カブログ君の音楽と株

音楽はさくら学院・BABYMETAL・乃木坂46・欅坂46等若者中心に紹介しています。
歌手は中元すず香・堀優衣、アイドルは中元日芽香・長濱ねる・岡田愛推しです。
株は高配当をNISAで仕込み、優待を楽しみ、リートと注目銘柄で小勝負しています。


テーマ:

注目銘柄8レビュー(3日目)

  NO   コード     上昇銘柄   2/28終値   2/26始値    騰落率    手口
  1  8697 大阪証券取引所 \695,000 \762,000 8.79%    売り
  2  9509 日本たばこ産業 \541,000 \526,000 2.85%    買い
  3  9984 トヨタ自動車 \8,020 \7,840 2.30%    買い
  4  9501 東京電力 \4,130 \4,090 0.98%    買い
  5  9508 九州電力 \3,390 \3,380 0.30%    買い
  6  9504 中国電力 \2,780 \2,795 -0.54%    買い
  7  9502 中部電力 \3,990 \4,020 -0.75%    買い
  8  9503 関西電力 \3,520 \3,550 -0.85%    買い
  9  9505 北陸電力 \3,010 \3,040 -0.99%    買い
  10  9507 四国電力 \2,960 \3,010 -1.66%    買い
  11  9509 北海道電力 \3,240 \3,300 -1.82%    買い
 12  9506 東北電力 \3,160 \3,220 -1.86%    買い




平均騰落率 0.56%


※空売りの騰落率は逆数、トヨタとJTは昨日の予告通り本日始値で買ったものとしています。



本日は大型爆弾が落ちましたが、かろうじて平均騰落率が+0.56%とプラスをキープできました。

リアルでは大阪証券取引所は始値で買戻しましたが、ドデン返しをする資金余力はありませんでした。

電源開発、キャノン、クリード、三菱自動車等を始値やその近辺で仕込み、キャノン以外は売却しました。

珍しく、予想よりリアルの方が成績が良かったので、昨日より一歩も二歩も相場観が良くなったようです。

日頃キャッシュ比率を高めていて、こんな日に狙った銘柄の始値にぶつける位の勇気とセンスが大事なんですね。



それはそうと左のサイドバーに入口がありますが、カブログ君の店をオープンしました。

色々な商品を安く販売していますので、冷やかしでもいいですからいつでも覗いて見て下さい。

経営に慣れてきましたら店内の商品の入れ替えや特価品、オリジナル商品等も並べる予定です。

特に私のお気に入りと読者の皆さんにはさくらでもいいですからご来店頂けると有り難い限りです。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「注目銘柄」 の記事

テーマ:

投資で最も大事な事は相場観を持ち、自分に合った投資方法を見つけ、目標株価
を決めて売買する事だと思います。




(1)確かな相場観を持って株式市場を見る。


1 大局観を持ち、相場に臨む。
2 目先の動きに惑わされない。
3 自分の信じた方針を貫く。
(2)実際の戦績で自分に合った投資スタイルを決める。


1 主戦市場を決める。(東証一部、東証二部、大証、新興等)
2 投資手口を決める。(現物買い、信用買い、信用売り等)
3 投資スタイルで決める。(デイトレ、スイング、短中長期等)
4 売買環境で決める。(常時監視可でデイトレ・スイング、不可ならデイトレ以外)
5 自分の性格で決める。(俊敏ならデイトレ、おっとりならデイトレ以外))
(3)投資スタイルが決まったら投資方針を決める。


1 監視銘柄を決める。(買いなら上昇トレンド銘柄、売りなら下降トレンド銘柄)
2 監視銘柄の値幅ラインを決める。(買いなら下値ライン、売りなら上値ライン)
3 決めたライン外に外れた場合は一旦損切りし、ラインを見直す。
4 決めた目標株価を安易に変えず、じっくり取り組む。
(4)投資方針が決まったら戦績をチェックッする。


1 負けるようなら投資スタイル・投資方針を再考する。
2 再考したやり方でシミュレーションをする。
3 勝つようになるまでシミュレーションを続ける。
4 新しいやり方で再度実際の売買をする。
(5)相場観の培い方


1 ぶれない心と信念が正しい相場観を作る。
2 一度決めた方針は曲げずに貫ぬき通す。
3 方針通りにいかない場合は原因を突き止める。
4 相場観が養われるまでシミュレーションを繰り返す。
5 持ち株や売却済み株の騰落に一喜一憂しない。
6 相場観が正しかった場合に喜びを感じるようにする。
7 相場観が間違った場合に反省するようにする。



以上が当面私が実行しようとしている投資方針です。

思い当たる人や異論反論オブジェクションのある人は是非コメントを下さい。

叱咤激励をお待ちしております。

それでは明日からも地に足をつけて頑張りましょう。



ランキングバナーのクリックもよろしくネ  恋の矢


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

注目銘柄8レビュー(初日)

  NO   コード    短期上昇銘柄   2/26終値   2/26始値    騰落率   手口
  1  9503 関西電力 \3,620 \3,550 1.97%    買い
  2  8697 大阪証券取引所 \747,000 \762,000 1.97%    売り
  3   9501 東京電力 \4,160 \4,090 1.71%    買い
  4  9506 東北電力 \3,270 \3,220 1.55%    買い
  5  9502 中部電力 \4,080 \4,020 1.49%    買い
  6  9504 中国電力 \2,815 \2,795 0.72%    買い
  7  9505 北陸電力 \3,060 \3,040 0.66%    買い
  8  9509 北海道電力 \3,320 \3,300 0.61%    買い
  9  9508 九州電力 \3,400 \3,380 0.59%    買い
  10  9507 四国電力 \3,020 \3,010 0.33%    買い




平均騰落率 1.16%

※空売りの騰落率は逆数です。



今週の注目銘柄は最近下押している電力銘柄と急騰している大阪証券取引所です。

上昇トレンドセクター電力の押しめと高値ゾーンにある大阪証券取引所の空売りに挑戦しました。

平均騰落率は1.16%でまあまあですが、全部プラスになったので満足です。

電力なら全てが上がっているのではなく、沖縄電力は-0.62%でした。

今週から相場観をしっかりと持ち、目先の値動きに左右されない投資をしようと思っています。

久し振りに投資方針の練り直しをし、次の記事にしたためたいと思います。



ランキングバナーのクリックもよろしくネ  恋の矢



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

注目銘柄8 

 NO  コード    短期上昇銘柄  2/23終値   2/9終値 上昇率 取引
  1  9503 関西電力 \3,520 \3,810 -7.6% 買い
  2  9506 東北電力 \3,200 \3,430 -6.7% 買い
  3  9507 四国電力 \3,000 \3,190 -6.0% 買い
  4  9508 九州電力 \3,380 \3,590 -5.8% 買い
  5  9502 中部電力 \4,030 \4,270 -5.6% 買い
  6  9504 中国電力 \2,775 \2,940 -5.6% 買い
  7  9501 東京電力 \4,070 \4,310 -5.6% 買い
  8  9505 北陸電力 \3,050 \3,160 -3.5% 買い
  9  9509 北海道電力 \3,280 \3,390 -3.2% 買い
  10  8697 大阪証券取引所 \765,000 \658,000 16.3% 売り



来週の注目銘柄は最近下押している電力銘柄と急騰している大阪証券取引所です。

いつのものように月曜の始値で買って金曜日の終値で売るものとしてチャレンジします。

但し、状況によっては任意の曜日の終値で終了する事もあります。




年初来各週注目銘柄結果

注目銘柄 スタート 騰落率
1 新興 1月9日 0.20%
2 新興中心 1月15日 5.10%
3 新興 1月22日 -10.70%
4 上昇トレンド 1月29日 1.08%
5 リート・不動産 2月5日 -0.40%
6 リート・電力・商社 2月13日 -2.61%
7 食品・リート 2月19日 1.96%



3週目の大負けで新興に懲りて上昇トレンドに移行したのはいいが、依然さっぱりの状況です。

上昇トレンドセクターの押しめと高値ゾーンの空売りで今度こそ名誉挽回といきたいものです。



ランキングバナーのクリックもよろしくネ  ハート



 


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

直近IPO(12/12日以降)の公募騰落率

 コード         銘柄   公募価格   騰落率
 3835 eBASE \185,000 145.4%
 3831 バイブドビッツ \210,000 117.6%
 3237 イントランス \110,000 112.7%
 3836 ディーバ \200,000 105.5%
 4344 ソースネクスト \220,000 101.4%
 3241 ウイル不動産販売 \200,000 81.5%
 8772 アサックス \360,000 79.4%
 3830 ギガプライズ \180,000 73.3%
 2138 ウェブドウジャパン \156,000 69.2%
 2136 ヒップ \200,000 63.0%
 3236 プロバスト \620,000 52.4%
 3070 アマガサ \190,000 39.5%
 3065 ライフフーズ \270 29.6%
 8769 アドバンテッジリスクM \20,000 26.0%
 3239 総和地所 \360,000 19.7%
 5440 共英製綱 \2,400 18.1%
 4665 ダスキン \1,750 18.0%
 7773 エルモ社 \370 15.4%
 2135 VSN \3,350 15.2%
 3832 T&Cホールディングス \300,000 14.3%
 6264 マルマエ \470,000 11.1%
 3067 東京一番フーズ \290,000 -1.0%
 6257 藤商事 \180,000 -4.4%
 3238 セントラル総合開発 \1,350 -4.9%
 7823 アートネイチャー \7,000 -5.6%
 3834 朝日ネット \400 -5.8%
 6258 平田機工 \2,200 -6.1%
 3068 WDI \1,050 -15.2%
 2137 光ハイツ・ヴェラス \270,000 -20.0%
 3829 セルシス \160,000 -22.5%
 6660 インネクスト \35,000 -34.3%
 3235 トラストパーク \210,000 -35.7%
 3066 JBイレブン \1,260 -42.9%

ブルーの文字はローカル市場銘柄です。




直近IPOの公募割れ率は33銘柄中12銘柄(36.4%)と、去年までの60%前後に比べれば大幅に改善されています。

しかしこれほどはっきりとローカル市場の悲惨さが出たのは初めてだと思います。

間違ってもローカル市場のIPO応募や初値飛びつきはできませんね。

新興市場で儲けるのは至難の業と言わざるを得ません。



カモにならない投資術―人生後半からの負けないお金哲学/榊原 節子
 
¥1,470
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【1】 今回の除外銘柄


    4月7日からの騰落率が1%以下の銘柄:OBARA

【2】 今回の追加銘柄

    

     新登場:なし


     再登場:ダイドードリンコデンソー

      

中長期上昇トレンド株14 

 コード       中長期上昇銘柄   2/16終値   上昇率
 8830 住友不動産 \4,700 50.2%
 1332 日本水産 \765 47.1%
 8977 阪急リート投資法人 \1,100,000 42.5%
 2501 サッポロHD \891 41.2%
 9513 電源開発 \5,800 39.4%
 4568 第一三共 \3,920 38.8%
 8984 ビ・ライフ投資法人 \625,000 31.6%
 2871 ニチレイ \736 25.8%
 7269 スズキ \3,450 23.7%
 2801 キッコーマン \1,656 23.6%
 2914 日本たばこ産業 \530,000 23.5%
 7718 スター精密 \2,665 22.0%
 7203 トヨタ自動車 \8,190 20.6%
 7267 本田技研 \4,660 18.9%
 5852 アーレスティ \3,670 18.0%
 6586 マキタ \4,350 17.9%
 7751 キャノン \6,550 17.2%
 2502 アサヒビール \1,982 16.9%
 2503 キリンビール \1,911 16.7%
 6503 三菱電機 \1,195 16.1%
 6758 ソニー \6,260 9.8%
 2811 カゴメ \1,793 9.1%
 4208 宇部興産 \404 8.9%
 2810 ハウス食品 \2,075 8.6%
 6301 コマツ \2,625 6.7%
 6302 住友重機械工業 \1,238 5.6%
 6471 日本精工 \1,103 5.0%
 8015 豊田通商 \3,300 4.1%
 3971 東セロ \1,359 1.8%
 2590 ダイドードリンコ \4,720 1.7%
 6902 デンソー \4,840 1.7%

上昇率 :4月7日終値と2月16日終値の比較
黄色網 :追加銘柄

青色字 :復活銘柄




日経平均の強さは正しく本物のようで、節分天井は一体何処に行ったのでしょうかという感じです。

但し、今特に元気なセクターに関してはここというセクターがはっきりとは見当たりません。

しいて言うなら中長期上昇トレンドでは食品セクターで、短期上昇トレンドでは金属セクターでしょうか。

明日はその辺も考慮して来週の注目銘柄を探り、再チャレンジしたいと思っています。





ランキングバナーのクリックもヨロシクネ! ラブラブ



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

注目銘柄6

 NO   コード      リート銘柄   PER   PBR   利回り   2/9終値
  1  8979 スターツプロシード投資法人 17.6 1.80 5.68% \203,000
  2  8986 リプラス・レジデンシャル 19.0 1.11 5.25% \514,000
  3  8963 東京グローストリート 21.8 2.10 5.12% \438,000
  4  8976 DAオフィス投資法人 19.6 1.77 5.09% \918,000
  5  9506 東北電力 43.1 1.95 1.74% \3,430
  6  9504 中国電力 32.4 1.80 1.68% \2,940
  7  9508 九州電力 29.4 1.63 1.66% \3,590
  8  8031 三井物産 11.5 1.85 1.73% \1,964
  9  8053 住友商事 12.5 1.82 1.50% \1,997
  10  8058 三菱商事 10.3 1.69 1.43% \2,520



今週は3つの元気なセクターから配当益回りの高い銘柄順に選びました。

いつのものように明日の始値で買って金曜日の終値で売るものとしてチャレンジします。

上記以外のリートデータにつきましてはみんなのテーマの上昇セクターのスウィング投資にアップしています。

上昇セクターには主に記事やデータを載せていきますので興味ある人はぜひメンバー登録をお願いします。

今後も電力、商社、自動車、通信、任天堂等の元気なセクターデータを順次アップする予定です。

セクターは私が独自に選んでいますので任天堂とかトヨタとか鳥インフルエンザ等自由な枠組みで考えています。

それでは今週も明日からの戦いに生き残れるようにお互い頑張りましょう。  将棋




ランキングバナーのクリックもよろしくネ  キラキラ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 コード       リート銘柄   PER  配当利回り
 8979 スターツプロシード投資法人 17.6 5.68%
 8986 リプラス・レジデンシャル 19.0 5.25%
 8963 東京グローストリート 21.8 5.12%
 8976 DAオフィス投資法人 19.6 5.09%
 8983 クリード・オフィス投資 19.8 5.02%
 8980 エルシーピー投資法人 20.0 4.99%
 8985 日本ホテルファンド投資 25.1 4.92%
 8974 イーアセット投資法人 20.6 4.84%
 8978 アドバンス・レジ投資 20.9 4.78%
 8970 ジャパン・シングルレジデン 21.0 4.75%
 8984 ビ・ライフ投資法人 21.4 4.65%
 8965 ニューシティ・レジデンス 21.8 4.58%
 8973 ジョイント・リート 23.4 4.26%
 8966 クレッシェンド投資法人 23.4 4.26%
 8975 FCレジデンシャル投資 24.3 4.12%
 8969 プロスペクト・レジデン 25.1 3.97%
 8962 日本レジデンシャル 25.4 3.92%
 8981 ジャパン・ホテルリゾート 26.5 3.76%
 8956 プレミア投資法人 26.9 3.70%
 8960 ユナイテッドアーバン投資 28.5 3.50%
 8959 野村不動産オフィスファンド 43.5 3.29%
 8968 福岡リート 31.7 3.14%
 8972 ケネディクス不動産 32.3 3.08%
 8982 トップリート 34.0 2.93%
 8953 日本リテールファンド 34.3 2.91%
 8964 フロンティア不動産投資 34.3 2.90%
 8961 森トラスト総合リート 35.2 2.83%
 8977 阪急リート 35.3 2.83%
 8967 日本ロジスティクスファンド 35.5 2.81%
 8954 オリックス不動産投資 36.2 2.76%
 8987 ジャパン・エクセレント投資   2.65%
 8958 グローバル・ワン不動産 37.8 2.64%
 8955 日本プライムリアリティ 38.6 2.59%
 8957 東急リアル・エステート 39.2 2.54%
 8952 ジャパンリアルエステイト 41.7 2.39%
 8951 日本ビルファンド 50.8 1.96%


リートは投資信託の為、株式益回りと配当利回りが殆どの銘柄でイコールになっています。

上記のリストを見てすぐに気付くのが、配当利回りの良い銘柄ほどPERが低いということです。

人気が無いともいえますが、出遅れているともいえますし、株価が比較的安いのも魅力です。

そこで今週の注目銘柄は上位4銘柄をピックアップしたいと思います。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【1】 今回の除外銘柄


    10/13日からの上昇率が+60以下の銘柄:

         東京放送、中央電気工業、岡本硝子、新興プランテック、ワコム

         新華ファイナンスリミテッド、オリコン、アストマックス 

             

【2】 今回の追加銘柄

    

    新登場:日本冶金工業、ベリサーブ、ナトコ、DAオフィス投資法人、田淵電機

          ジャパン・エクセレント投資法人、セラーテムテクノロジー

    再登場:太平洋金属



短期上昇トレンド株13

 コード       短期上昇銘柄   2/9終値  上昇率
 3777 ターボリナックス \212,000 330.0%
 2126 GCA \736,000 167.6%
 4322 イーシステム \35,550 137.0%
 4670 セタ \551 120.4%
 9888 UEX \2,785 116.6%
 1819 太平工業 \645 106.7%
 5480 日本冶金工業 \1,057 102.5%
 8992 日本レップ \527,000 95.2%
 4822 ハドソン \2,200 93.0%
 3787 テクノマセマティカル \1,390,000 88.9%
 9113 乾汽船 \760 84.9%
 6767 ミツミ電機 \3,240 84.1%
 3724 ベリサーブ \634,000 83.8%
 3323 レカム \62,000 83.4%
 4627 ナトコ \1,820 77.9%
 8976 DAオフィス投資法人 \918,000 77.6%
 2497 ネットエイジグループ \897,000 74.2%
 5479 日本金属工業 \505 74.1%
 6624 田淵電機 \193 73.9%
 2445 エスアールジータカミヤ \1,990 73.0%
 9841 BMB \498 71.7%
 8987 ジャパン・エクセレント投資法人 \1,000,000 66.1%
 2127 日本M&Aセンター \2,970,000 65.9%
 5310 東洋炭素 \13,940 65.2%
 6672 レイテックス \1,170 64.1%
 3230 スターマイカ \349,000 63.8%
 4330 セラーテムテクノロジー \49,000 63.4%
 6130 日平トヤマ \1,330 61.6%
 5541 大平洋金属 \1,559 60.1%
 7826 フルヤ金属 \21,910 60.0%

上昇率 :10月13日終値と2月9日終値の比較
黄色網 :追加銘柄

青色字 :復活銘柄




リートが2銘柄入ってきましたが、配当が高くてこれだけ上昇率が高いとポートフォリオの見直しを真剣に考えなければなりません。 グッド!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆電力株 配当利回り株 考察◆  業界再編がここでもキーワード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 上値の重い日経平均を尻目に、電力株が本日も高値を更新。踏み上げも
 巻き込みながら一段と上昇速度を加速している。また高配当株物色が、
 ガス株にも波及するなど好循環をもたらしている。

 確かに日銀は1月に追加利上げを見送り、2月の実施も懐疑的な状況。
 しかも売れ筋投信の上位に好配当ファンドが入るなどテーマ性は充分。
 手詰まり状態の市場には鉄鋼株を利食いした資金の行き場として格好の
 ターゲットとなっている。

 しかし、すでに東電の配当利回りは本日の終値では1.34%にとどまる。
 たとえ増配期待が高いとは言え、10年物の日本国債の利回りが1.7%程度
 あることを考えると、やや行き過ぎの感が強い。また市場では業績面で
 不安のある銘柄も散見されるが配当利回りが3%以上の銘柄は120社を
 越える。

 では、そろそろ電力株は天井を打つのか。でもなぜ外国人投資家が電力株
 を強気で買い進むのか。
 やはりここでもキーワードは業界再編にあるようだ。


○昨年の欧州では、電力・ガスセクターが業界再編の目玉


 米国では、2005年5月に著名投資家のバフェット氏が、所有するエネルギー
 会社を通じて西部のパシフィコープ社を94億ドル(約1兆1200億円)で買収。
  欧州でも、2005年から2006年にかけてロシアとウクライナ間で発生したガス
 紛争の影響もあり、2006年の欧州におけるM&A案件の金額上位は、スペイン
 のイベルドロラ社による英国電力5位のスコティッシュ・パワーの172億ユーロ
 (2兆6800億円)のTOB買収など、電力・ガスの買収案件が揃った。
 また、2007年7月からのEUの電力・ガス取引全面自由化を受けて、依然として
 業界再編の流れが続いており、先日もフランスの公益企業スエズがスペインの
 電力会社エンデサに対し買収提案を行ったと報じられた。


○日本国内でも再編へ


 日本勢も、東電が昨年12月に丸紅と共同でフィリピンの火力発電所三つ買収
 すると発表した。買収額は約4000億円で日本企業が参加する海外の発電所の
 買収では最大級。中部電力も今年2月に持ち分法適用会社のトーエネクに対し
 TOBを実施し連結子会社化すると発表した。

 その中部電力には、英系ファンドの「ザ・チルドレンズ・インベストメント」
 が株式取得を打診したと伝えられている。同ファンドは、既にJパワーの
 約9%(昨年11月末)を有する筆頭株主である。

 前述のスペインのイベルドロラ社の買収によって誕生した新会社の発電能力
 は関西電力とほぼ同程度の3660万キロワットだが、同社の株式時価総額は、
 640億ユーロ(9兆9800億円)と、関電の(3兆7000億円)2.5倍以上。
 関電が、まだまだ割安に見えてくる。

 電力株投資を、純粋に利回り狙いで行くなら、さすがに他の銘柄を探す必要
 があるだろう。電力株が80年代のバブル相場の最後を飾り、電力株が上がり
 だしたら相場は終わり・・と言われたが、電力業界は、資源高に伴い発電効
 率の向上、地球温暖化対応も必要となるために、世界的な再編圧力は強い。
 株価は3月期末を挟み乱高下も予想されるが、利回りにとらわれない株価形
 成につながる可能性も秘めているかもしれない。


○業界再編 & 利回り株


 鉄鋼株の上昇も背景にも『好業績』、『高配当利回り』、『業界再編』が
 あった。そのため今後、電力株の大幅上昇が波及し、利回り志向でも買える
 銘柄候補は上記を満たすセクターから選ぶことが理想的だろう。

  

----利回り比較-------------
 
※10年利付き国債 指標銘柄利回り 1.74%

(電力)
 コード 銘柄名  2/7終値 配当額 利回(%)
------------------------------------------
 9501 東京電力   4490  60.00  1.34
 9502 中部電力   4330  60.00  1.39
 9503 関西電力   3830  60.00  1.57
 9504 中国電力   2970  50.00  1.68
 9505 北陸電力   3190  50.00  1.57
 9506 東北電力   3430  55.00  1.60
 9507 四国電力   3210  50.00  1.56
 9508 九州電力   3600  60.00  1.67
 9509 北海道電力  3380  50.00  1.48
 9511 沖縄電力   8050  60.00  0.75

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。