カブログ君の音楽と株

音楽はさくら学院・BABYMETAL・乃木坂46・欅坂46等若者中心に紹介しています。
歌手は中元すず香・堀優衣、アイドルは中元日芽香・長濱ねる・岡田愛押しです。
株は高配当をNISAで仕込み、優待を楽しみ、リートと注目銘柄で小勝負しています。


テーマ:
BABYMETAL人気の秘密は歌・ダンス・演奏のうまさと3人の可愛さ・カッコよさである。
3月一杯で由結と最愛がさくら学院を卒業し、5月からはメキシコ・カナダ・アメリカ・ドイツ・フランス・スイス・イタリア・オーストリア・日本と今年の世界ツアー第一弾が始まりますが、世界中からオファーが殺到しているようです。恐らく夏休みの期間中に世界ツアー第2弾も始まるものと思われ、世界中のファンから愛されるBABYMETALならではの現象です。

しかし私はBABYMETALが世界から愛される本当の理由は彼女らの人間性や人柄の良さだと思っています。つまり、中元すず香の場合はステージにかける情熱と普段の天然とのギャップ、菊地最愛のダンスの切れと愛想を振りまく姿、水野由結の切れ切れダンスと癒し系の笑顔です。

いくら情熱を迸らせていてもそこに人間性を裏付けるものが無いと空回りに終わりかねません。
いくら愛想を振りまいてもそこに人柄を裏付けるものがないと薄っぺらいものになります。
笑顔も一緒で、愛想笑いをいくら振りまいても相手の心には届きません。

人間性や人柄は文章にしようとしても難しく、感じるものだから沢山ある動画から探ります。
数々の動画を見て感じた事は彼女らの言動や行動の全てが自然で、天然で、嘘偽りが無い事である。
言わば小学生がそのまま大きくなったような天真爛漫さがそこにはある。
彼女らが人の悪口を言っているのを聞いた事がないし、批判をされているのを聞いた事も無い。

中元すず香に関して言えば3歳からモデルをやっており、色々なオーディションを受けさせてもらっており、両親の理解が半端ではない。姉の日芽香に対しては父親が目で審査員を殺してこいとまで言うほどである。もちろん2人の姉もすず香の大ファンであり、良い家族に生まれたものです。

水野由結も幼稚園の頃からTVCMに出たり、小学校低学年では子供番組に出たりして、両親の理解がある。兄と弟がいるが仲が良く、すず香同様、やはり良い家族に生まれてのびのびと育ったようです。

最後の菊地最愛も両親の理解が深く、子供の頃から子供雑誌等で大活躍していますが、残念ながら一人っ子です。その為か溺愛気味で、その点が少し心配です。

まあそれぞれ恵まれた家庭に生まれた3人が天真爛漫に過ごしてこれたことが、今のBABYMETALが愛される理由の基礎になっているのは間違いないと思います。そこで数ある動画から彼女らの人柄や人間性が満ち満ちている動画を整理してみました。


さくら学院

TIF2010:https://www.youtube.com/watch?v=4WgO97NcKaA

重音部収録風景:https://www.youtube.com/watch?v=9bB5EFrbydw

WOMEN'S POWERコメント:https://www.youtube.com/watch?v=EXnMrqMqTyA

キバオブアキバコラボコメント:https://www.youtube.com/watch?v=JGCp0GHxoAc

アイドル横丁祭!!楽屋コメント:https://www.youtube.com/watch?v=N13Df3JxcEU


BABYMETAL

ヘドバンギャー!!発売コメント:https://www.youtube.com/watch?v=T1VcALNJsxk

ワンマンライブ直後のインタビュー:https://www.youtube.com/watch?v=8lWcHccqYVo

シンガポール公演後のインタビュー:https://www.youtube.com/watch?v=6StPqvDIOu4

メギツネ発売記念インタビュー:https://www.youtube.com/watch?v=GWxjfmG0PLY

Mステ出演後のインタビュー:https://www.youtube.com/watch?v=Uek_BtKluDY

嫌いなもの:https://www.youtube.com/watch?v=qLOk5Q7tA7A

やらせ発覚!!:https://www.youtube.com/watch?v=_PRtkba8W9w

さくら学院卒業について語る
https://www.youtube.com/watch?v=ngFt66IyzDU&list=PLte_LqXzNmau6UdPKhLfsFWJqZhR17FrA


YUIMOA

由結最愛の転入試験:https://www.youtube.com/watch?v=9dLoimjaeOs

由結最愛おねだり大作戦:https://www.youtube.com/watch?v=K9ouwAuJE-0

由結最愛の表情:https://www.youtube.com/watch?v=exO5fybaKds

由結最愛大研究:https://www.youtube.com/watch?v=a1BtI-ZDVUE


中元すず香

冒険者たちの中元すず香:https://www.youtube.com/watch?v=Qy_7WJ9ixMc

中元すず香の珍解答:https://www.youtube.com/watch?v=R00qFnfuKoU

中元すず香の抱負:https://www.youtube.com/watch?v=QPJaLOUw6CQ

色んな中元すず香:https://www.youtube.com/watch?v=bpcDPsykC6U

生徒会長のすず香:https://www.youtube.com/watch?v=8sdgEuLEff8

中元すず香卒業プレビュー:https://www.youtube.com/watch?v=5NDF0enRM1E

中元すず香のうわさ話:https://www.youtube.com/watch?v=-f_znkMxeyA


水野由結

水野由結 プリキュア5変身インナー CM:https://www.youtube.com/watch?v=9zubJNfg764

水野由結の新しい子供番組1:https://www.youtube.com/watch?v=ulrmMO5weuE

水野由結の新しい子供番組2:https://www.youtube.com/watch?v=PVUoa8mk4Ps

水野由結という人:https://www.youtube.com/watch?v=Rfdqaqi0HiY

由結ちゃんが赤ちゃんみたいな話:https://www.youtube.com/watch?v=Xz849gBbdAI

由結ちゃんが素直な話:https://www.youtube.com/watch?v=OX1J7MyvkWY

身長が伸びて嬉しい由結ちゃん:https://www.youtube.com/watch?v=TI1HWbxo6e0

作戦の隠蔽を図る水野由結ちゃん:https://www.youtube.com/watch?v=02FEz8GSlKM

人に横歩きをさせる水野由結ちゃん:https://www.youtube.com/watch?v=asrDvZlDc8w

何か言いたかった水野由結ちゃん:https://www.youtube.com/watch?v=p_hZClhdiZo

ファニーな水野由結:https://www.youtube.com/watch?v=hE3_ozHzZ0c

シャウトする水野由結:https://www.youtube.com/watch?v=ICVzmZNMs1U

水野由結のうわさ話:https://www.youtube.com/watch?v=vFeCTA9IWZU

水野由結の表情:https://www.youtube.com/watch?v=PUaTr_vd57w

水野由結写真集:https://www.youtube.com/watch?v=22V8CSYsa10


菊地最愛

菊地最愛の裏芸:https://www.youtube.com/watch?v=B2-cdHSg3I4

菊地最愛の送る言葉:https://www.youtube.com/watch?v=YalRqdFRJKw

菊地最愛のハグ:https://www.youtube.com/watch?v=7dVyCKfCLjc

菊地最愛の小悪魔伝説:https://www.youtube.com/watch?v=cCXlHfc0Lyo

菊地最愛のうわさ話:https://www.youtube.com/watch?v=_2MRz13Ur8w


これらの動画を見ていて感じるのは彼女らには演技が殆ど無く、全て天然である事に驚きを禁じ得ない。これだけ素の自分を曝け出せる3人が揃った事が、寧ろ奇跡だと思う。
素が出せる人間は裏表が無く、人を騙したり貶めたりできない人間だという事だと思う。

菊地最愛は未だに一人で寝れないというからぬいぐるみでも抱いているのかと思ったら両親と川の字になって寝ているそうである。この4月から高校生なのに大丈夫かと心配になるが、風呂上がりの髪を乾かすのはパパがやってくれると聞いて絶句した。
両親が一人っ子の最愛を溺愛し過ぎではないかと心配になるが、その割にはしっかりしたいい子に育っているから奇跡である。菊地最愛の涙はあちこちで見る事ができるが、演技ではなくて自然に曝け出せるのを見ていたら女優になったらきっといい演技ができそうに思う。

何度見ても笑ってしまう動画も多いが、こういう動画が溢れていることが外国人にも好かれる理由の一つだろう。動画を探してみて気付いた事は水野由結の動画の多さであった。


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位堀優衣でした。

昨日多く見られた音楽関連ページは1位中元すず香の軌跡、4位中元すず香の秘密、5位中元すず香解体新書でした。

中元すず香の軌跡は過去記事としては過去最高の157アクセスありましたが、これも日々訪れて頂いた皆様のお蔭と感謝していますので、宜しかったらぽちっと一つお願いします。


おまけ

南波一海のインタビュー中元すず香:https://www.youtube.com/watch?v=lGX4bPfAQbA

すぅさんへ 感謝のサプライズ:https://www.youtube.com/watch?v=U4bRyiF7vG0

イジメ、ダメ、ゼッタイ:https://www.youtube.com/watch?v=kAbI5xrQmtg

ベビメ大陸:
http://www.babymetalnewswire.com/2015/01/21/2012-11-10-exclusive-babymetal-backstage-footage-at-anime-festival-asia-singapore-2012/

BABYMETAL現象:http://www.dailymotion.com/video/x2d1y7p_babymetal-2014-12-21_music


今日、紹介する曲はKenKenによるさくら学院の仰げば尊し ~ from さくら学院 2014です。

仰げば尊し:https://www.youtube.com/watch?v=MtGAC3j9KtU&feature=youtu.be


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

NYダウは10ドル下げ、日経は12円上がり、終値は18,797円でした。
今日の仕込みは貸株金利2%の日本マイクロニクスの買戻しだけです。


本日の返済(買い)

           グリー(3632)・・・・・小利確(一部)
           福岡リート(8968)・・・・・小利確
           イオンリート(3292)・・・・・小利確
           GLP投資法人(3281)・・・・・小利確(一部)
           サイバーリンクス(3683)・・・・・小利確
           カブドットコム証券(8703)・・・・・微損切り(一部)
           アドバンス・レジデンス(3269)・・・・・小利確
 

【保有銘柄】
〈優待期待〉 現物88銘柄(日本たばこ産業他)
〈娯楽期待〉 現物 7銘柄(ユナイテッド・コロプラ・マーベラス・ミクシィ・グリー・ガンホー・Klab)
〈電気期待〉 現物 4銘柄(日本航空電子・大泉製作所・ワコム・日本マイクロニクス)
〈配当期待〉  現物 3銘柄(日本駐車場開発・リクルート・CYBERDYNE)
〈化学期待〉 現物 2銘柄(日本ペイント・住友化学)
〈電力期待〉 現物 2銘柄(中国電力・北陸電力)
〈復配期待〉 現物 2銘柄(大盛工業・小僧寿し)
〈資源期待〉 現物 1銘柄(NN原油ブルETN)
〈通信期待〉 現物 1銘柄(日本通信)
〈分配期待〉 信用11銘柄(イオンリート他)

目標数:120銘柄以上       比率目標:80%以上            比率目標:10%以下
【買い銘柄計:100銘柄】     【含益銘柄比率:61.7%】         【信用金額比率:13.8%】

 維持率目標:200%以上     余力目標:400万円以上
【信用維持率A:160%】      【保証金余力A:380万円】     


【リート指数:1,906、天井2,000、乖離率4.7%、利回り3.1%】

信用保証金余力が目標をクリアしましたので、目標を変更しました。
日経平均は終値としては2000年4月20日以来、14年10か月振りの高値を連日で更新しました。
サイバーリンクスは貸株金利が8%から1%に下落しましたので返済し、代わりに昨日返済した貸株金利2%の日本マイクロニクスを仕込み、NN原油ブルETNは長期戦になりそうなので現引きしました。
カブドットコム証券をカブドットコム証券で買っていましたが、貸株金利が付かないので返済しましたので、別の証券会社で買い直しました。


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位堀優衣でした。

昨日多く見られた音楽関連ページは2位中元すず香の軌跡、4位中元すず香の秘密、5位さくら学院人気ランキングでした。


今日紹介する曲は久しぶりにランキング登場の堀優衣が小6の時に歌った珍しいジャズです。一昨日のカラオケバトルでは99点以上の高得点だったが、100点満点の人が現れて残念ながら負けました。
100点満点の歌を聴いたが、ただカラオケの機械に合わせた不自然な歌い方をしていて興醒めしました。やっぱり歌は機械の点数で評価するものではなく、人の感動で評価すべきだと改めて思いました。

Summer Time:https://www.youtube.com/watch?v=V7J-fskIkdo&list=PL91DcxkJNDmfy0TcAspjPt1D63p9NXGqr&index=7

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NYダウは15ドル上げ、日経は200円上がり、終値は18,785円でした。
今日の仕込みは貸株金利4%のマーベラスと2%の日本通信、BPカストロールの買い増しです。


本日の返済(買い)

           東急不動産(3289)・・・・・大利確
           ヒューリックリート(3295)・・・・・小利確
           日本マイクロニクス(6871)・・・・・中利確
           ジャパンエクセレント(8987)・・・・・小利確
           日本リテールファンド(8953)・・・・・小利確
           ケネディクス商業リート(3453)・・・・・小利確
           アスラポートダイニング(3069)・・・・・小利確(一部)
 

【保有銘柄】
〈優待期待〉 現物88銘柄(日本たばこ産業他)
〈娯楽期待〉 現物 7銘柄(ユナイテッド・コロプラ・マーベラス・ミクシィ・グリー・ガンホー・Klab)
〈配当期待〉  現物 3銘柄(日本駐車場開発・リクルート・CYBERDYNE)
〈電気期待〉 現物 3銘柄(日本航空電子・大泉製作所・ワコム)
〈通信期待〉 現物 2銘柄(サイバーリンクス・日本通信)
〈化学期待〉 現物 2銘柄(日本ペイント・住友化学)
〈電力期待〉 現物 2銘柄(中国電力・北陸電力)
〈復配期待〉 現物 2銘柄(大盛工業・小僧寿し)
〈資源期待〉 信用 1銘柄(NN原油ブルETN)
〈分配期待〉 信用14銘柄(イオンリート他)

目標数:120銘柄以上       比率目標:80%以上            比率目標:10%以下
【買い銘柄計:109銘柄】     【含益銘柄比率:64.0%】         【信用金額比率:17.6%】

 維持率目標:200%以上     余力目標:350万円以上
【信用維持率A:119.0%】    【保証金余力A:347万円】     


【リート指数:1,901、天井2,000、乖離率5.0%、利回り3.1%】

日経平均は終値としては2000年4月20日以来、14年10か月振りの高値を更新しました。
日経が強すぎて少し怖い位だが、騰落レシオ(25日)は月曜の141から少し下がっています。
日経の上げの割には優待銘柄は弱く、あまり恩恵を受けておらず、含み益率はまだ64%です。

貸株で仕込んだ日本マイクロニクスは増収増益の決算で、急騰したので一旦返済しました。
優待のアスラポートダイニングもFC契約で急騰したので、余分の持ち株分だけ返済しました。
BPカストロールは買い増して優待条件をクリアしたので、優待銘柄の分類に移動させました。

去年秋から探し続けている特別口座ですが、まだ何か残っているようで株式数比例配分方式に移行できません。今まで三菱UFJ信託銀行・三井住友信託銀行・みずほ信託銀行とあちこち探し回りましたが、もう限界ですのでギブアップしました。
N証券に行って、有料で証券保管振替機構に問い合わせする事にしました。
早くしないと3月の決算に間に合わなくなりそうなので、自分で探すのは諦めました。
もう特に記憶のある銘柄は無いので、端株か何か残っているのでしょうか?


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは3位中元すず香の軌跡、4位さくら学院人気ランキング、5位中元日芽香でした。


今日紹介する曲は世界ツアーで引っ張りだこのBABYMETALの代表曲で、YouTube再生回数2,300万回越えのギミチョコです。

ギミチョコ:https://www.youtube.com/watch?v=WIKqgE4BwAY

今年の世界ツアー第一弾は5月9日のメキシコを皮切りにカナダ・アメリカ・ドイツ・フランス・スイス・イタリア・オーストリアから6月21日の日本公演まで怒涛のツアーラッシュです。第二弾は夏休み期間中に行われるのでしょうが、今回以上の過密スケジュールが予想されますが、体調に注意しつつもファンの期待に応えて欲しいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NYダウは92ドル上げ、日経は18円下がり、終値は18,585円でした。
今日は新しいパソコンの設定で忙しく、仕込みは無しです。


本日の返済(買い)

           無し
 

【保有銘柄】
〈優待期待〉 現物87銘柄(日本たばこ産業他)
〈娯楽期待〉 現物 6銘柄(ユナイテッド・コロプラ・ミクシィ・グリー・ガンホー・Klab)
〈配当期待〉  現物 4銘柄(日本駐車場開発・リクルート・東急不動産・CYBERDYN)
〈電気期待〉 現物 4銘柄(日本航空電子・日本マイクロニクス・大泉製作所・ワコム)
〈資源期待〉 現物 3銘柄(BPカストロール・中国電力・北陸電力)
〈化学期待〉 現物 2銘柄(日本ペイント・住友化学)
〈復配期待〉 現物 2銘柄(大盛工業・小僧寿し)
〈通信期待〉 現物 1銘柄(サイバーリンクス)
〈分配期待〉 信用18銘柄(イオンリート他)

目標数:120銘柄以上       比率目標:80%以上            比率目標:10%以下
【買い銘柄計:109銘柄】     【含益銘柄比率:57.5%】         【信用金額比率:18.8%】

 維持率目標:200%以上     余力目標:350万円以上
【信用維持率A:109.0%】    【保証金余力A:336万円】     


【リート指数:1,884、天井2,000、乖離率5.8%、利回り3.1%】

日経平均は5営業日で600円上昇しており、主力株の一部に利益確定の売りが出た。
K証券の貸株ですが、今の所順調で貸株金利が加算されていると思うと気分がいいです。
来週からはK証券の追加銘柄とR証券・S証券の貸株金利も追加されますから更に楽しみです。

パソコンはF社と安物の2台持っていたですが、どちらも調子が悪く結局3台目を購入しました。
F社は最低スペックだったので、最近ではブログの立ち上げに1分近くかかりいらいらしていました。
更にブログを書いている途中で、問題が生じましたので、開き直しますという文言で切れまくりです。

安物のノーブランドは株の登録銘柄を削除すると同時に周りの銘柄も削除してしまいます。
先日、株の注文でも100株買ったつもりが300株になっていたりで、怖くて使えません。
おまけに少し長い時間使っていると異音が始まり、買って2年しか経たないのに全くゴミです。
もういくら安くてもノーブランドのパソコンを買う事は2度と無いでしょう。

今回買ったのはN社のパソコンで、少し立ち上がり時間が長いと感じ、メモリー増設の相談をしました。
そしたら購入時は数千円だったメモリーが、8万円だと言うではありませんか。
8万円も出したらもう一台買えるから止めましたけど、もし買うなら最初からの方が絶対いいです。

満足している点はスピーカーがヤマハで音が良く、テクニクスのイヤホンで聞いたら感動モノでした。
テレビでBD録画したNHKのBABYMETAL現象を聴いたのですが、テレビより迫力がありました。
買ったBABYMETALのBDを再生したら、それこそ映像も音も声も鳥肌モノでした。
最近パソコンでストレスを感じていたからこれからは気分良くトレードができそうです。


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは2位中元日芽香、4位中元すず香解体新書、5位中元すず香の秘密でした。


今日紹介する曲は乃木坂46の11thシングルで、センターは西野七瀬が務めています。

命は美しい:https://www.youtube.com/watch?v=KVMINz9YxnY

中元日芽香のブログは2日足らずで2,000コメントが時間の問題であり、人気だけならもうすでにトップクラスです。アンダーから選抜された伊藤万理華と井上小百合に感謝の言葉を述べています。井上小百合もひめたんのブログを読んで感動したと言っています。中元日芽香もやっと自分中心ではなく、乃木坂46全体を考えられるようになったようですので、これからが楽しみです。そして選抜されるのも時間の問題でしょうからアンダーセンターで思い存分力を発揮して妹すず香のように伝説を作って欲しい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NYダウは23ドル下げ、日経は136円上がり、終値は18,603円でした。
本日の仕込みは2月分配のヒューリックリートと貸株利率2%のワコムです。


本日の返済(買い)

           ケネディクスレジデンシャル(3278)・・・・・小利確
 

【保有銘柄】
〈優待期待〉 現物87銘柄(日本たばこ産業他)
〈娯楽期待〉 現物 6銘柄(ユナイテッド・コロプラ・ミクシィ・グリー・ガンホー・Klab)
〈配当期待〉  現物 4銘柄(日本駐車場開発・リクルート・東急不動産・CYBERDYN)
〈電気期待〉 現物 4銘柄(日本航空電子・日本マイクロニクス・大泉製作所・ワコム)
〈資源期待〉 現物 3銘柄(BPカストロール・中国電力・北陸電力)
〈化学期待〉 現物 2銘柄(日本ペイント・住友化学)
〈復配期待〉 現物 2銘柄(大盛工業・小僧寿し)
〈通信期待〉 現物 1銘柄(サイバーリンクス)
〈分配期待〉 信用18銘柄(イオンリート他)

目標数:120銘柄以上       比率目標:80%以上            比率目標:10%以下
【買い銘柄計:109銘柄】     【含益銘柄比率:58.3%】         【信用金額比率:18.9%】

 維持率目標:200%以上     余力目標:350万円以上
【信用維持率A:109.1%】    【保証金余力A:333万円】     


【リート指数:1,885、天井2,000、乖離率5.8%、利回り3.1%】

日経平均は5日続伸で、2000年4月20日以来、ほぼ15年振りの高値だった。

K証券の貸株ですが、本日新たに3月ボーナス銘柄が発表されました。
新規で2%以上はカヤック8%、ラオックス7%、gumi5%、マーベラス4%、FFRI3%です。
なぜこういう事をするのか考えてみましたが、恐らく新規顧客獲得の為の餌だと思います。
実際、私は本日電話でM証券の信用口座解約と株式移管の申し込みをしました。
またR証券・K証券・S証券の貸株サービスの登録を済ませ、M証券も登録する予定です。
つまり、現物保有の銘柄は長期保有条件の優待銘柄以外は全て貸株登録する予定です。

長期保有条件の優待銘柄はN証券とI証券、通常の優待銘柄はM証券とR証券、優待銘柄以外はK証券とS証券にまとめる事にしました。
なぜかというと、貸株登録は優待優先か、配当優先かどちらかを選択する必要があるからです。
因みにNISAはN証券、信用取引はK証券とS証券メインで、サブでR証券とする予定です。
貸株制度は上手く運用すると値上がり益・配当金・優待品・貸株金利の4重取りが可能です。
一方、貸株高金利銘柄には癖のある銘柄が多いが、自信のある方にはより高利回りが可能です。


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは2位中元日芽香、3位中元すず香解体新書、4位中元すず香の秘密、5位中元すず香の軌跡でした。


今日紹介する曲は中元日芽香が11thアンダーのセンターを初めて務める記念すべき曲です。

君は僕と会わない方がよかったのかな:https://www.youtube.com/watch?v=2d4MWlkf7jc

選抜されて一番後ろでちょろちょろするより、アンダーでもセンターをやる方がよっぽどましです。激励コメントもたった半日ちょっとで1,365コメントと、人気の高さが伺えます。私のように妹すず香からファンになった人もいるのだろうが、ファンが多いという事は大きな武器です。私も今ではすっかりファンになって、中元日芽香のブログをブックマークに入れていますので、良かったら覗いて見て下さい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

NYダウは154ドル上げ、日経は134円上がり、終値は18,466円でした。
本日の仕込みは優待のカブドットコム証券と貸株期待のサイバーリンクス・日本マイクロニクスです。


本日の返済(買い)

           無し
 

【保有銘柄】
〈優待期待〉 現物86銘柄(日本たばこ産業他)
〈貸株期待〉 現物 7銘柄(大泉・ミクシィ・グリー・ガンホー・CYBERDYNE・サイバーリンクス・日本マイクロニクス)
〈配当期待〉  現物 3銘柄(日本駐車場開発・リクルート・東急不動産)
〈資源期待〉 現物 3銘柄(BPカストロール・中国電力・北陸電力)
〈娯楽期待〉 現物 3銘柄(ユナイテッド・コロプラ・Klab)
〈化学期待〉 現物 2銘柄(日本ペイント・住友化学)
〈復配期待〉 現物 2銘柄(大盛工業・小僧寿し)
〈電気期待〉 現物 1銘柄(日本航空電子)
〈分配期待〉 信用18銘柄(イオンリート他)

目標数:120銘柄以上       比率目標:80%以上            比率目標:10%以下
【買い銘柄計:107銘柄】     【含益銘柄比率:54.8%】         【信用金額比率:20.8%】

 維持率目標:200%以上      余力目標:350万円以上
【信用維持率A:96.5%】     【保証金余力A:318万円】     


【リート指数:1,872、天井2,000、乖離率6.2%、利回り3.1%】

日経平均は4日続伸で、2000年4月24日以来、ほぼ15年振りの高値だった。
リートは明後日が権利日なので、もう2月分配銘柄の返済はしない事にしました。

カブドットコム証券の貸株ですが、8%のサイバーリンクスと5%の日本マイクロニクスを追加しました。
サイバーリンクスは配当があるし、NTT西日本が4番目の大株主なので、何とかなると判断しました。
日本マイクロニクスも配当があるし、利益剰余金が有利子負債を上回っているので、参戦しました。
今日からいよいよ貸株金利が発生し、配当日は毎月第2金曜日の翌営業日らしいから、3月16日です。
それからカブドットコム証券の株を持っていると持ち株数や保有期間によって現物株式委託手数料が割引になるようなので仕込みました。

貸株は投資家が証券会社に株を貸し、貸し株は投資家が証券会社から株を借りる事だそうです。
現在、貸株サービスをやっているのはSBI・カブドットコム・楽天・マネックス・松井証券だけです。
マネックス証券と松井証券は信用口座を持っている人は貸株サービスを受けられません。
特別金利が高いボーナス銘柄があるのはSBI証券とカブドットコム証券だけです。

私が調べた範囲ではSBI証券とカブドットコム証券が有利なような気がします。
どちらも優待銘柄の自動取得のサービスもあり、信用取引の担保利用も可能のようです。
とりあえず、SBI証券に入っている日本ペイントも貸株登録しましたが、金利は僅か0.1%です。
マネックス証券は信用口座があると申し込みができないようなので、信用口座の閉鎖をする予定です。

2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院・中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは1位中元すず香の秘密、2位中元日芽香、3位中元すず香の軌跡、4位中元すず香解体新書、5位可憐Girlsでした。


いつも中元すず香の歌を褒めちぎっていますので、お馬鹿なすず香と間違っていても主張し続けるメンタルの強い(?)すず香を紹介します。

コンパクトデロリアン:https://www.youtube.com/watch?v=bGmVAd3MFzY

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事は去年の9月に中元すず香(su-metal)というタイトルで書いたものですが、その後中元すず香の補足記事を沢山書いた為に内容が薄くなってしまいました。そこで中元すず香の秘密というタイトルに変更し、レアな情報から想像される事を私の独断と偏見で中元すず香の秘密として書きました。



中元すず香は広島県出身でベビーメタルのメインボーカルであるスーメタルとして大活躍中です。

中元すず香は3姉妹の末っ子で、次女は乃木坂46の中元日芽香、長女は読者モデルらしい。

因みに長女は一番美人で、歌も一番うまいという都市伝説のような話があるが、日芽香もそんな風な話をしていたと思う。もしそれが本当ならとんでもない逸材が埋もれている事になる。中元すず香は幼少の頃より、お店に入るとBGMに反応して歌ったり、踊ったりしてよく迷子になったらしい。


この事から中元すず香は生まれつき歌うのも踊るのも大好きだったという事は間違いない。

更によく迷子になったという事は踊りながら音の鳴る方に移動したのであろうし、親はそれを叱らないで好きにさせていた事の表れだろう。勿論2、3歳の時の話であろうからまともに踊れるわけではなく、ただ楽しくてぴょんぴょん飛び跳ねていただけだろうし、歌も適当に歌っていたのだろう。そしてその事が両親に中元すず香にモデルの仕事や後の芸能界入りを後押しした大きな動機になったのだと思う。


中元すず香は3歳よりモデル活動をしており、4歳の時にバンダイの子供向け化粧品のイメージガールとしてグランプリを受賞しました。

たまたま応募した全国規模のコンテストで優勝した事で、両親はますます自信をつけ、モデルだけでなくすず香が最も好きな歌やダンスもきちんと習わせてやりたいと思うようになったのだと思う。

すず香にとってラッキーだったのはすず香2歳の時にタレント養成の学校アクターズスクール広島が開校した事であった。

しかもすず香が6歳の時にPerfumeが全国的に有名になり、東京に拠点を移した時期でもあった。

お蔭で広島においてはキッズたちのアクターズスクール広島入学熱が一気に高まった時期だ。


そんな熱い時期であるすず香7歳の時に第4回アルパークスカラシップオーディションに参加し、70名中1位になって、グランプリを獲得し、アクターズスクール広島に特待生として事実上授業料免除で入学した。アクターズスクール広島からしたら、バンダイのCMに出ていた可愛い子で、歌もダンスもできる中元すず香はぜひ入って欲しかった子供であったに違いない。因みに妹に対してライバル心の強い日芽香も両親に頼んで受けさせてもらったが、残念ながら不合格だった。この話は日芽香がオーディションの当日の朝、一生懸命練習していたら長女にぼろくそに貶されたので、気分を害して、受けに行かなかったというのが真相らしい。いづれにしろ妹は特待生で、自分は不合格という姉としてのプライドがずたずたになったに違いない。普段のすず香は姉が大好きで、いつも後から追いかけていたが、人生初めての姉妹逆転という悲劇の日となった。


勿論日芽香はこの屈辱を晴らそうと一生懸命努力して半年後には無事合格した。

中元すず香は優秀だったから一学年上の日芽香と一緒のクラスに入れられたが、この頃の1歳差はハンデが大きく、しかもすず香は12月20日生まれだったからまわりについていくのに相当苦労したらしい。だからこの頃のすず香はダンスが苦手で嫌いだったという話になっている。

でも実際はダンスが嫌いでも苦手でもなく、たまたま年上と比較されて苦労しただけの事である。

もう一つすず香のダンスはカウントがとれないという欠点もあったが、たまたま日芽香と同じクラスになった事や日芽香とツィンズとして練習していた事から姉の動きに同期して踊るという常人には難しい技を徐々に習得していった。幼い頃から日芽香の事が大好きで、何でも真似をして追いかけていたからこそ可能だった技だろう。


アクターズスクールが広島にあった事と同じくらい重要な事はそこにMIKIKO先生こと水野幹子がいた事です。

現在では日本を代表する有名振付師ミキコ先生は彼女は音が鳴った瞬間に見た事の無いグルーブ感で踊り出し、本能だけで120%で踊るぶっ飛び系の怪物だと言っています。

本人にあのダンスは良かったねと言っても何も覚えてなく、きょとんとする位の集中力である。

それだけに皆と合わせるダンスはどちらかというと苦手で、つい目一杯のダンスではじけてしまう。

もう一つこの独特のグルーブ感を作り出しているのは彼女の身体的特徴だろうと私は思います。


彼女を褒める言葉で全力ダンスが有名だが、実際は全力しかできないのである。加減をするのが難しいらしく何事にも全力なのである。他には彼女は常に生歌で、口パク流行のアイドル界では珍しいという声があるが、実は口パクが苦手なのである。幼い頃から常に生歌だったから急に口パクをしろと言われても出来ないのである。この話も常時全力少女らしい逸話である。


一方で、BABYMETALと言えば全力ダンスが特徴のように言われ、私も度々BABYMETALの魅力は全力ダンスと書いているが、実は全力ではない。一度3人で話し合って今日のステージは全力でやろうと本気の全力で踊った事があったらしい。そうしたら3人とも最後はへろへろで立っているのもやっとの状態になり、それからは考え方を変えた。お客さんの反応を見ながら力を抜くところは抜いてメリハリのあるダンスを踊るようにしたそうである。


そう考えると全力ダンスしかできない中元すず香がヘロヘロになったら困るのでメリハリダンスをしているとしたら矛盾を感じる人が出てくると思います。しかし、そこはちゃんとMIKIKO先生が答えを言っていて、彼女のダンスは常に120%のダンスだと言っていて、ぶっ飛び系の怪物とまでいっています。つまり、彼女は過剰ダンスだったので、少し大人になってセーブする事も覚えて今は抑えて100%位で踊っているのである。だから他人から見たら100%のダンスでも本人は抑えに抑えた80%位の力で踊っているのである。


彼女は耳がダンボの耳の様に横に突き出してして、パパと一緒で耳がよく聞こえて嬉しいと言っていますが、一方で後ろからは話しかけないで、聞こえにくいからとも言っています。

更に指と腕が湾曲しており、体も非常に柔らかいから、腕とか体を廻すと独特のグルーブ感が出るのだと思います。腕の彎曲は猿腕と言うそうであるが、すず香は子供の頃、猿に似ていると言われていたらしいのでこの事も無関係ではないかもしれない。一方で、チーズ好きでちょこまか動き、落ち着きがないからねずみに似ているとも言われていたらしい。

床屋のサインポールやスパイラルモービルと同じで、湾曲した腕が独特の動きを醸し出している。


彼女の歯並びも相当自由で、口を閉じていると格好良いが、笑うと可愛い。しかし歯並びは相当なものだが、私はこの自由奔放な感じが好きで、矯正はしないでもらいたい思っています。

中元すず香はステージに上がると凛々しく、ステージから降りると天然の女子高生に戻るという話は有名ですが、これは歯並びとも大きく関係していると思います。

彼女は恐らく歯並びの悪さを自覚しており、スBABYMETALのイメージの為でもあるが、ステージ上では極力笑顔を見せないようにしており、馬鹿笑いは決してしない。

しかし、インタビューとかになるとたまに破顔一笑になり、一気に3枚目の顔になってしまう。この2枚目のステージから3枚目に一気に落ちるのが、中元すず香の魅力でもある。

人気アイドルという遠い存在から一気に身近な隣の家の女子高生にもなれるのである。


彼女は他人から見たら欠点だと思うかも知れない身体的特徴を前向きにとらえて寧ろ誇りに思っている所が凄い。実際彼女のVサインを見たらどこまで曲がるんだと思うくらい曲がっているし、お辞儀も殆ど前屈並みに曲がる。


体の柔らかい中元すず香:

https://www.youtube.com/watch?v=L--I9QFR0kc&index=30&list=RDnWp4FaCgoc8


8歳の時にアミューズ第2回スターキッズオーディションにて準グランプリを受賞し、アミューズのキッズ部門所属となりました。中元すず香は様々なオーディションを受けて全て勝ち抜いていますが、この時最初で最後の準優勝に甘んじています。

グランプリは福岡県出身の9歳岡山友里愛がとりましたが、当時アミューズキッズとして所属していた以降の情報は無く、今はアミューズにも所属していないので芸能界に入らなかったのかもしれません。


明日への扉(9歳):http://www.youtube.com/watch?v=ISkxLtdZi9g



可憐Girlsのオーディションに合格し、SUZUKAという役で武藤彩未・島ゆいかと共にメンバー入りした。

9歳の時にテレビ東京系アニメ絶対可憐チルドレンで、期間限定の可憐Girl'sとして活動し、声優にも挑戦、番組終了と共に可憐Girl'sは解散した。



Over The Future:https://www.youtube.com/watch?v=lPe2p5FlWrw



この頃、MIKIKO先生はアミューズの会長に感性を磨いてきなさいと言われ、ニューヨークに2年間行っています。

着るもののこだわりはあまりなく、私服は姉日芽香のお下がりが殆どであると思っているファンが多いと思います。

私もそう思っていましたが、実際はそうではなさそうで、日芽香が洋服を買う時は母親が一緒が多いらしいし、すず香と母親が日芽香の洋服を買ってくる事も多いようで、日芽香自身もなぜ?と言っています。

つまり、母親が完全に主導権を握っていて、ママプロデュースの可能性が高い。

更に言えば、すず香はananなどのファッション雑誌をよく読むが、日芽香は殆ど買った事がなく、たまにすず香が買った雑誌を見る程度らしい。お下がりは単に日芽香が姉だから母親が買っているのであり、勿体ない事もあって妹すず香も着ているだけのようだ。

つまり、母親は二人に似合う洋服を買って、実質2人共ママプロデュースだという事のようだ。



10歳の時にはミュージカル冒険者たちに出演し、演技と歌に活躍したが、この時は主役の女の子がもう一人いて交代で演技した。

11歳の時の再演はすず香一人が演じ、東京公演と名古屋公演を行った。

尚、この中で歌われている島唄と歌の考古学の島唄を混同している人がいるが、皆が感動して拍手が鳴り止まなかったという伝説の歌声は最後に紹介する山梨出身のグループTHE BOOMの島唄です。

勿論ミュージカルの島唄も聞いていて心が洗われるようないい曲です。




冒険者たち:https://www.youtube.com/watch?v=MQ7lqbvtdDU



明日咲く花(11歳):http://www.youtube.com/watch?v=PKkjoXweyrg


11歳でさくら学院に入学し、重音部のベビーメタルメンバーとなり、愛称のすぅちゃんからスーメタルとなり、メインボーカルとダンスを担当している。



結成当時:http://www.youtube.com/watch?v=cirhQ8iLdbw&list=RDWdYgSlKe2gc&index=17



当初は広島から新幹線や飛行機で通っていたが、その内母親が上京し、一緒に住み始める。

ベビーメタルとしては初の海外ツアーシンガポール・インドネシア・台湾の公演もやっている。

14歳の時にシンガポールで、海外初公演を実施した。


シンガポール公演:http://www.babymetalnewswire.com/2015/01/21/2012-11-10-exclusive-babymetal-backstage-footage-at-anime-festival-asia-singapore-2012/



14歳で後輩等からやや不安視されながらも唯一の中3の為、2代目の生徒会長になり、広島県観光PR実行委員会メンバーにもなった。


おしい!広島県:https://www.youtube.com/watch?v=2H5XYB-GQC0



生徒会長は皆の投票で選ばれると聞いて不安だったが、皆が自分を選んでくれてほっとしたらしい。

CDのDは何の略か聞かれてデロリアンというおバカな面もあり、また力うどんはベテランの職人さんが特に力を込めて打ったうどんというおちゃめなところもある。

更に自転車に乗れない、靴ひもを結べない、靴下の色違い、撮影の時にお気に入りの物と言われてお好み焼きのへらを持って行った等のボケキャラ満載人間である。


彼女はあるラジオ番組で菊地最愛が成績が5から4に落ちて悔しいと言った時、司会者が俺なんて2ばっかりだったからそんな事気にするなと言った。そしたらすず香は聞かれてもいないのに私も2が多いと仲間ができた時のようにはしゃいで言ってしまった。それが地獄の始まりだった。司会者は場を和まそうと冗談で言っていたので、いきなりやっぱり馬鹿だと言われてしまったのである。可哀想としか言いようがないが、実際由結と最愛に教えた算数が全部間違っていたらしいから弁護のしようがない。しかし私はすず香は決して馬鹿でも運動音痴でもないと断言できる。彼女にとって学校の勉強はたぶん二の次で、歌って踊って皆を楽しませる事が自分の使命だと、この世に生まれてきた意味だと思っているから直接関係のない事には興味が湧かないだけなのだと思う。


森先生曰く、人付き合いの苦手な中元に生徒会長が務まるか不安だったが、立派にやってのけた。

中元すず香は普段は0点だが、ステージに上がると100点になると言っていますが、プロ歌手にとってこれ以上の褒め言葉は無いと思う。普段50点でステージ上でも50点のタレントなんか必要無い。

これはまさしくスーパーマンと同じで、普段冴えない新聞記者が危機になるとスーパーマンに変身するのと同じで、普段目立たない中学生がステージに上がるとスーパーレディならぬスーパーウーマンになるのである。

15歳の時に、東京国際フォーラムホールCで行なわれた卒業式を最後にさくら学院を去った。

15歳時点での公称は身長159cm、体重37kg、BMI14.6、靴サイズ23cmとなっている。


中元すず香がSU-METALとして登場すると目立つのが、イヤーモニターだ。メーカーはFitEarのカスタムイヤーモニターで、シェルカラーは右が赤、左が黒、フェイスプレートは左右共にクリアだ。プロの使うイヤーモニターは耳の型を取って完全特注で作られている。なぜ使うかというとスピーカーは客席に向けられているのでどこを歌っているのかわからなくなったり、大きな会場では音が拡散されてリズムが崩れたり、野外ステージでは殆ど聞こえなくなったり、タイムラグが生じたりする場合があるからです。

ステージ上では原則として自分の声は全く聞こえない為、演奏と自分の声を聴きやすくしてミックスした音を聞かせて貰いながら歌うのです。またテンポ信号を流してもらったり、舞台進行上の連絡事項の伝達にも使われます。以前はスピーカーがミュージシャンに向けられていたが、気が散ったり、聴力に悪影響を与えかねない事が問題となって、イヤーモニターが広く使われるようになった。つまりイヤーモニターは耳栓の代わりもしているのである。


My Graduation Toss:https://www.youtube.com/watch?v=YNtgptXr8-o


FRIENDS:https://www.youtube.com/watch?v=bTfA0BS9ksM


中元すず香送別会

チーズ色のすぅさんと:http://www.youtube.com/watch?v=U4bRyiF7vG0&list=RDnWp4FaCgoc8&index=6


The Road To Graduation Final (part1of8) :https://www.youtube.com/watch?v=P9LwyHYUTp4


The Road To Graduation Final (part3of8) :https://www.youtube.com/watch?v=ZMSyMkT48GY


The Road To Graduation Final (part4of8) :https://www.youtube.com/watch?v=mY3Gez6PJMY


The Road To Graduation Final (part5of8) :https://www.youtube.com/watch?v=2h6hbwWHgbI


The Road To Graduation Final (part6of8) :https://www.youtube.com/watch?v=hge5zWk5lx4


The Road To Graduation Final (part7of8) :https://www.youtube.com/watch?v=AcJgNCUuVk4


The Road To Graduation Final (part8of8) :https://www.youtube.com/watch?v=_IXjFV04-ZU



私を例えるとすると歌だと思うと言ったらしいが、この言葉がすず香の気持ちの全てを表していると思う。その心の中を覗いてみると一点の曇りも無い純真無垢で揺らぎの無い覚悟が見える。そしてそんな気持ちにさせたのは紛れも無く、両親であり兄弟なのだ。すず香は生まれながらにして歌う為にこの世に降臨した歌姫なのだ。BABYMETALのメインボーカルを経験する事によってカッコいい自分もいるんだと気づいたとも言っています。荒削りの才能の塊が周りのスタッフに磨かれる事により、徐々に輝きを増し、遂には世界をも照らし出しているのである。


去年3月22日にビルボード200チャートで187位にチャートインした時、米国以外でリリースされた全世界のアルバムの売り上げなどで順位を決めるワールドワイドアルバムチャートで2位だったのですが、再度チャートインし、9月の9位から一気に1位になりました。

因みにこのチャートインは日本人の最年少記録平均年齢14.7歳でもありました。

7月のヨーロッパツアー(フランス・ドイツ・イギリス)・8月のレディガガのオープニングアクト・北米ツアー(ロサンゼルス・カナダ)・国内ツアー(東京・大阪)・9月の幕張メッセと正に八面六臂の活躍である。

11月に追加のNY公演・ロンドン公演更、今年は1月10日さいたまスーパーアリーナでの新春キツネ祭りと今日本で一番忙しいグループである。

しかも彼女らは中学校・高校に通いながらの活動であるから尊敬せざるを得ない。


ロンドン公演:https://www.youtube.com/watch?v=1Ht9Jta3Mb4



5月から6月にかけてはフェスも含めた9か国を巡る世界ツアーが控えており、まだ若いがモデルデビューから既に14年を経過しており、様々な経験を重ねながらもうベテランの域に達しつつあるスーパーレディの道を着実に歩んでいる。

中元すず香はベビーメタルで行った海外が初だが、他の2人は何度か行ったことがあったらしい。

さくら学院での期末テストの成績はあまり良くなく、おっちょこちょいの面もあるが、歌とダンスでは誰よりも一生懸命にやるので多くの後輩から好かれており、一部からは憧れの存在でもある。

中元すず香の一番の魅力は真っ直ぐ、爽やかで綺麗な声と全力のダンスであり、目標はアクターズスクール広島とアミューズの先輩であるパフュームで、夢はユイのようなシンガーソングライターである。



以下は中元すず香がさくら学院の公開授業で、歌の考古学の一時限目にプレゼンをした時の話です。

やり方は生徒達が1人ずつ自分が生まれる前に発表された曲を発掘し、その曲の歌詞の意味や時代背景などを調べ、5分間その曲についてプレゼンをし、プレゼン後にその曲をアカペラで1コーラス歌い上げ、歌ってる最中は観客は手拍子もせず、静かに聴き入るという企画でした。

最後に登場した中元すず香は「私は曲を色でイメージすることが多いんですが、皆さんはこの島唄って曲で何色をイメージしますか?私は最初沖縄の空や海のような爽やかな色をイメージしていました。」


この曲を色でイメージする事が多いという言葉で、中には中元すず香は共感覚の持ち主ではないかという意見があります。共感覚とは外部からの刺激に際し、普通の感覚と違う感覚を生じさせる知覚現象をいいます。共感覚を持つ人は文字や音に色を感じたり、形に味を感じたりするそうです。しかし彼女は島唄が沖縄の空や海のような爽やかな色をイメージしたと言っています。つまり彼女は普通の人が想像する景色をただ思い描いただけなのです。しかし歌詞の意味を調べる事により、自分の考えていた色のイメージと全く違っていて驚いたと言っているのです。


「だけど、この島唄の歌詞を調べていくとそのイメージは変わっていきました。」と、ホワイトボードを使い、歌詞の説明をし始めた。


でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た
【災厄を告げるというでいごの花が咲き、(1945.4.1)沖縄本島に米軍が上陸した】


でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た 繰りかへす哀しみは 島わたる 波のよう
【でいごが咲き乱れる1945.4-6月に、寄せ引く波の様に、殺戮は繰り返された】


ウージぬ森で あなたと出会い ウージぬ下で 千代にさよなら
【サトウキビ畑であなたと出会い、防空壕で君が代にいう永久の御代との別れ】


島唄よ風にのり 鳥と共に 海を渡れ 島唄よ風にのり 届けておくれ わたしぬ涙
【島唄よ風にのり しびとの魂と共に 海を渡れ 島唄よ風にのり 本土に伝えておくれ、沖縄の悲哀を】


「実はこういう意味の歌詞なんです。」と言ったその後で、アカペラで聴き手に訴えかけるように歌ったそうですが、私がもしその場にいたら涙が止まらなかったと思います。


一昨年の8月6日(広島に原爆が落とされた日)は東京アイドルフェスティバルの翌日だったので、東京でこの日を迎えたすず香、丁度ロンドン五輪真っ最中でニュースはメダルを取った選手の話題ばかりだった。それはそれで喜ばしいことなんだけど、8時15分になってもその話題が続き、どのチャンネルを回しても原爆の話題は無く、なんか残念なような悲しい気持ちになったらしい。

でも前日8時15分に黙祷してねとお願いしていたさくら学院の仲間からは次々と黙祷したよとメールが届いて、あまり期待していなかったけれど、やっぱり伝える事は大切だなと思ったそうです。


そして、なぜ彼女がこの歌を選んだのかという理由をゆっくりと語りだした。
彼女は広島に生まれ育ち、故に“8月6日”という日は特別な日なのだと言う。
1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下された日。
学校教育の中でも実際に被曝された方の話を聞いたり、その事について調べ、学んだりする。
広島の学校では夏休み期間にも関わらず、この日だけは登校日に指定されており、黙祷を捧げる。
そして広島ではその当日のテレビでは特別番組が組まれ、犠牲者の鎮魂と平和への祈りに想いを馳せる、それは彼女にとって当たり前の事だったから、少しショックだったようです。


以下は実際に参加したある人の感想です。
平和への祈りを込めた少女の歌は、その場にいた200人弱全ての人の心を震わせた。
僕自身、人の歌を聴いて思わず ため息が漏れたのは生まれて初めての経験だったし、気づいたら右頬に涙が伝わっていた。いつまでも、本当にいつまでも拍手が鳴りやまなかった。


私はこの話を知ってますます中元すず香の大ファンになりました。

中元すず香の魅力は子供の時からの映像が沢山あるので、ファンを父兄と呼ぶさくら学院では自分の子供のように皆が応援したくなる事、顔が可愛いとこ、ボーイッシュなとこ、顔が綺麗なとこ、はにかむ顔、憎めないとこ、かっこいいとこ、歌が上手いとこ、声が綺麗なとこ、声が可愛いとこ、声が力強いとこ、ダンスが上手いとこ、ダンスが激しいとこ、一生懸命なとこ、素朴なとこ、飾らないとこ、家族を愛しているとこ、度胸があるとこ、おっちょこちょいなとこ、人好きあいが苦手なとこ等全てが魅力なんですけど、やっぱり一番は歌って踊っている姿がはじけるようで、本当に嬉しそうで、こんなに歌とダンスの好きな子は見た事が無いし、見ている方も嬉しくなって、爽やかになって、気持ちが良くなってついつい笑顔になる点です。


彼女は非常に珍しいと言われるピンクノイズの持ち主だと言われています。

過去の日本人歌手では美空ひばりと宇多田ヒカルとかがそうらしいです。

中元すず香は、あの真っ直ぐな歌い方で、声量があって、絶好調の時にはピンクノイズが出まくりのようで、私は何度か昇天しそうになりました。

ピンクノイズはパワーが周波数に反比例する雑音の事で、同じ周波数成分を持つ光がピンク色に見えることからピンクノイズと呼ばれ、いわゆる1/fゆらぎを持った信号源をマクロに見た場合も似た感じになる。1/fゆらぎとはパワーが周波数fに反比例するゆらぎの事であり、心拍・ろうそくの炎の揺れ方・電車の揺れ・小川のせせらぎ・目の動き方・木漏れ日・蛍の光り方などがそれに当たる。

中元すず香の声はやさしい木漏れ日の様な癒しの声なのだ。


中元すず香は家族でカラオケに行って皆が歌い疲れていても、最後まで歌っているそうである。

姉日芽香と行った時は2人で7時間連続で歌いっぱなしだったそうである。

更に一人カラオケもよく行くようで、皆が知らない歌を歌うのは申し訳ないし、下手な歌でも気がねなく歌えるから一人が気楽でいいと言っています。一人だとなりきって歌えるからいいのだが、BABYMETALの曲は一人カラオケでは違和感があるから歌わないそうである。

でも私が考えるに本人はまだ気づいていないだろうが、ピンクノイズで癒されているのである。

一人カラオケを好むのは人を癒すのもいいが、自分が癒される曲を探っているのである。

恐らく彼女は歌った事のない色んな曲を試して、将来シンガーソングライターになった時にどんな曲が自分の声にあっているか探しているのだと思う。

そこには作詞作曲のヒントもあるし、日頃の疲れも取れるしで、一石二鳥なのである。

水野由結が歌姫と言い、菊地最愛がいつもステージですぅちゃんの声に酔いしれていますと言っているが、それこそピンクノイズのお蔭なのである。中元すず香が歌が好きで好きでたまらないのは有名な話だが、そうなる大きな理由の一つがピンクノイズのせいなのである。


中元すず香は歌って踊って人を幸せな気分にさせる為に生まれてきたと言っても過言ではないと思いますし、こんな子を育てた両親・兄弟・ASH・さくら学院・アミューズ全てにあっぱれと言いたいです。

特にアニメ絶対可憐チルドレンの主題歌の為に可憐girlsを結成した中元すず香にダンスを教えた水野幹子、すず香の声を聞いてヘビメタと合うと考えた小林さん、その意見を取り入れてさくら学院に重音部を許可した上層部、重音部の成功に心血を注いだコバメタル、それに答えたスーメタル・ユイメタル・モアメタル、素晴らしいダンスを考え指導したミキコメタル、最後にメタル魂を注ぎ込んだ神バンド、これら全てが一丸となって作り上げたベビーメタルにあっぱれです。

期間限定で始まったユニットですから、これから何年続けられるのか分りませんが、少なくとも世界が欲している内は日本を世界に知らしめる、日本の音楽の素晴らしさを知らしめる為に、頑張って欲しい。


最後に、中元すず香の歌う島唄が無かったので、本家THE BOOMの歌う島唄を紹介します。

THE BOOMは去年12月17日に武道館解散ライブを最後に解散しました。


島唄:http://www.youtube.com/watch?v=1DMrM3VWJx0


作詞・作曲した宮沢和史さんのエピソード

http://shinzou-times.blogspot.jp/2010/06/blog-post_8352.html




2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは1位KOBAMETAL、2位中元日芽香、3位中元すず香解体新書、4位中元すず香の軌跡でした。

昨日のアクセス数が一番多かったKOBAMETALが232アクセスと過去最高のアクセスとなりましたが、これも日々訪れて頂いた皆様のお蔭と感謝しておりますので、今日もポチッと一つお願いします。




今日の曲紹介は私の最も好きな曲で、SU-METAL生誕祭2013で歌った魂のルフランです。


http://www.dailymotion.com/video/x2b2w4u_su-metal-tamashii-no-refrain-hd_fun


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
今まで中元すず香を追いかけて中元すず香の家族は勿論、所属した広島アクターズスクール・可憐Girls・さくら学院・BABYMETAL等を紹介してきました。特にBABYMETALに関しては水野由結・菊地最愛・神バンドまで紹介しましたが、肝心の黒幕KOBAMETALに関しては殆ど触れていません。

なぜかというとKOBAMETALこと小林啓は非常につかみどころのない人で、ある時はいい加減だが、またある時は非常に緻密というとらえどころのない飄々とした感じの人物だからです。しかし、中元すず香とBABYMETALを語る時に絶対欠かせない人物なので、不十分ではありますが、現時点で小林啓という人物の実像と、考えている事に一歩でも近づけるようにまとめてみました。

BABYMETALのコンセプトであるアイドルとメタルの融合をテーマに2010年にさくら学院内に重音部を結成させ、アイドルが支配するシーンにメタル復権のため、メタルの神が3人を降臨させたというストーリーのもと、ドラマチックなライブを展開を仕掛けている張本人が小林啓である。
早い話が自分が好きなヘビーメタルをもう一度流行らせるためにBABYMETALを利用しているだけなのだが、少し違うのはヘビーメタルに可愛くて激しいダンスと綺麗な声を組み合わせた新しいジャンルを確立しようとしている事である。



KOBAMETAL(小林啓)について


小林啓はアミューズで、メディアプロモーション・マネージメント・音楽制作等を担当しているプロデューサーです。年齢は40代前半で、その特異な風貌からアミューズのイエス・キリストとも呼ばれています。
BABYMETALの真実に迫るには小林啓を知る事が一番の近道と考え、主に小林啓の発言を紹介しながら今後のBABYMETALの方向性まで探っていこうと思います。まず最初は小林啓の原点である少年時代についての発言内容から読み解いていきましょう。なお発言内容を理解し易くする為に、補足する言葉を発言内容を損なわない範囲で付け加えました。

子供の頃、メキシカンプロレスのルチャリブレが好きだったんですよ。
その他のプロレスラーではロードウォリアーズとかグレートカブキとかも好きで、あの雰囲気が好きだったんです。メタルに入ったきっかけはお茶の間に登場したデーモン閣下の聖飢魔Ⅱの蝋人形の館で、当時小6でした。
僕自身かなりガチガチなメタラーで、ギターもやっていましたし、特に速弾き系が好きでした。
メタル以外にもいろいろ聴いたりはしていたんですけど、基本はかなりガチガチなメタル好きでした。
僕は30年前からメタルの大ファンなんです。正直に言うと、僕はメタル原理主義者なんだと思います。
メタルをちゃんと聴いたことがある人が聞けば本物か偽物かなんてすぐにバレちゃうんですよ。
世紀魔Ⅱのライブのあのミサ感みたいなのは出したかったんですよ。

この発言を読んで分る事は小林少年は小学生の頃はプロレスの大ファンで、特に顔に一杯絵を描いたような派手なのが好きで、空中殺法というような飛ぶ技が好きだったようです。そしてそんな小林少年にとって運命の出会いとなったのが、テレビで見たデーモン小暮の聖飢魔Ⅱの蝋人形の館だった。激しい音楽とおどろおどろしい映像の中に自分と同い年とも思える少女が出てきて、怖い目に合うが結局学校の先生も一緒にメタルが好きになるという、普通の大人が見たら訳のわからない展開に非常に興奮したと思われる。その頃からギターを買って貰ってメタル音楽を聴いたり、弾いたりしていたからメタルの基本原理がしっかりと身に付いたのだろう。

蝋人形の館:https://www.youtube.com/watch?v=x-wjeyCf7kw


アミューズに入社した当初は、ちょうどヴィジュアル系バンドブームの頃で、CASCADE(1995年デビュー)やSIAM SHADE(1995年デビュー)等のメディアプロモーションを約2年担当していました。
その後社内のインディーズレーベルでハードコア、パンク等のラウド系バンドの制作宣伝を担当しました。自分で新人を見つけ、育てて、売り出していくということをやりたいなと思ってました。
それで、どういうのがいいかなあと思って自分の会社を俯瞰で見たら、Perfumeに続くアーティストがいないことに気づいたんです。
それで企画してみようと思ってメンバーを探してたんですが、そのときにキッズ事業室っていう、子役とかキッズモデルのセクションなんですけど、そこに光るモノを持ってるコたちがいるって聞いて、発表会を観に行ったり、オーディションを開催したりしたんです。
そうしたら、そこに今のBABYMETALのメンバーもいて、こういうのをやらせてくれないですか?って会社にプレゼンしたら、面白そうだからやってみればってことで始まったんです。

SIAM SHADE ⅓の純情な感情 (2011) :https://www.youtube.com/watch?v=Zu6FdQwsSPk


この話から小林啓は入社して20年程度経っており、大卒だとすると現在42歳前後と思われ、自分の大好きなメタルに近い部門でメディアプロモーション・制作宣伝を長く担当しており、BABYMETALの独特な売り出し方に相当影響していると思われます。多感な年齢の80年代にメタルに熱狂したが、バブル崩壊後の90年代にはメタルは衰退の一途となり、代ってグランジミュージック・パンク・ポップスが台頭し、アミューズも三宅裕司のいかす天国でインディーズバンドブームを作り、アミューズがメディア戦略に比重を置くというアミューズの姿勢を決める一つの要因となった出来事だった。



BABYMETALの目指すものについて


最近、ロックファンにもアイドルが受け入れられてきているのはロックシーンがつまらなくなっちゃったからじゃないですかね。僕自身の反省でもあり、いちファンとして残念でもあるんですけど。バンドをやっている人たちも優等生っていうか、伝説になるくらい破天荒な人も少なくなって。
日本のバンドで求心力を持っている人たちが少なくなっちゃって、フェスのラインナップもいつも決まっている。ロックって格好つけなきゃいけなかったジャンルだと思うんですよ。生き様だったり。
でも、ちょっとずつ何かを変えて新しいことをやっていくことが必要なのかなって。
お客さんが一番シビアですよね。こんな感じで大丈夫でしょってユルっとしたものを出しても全然刺さらない。だから、アイドルだからとかバンドだからとかいってる場合じゃなくて、アーティスト側も妥協しないで真剣にやらないとダメだなと。

常に行き当たりばったり、その時々の感覚というか。こういうの面白そうだなと思ったらやるっていう。
今のアイドルシーンの主流は、リアリティ重視というか、目標を設定して、その目標に向かって一生懸命にがんばっているアイドルたちをファンが応援して、一緒に夢をかなえていくストーリーに夢中になっているのかなと思うんです。その過程には楽しいこともつらいこともあって。でもBABYMETALはリアリティ重視というよりはディズニーランドだと思ってるんです。
ミッキーの耳をつけた瞬間にその世界観に入れるみたいな、メタルもある種のファンタジーだと思ってるんですよ。BABYMETALのライブに行ったら、その世界に入り込んでストーリーを楽しむ。
会場を出たら現実に戻るんだけど、また行きたいなと思わせる。そういう現実と非現実の間を行ったり来たりするようなところに持っていきたいなっていうのはあります。
ほかの人たちをあまり気にしてないんですよね。BABYMETALのコンセプトにオンリーワンというキーワードがあるんですけど、そこをきわめていきたいっていうか。
モノマネされるような存在になれればいいなって。
最近、アイドルシーンでもメタルっぽいことを取り入れたBABYMETALみたいっていわれてる人が増えてるらしくて、それはそれで感慨深くて。けしからん、もっとやれって思います。(笑)


ここに小林啓の目指すBABYMETALの姿が見えました。ミッキーの耳を付けた瞬間に魔法にかけられたようにファンタジーの世界ディズニーランドに入り、その夢の世界でストーリーやパフォーマンスを楽しみ、宴が終わって日常の世界に戻るが、また行きたいと思わせる。これをBABYMETALに置き換えるとBABYMETALグッズを身に付けた観客がBABYMETALのライブ会場に入り、キツネの神様のストーリーを聴き、BABYMETALのパフォーマンスや神バンドの演奏を聴いて非現実を味わい、会場を後にして現実に戻るが、また行きたいと思わせるという事を継続してやりたいと言っているのだ。



BABYMETALについて


BABYMETALの方向性とか見せ方はザックリとしたものですけど最初から頭の中にありました。
良い意味でも悪い意味でも、ブームというかシーンが盛り上がってくると裾野が広がるじゃないですか。
広がるがゆえに、インディーズバンドでもこんなに演奏できなくてもCD売れちゃうんだみたいな人も出てきて。アイドルも同じで、良くも悪くも誰でもアイドルになれちゃう時代、何でもありなんだなって。
だから、BABYMETALを始めるときも、アイドルだからかわいくないとダメなんだろうけど、ただかわいいだけだと残れないなと思っていました。
今でも残ってるバンドさんってしっかりとしたバックボーンがあったりで、そういうモノがちゃんとないと難しいなと思いました。だからヴィジュアル面だけではなく、ダンスも歌もちゃんとできるっていうのは最低限のレベルでクリアしたいなと思ってたんです。

BABYMETALの場合、メンバーの素のキャラクターをアイドルとしてとらえると、どちらかというとカッコいいよりはかわいらしいタイプなので、そっちに寄せすぎちゃうと想定内で収まってあんまり面白くなくなっちゃうなと。だから素の本人たちとはまったく真逆な存在、僕がメタル好きだからっていうのもあるんですけど、神みたいな存在のほうが面白いなと思いました。例えばライブでもしゃべらない、みたいな。
メンバーはすごくマジメなタイプなので、プロの芸人さんみたいにトーク番組とかでも飛んできたボールに対して100倍にして返すみたいなことが得意ではないっていうか。
だったら自分たちが得意な歌とダンスを磨いて、それを見せていったほうがもっと輝けるんじゃないかって。僕が極端なのかもしれないですけど、オールマイティにこなせても、この世界だと平均点で落ち着いちゃうことが多くて。
握手をしたほうがCDのセールスは伸びるかもしれないけど、自分があまり握手したいと思わないんですよ。たぶん、それが握手会をしない理由としてあるのかもしれない。


BABYMETALを始めるにあたってメンバーの特徴をよく掴んでいるKOBAMETALの鋭さが見えます。
つまり彼女ら3人はいかにもアイドルで可愛いし、トークは下手なのでもしやったら全てがぶち壊しになりかねない。普段の彼女たちもぽんこつだったり、剽軽だったり、泣き虫だったり、はしゃぎ過ぎの女子中学生と女子高生なのである。
例えばディズニーランドでミッキーやミニーが喋らないのと同じで、イメージを壊さない為にMCや握手会をやらないで、ステージの上にだけ現れる女神と天使を演じさせる事に徹したのである。
ステージに上がるとキツネの神により降臨させられているので、本人達は殆ど記憶が無く、無心で非日常を演じているのである。



楽曲について


作曲家に発注をするときはメールに神が降りてくるようなとか召喚されるようなとかイメージの部分の注文は必ず入れます。
僕は常々、謎めいたメタルバンドに興味を惹かれていました。僕は、日常生活とはかけ離れた、みんながあれこれと詮索したがるようなものを作りたかったんです。ディズニーランドみたいな。
あまり細かく説明するのはやめようと思っていて。そうすれば後でお客さんに色々と想像してもらえるじゃないですか?最近、バンドシーンは非常識を常識に変えてしまうような熱量に少し欠けていて、優等生が多くなってるんですよね。
立ち上げに当たって、メジャーアーティスト・職業作曲家・ボカロP・同人音屋等、メタルとアイドルソングの良いところを持った楽曲をつくれる人材をひたすら探しまくりました。

観客の反応をゴールに、そこから逆算してコンセプトを作ります。歌詞・曲調・振り付け・リアクションなどのコンセプトが想定できてから作曲家に発注します。
もともとBABYMETALの曲は、多くがマッシュアップ的な技法で作られていて。集まってきた楽曲からAメロ、Bメロ、サビなどを別々に取り出してミックスします。
日本の音楽業界で仕事しているエンジニアで僕みたいなのとメタル共通言語で話せる人ってなかなかいないんですよ。探すのに本当に苦労しました。
アレンジはよくtatsuoさんと相談して作っています。色々詳しくて話が合うんです(笑)
時間がかかっても面白い方がいいって、どうしても思っちゃうんです。アイドルソングでここまで時間をかけて作っているという話は聞いたことがないですね。

tatsuoアレンジのおねだり大作戦:https://www.youtube.com/watch?v=UT-oT2Mqaiw

tatsuoアレンジは4の歌もそうで、どちらもBLACKMETALことゆいもあが作詞作曲した遊びで作った曲ですが、大変楽しい楽曲に仕上がっており、特に北米で人気の曲である。


妥協したら終わっちゃう気がしたんですよ。
メンバー3人の個性や自由なアイディアを大切にしたいとは、振り付け担当のMIKIKO氏ともよく話しています。制作サイドで練りに練って考えたことを逐一、彼女たちに伝えることはあえてしていないです。
ド・キ・ド・キ☆モーニングが出来たときに、ライブ用の振り付けも完成させて、
なんだこれ(笑)ひでぇ・・・(汗)すげえの作っちまったよ(笑)」ってみんなで爆笑しました。
多分みんなこんなのメタルじゃねえって言うと思ってました。でも最初は怒られて始まろうかなって思ったんです(笑)ド・キ・ド・キ☆モーニング発売時は自分らは相当盛り上がってたけど(笑)前例がないからどうかねぇって感じでした。面白がってもらえるかなという予感はあったけど、ここまで注目が集まるとは予想だにしていませんでした。

MIKIKO先生の指導シーン:https://www.youtube.com/watch?v=6LkmVuQVQ6g

ドキドキモーニング :https://www.youtube.com/watch?v=cirhQ8iLdbw&list=RDWdYgSlKe2gc&index=17

最初は生バンドじゃなくてもいいって思っていたんです。でもやってくうちに生バンドで見てみたいって思うようになっちゃって(笑)
しっかりと演奏できて、メタルの神に変身してくれる人、世界観を楽しんでやってくれる人を探すのに本当に苦労しました。普通のミュージシャンが後ろに居たら世界観が壊れちゃうから。
神バンドの最初のコンセプトはテクニカルでした。個人のスキルはもちろんピッタリと息が合った演奏が必須でした。神バンドに対しては、女の子だから、アイドルだからって手加減はいらない。ゴリッゴリのバッキバキでやって欲しいって言ったんです(笑)
ヤバくないすか?歌が乗るのに爆音過ぎじゃないすか?ってバンド側が遠慮する事もあったんですけど、常に振り切ってくれってお願いしましたね(笑)
メタルと名乗ってる以上はバンドでちゃんと魅せないと、って思ったんです。そのためには生バンドでの修行に出なきゃいけないなって。それで5月革命をやりました。

メンバーは3人ですけど、バンドが4人、マニピュレータ1人=実演奏者8人。スタッフなどは普通のバンドの倍以上。メイクも二人以上。3人用と神バンド用。スタイリストも同じ。かなり大所帯なんだけど、無理してでもやろうってなったんです。やらないと次に進めないって感じたから・・・。
骨バンドの時も音はカラオケじゃなくて、マニピュレータにパラ(別々)で出してもらってた。キックもスネアもギターもベースも。普通のバンドと同じように別々の回線で。どうしてもカラオケのぺたっとした音が嫌で。なるべく生に近づくように。
照明の人とかにアイドルなのに暗すぎませんか?って言われるんですけど、「いや、いいっす」って感じで。自分はバンド畑の人間なんで方法論が全く違うというか‥全てにおいて振り切ったものがいいと思っているので、変に淡い色とか使わないで、赤青白だけでいいです。とか。
映像を使うのは苦肉の策だったんです。MCなしで曲数も少ないから持たなくて(笑)

アイドルとメタルのどちらにも寄らない様には相当気を使ってますね。
ギミチョコを書いてもらった上田さん(エー・エー・イコール)とは、向こうのスタッフさんと元々知り合いだったんです。MADのライブも好きでよく見に行っていて、上田さんの出す音が好きだからそれをそのまま出してほしいって始めは依頼しました。上田さんは作曲に関して、KOBAMETALにしか作れないものがあるって、僕の感覚を凄く大事にしたいって思ってくれてたみたいです。
メギツネはクリエーターのゆよゆっぺ君に36回デモ音源を作り直してもらいました。上がってきたやつに何度も修正を加えてもらって。詰めてやりすぎてパソコンがぶっ壊れたらしいですけど(笑) 

ギミチョコ!:https://www.youtube.com/watch?v=WIKqgE4BwAY

上田はこの他にあわあわフィーバー(仮名)も作曲しており、楽しい曲が得意の様である。

メギツネ:https://www.youtube.com/watch?v=cK3NMZAUKGw

ゆよゆっぺは主に編曲を担当しており、この他にBABYMETALDETH、ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイトを手掛けており、悪夢の輪舞曲に関しては全てを担当している。


当初からイジメ、ダメ、ゼッタイのモチーフはありました。IDZの前までの曲は原案はメタルじゃなくてポップをメタルに寄せてアレンジしていったんですけど、IDZはしょっぱなからメタルとして作りました。
IDZ以前の曲は、正直僕自身もメタルじゃないって思ってて、変化球が多かったから、そろそろガチメタラーも唸るようなのを出したいなって・・・。だからIDZが受け入れられたときは、すっごい嬉しかったんです。やっとメタルの人と対話ができるって。
IDZは店頭で長々と売れたんですよ。普通はアイドルって初動セールスだけで終わるんですけど、視聴機でちゃんと聞いてくれた人が沢山買ってくれて、発売から数週間たって後もセールスが動いていたんです。やっと届いたんだって思ってすごい嬉しかったです(笑)

イジメ、ダメ、ゼッタイ:https://www.youtube.com/watch?v=nDqaTXqCN-Q

イジメ、ダメ、ゼッタイに関しては小林の拘りが見え、携わった人もNAKAMETAL・KxBxMETAL・TSUBOMETAL・TAKEMETAL・教頭と沢山の人が関わっています。


デビューアルバムは10代の層にどうしても届いて欲しくて、メーカーに無理言って通常版の価格を抑えてもらいました。反応は極端に「賛」と「否」しかないですね(笑)
音楽業界、関係者の方にはBABYMETALに興味を持ってくださる方が多いです。
僕らもここまでになるとは想像できなくて。本当にメタルの神がいるんだなと思って。
武道館まで行っちゃうと国内でやる事がだんだんなくなってくるんですよね。じゃあ外へ出て行くのがいいだろうと。通常だったら武道館の次はアリーナツアー。その流れには乗らないほうがいいなと思って。中身にこだわってやってるのに届かないうちに消費されて終わっちゃう感じがしたので。



楽曲についてもKOBAMETALのこだわりが見えます。
演奏は一流のミュージシャンだが、顔塗りで本人性を隠し、協調性も必要で、しかも歌い手を気にかけないバキバキの演奏をしてくれと依頼し、MIKIKO先生には最初から最後まで観客を煽って煽って煽り倒してくれと言ってMIKIKO先生を困惑させた。楽曲も宝塚のミュージカルのように同じ内容をロングランで行うが、観客はそれでも満足できるクオリティの楽曲と演出で非日常を感じてもらおうとしています。また音楽関係者の口コミで広まったという話もあり、ヘビメタ評論家として有名な伊藤政則がそれを裏付けるような話をしています。


伊藤政則は以前メタル雑誌の表紙をBABYMETALと飾るオファーを拒否したという噂もありメタルファンの間でも共演NG案件と信じられていたため、BABYMETALファンとメタルファン両方が大注目していた番組でのフィーチャリングだが、今回の番組の内容が新世代のメタルというテーマもあり、世界中で注目されているBABYMETAL現象を紹介する形となった。

BABYMETALというのは、何だろうねー。アイドルとヘヴィメタルの融合という紋切りの表現で恐縮ですけれど、正統的なハードロック、ヘヴィメタルバンドとは違ったタイプのユニットなんですが、その斬新さと音楽性の高さが海外で注目を浴びました。海外でヘヴィメタルは、日本よりも非常にストレートにマッチョで男臭い世界というのがあって、10代の3人の女性シンガーが在籍するBABYMETALが活躍したというのは、マッチョと対極に位置するものに海外のジャーナリスト、カメラマン、ミュージシャンたちに新鮮な存在に映ったんじゃないだろうか、と分析した。

また、2012年の夏フェス、サマーソニックにBABYMETALが出演した時に、イギリス人のカメラマンが彼女たちのパフォーマンスをみて何なんだこれはとメタリカのラーズ・ウルリッヒにこんな面白いのがいるよと言ったことがキッカケで、ミュージシャン界隈からクチコミ的に盛り上がっていったことが、2014年の海外フェスの出演やレディ・ガガのサポートに発展し、海外での社会現象化へと繋がった、と海外進出が順調に行った経緯なども説明した。BABYMETALが日本での成功よりも海外でブレイクしたことに一番驚いてるのは、彼女たち本人やコープスメイクでお馴染みの凄腕たち神バンド、スタッフなど関わっている人たちの方じゃないだろうか、とコメントした。

この話から考えるとYouTubeで一般の人に受けたのは間違いないが、それだけでワールドツアーがこんなに短期間でできる訳もなく、恐らくこの話の通りなのだろうと思います。つまりBABYMETALとKOBAMETALには運も味方したと言って差し支えなさそうだ。



展開について


楽曲に関しては手本にするものがないから試行錯誤の連続で、1曲できるのに大体半年くらいかかりました。世界観は特になくて、低予算でPVを作ってYouTubeに上げただけですが、海外からの反応が良かったんです。
そこから日本のアイドルファンの方も面白いのが出てきたぞみたいな感じでざわざわしてきて、これはちゃんとやったほうがいいんじゃないの?みたいな空気になってきたんです。
だから、テレビスポットもないし、アニメのタイアップとかCMで使われたっていうのもいっさいないんです。
ただPVを作ってYouTubeにアップして、ライブをやってただけなんです。

BABYMETALを結成した時にたぶん海外の方はこういうのが好きなんじゃないかなという気はしてたんですけど、こんなにスピードが速いとは思ってなかったというのが正直なところです。
スピード感に関してはちょっと想定外ではありましたね。
やっぱりアルバムを出してからが急激で。特に最後の砦だと思っていた、海外のメタルファンたちが最初に食いついてきたのにびっくりして。そこからですよね。

 リリースが少ないのはやっぱり捨て曲を作りたくないので。僕はライブのことしか考えてないんですよ。
ライブでどうパフォーマンスしてお客さんがどうリアクションするかがゴール地点で、そこをイメージして逆算して曲を作っているんです。
で、常に新しい曲がポンポン出ていくっていうよりは、どっちかっていうとミュージカルの演目みたいな感じで。曲は一緒なんだけど、セットとか演出がちょっと変わっててみたいなイメージなんですよね。
ミュージカルを観に行く方って、演目はわかってるじゃないですか。
あの感じに近いんじゃないかなと思ってて。だから、ある意味様式美ですよね。

そこに必要なのは曲の数ではなく、1曲1曲の完成度の高さこそが大事だと思うんです。
今、何でもそうですけど、スピードが速いじゃないですか。
それだと中身が薄くなって、結局残らないで終わっちゃうと思うんですよ。
そういう曲をたくさん出すんだったら、定番の10曲とかで延々とそれをロングランでやってるほうがいいんじゃないかなって。結果的に、ミュージカルBABYMETALのサウンドトラックCDみたいなもので、あれ1枚持ってればライブが楽しめるっていう。

武道館まで行っちゃうと、国内でやることがだんだんなくなってくるんですよね。
じゃあ外に出ていくのがいいだろうと。
で、BABYMETALでメタルレジスタンスと呼んでる第1章、第2章、第3章みたいな区切りがあるんですけど、その第1章を武道館で完結させて、日本での活動、いわゆるアイドルシーンでの活動は一度完結させて、第2章は武者修行の旅ということで、海外に拠点を移して武者修行に行くんだみたいな。
そういうのをメタルの神キツネ様のお告げというストーリーで展開しているんですけど、僕らもここまでになるとは想像できなくて。本当にメタルの神がいるんだなと思って。


この話を聞いて展開については確固としたものは無かったが、想定外に海外での反応が良くオファーも沢山あったので、それなら普通はやらない早い時期に海外に出てみようという事になったと言っています。恐らくこれは本当の話で、これ以上頑張ってもヘビーメタルの文化が乏しい日本では進展が限られるので、思い切ってメタル文化のある国にぶつけて反応を見ようという事になったのだろう。



海外ツアーについて


いつも行き当たりばったりなんですよ。ただ、ざっくりと、武道館が終わったら休んで、海外に拠点を移そうっていのだけは決めてたんですけどね。
通常だったら、武道館の次はすぐアリーナツアーをって、やっていくと思うんですけど、その流れには乗らないほうがいいなと思って。せっかく中身にこだわって時間をかけてやっているのに、ちゃんと届かないうちに消費されて終わっちゃう感じがしたので。これは良くない、休もうって。それでひと区切りっていったら変ですけど、拠点を海外に移して向こうでツアーをやったりとかフェスに出たりしようっていうのを、もう先に決めちゃって、何も決まってないうちに。
はい、すべてそうなんですけどね。感覚でしか生きてないんで(笑)。

やっぱり積み重ねてきたものだと思うんですけどね。中途半端なものを出さずに、こだわって曲を作ってきた。そういうところが海外の人にも刺さったのかなって。向こうのメディアの人に聞くと、サウンドもクールだし、本人たちのパフォーマンスも含めて、こんな楽しいメタルは見たことないっていってましたね。
やっぱりプロジェクトが大きくなればなるほど、いろんな声が入ってきて薄くなっていく部分があると思うんですけど、BABYMETALに関しては全然そこは意識していないというか、最初からタイアップがどうだとかまったく気にせずにやってきて。だから歌詞も別に、海外に行くんだから英語で歌わなきゃダメだとか、そういうことも全然思わなかったし。
海外でも何も変えてないです。VTRでムービーのストーリーを流しているんですけど、そのナレーションと字幕を英語にしたくらいで。これはどっちも正解だと思うんですけど、やっぱり英語のほうがいいっていう意見もあるんですよ。いっぽうで、そのまんまがいいんだっていう人もいて。要は変にローカライズされて、東京に行ったときに食べたラーメンと全然味が違うぞみたいになっちゃうと残念だなみたいな(笑)。BABYMETALはどっちかというとそっちなんでしょうね。

世界最大級のメタルフェス、イギリスのソニスフィアは本当に僕も人生初ぐらいの衝撃で。最初はセカンドステージで別の日だったんですけど、問い合わせがすごく来たらしくて。それでメインステージのほうに変更してくれたんですけど、僕らも最初、これ大丈夫ですかね?っていってて。でもわかんないじゃないですか。だからやってみるしかないよねって行ったんですけど、海外のフェスって日本のフェスと全然、進行とかも違うんですよ。リハーサルもないし。いやー鍛えられるなと思って。メンバーもバンドさんもスタッフさんもみんなでがんばりましたね。

セッティングしてるときは全然人がいなかったんですけど、1曲目が始まったらぞろぞろ集まってきて、気づいたら全部埋まってて。びっくりしましたね。主催の人もいってましたけど、BABYMETALは実質2番目で、昼の12時からこんなに埋まるのは初めてだって。その年のソニスフィアのベストアクトのトップ10にも選ばれて。いや、あれは本当びっくりでした。
行かないとわからないです。絶対。やっぱり体験しないと。そこに行って、空気感だったり時間を共有することがすべてというか。それが大事だと思いましたね。
海外は日本の感覚ではいっさい通用しないと思ってたほうが。覚悟は必要だし、わがままいってる場合じゃないですね、あれがないこれがないみたいな。

海外に行った時点では勝算なんて全然ありませんでした(笑)
海外のフェスは進行が全然違ってリハもないし、いやー鍛えられるなと思って。メンバーもバンドさんもスタッフさんも全員が必死でした(笑)でもまた一歩、結束力が強くなった実感はあります。
ソニスフィアは僕も人生で初めての衝撃でしたね。
僕らは影響を与える事ができた、だから成功したんだと思っています。
既存のアイドルをマーケティングした結果にのっとって展開したところで、二番煎じにしかならないんですよ。他に作れないオンリーワンの存在になればいいのかなと。メタリカのスルーザネヴァーをみんなで観たんです。舞台演出とかも最新の技術を使ってて、メタリカってポジションに甘んじることなく攻めてて凄いなって思って。やっぱり責めるのって大事だなって思ったんです。
今は、世界中からたくさんのオファーを頂いています。さらにもっと多くのワンマンライブもやります。
 軸がぶれないように、このまま突き進むしかない。最初は尖ったことをやっていても、注目が集まると大人の事情で丸くなってしまうことは往々にしてあるので・・・                                              


この話の中で一番本心が出ているのが、ソニスフィアの成功の話で、本当に驚いただろう気持ちが現れています。私が一番感動したのもソニスフィアでの観客の反応で、日本人の15才前後の女の子3人が踊って、日本語で歌って6万人の外国人を熱狂させる事ができるなんて、坂本九以来の軌跡だと思いました。でもこの成功もステージに上がった時にがちがちだったゆいもあにアイコンタクトを送って、いつも通りさあいくよ!と2人を落ち着かせた冷静な中元すず香のお蔭だと思います。



今後の展開について


今年の海外展開も行き当たりばったりなんですけど。でも、やっぱり全部がひとつひとつの積み重ねというか、今日がんばってクリアしたことが次につながっていくみたいな。すごい当たり前の話なんですけど、それしかないんだろうなって。結局、メンバーもまだ学校に行ってたりで年齢的な部分も含めて活動に制限があって。だから海外の活動といっても、移住して現地の人になっちゃうくらいまでの感じでやるってことは今のところ考えられないんですね。変な話、日本でまだツアーをやってないんですよ。一極集中型で、ずっと東京でしかライブをやってなくて。そこにみなさんがお宮参りに来るじゃないですけど、聖地に集まってくるみたいなスタイルをとってて。ここまできたらもうそれでもいいかなと思ってて(笑)。初めてやったツアーがこの前の夏の海外ツアーだったっていう。それはそれでBABYMETALらしくていいかなって。

昔からオンリーワンをキーワードにしていて、自分たちは自分たちであるべきだ、自分たちを信じて、自分たちがやるべきことをやっていこうというのがコンセプトなので。それしかないというか。国内だろうが海外だろうが、結局、自分たちが信じることをやっていくのが一番伝わるんじゃないかなっていうことなんですけどね。妥協したら終わっちゃう気がしたんですよ。敢えてお客さんに意味を解説することはしません。
エヴァンゲリオンの劇中シーンの謎みたいに、後でみんなで探り合って楽しんでほしいんですよ。100人居たら100人のBABYMETALがあっていいと思うんです。


KOBAMETALは自分たちが信じる道を突き進み、色んな疑問や謎めいた展開もあるだろうが、ファンの方がそれぞれのBABYMETALを発見して欲しいと言っています。4の歌はシンガポール公演の時に暇だった時間に3人で遊び半分で作った歌だったが、それをまさかのBABYMETALの楽曲に採用したり、ダンスの練習の時にゆいもあがツィンテールを手で回す動作が面白いとダンスに取り入れたり、そもそもメロイックサインをキツネサインと勘違いした3人の話を聞いてそれもいっかーとキツネの神をコンセプトにしたりと、これがKOBAMETALの真骨頂なのである。
こんなやり方だから小林本人もどんな展開になるか分らないというのもしごく当然で、成り行きで面白いと思ったら何でも柔軟に取り入れるのがBABYMETALの強みなのだ。いわばプロデューサーは小林啓だが、BABYMETALを形作っているのは裏方も含めた全員だといういうのが、BABYMETALの本当の強みなのだ。


神バンドのBOHさんがこんな事を言っています。

思い出してしてください。
BABYMETALが結成されたばかりの時のことを・・・・・。
知らない人は想像してください。
小さなLiveハウスで、オケを流しながらステージに立っていたBABYMETALの3人を・・・・・。
どんなに大きな成功や、伝統、文化、進化にも必ず最初というものが存在します。
そのスタート地点から、僅かな歳月でここまで大きなプロジェクトになり、世界のメタルファン、メタルバンド、音楽ファンを巻き込みつつあります。
それを、事務所の力だとかバックバンドが優秀だからとか言う人も未だにいるみたいですが、とんでもない。

SU-METALさん、YUIMETALさん、MOAMETALさんの実力、魅力、オーディエンスに最高のステージを届けようとする心があるからこそ飛躍しているのです。
そして、それがShowをする度に、たくさんの経験をする度に増して来ている。
事務所の力ってなんですか?お金ですか?知名度ですか?宣伝力?
バックバンドが優秀?演奏が上手いと売れますか?音が良いだけで魅力的なShowになりますか?
日本で、優秀でチャートを賑わしているトップアーティストが世界で通用してますか?
そういう事です。BABYMETALの3人の思いが、僕らを突き動かしているのです。


BOHさんの言っている事はBABYMETALは周りの大人たちが、彼女たちの才能と努力に突き動かされてサポートしているだけだと言っています。
確かにお膳立ては小林さんが担当したが、あくまでもそれを成功させた最大の功労者はBABYMETALの3人であり、それ以上でもそれ以下でもない。
そういうメンバーを選んだ小林さんの眼力はやはり凄いと言わざるを得ないが、個人的には中元すず香が最大の功労者だと信じているし、それを支えたのがゆいともあだと思う。
結果的には運もあったが、天才的プロデューサー小林啓には一つ苦言を申し上げたい。
武道館公演で全力で走ったりしていたゆいが、2m下に転落した事故である。
もし頭から落ちて最悪の重体にでもなっていたら、BABYMETALは勿論、水野由結の人生も終わったかもしれない。小林は全てに関わっている総合責任者であるだけに、全ての問題の責任がある。

もあも床に置かれたスピーカーで躓きそうになって、咄嗟に下がったりしている。実際、もあはランウェイに足を取られて豪快に転倒し、その後足を引きづりながら最後のパフォーマンスを続けたが、この当時体力がまだ十分で無く、普段でも全力パフォーマンスの後はふらふらだったらしい。
円盤のセリ上がりも手摺りが無いのに思ったより高く上がり、しかも3人が踊ると揺れており、観客の中には見ていて危険性を感じた客もいたらしい。
SSAでのせり上がった舞台で中元すず香が踊る度に揺れて見ていた知り合いが気が気でなかったと言っています。
暗いステージ照明も、全力疾走も必要な演出なら結構、それならそれなりの安全対策を講じるべきです。
プロレスラーなら問題ないのかもしれないが、それでもいきなり踏み外したら誰でも大変危険です。妥協を許さないのがヘビメタ精神と言うのなら、安全にも妥協を許さず、完璧を目指して欲しい。
そして今後もファンを驚かせ続けて末永くBABYMETALが世界で広がっていくことを期待しています。


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは2位中元すず香解体新書、4位中元すず香の軌跡、5位中元すず香の歌声でした。


今日の紹介はいつも全力パフォーマンスのBABYMETALメンバーに対するトリビュート映像です。

Best Friends:https://www.youtube.com/watch?v=jDCVnP7qK_s
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NYダウは44ドル下げ、日経は67円上がり、終値は18,332円でした。
本日の仕込みは優待のイオン北海道・ポケットカード・丸三証券と資源関連の北陸電力です。


本日の返済(買い)

           カシオ(6952)・・・・・小利確
           東急不動産HD(3289)・・・・・中利確(一部)
           ジャパンディスプレイ(6740)・・・・・小利確
           ヒューリックリート投資法人(3295)・・・・・小利確
 

【保有銘柄】
〈優待期待〉 現物85銘柄(日本たばこ産業他)
〈貸株期待〉 現物 5銘柄(ミクシィ・グリー・ガンホー・大泉製作所・CYBERDYNE)
〈配当期待〉  現物 3銘柄(日本駐車場開発・リクルート・東急不動産)
〈資源期待〉 現物 3銘柄(BPカストロール・中国電力・北陸電力)
〈娯楽期待〉 現物 3銘柄(ユナイテッド・コロプラ・Klab)
〈化学期待〉 現物 2銘柄(日本ペイント・住友化学)
〈復配期待〉 現物 2銘柄(大盛工業・小僧寿し)
〈電気期待〉 現物 1銘柄(日本航空電子)
〈分配期待〉 信用18銘柄(イオンリート他)

目標数:120銘柄以上       比率目標:80%以上            比率目標:10%以下
【買い銘柄計:104銘柄】     【含益銘柄比率:56.9%】         【信用金額比率:21.3%】

 維持率目標:200%以上      余力目標:350万円以上
【信用維持率A:96.0%】     【保証金余力A:306万円】     


【リート指数:1,856、天井2,000、乖離率7.2%、利回り3.1%】

今日はリートの今月分配分でも小利確ラインに来たのは感謝して返済しました。
カブドットコム証券の貸株ですが、5銘柄中3銘柄が+で、CYBERDYNEの頑張りもあり、今の所余裕でプラスになっています。
来週からいよいよ貸株金利が発生しますので、ワクワクドキドキで、夢に向かって頑張ります。

SBI証券の高金利貸株ですが、CYBERDYNE10%、ミクシィ9%、日本通信7%、ガンホー6%、日本マイクロニクス5%、グリー・SRG4%、サイバーリンクス・クラウドワークス・M-JIA・マーベラス3%です。2%は結構あって私が持っていたり過去に手掛けた銘柄だけでもコロプラ・ユナイテッド・日本プラスト・サンリオ・ラオックス・メディネット・アクロディア・アンジェスMG・エナリス・テラ・エイチーム・神鋼環境等、沢山あります。特に優待銘柄のサンリオや日本プラストを仕込もうと考えている方にとっては渡りに船のいい話だと思います。私も日本プラストを持っていますので、できれば来週中にでも証券会社の乗り換えをしようかと思っています。


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院・中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは2位中元すず香解体新書、4位中元すず香の軌跡、5位中元すず香の歌声でした。


今日の曲紹介はさくら学院設立当初からある唯一の曲で、中元すず香卒業時の映像です。

夢に向かって:https://www.youtube.com/watch?v=xVaMoy8so6E

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

NYダウは17ドル下げ、日経は65円上がり、終値は18,264円でした。
本日の仕込みは無しです。


本日の返済(買い)

           いちご不動産(8975)・・・・・小利確
           森トラスト総合リート(8961)・・・・・小利確
           インヴィンシブル投資法人(8963)・・・・・小利確
           スターツプロシード投資法人(8979)・・・・・小利確
           ユナイテッドアーバン投資法人(8960)・・・・・小利確
 

【保有銘柄】
〈優待期待〉 現物82銘柄(日本たばこ産業他)
〈貸株期待〉 現物 5銘柄(ミクシィ・グリー・ガンホー・大泉製作所・CYBERDYNE)
〈配当期待〉  現物 3銘柄(日本駐車場開発・リクルート・東急不動産)
〈娯楽期待〉 現物 3銘柄(ユナイテッド・コロプラ・Klab)
〈電気期待〉 現物 3銘柄(日本航空電子・カシオ・JDI)
〈資源期待〉 現物 2銘柄(BPカストロール・中国電力)
〈化学期待〉 現物 2銘柄(日本ペイント・住友化学)
〈復配期待〉 現物 2銘柄(大盛工業・小僧寿し)
〈分配期待〉 信用19銘柄(イオンリート他)

目標数:120銘柄以上       比率目標:80%以上            比率目標:10%以下
【買い銘柄計:102銘柄】      【含益銘柄比率:60.6%】         【信用金額比率:22.3%】

 維持率目標:200%以上      余力目標:350万円以上
【信用維持率A:90.0%】     【保証金余力A:297万円】     


【リート指数:1,867、天井2,000、乖離率6.7%、利回り3.1%】

日経平均は2007年7月9日に付けた終値での高値18,261円を約15年ぶりに上回った。
今日もリートで小利確ラインに来た銘柄をひたすら返済したのはいいが、今月分配分だけは残したのが仇になり、再び沈み込みました。
やっぱり勝っている時は有難うございますとお礼を言って返済すべきなんですね。
カブドットコム証券の貸株ですが、日経平均の好調さの割には弱くて5銘柄中3銘柄が下がっていますが、ミクシィの頑張りによりトータルではプラスになっています。
来週からこれに貸し株金利が加わる訳ですからわくわくしますが、まだ夢の途中です。

SBI証券の貸株の説明をを見たら当社の金利は青天井ですとカブドットコムの最高金利10%を嘲笑うような文言が気になり、調べてみました。
結果は高金利銘柄は殆ど同じで、2%以上の銘柄数はSBIが多く、金利はSBIが殆どの銘柄が0.1%なのに対して、カブドットコムは1%が最低なのでどっちもどっちという感じです。
優遇銘柄を個別で調べて有利な方を選べばいいのでしょうが、現物で長期保有が決まっている人以外はそこまでする必要はなさそうです。
むしろ長期保有で優遇のある優待銘柄は権利が切れる可能性があるから要注意です。


2月の昨日までの検索キーワードは1位中元すず香、2位BABYMETAL、3位さくら学院、4位中元日芽香、5位リートでした。

昨日多く見られた音楽関連ページは2位中元すず香解体新書、4位中元すず香の軌跡、5位乃木坂46の裏話でした。


今日の紹介は乃木坂46メンバーにして中元すず香の姉でもある中元日芽香による石川啄木の詩の朗読です。

弓町より:https://www.youtube.com/watch?v=itsUePEsI_c

おまけで私の大好きな来生たかおの夢の途中です。

夢の途中:https://www.youtube.com/watch?v=6pab0f_7Z3o

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。