ニューヨーク海外駐在生活 in2014

縁あってニューヨークにて海外駐在生活を行うことになりました。
語学練習もかねて日記をつづっていきます。


テーマ:

 ついに「ダヴィンチ・コード」が封切られましたね!


 今日見に行こうとも思っていましたが、今日はテレビのほうでスペシャル番組があるからそっちを見ないとね。


 っていうか、普通初日にテレビでやるか!?


 まあ、「ダヴィンチ・コード」は全世界同時封切りだというので仕方なかったのかな。




 ところで、今日は「ダヴィンチ・コード」の話ではありません。


 トム・ハンクス主演「ターミナル」です。


角川エンタテインメント
ターミナル DTSスペシャル・エディション


 スピルバーグの映画です。



 ・・・。



 ☆★★★★(星1つ)



 スピルバーグっていい映画もたくさんあるけど、そうでもないのもたくさんありますよね。不思議な監督だ。



 サスペンスやホラーなど見て、心が萎縮してしまったようなときに見るとリハビリになるかも。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 またまたまた映画の話です。


 今日の映画


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ムーラン・ルージュ


 結構、ミュージカルがすきだったりします。「オペラ座の怪人」はDVD持ってますし、こないだみた「プロデューサーズ」も面白かった!


 ということで、こちらも期待!




 うーん。ちょっとわかりにくかったかな?最初のほうが騒がしすぎてちょっとつらかったです。でも現代の名曲が使われているあたり、わくわくしますね。


 やっぱりユアン・マクレガーはかっこいい。スター・ウォーズのエピソードⅠ~Ⅲのユアンなんてばっちしですね。


 ニコール・キッドマンはちょっとかなー。


 ってな感じ^^;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 GWはもう1週間前となってしまいましたが、GW中に見た映画(DVD)の話です。


ハピネット・ピクチャーズ
きみに読む物語 スタンダード・エディション


 いい話ですね~。映像も美しい。ハッピーエンド過ぎるところがなんとなく物足りなく感じることもあるかもしれませんが、”純愛”がキーワードの韓国映画も顔負けのラブ・ストーリーぶりです。


 多少ネタばれしてしまいますが、私が好きなシーンは念願のアリーと一晩を過ごしたノアの元にアリーを待ちわびすぎて関係を持ってしまった隣の未亡人が訪れるシーン。


 未亡人はノアの元にアリーが戻ったことに気づき、「あわせて」というがもちろんノアは困惑。


 そこへ後ろからアリーが普通に出てきて笑顔で「お話聞いていたのよ!ぜひお話したい!」と未亡人を家の中に入れる。


 その入れる間際、ノアへ一瞥するアリーの表情がなんともいえません^^


 ・・・細かすぎでした^^;




 ということで、いろいろ楽しめるところ(?)満載の映画、ぜひご覧ください^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 GW中に見た映画(DVD)の1作品目です。


ジェネオン エンタテインメント
私の頭の中の消しゴム


 これ映画館で見なくてよかったです。



 真夜中の2時くらいに見ましたが、嫁と二人で号泣も号泣。とてもじゃないけど映画館から出る姿を人に見せれたものじゃなかったでしょうね。


 「世界の中心で愛を叫ぶ」も泣きましたが、これは映画館だったので控えめだったとはいえ、「私の頭の中の消しゴム」は最初から結末がわかっているから随所で涙せずにはいられませんでした。



 もちろん泣かせる仕様になっていることは否定しません。悪く言えば、”芸がない”といってもいいでしょう。結論はおろか、途中途中のストーリー全てわかってしまいます。



 それでも、二人の演技はすばらしいのでストーリーに感情移入できます。



 ヒロインのソン・イェジンがまたいい!可憐で健気な女性を好演しています。


 相手役のチョン・ウソンも味があっていい感じです。





 別に韓流好きというわけではありませんが、これはいいですね。



 せつなくて、目一杯泣きたいときにお勧めする一本です。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このGWは映画週間でした。(といっても7本くらいしか見てないけど。しかもDVD^^;)


 ひとつひとつはおいおい紹介していくとして、今日最後に見た映画について書きます。


 今日見たのは「パッション」


東宝
パッション

 私はキリスト教ではありません。お釈迦様を信じているわけでもアラーを信仰しているわけでもありません。いわゆる無宗教ってやつですかね。


 願望から行けば日本の八百の神々(いやむしろ妖怪?)を信じたいですね。



 話がそれました。


 この映画は「passion(キリストの受難)」を描いています。キリストの最後の12時間です。


 この映画を見たからといってキリストを信じるようになるわけではありませんが、キリストってしばしば頭をがーんと殴られたような衝撃を受ける言葉を発しますよね。


 ダヴィンチコードで話題のマグダラのマリアのシーンもあります。


 姦淫の現場で捕らえられた女を非難する民衆を前に「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」 というイエス(正確にはこれはマグダラのマリアではないという説もありますが)。





 高校の時、よく家々を回って聖書の教えを説こうとする方々が強引においていった聖書をよく読んでいた時期がありました。


 聖書って不思議ですよね。悩み多き(^^;)高校時代、ぱっと開けた聖書の一文がなぜか心に響くんです。


 思えばよくキリスト教にならなかったもんだ^^;これ、宗教の根本なんですかね。





 だいぶ話がそれました。



 映画「パッション」


 心臓の弱い人は見ないほうがいいと思います。


 私もそんなに弱くないほうだと思っていましたが、途中でDVDをとめてしばらく横にならなければ再開することができないくらいでした・・・。


 どんな話か知りたい方はこちら→パッションファンサイト






 ダヴィンチコードを見る前に、キリストを良く知ろうと思って借りたものですが、思惑通り疑問が次から次へと沸いてきて、数時間ネットの前に釘付けになってしまいました^^; 


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年のGWは映画三昧になりそうです。


 ・・・といってもレンタルですが^^;


 今日の映画「オーロラの彼方へ」


松竹
オーロラの彼方へ


 父と子の愛情あふれるファンタジーサスペンス映画です。ほのぼのとした映画かと思いきや、結構サスペンスだったりするので、サスペンス好きな方もいいです。


 古きよきアメリカの親子の情というものが主題で、あーアメリカってそういうところがいいよなーって思わせる映画ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 またまたレイトショーで見てまいりました。


 映画「プロデューサーズ」


プロデューサーズ



 唐沢寿明とおすぎのCMが面白い、ブロードウェイミュージカルで大人気を博した作品を映画化したものです。


 ミュージカルは「オペラ座の怪人」「シカゴ」を上回る記録を樹立したとされる作品。


 かなり期待先行型ですね。


 とはいえ、そこまで世間の話題にもなっていません。



 映画館に入ると、、あれ?少なっ。全部で15人くらい?レイトショーということもあるけど、いつもはそこまでひどくありません。かなり時期はずれに見たスターウォーズエピソードⅢだってこんなにひどくなかった。一抹の不安がよぎります。



 そして・・・。





 いや、面白いですよ。というか完全コメディーです。日本では珍しく映画館が爆笑の渦に巻き込まれていました^^おバカで楽しくちょっとエッチなコメディーミュージカル映画と表現すればいいんでしょうかね。


 疲れてるときとか、癒されたいときにお勧めの映画です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 私が「ナルニア国物語」を読んだのはもう何年前でしょうか。


 小学生の頃だったと思うが、自分とそう変わらない年頃の少年少女が大活躍する物語に夢中になってむさぼり読んだ記憶があります。


ナルニア


 ”ナルニアが映画になる”それを知ったのは去年?コンスタンティンの試写会を見に行ったときでしょうか。


 その頃はロードオブザリングで世間はファンタジーに興味津々になっていたので、逆にちょっとさめてしまった記憶がありますが^^;



 昨日見ました。


 映像は美しい。迫力もある。ファンタジーとしては一流です。


 でもやっぱり小説を読んだあの感動はちょっとないかな。昔だったからなのか、今読んでも感動するのか。


 映画をご覧になって興味をお持ちになったらぜひ小説を読んでみてください^^

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本日は、「エイリアンvsプレデター」について


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
エイリアンVS.プレデター 2枚組 特別編 〈初回限定生産〉

 正直、私の趣味とはいえません。でもなーんでか気になっちゃったんですよね~。


 エイリアンシリーズもプレデターも映画はおろか、TVですら見たことがありません。なのに、なんで見たくなったんだろう???


 で、見てみて、・・・。


 映画館じゃなくてDVDレンタルしかも、サービスデー200円だったからまだよかった。


 やっぱり面白くなかった。


 エイリアンの凶悪さ、醜悪さ、あの宇宙船の中で追い詰められる絶望感と、プレデターの知能をもった宇宙人との死闘、恐怖、シュワルツネッガーの勇気と知恵で対抗していくあのドラマ、どれひとつないです。


 これならエイリアンとプレデターを別々に見たほうがいい。


 TVでやってても見る価値はないな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 友達からまわってきました「映画バトン」


 はりきってやってみましょー!!


■持っている映画のDVD、あるいはビデオの数


3本

・・・いままで映画を買うことはしませんでしたが、最近だと未公開シーンをふんだんに盛り込むというずるいわざによって買わざるを得なくなってきています。。


■あなたのお気に入りの監督、俳優、脚本家などの映画人(5人まで)


「ジョージ・ルーカス」・・・スターウォーズきちがいにとってはずすことはできません。


「ハリソン・フォード」・・・ハン・ソロ役もいいですが、やっぱりインディ・ジョーンズかな。


「トム・クルーズ」・・・ダークな役からさわやかな役までこなせます!昔から出てるけど、いま何歳??


「スティーブン・スピルバーグ」・・・「グーニーズ」「バック・トゥ~」「グレムリン」「インディ~」「E.T.」・・・数えたらきりがないですな。


「ブルース・ウィルス」・・・TVシリーズ「こちらブルームーン探偵社」の頃から好きですね。


・・・そのほかにも「ブラッド・ピット」「キアヌ・リーブス」「レイチェル・ワイズ」「サラ・ミッシェル・ゲラー」・・・きりがないか。


■一番最近見た映画


「スターウォーズ エピソードⅢ」

・・・スターウォーズほどすごいと思った映画はないですね。公開当時、デジタルグラフィックなんてなかったんですよ?観客に威圧感を与えるように入ってくる「スター・デストロイヤー」や触れれば本当に瞬時に切れそうな「ライトセーバー」。幼かった私にとってすべてが興奮の対象でした。


■何度も見返してしまう映画、あるいは特別な思い入れがある映画5本


「南極物語」

ポニーキャニオン
南極物語

・・・はじめて映画館で見た映画です。「タロー!ジロー!」


「レナードの朝」


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

レナードの朝


・・・ダンスのシーンが泣けます。不治の病というキーワードに弱いです。。


「シックス・センス」

ポニーキャニオン
シックス・センス

・・・そういう結末になるとは・・・。


「ロード・オブ・ザ・リング」

ポニーキャニオン
ロード・オブ・ザ・リング ― コレクターズ・エディション

・・・映画版というよりこの物語が好きです。とはいえ、ここまで忠実に小説を実写するとは、最近の技術もさることながら監督の熱意と情熱が伝わってきますね。


「ジョゼと虎とさかなたち」

アスミック
ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)

・・・日本映画もいっぱいいい作品はあります。この作品はわたしは非常に胸が痛みました。私は病気の人を助けたいという思いをもっています。でもこの主人公のように、現実を知って挫折してしまうかもしれないという思いに駆られました。。


 正直、もっともっとあります。でも思い出したのがこの5枚だからまあいっか。


■次にバトンを回す人


 T氏!お願いします! →http://takama.jugem.jp/

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。