~というニュアンスを感じる返事があり、少しドキドキしながら入ってみました。

中は、パソコンやZAIやダイヤモンドマネーのような雑誌、マネックス関連の書籍、著名人の投資本などなど、マネーに関する本がたくさんありました

自由に手にとって、イスにすわって読むことができます。
コーヒーも無料で自由に飲めるようになっています。

monex 016.jpg
monex 014.jpg



雑誌を読んでいたら、マネックス口座に興味のある40代くらいの女性が2人が入ってきて、
マネックス口座について、口座開設法、使い方など係りのお姉さんに大きなテレビ画面を一緒にみながらレクチャーしてもらっていました。
「あ~。なるほど、こういうラウンジの使い方あるんだな。」と思いました。


monex 017.jpg


思ったより気軽に使える場所なので、マネックス証券に興味のある方は、ぜひ立ち寄ってみるといいかもしれません。

場所・〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-1 ソニービル4F

マネックス証券 は、株の現物取引の手数料は、他のネット証券よりも高い傾向があります。
でも、そのほかのサービスが充実しています。さらに、マネックス証券の投資信託は約200本ととても充実した内容となっています。ノーロード投信も充実しています。しかも検索機能が◎。初多数あるファンドをいろんな条件を入力すると、自分の目的にあった投信が簡単に検索できます。他ネット証券に比べダントツに使いやすい検索システムで、投信を検討されている方におすすめの機能です。

マネックスの詳細についてはこちらです。

節約・貯蓄ブログランキングに参加しています!
マネックス証券の松本大氏と対談することになりました。

7月30日(木曜日)時間18時30分~19時。場所はマネックスラウンジ@銀座です。

マネックス証券 に口座を持っている10名が抽選で選ばれました。


松本大氏は、雑誌やテレビにもよく登場するので、知っている!という方も多いと思います。
松本大
<松本 大氏のプロフィール>

マネックスグループ 代表取締役社長CEO 兼 マネックス証券 代表取締役社長CEO
1963年生まれ。東京大学法学部卒。ソロモン・ブラザーズ・アジア証券を経て、90年ゴールドマン・サックス証券に入社し、94年同社の史上最年少ゼネラル・パートナー兼東京支店常務取締役に就任。99年ソニーの出資を受けマネックス証券を設立。
2004年8月には日興ビーンズ証券株式会社との経営統合を果たし、マネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社(現 当社)を設立、代表取締役社長CEOとなる。
現在、株式会社東京証券取引所グループおよび株式会社東京証券取引所、株式会社新生銀行の社外取締役を兼務する他、日本証券業協会証券評議会委員、金融先物取引業協会理事を務める。


質問形式の対談なんですが、質問の内容やひとり何問まで質問してもいいとか具体的な指示がなく、調整しなくて大丈夫?という感じです。
行き当たりばったりの対談なんでしょうか。。。
でも、思ったことを質問してみようと思います。

銀座のマネックスラウンジはこんな感じです。

マネックスラウンジ@銀座

マネックスラウンジ@銀座

行ったことがなかったので、今回マネックスラウンジを観察してこようと思います。

また、対談の様子は写真付きで運営サイトのノーロード投信比較ガイド やこのブログにもアップします。お楽しみに!

節約・貯蓄ブログランキングに参加しています!



100年に1度と言われる金融危機。ものすごい株価の急落を目の当たりにしました。


この金融危機は、ある意味30代で経験していてよかったと思っています。
30代で経験していなかったらこの先、無茶な投資をしていたかもしれません。


私も資産の目減りはありましたが、幸い、戻りそうな水準で買っています。ただ、もう少しリスク管理ができていたら、もっと利益が上げられたのにという悔しさがあります。


「個人がプロに負ける理由」を経済評論家でも有名な勝間和代さんはこうコメントしています。

個人の勝率もプロの勝率も変わらない。でもなぜ個人が負けるのかは、リスク管理が下手だから

そうですよね。持っている株価が予想以上に下がりそう、または下がった場合、プロは淡々と損切りを行います。

でも個人は、損切りができす、そのまま「塩漬け」状態に。

結局、損切りができないということは、2つの損をしているのですね。

1つは、資金が拘束されてしまい、効率的な資産運用ができないこと
2つは、おいいしいところで買えないこと。
仮に、10万分損切りしたとして、その後安くなったところで買い直して90万円利益を得れば80万円の利益がとれます。


でも、損切りするためには損切りの基準を決めなれればなりません。

「株価が10%下がったところを基準にする」「トレンドラインを割ったら損切りする」というルールをよく聞きます。

人によって損切りのルールが違うと思いますが、今の私のベストな損切り方法は

自分が想定したシナリオが崩れたとき」というのが自分に合っているようです。


節約・貯蓄ブログランキングに参加しています!

ブログを通じて交流のある、うさみみ1969さんのブログ 「何のために投資してるの?」を読んで、私も改めて「何のために投資しているの?」を考えてみました。

 (ちなみに、うさみみ1969さんのブログ大好きです。)

 私も「何のために投資してるの?」についてブログに書いてみようと思います。

 実は私、ノーリスクを望む銀行員でした。

 銀行員時代は、安全な定期預金や国債が身近で、株とか投信、外貨のような元本割れするような金融商品は、とても抵抗がありました。「危険だからやならない方がいい」とむしろ思っていました。

 でも、私が資産運用するようになったのは、ちょっとしたきっかけなんです。

 銀行で、投資信託の販売が開始され、必要に迫られてとりあえず、恐る恐る月々1万円の積み立て式の投資信託で投資の世界に足を踏み入れてみました。
すると、みずほ日本株オープン(今はもうないかもしれません)を4年積み立てて、4年後に48万円⇒65万円で受け取ることができました。

 普通預金だったらほとんど利息の付かないのに、4年間で17万円も利益を受け取ることができました。

 「すごい!投資信託って。」って単純でしょ♪

  ビギナーズラックかもしれませんが、それが投資を勉強するきっかけになって、今では幅広く投資をしています。

 さらに、資産運用の腕を磨かねばと思ったきっかけが、社会保険労務士を勉強していたときです。

 今の年金制度を知って、将来の年金をあてにしてはいけないことを知りました。 

投資する理由はずばり、「将来への不安の解消です」。

 私たち20代、30代、40代の現役世代の年金は、将来65歳以降年金が受け取れるようになっても、予定受け取り金額が50%も減る可能性があります。

 現在の年金世帯の平均年金額は1世帯25万円。
 それが、12.5万円またはそれ以下になってしまったらどうでしょうか。

 私は将来がとても不安です。

 でも、将来、笑って生きれるか、余裕のないぎりぎりの生活をするかを左右するのは、自分自身の行動次第なんですね。


 そこに気づいている人は、もう将来に向けて「何か」を始めていると思います。

 その「何か」が私にとっては資産運用なんです。

 でも、資産運用でなくてもいんですよ。「年金づくり」の手段は他にもありますからね。

 でも、何か投資を始めてみたいと思った方は、ぜひノーロード投資信託比較ガイド を参考にしてみてください。おすすめの投資信託を厳選して紹介しています。


 長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

節約・貯蓄ブログランキングに参加しています!
レバレッジリーディング

昨日、珍しく夜眠れず、1冊読んでしまいました。
とても読みやすくわかりやすい本でした。

ビジネスで成功したい人のための、効率的で戦略的な読書法が書いています。
最後の部分で、本のエッセンスを実践に結びつける方法はこれからぜひ私も実践していきたいです。

時給が100倍になったらすごいですよね。時給が100倍になった人の多くは「レバレッジ・リーディング」に書いていることを実践しているそうですよ。

たった1500円の投資で、成功するためのノウハウがもらえるのは安いと思います。


本を購入するとき普通に買っていませんか?
ゲットマネー というポイントサイトを利用するとさらにお得に買えます。実質3%OFFくらいです。
低金利時代3%の利回りを得ようと思ったら大変ですね。こういった方法は使わないともったいないです。申込は極めて簡単です。⇒詳細はこちらです