2007-03-17 23:33:31

失敗しました・・・

テーマ:暗黙のルール

このたった15分程度で、訳のわからないトラックバックが15件も前のブログについてました・・・


どおりでトラックバック拒否が基本設定になってるんですね・・・

何気なく、トラックバックができるようにしてたのですが、こういうことだったんですね・・・


これもルールやマナーですよね。

不特定多数がネットを利用できるからだとは思いますが、心無い人達のために、普通にブログをしている人達に迷惑がかかる・・・


これが実態だと思うと、やはり情けなく思います。


これからはトラックバック拒否をしますが、これでいいのかと思います・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-12-15 13:01:35

スポーツクラブにも派閥が・・・

テーマ:暗黙のルール

昔お世話になった会員様から電話がありました。


「最近、派閥で参っています・・・」


よくよく伺うと、その会員様は古い会員様なのですが、新しい会員様のグループとひともめふたもめあるようです。

派閥と呼んでいいのかわかりませんが、僕が若いころは、


「私○○コーチ派!」

「私は○○さん派」


とかっていうのがありましたが、それは会員様同士で楽しく話をする程度でしたが、数年前から派閥みたいなのがあること耳にするようになりました。


子供のいじめに似ている感じで、みんなと足並みをそろえないと無視されたりするそうです。

以前にいたスポーツクラブで、開院種別を変更した際にも、多数の署名が集められたのですが、


「支配人支配人、申し訳ないけど、署名にサインさせられたんだけど、しないといろいろあって・・・・」

とか

「賛成派と反対派があって、どっちかに入らないと今後の付き合いもあって、でも・・・双方に友人がいて・・・」


とかいう問題もありました。

スポーツクラブで派閥なんて・・・

という感じですが、ご本人たちは深刻に悩まれています。


誰がってことはないのですが、やはりスポーツクラブには小山の大将が数名存在し、自分の存在感を強めたいようです。


スポーツクラブに何しにきてるんでしょうね。


結局ご相談いただいても結論をだせず、お話しを伺う程度になってしまいました。

これが原因で退会にまでつながらなければよいのですが・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-03-16 10:28:47

眼でどかす

テーマ:暗黙のルール

サウナ内での「暗黙のルール」はよくある話です。

しかし、今回はスタジオフリースペースでおきていました・・・・


男性会員様から相談を受けました。


「支配人、いつも夕方スタジオがあいてる時間、卓球をしているんだが、自分たちのグループが占領しすぎているような気がして、気が引けるんだよ~」


伺うところによると、毎日夕方2時間ほど、スタジオ1面はフリースペースとなり、卓球台を置いています。

クラブ側とすれば、そこそこうまく会員様が譲り合ってご利用いただいていると思っていたのですが、


「自分たちのグループに入ってきて、ちょっとでも自分たちよりレベルが低いと、2度と入れないくらいこてんぱんにしている。でも、それをグループ内で指摘すると、自分も外されるから・・・・」


困った課題です。

その上、


「もし、下手くそなグループが使っていると、自分たちが外から見続けて、眼でどかしている」


ということなのです。

これまで卓球に関するご意見がほとんどなかったので、手落ちだったと思いました。


再度確認の上、どのように対処するかを考えます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-03-12 17:56:04

どこまでエライんですか?

テーマ:暗黙のルール

「支配人、プログラムのことでご意見いただきました。」


スタジオプログラム構成担当の女性スタッフからでしたが、


「あなたわかってるでしょうね。○曜日の○○さんのレッスン、変更したらどうなるか。すぐ、本社にも電話するからね。」


それは脅しですか?

女性スタッフも怖くなって報告をしてきたのですが・・・・


「どこまでエライんですか?」

っと聞きたいですね。

こんなことでプログラム構成に影響を及ぼすわけにはいかないのですが、当のプログラム担当者は、その女性会員様が怖いので、少しの変更も怖くなっています。


「僕からその会員様には伝えるから、心配しないでいいよ」

一応女性スタッフも安心してくれたようですが、腹立たしく思いました。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-03-09 13:45:10

また出てきたか・・・

テーマ:暗黙のルール

出勤するとメモが貼ってありました。


「本社に電話するって言ってました。○○さんが・・・」


また出てきたか・・・

本社に電話をして、内容を簡単に説明しましたが、


テーマの通り暗黙のルールでその女性から電話があると気分が暗くなります。

その女性会員様は、クレームを言って人を辞めさすのが得意で、


「○○のレジの女の子辞めさせた。」

「○○の会社の社長が謝りにきた。」


とか得意気に話されるのですが、聞くのもうんざりの内容です。


俗に言う


「クレーマー」


は世の中にたくさんいるですが、これに対抗するワクチンは何かないかと思います。

こういう人は、それ自体が自慢であったりします。


しかし僕たちも仕事をしており、こういう方々の相手をする時間は、非常にもったいないのです。


あ~また3日間ほど、暗い話しに付き合わないといけない・・・・

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-02-24 17:11:29

お客様もよくご存知で・・・

テーマ:暗黙のルール

テーマ「暗黙のルール」と言えば極端ですが・・・


春の短期水泳教室の申し込みが殺到しています。

受付開始から3日間だけで、実に9割も定員になり、コースによってはキャンセル待ちが10名以上となっています。


昨年冬の短期水泳教室をしなかった影響もあるかと思いますが、かなりの人気です。


やはり、短期水泳教室からの入会特典が、地域でも定着しているようで、それを狙ってのようです。

通常の月に入会すると、


入会金

指定用品(バッグ・水着等)


が普通にかかってくるのですが、短期からの入会は、それらが免除になったりプレゼントされたりします。

僕たち会社側の人間は、このしくみを知ってて当然なのですが、お客様の反応を見ると、普通に知っていて当然のことのようです。


ほんとにお客様もよくご存知ですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-15 01:10:30

どっちもどっち

テーマ:暗黙のルール

テニスをされている会員様からご意見がありました。


「あの○○さんがくると、テニスのゲームをしないといけないけど、私たちは練習がしたいのよ!」


そのプログラムは体育館でしている、テニスの練習プログラムです。

当然練習なのです。

おかしいと思ってスタッフに確認して見ると、


「いやすいません・・・。あの○○さんがこられるとテニスゲームを要望されて、「みんなもゲームがしたいんだから、ゲームをしようよ」と言われます。そこまではいいのですが、支配人がご意見いただいる会員様たちもそこで反対してくれたらいいのですが、「したい!したい!」と言われるので、どうしても・・・」


このパターンは結構厳しいですね。

おそらく、その○○さんが怖くて、同意しないと何かがあるのでしょう。


でも、そういう○○さんみたいな人に限って、


「みんながゲームしたいんだから、スタッフも文句ないでしょ!」


となります。

しかし大人なんですから・・・


○○さんの前では、ゲームをしたいことを大賛成して影では僕たちに意見してくるのは困ったものです。

以前から、その○○さんがくるとゲームをしないといけないような暗黙のルールになっているようです。


ん~やはり、


「当スポーツクラブの方針ですのでお願いします」


と僕が直接お願いして、スケジュールどおりに練習時間は練習をするような徹底が必要でしょうね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-02-25 20:22:07

スタジオの固定位置

テーマ:暗黙のルール
皆さんのスポーツクラブでもよくあると思います。

僕のスポーツクラブにも、スタジオの場所確保におけるトラブルはよくあったのですが、最近あまりなかったようで、久しぶりのご意見です。

新規の会員様だったのですが、

「自分が○○プログラムの時にいた場所が、古参会員の決まった場所だったらしく、途中でぶつかってきたりされた。終わってから、しらない人から、「悪いことは言わないから、あそこはやめた方がいいよ」と言われた。こんなことがあるんですか?」

「スポーツクラブとしては認めていませんので、どこで踊っていても問題はありません。しかし、会員様の間でそのようなことがないともいえません。もし何かあれば、僕が対応しますのでご心配なく」

僕はいつもこうお答えしています。
スポーツクラブとして、暗黙のルールを認めることはありえませんし、もし新規会員様が嫌な目に合われたら、お助けします。

過去にもこういったケースで、いつも固定位置で、ルールを守らずに嫌がらせをするような会員様にも、退会も含めた毅然とした態度で、のぞんでいます。

会員様からは、

「厳しすぎる」

との声もありますが、会員様が公平かつ平等にスポーツクラブを楽しんでいただくためには、必要なことと思っています。

新規会員様だけでなく、暗黙のルールでお困りの方がいらっしゃれば、ぜひスポーツクラブ側にお話しされてみてはどうでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-02-13 14:55:55

署名をしたくないのに・・・

テーマ:暗黙のルール
あるスタッフから電話がありました。

「会員様で署名活動をしようと盛り上がっているそうです。週明け早々に始められるということですが、どうしましょう。」

僕の答えは簡単です。

「署名活動が始まってから、何の署名活動かを確認して、それから考えよう。」

僕のスポーツクラブでは、結構署名が盛んです。
前任の責任者が署名をされると必ず対応していたこともあり、会員様の間では、何かあれば書名をすれば通ると思われているようです。

署名活動の良し悪しは別にして、署名活動をされることによって、ご迷惑をおかけする会員様がいらっしゃるほうが、僕にとってつらいことです。

聞くところによると、署名活動を率先してされる会員様は一部なのですが、署名にサインしなければ、いじめがあるそうです。

サインを要求する際に、

○サインをするまで、お風呂に入れない
○署名の内容を説明せずに、とりあえずサインを要求
○家にまで電話をしてくる
○サインしなければ口をきかない

といったことが、女性会員様の間であったらしく、署名活動が始まれば暗黙のルールとして、せざると得ない状況のようです。

これを知ったきっかけが、署名活動が始まると同時に、必ず会員様から僕にご連絡があり、

「私は署名の内容も知らないし、サインをするつもりもなかったが、せざるを得ない状況でした。申し訳ないですが、署名が提出されたら、自分の名前を消しておいてほしい。」

と言われたからです。
これは1件や2件ではなく、数十件のそういった連絡があるのです。

署名を要求する側は、少しでも多くの署名を集めて、スポーツクラブ側に提出したいのでしょうが、それでは何の意味も持ちません。

署名の中には、せっかく筋の通ったものや内容的に正しいことも含まれているのに非常に残念です。

僕個人的ですが、署名に対してはあまり敏感に反応しません。

署名の数よりも内容が重要なのです。
暗黙のルールで、嫌々署名をせざるを得ない状況は、本当に残念な限りです。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-02-04 14:02:50

使用ロッカー

テーマ:暗黙のルール
新しく「暗黙のルール」というテーマを追加しました。

スポーツクラブの業界で仕事は始めて10年以上となりますが、現場スタッフとして仕事をしている時には、あまり聞くことがありませんでした。

しかし、責任者という立場になってから、スポーツクラブのルールとは別に、会員様の中での「暗黙のルール」が暗躍しているのを知りました。

この「暗黙のルール」は、スポーツクラブ側として対応が難しく、僕個人としては、手を焼いているの実情です。

本日、新規女性会員様より、ロッカーの使用場所についてのご意見をいただきました。

「私は入会して数週間しか経っていないのですが、私が使ったロッカーはある女性会員の専属みたいになっているらしく、使っていると数名の女性会員から

(そのロッカーは使わないほうがいいよ。後で何を言われるかわからないよ)

とアドバイスをしてもらいました。そんなことってあるのですか?」

僕のご返答は、

「いえ、そのようなことはございません。会員様は全て公平にご利用いただけます。そのために、フリーロッカー制としております。」

しかし、現実的にはそのようなことがあり、もしご意見を言われた会員様が使用されることにより、文句を言われる可能性はないとは言えません。

数名の女性会員様に確認したところ、実際にあるようです。

その専属みたいな使用をされている会員様の名前もはっきり聴取できたのですが、僕からいきなり注意もしにくいのです。

以前、そのような会員様に注意をしたことがあるのですが、

「そんなことはしていない。周りが勝手に言ってるだけで、私が被害者です。また証拠があるのなら出してよ。」

ということになりました。

僕たちのサービスや施設に問題があり退会されていかれるのは、僕たちの力不足としかいいようがないのですが、「暗黙のルール」で嫌な思いをされて退会されている会員様が意外に多いのではないかと懸念しています。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。