そういえば三年目の総括をやっていなかったので、今さらやります。(・v・)

前回が
「2015年10月1日~2016年7月科目試験の結果まで」(夏スク含む)
でしたので、今回は
「2016年10月科目試験~2017年夏スクまで」
になります。

まず最初に昨年の終わりから。

2016年 10月


史学概論 2単位

史学概論は歴史の見方についていろいろ語られているのですが、とても好みの内容でした。
だから試験はきっとよい結果が出ると思っていたのです。
しかし、結果はC。

好悪と試験結果は一致しないものですね。(´;ω;`)

2単位取得です。

年は明け、今年になります。

2017年1月


ロシア文学 C  2単位
地理学Ⅱ(L) A  2単位
日米比較文化論(総論) B  2単位
論理学(L) A  2単位
社会学史Ⅰ A  2単位
社会学史Ⅱ A  2単位


6科目受験して全部受かったので、合計12単位取得。

論理学は試験よりレポートに時間がかかりました…。

ロシア文学はダメだと思いきやひっかかり、地理学Ⅱは裏まで書いて手応えはあった。

日米比較文化論はスクーリングで勉強したところが出て欲しかったのに、あまり出て欲しくないところから出た!(T_T)

 

ここまでは評価が4段階です。

この試験までにS取れた科目もあったかもしれないのでちょっとかなC。

途中から5段階になるくらいなら、最後まで4段階にしてほC。

2017年4月


倫理学 C  2単位
英語学概論 C  3単位
科学哲学 C  4単位
アメリカ文学 A  2単位
英文学特殊 C  2単位
フランス文学史Ⅱ C  4単位


ここも6科目受験して全部受かったので、合計17単位取得。

アメリカ文学は好きで力入ってたので嬉しいです。きらきら!!
英語学概論の難しさには青ざめました…(´・ω・`;)

1月に比べ、今回の受験科目は4科目暗記で、鬼科目(英語学)が一つ入っていてきついし重かったです。

試験後は全部受かるとは到底思えませんでした。

2017年7月


地理学Ⅰ B  2単位
近代日本と福澤諭吉 B  2単位
合計4単位取得。
本当は7月は諭吉だけにするつもりでした。
でもひとつ保険をかけて、地理学Ⅰを受けておきました。
なんの保険かっていうと、夏スクで落ちても大丈夫なように、です。(すでにフラグ)

地理学Ⅰはうまく書けなくてプンプン怒ってたら受かっていた!

選択問題だけどすべての質問の答えがわかったとまで言い切った諭吉がB!


2017年夏スクーリング


日米比較文化論 A 2単位
西洋美術史 S 2単位
英語史は落ちました。え

 

西洋美術史、楽しかった~おんぷ

回答に絵も描きましたよ。

絵に興味が持てて、美術の本を買いました。

こういう心が豊かになるような授業はよいですね~。


この試験結果が出て119単位です。
卒論以外の卒業要件を充足。
7月に一科目分がんばっていなかったら、ここで単位を充足できていませんでした。

年末のスケジュールを考えると夏スクで単位を取り切りたかったんです。

3年度のみで合計すると39単位取得しました。
体感的には1月と4月に受かったのが大きかったです。
もともと前倒しで多く受験するのは、初回試験でこぼしたものを後半に向けてスライドしていくからなのですが、
2回続けて6科目受験して受かると繰り越されることもないので、あとが楽になりました。

慶應通信は年の後半の方が特に忙しいんですよね。
スクーリングってただ行くだけじゃ無くて、それと同時にレポートの締切があったり、
科目試験対策をやらなきゃいけなかったりで、
スクーリング期間にがんばるのはスクーリングだけじゃない。

レポートも試験もスクーリングも、全てが常に同時進行なんですよね。

これに卒論もからんでくるからさらにやることは多くなります。

科目試験自体は無料なので何回でもチャレンジできるのですが、

体力や使える時間を考えながら年初から半年に一科目でも余計にがんばっておくのも手だと思います。

今期出したレポートは26通。
自分の力量だと、だいたい一年に30通前後かな。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

 


AD

レポート提出締切日当日に出した「オリエント考古学」のレポートが、

Kccに反映されていました。

 

 

よかった、これで試験が受けられる!(´-ω-`)

 

レポ締切当日提出から反映までには、土日も含めて11日くらいですね。

不備があると2〜3日で戻ってくるので、一週間何も起きなければ受験できるとは思ってますが、

やはり「添削中」になるまでは心配になってなんどもチェックしに行ってしまいます。えへへ…

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

AD

1月の受験科目決定。

テーマ:

昨日、Kccにて1月科目試験の申し込み終了となりました。

結局ここで前回書いた通りの科目で受験しようと思います。

 

 

統計学って……みなさんおっしゃるように難しい計算は無いですね。

簡単だって言う人がいるのもわかる。

でも、慣れが必要。

手順がとても多いですしねー。(´・ω・`;)

 

えー、ところで最近、淳さんの青学一直線を楽しみに見ています。

 

偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~

 

先週、淳さんとしげさんが模擬試験を受けたら点数が下がっていて、

「勉強するほど点数が低くなってる!」

と嘆いていて、親近感が湧きました。笑

 

なんでしょうね。

勉強してよい成績がとれるとか、

やらなくて結果が出せないというのは自然の法則なのに、

やると余計下がるというのもなぜかわりとあって意味がわからないな…汗

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

AD

科目試験申し込み期間なので、私も申し込みをしました。(´・ω・`)

 

 

予定通りこんな感じです。

 

ただ、「オリエント考古学」のレポートが不備で戻ってくる可能性もあるんですよね。

もし戻ってきたらB群は「西洋史特殊1」にします。

不備で戻る場合は科目試験申し込み期間中には返却されるはずなので、変更は間に合うはず。

 

前回の受験で一科目受験にしたら相当暇だったので、今回は2科目入れたのですが、

これ以上入れるかどうかはまだ考え中です。

やっぱりエントリーするとそれなりに勉強したくなってしまうんですよね。(´-ω-`)(そして気が散って全部ろくに勉強できないという流れ)

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

今日はレポートの締め切り日です。

私もひとつ、締切ギリギリでレポート出しましたよー

これです。

 

 

みんな大好き「オリエント考古学」ですちゅ

 

すでにB群科目のレポート(西洋史特殊Ⅰ)を提出済みなので、

B群のこの科目を提出しても、受験はどちらか一つにしなければならないのですが、

かぶりは気にせず出すことにしました。

同時に受験する科目との兼ね合いもあって、科目の比重を重くできないですしね。

 

「オリエント考古学」、インディ・ジョーンズの世界きらきら!!

考古学って、映画の世界すぎる。

 

 

 

 

『レイダース:失われたアーク』

この作品、最高じゃないですか?

なんといってもクライマックスの、アークを開けるところ。

そこで起きた現象に対するインディの対処法…痺れる(*´・ω・`)

 

端から見るほどいいものではないでしょうし、映画のようにはいかないのはわかっていても、

扱う題材にロマンありすぎて、こういう仕事してる方達にとても憧れる。

聖書とか遺跡とか、かっこいいなぁ~。。。(ため息)

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村