くりあ☆ぶるう

クリアなものが大好きです。

色や見た目だけではなく、あらゆる事柄も全て…

思った事をクリアに書いていくつもりです。


テーマ:

サッカーには全く興味が無く、ルールも1つも知らない私でも

毎日の報道は目に入るし 無視するわけにもいかないようだ。


残念ながら2度の試合はどちらも満足のいく結果には終わらなかったようだが

選手たちは それでも懸命に

精一杯の試合をしたのだろうから

テレビを見ていただけの私たちは あまり辛らつな意見を言う権限はない。

今のメンバーの誰が欠けても

今のメンバーと誰が変わっても

これ以上の結果になる事は ないのだろうから。

そういう選手を 監督始め誰もが選び出したのだろうから。


ところで 先日のクロアチア戦。


報道によると 私の住む中部地方

特に名古屋では 水道の消費量が

同じ時期の日曜日に比べると なんと15%も少なかったのだとか。


みなさん 応援に夢中になって

トイレやお風呂 炊事の手を休めていたのが原因らしいとの事。

ただひたすらにテレビを見つめ 一心に応援していた

熱心なサポーター達が 次のブラジル戦も期待しているはず。


頑張れ、ジーコジャパン。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

国別対抗野球 WBCが幕を閉じた。

終わってみれば なんと日本が初代世界一の座を勝ち取った。


不当な判定や 波乱のゲーム展開など

何かと騒がせたのは まさに今日のための布石だったのか。


私はうっかり中継を一度も見ることなく

結果が出てから スポーツ番組やニュースの報道で

流れをざっと見ただけだったが

それでもいかに盛り上がっていたのかが伝わった。


祝賀会も非常に盛り上がり 勝利の美酒に酔ったことだろう。


最近は力のある選手はみんなメジャーに行ってしまい

サッカー人気に押されて 野球の注目度は下がる一方だったが

これでまた 野球の面白さに惹かれる人たちも増えるだろう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

待ちに待ったメダルがついに日本にもやってきた。

しかもその色は 何より嬉しい金であった。


そして何より 美しさと緊張感が一番高まる舞台での

世界一と言う快挙。


冬の女王というにふさわしい 荒川選手の

すばらしい舞が 世界中を虜にした。


16歳での初めてのオリンピック。

その後のスランプ。

そして不死鳥と呼ばれる復活。

メディアは 彼女のリンク人生を細かく報告してくれる。


不遇な時代は確かにあっただろう。

そして人一倍の努力もしただろう。

でも 彼女はそれでも 確かに他より恵まれていただろう。

才能にも環境にも、である。


だからこそ 今から数時間前の 表彰台の一番の高みに

立つことができたのだろう。


日本の期待を一身に背負って 見事その期待に答えてくれた彼女は

今後はプロを目指すと言う。

オリンピックが終わったばかりで もう次のことを話題にするのは

少し気が引ける気もするが 今後の活躍にも期待したい。


それにしても。


もし という言葉を使ってよいのなら。


もし 浅田真央さんが トリノに行けていたならば。

このオリンピックはどんな結果となっていただろうか。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

トリノオリンピックも いよいよ終盤戦。

一番の花形と言われるフィギュアスケートが今夜から始まる。


日本からの3選手の仕上がりは申し分なく

「メダルにこだわらず楽しんで」 と オリンピック全体を通して

思っていた心にも 少し期待がかかる。


残念ながら 私は明日仕事があるため 就寝せざるを得ず

結果は明日のお楽しみとなるが

『悔しくて泣く』 ということにだけはならぬよう

精一杯の演技を お願いします。


遠くトリノへ夢馳せて

遠い日本で祈っていよう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

フィギュアスケート ペア戦。


今日の夕方のニュースはこれで持ち切りだったので

知っている方も多かろう。


中国のペアが 銀メダルを取った演技である。


おめでとう!


演技開始後 わずか40秒。

スロージャンプと呼ばれる男性が女性を投げる技で

タイミングが合わず転倒。女性の張丹は左ひざに怪我を負った。

一旦は演技を中断したものの もう一度リンクへ戻り

続きから気力で舞いきった。


客席からは惜しみのない拍手と歓声。


これほどのアクシデント、もしくは演技の中断があっては

ほとんど得点にならないと思われていたが

奇蹟の得点を重ね、銀メダルを勝ち取った。


本来、スポーツとは人を感動させるものである。

ミスのない完璧な動作なら ロボットで十分だ。

足を痛め、これ以上はムリ。

しかし そこから限界以上の力を発揮する。

これは生きて意思を持ったものでないとできないことである。

そして それをすばらしいと評価できるのも 人ならではなのである。


このフィギュアでは トリノオリンピックで

人間の 一番人間らしい、すばらしいスポーツマンシップを見たような気がするのである。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ハーフパイプを見た。


男子も女子も 残念ながら日本選手はメダルどころか

決勝にも進出が難しい状況だった。


ただ、選手たちはまだ十分に若いので

これからさらに実績を積んで 次回に期待を繋いで欲しい。


オリンピック競技といえば 私の印象だと

みんな真剣に競技をし

客席も 競技者が集中できるように静まり返った中で行われるものというものなのだが

このハーフパイプ競技は

その思い込みを覆し

大きくBGMが流れ、歓声と口笛が吹き鳴らされる中

みな とても楽しげにフィールドに流れていく。


練習は厳しく 辛い物に違いないのだろうが

本来スポーツとは 楽しんでするものなのだということを

このハーフパイプ競技は 教えてくれたようなきがする。


ところで


ハーフパイプは その名の通り丸いパイプを半分に切ったものを

置いたところでする競技、という意味なのだろうが

切らずにそのまま置いた

パイプ(チューブと言った方がいいのかな?)の中で

競技をするのなら

中でグルグル廻ってしまうのだろうか・・・?

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ開幕したトリノオリンピック。

たった17日間のお祭りなので オリンピックに関する記事を

私なりの視点で書いてみようかな、と思う。


NHKのオリンピック中継を開会式からずっと(今も継続で)みているが

毎回趣向を凝らした開会式のイベントには目を見張る。


娘も 本当は他に見たい番組はあったようだが

「開会式は ずっと前から練習して、一生にたった1回しかないイベントだから

絶対みなくちゃダメなのよ」

と言い聞かせ 一緒に全てをみた。


後半、聖火の点火後に 突然出てきたのが彼、パバロッティである。


Paul Bushnell, Zev Katz, Biagio Antonnaci, Georges Bizet, Luiz Bonfa, Eduardo di Capua, Tracy Chapman, Luigi Denza, Jay Gorney, Darren Hayes
Pavarotti & Friends: For Cambodia and Tibet

それで・・・


ちょっとだけ 気になったのだが・・・







あの眉毛は ホンモノ???

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。