少しずつでも認知度があがって厚生省の認可がおりたらと思います。
とにかく見て欲しい《ムコ多糖症》


《ムコ多糖症》って病気を知ってますか?
この病気は中でも小さい子達に見られる病気です。
しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られていない。

(日本では300人位発病) つまり社会的認知度が低い為に
今厚生省やその他製薬会社が様々な理由を付けて、

もっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可をだしてくれません

《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、

発祥すると殆どの人が 10~15歳で亡くなります。


8月7日「SCHOOL OF ROCK」というラジオ番組で湘南乃風の
若旦那が語ってから私達に出来ることを考えました。

それで思いついたのがこのバトンという方法です。
5~6歳の子が厚生省にスーツ姿で出向いて自分達が生きる為に

必死に頭をさげてたりしています。


この子達を救う為に私達ができる事は、この病気を多くの社会人に知ってもらって、

早く薬が許可されるよう努力する事だと思います。


みなさん協力お願いします。


[ムコ多糖症]

ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、

体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。

重症の場合は成人前に死亡する。

今のところ有効な治療法が無いので、
骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。

http://www.muconet.jp/


★この本文を 日記に貼り付けてください。


ご協力をお願いします。

AD

美しさの基準

テーマ:

スペインでのお話。


かの国で ミスコンテストが開かれた。


そこで優勝した22歳の女性だが


コンテスト終了後、実は3歳の子供がいる事がわかり

その栄誉を剥奪されたという。


「ミス」 コンテストだからというのだろうが


最近ミスだのミセスだのと こだわる人がどのくらいいるのか


まして 既婚者であろうが 子持ちであろうが

美しい人はいくらでもいると思うし

逆に言えば円熟味を増して まろやかさが出た女性に魅力を感じる人も多いはず。


女性に対しての差別だとして、タイトルを剥奪した主催者側は

訴えられる運びとなっているそうだ。


ちなみに


男性版である 「ミスターコンテスト」 については

既婚だろうが子持ちだろうが関係ないのだそうだ。


今後のミスコンの命運を分ける事になるかもしれない話である。

気になる方は ぜひその行方を見届けて欲しい。

AD

中国の水族館で 九死に一生の出来事があった。


場所は遼寧省の水族館


そこで飼育されているイルカが プールの縁のプラスチック部分を齧りとり

飲み込んでしまい苦しんでいた。


医療用の器具を使ってみたものの、

イルカが抵抗し どうしても取り出せない。

逆にイルカの胃を傷つける恐れも出てきたのだそうだ。


かといって そのままにすれば 当然イルカの命にかかわる。


そこで白羽の矢が立てられたのが とある男性。


その男性は 身長が2m36cm 腕の長さが1m6cmもある

昨年ギネスに認定された世界一背の高い男性だった。


慎重にイルカの口に その長い長い腕を挿入し

無事、イルカの胃から プラスチック破片を取り出すことに成功したのであった。


私の娘も 学年のワリには大きい方で

今も後ろから5本の指に入るくらいの所にはいる。

本人は 「気にしていない」 と言うものの

なんとなく いつも猫背になっていたり 立っていても歩いていても

膝を曲げるのがクセになっているように思う。


確かに大きいだけではそれがメリットになる事はないのかもしれないが

萎縮することなく 伸び伸びと育ってほしいと思っている。

AD

花粉症

テーマ:

健康のため 子供にスイミングを習わせる親は多いはずだが

意外なマイナスポイントが発見されたのだそうだ。


>子供の頃に月に1回以上、プールで泳いだ経験をもつ大人は、

子供時代にあまり水泳をしなかったという大人に比べて、

花粉症を患う確率が70%も高いことが分かったほか、

調査前の1年間に定期的に水泳をしていたという人では、

鼻水や目のかゆみといったアレルギー症状を訴える確率も30%高かった


というデータが発表されたのだ。


特に室内のプールで 蒸発する水の中に含まれる塩素が

身体機能の出来上がっていない子供の鼻から体内に取り込まれ

アレルギーの原因の1つになる可能性があるのだという。


もちろん だからといって全員が花粉症になるわけでもないし

スイミングの有効性は誰もが認めることなのだ。




水泳はさせたいが アレルギーが心配


それなら 年月はかかるだろうが

昔のように 川などで安心して泳ぐことが出来るような

環境を作って行く事も 私たちの大切な使命になるかもしれない。


スローライフ

テーマ:

早食いは 肥満の素。


そう、昔から言われてきたではないか。


これは科学的にも立証されている。



ものを食べると、当然ながら胃が一杯になる。

その状態を脳が判断し、

満腹中枢が刺激され 「もうお腹一杯で~~す」

と 全身に指令を出す。

そして ごちそうさま、となるのだ。


ところが早食いだと この満腹中枢が働くまでの

時間差に対応できず、つい食べ過ぎる。


当然、摂取カロリーも多くなるため、肥満となるのだ。


平均体型で比べて見ると

男性 身長168.3センチの人の食べるスピードが

普通の人の体重は 64.8キロだが

早食いの人の体重は 68.7キロと3.9キロ重く

遅く食べる人の体重は 61.8キロ 3キロ軽いのだ。


そして女性。 身長156.6センチの人の場合。

普通の人の体重は 52.8キロ。

早食いの人の体重は 56キロ。

遅く食べる人の体重は 50.1キロ。


食べるスピードにより 6-7キロも変わってくるというのだ。


つまり ゆっくり食べるようにすることにより

もしかしたら かなりのダイエットになるのかも・・・?




ちなみに 



私の娘は 大した量の食事ではないのに

夕食に1時間半くらいかける。

これはこれで 見ている方がイライラするので

こちらの方が消化不良になりそうなのだが・・・(^^;;

ヤク中

テーマ:

今、ヤク中である。



右手の関節部分、ちょうど採血や静脈注射をするあたり。


なぜだか そこが赤く腫れ、真ん中に 『いかにも』 の針のような痕。


見る人が見れば 一目でヤバイ。そんな痕。


5日ほど前に なにかのムシに刺されたらしく

いまだにかゆみが引かないのだ。


毎日かばんに 『キンカン』 を入れ 持ち歩いている。

2時間おきに狂ったようにキンカンを塗りこむ様子は



まさに ヤク中。


とりあえず





見ても痒い





という時期は治まり





刺激でぶり返す




という時期も 何とか過ぎ去り


今は 発作的に衝動が押さえられなくなる といった程度である。


完全復活の日が待ち遠しいのだった・・・。(´д`lll)

認知度

テーマ:

先日、職場に献血車が来た。


じつは私は 「趣味:献血」 と書きたいくらいの

献血フリーク。


以前は献血センターに月に2度通い

成分献血をできうる限りのスパンで参加していた。

センターの職員ともいつしか顔なじみとなり

お互い私服で全く関係ない場所で偶然会っても

「あ、こんにちは。お久しぶりですね~~♪」

と 普通に会話ができるほどだったのだ。


娘を授かってからというもの、妊娠中は当然の事

生まれてからもなかなか一人で街中にでることもなくなり

出かけても用事だけを済ませて帰るくらいしかできなくなっていた。


それでも 全血献血ならばそれ程時間がかからないため

献血車を見かけるたびに立ち寄っていたのだ。


ただ、全血献血は 当然ながら赤血球の比重を厳しくチェックする。

比較的 私はいつもこの比重が基準に達せず

空しく帰途につくことも多いのだ。


今回も 献血車ということもあり 採取されるのは全血のみ。

前もって日程はわかっていたので

当日は少し多めに朝食をとって 挑んだのだが

残念ながら玉砕したのだった。


今回 もし無事に採血されれば

記念すべき50回目の献血となるところだったのだが

この壁が厚く じつはこれで3度目のチャレンジだった。




ところで





今日の報道で出ていたのだが

最近の献血経験のない若者のうち

4人に一人は 『献血って? なにそれ?』 という状態だということが

判ったのだそうだ。


最近骨髄バンクなどは ドラマや映画の影響で

多少周知されてきているのかもしれないが 

(今年3月末のドナー登録者数は 約243,000人である)

私の若い頃 よくCMで流れていた

『二十歳の献血』 というコピーは 思えば最近ぱったり聞かなくなった。


是非とも日本赤十字には もう少しPR活動にも積極的になってもらい

あまり気味の若者のパワーを分けてもらえるよう 頑張ってもらいたいものだ。

春だから

テーマ:

最近、『うつ』 のCMをまた見かけるようになった。


木の芽どき、という言葉もある。

私の職場は専門が精神科なので ドクターに聞くと

確かにこの時期は 年間でも患者の数が若干増えると言う。

長く罹っている患者自身も この時期は・・・と言うのだそうだ。


それでなくとも 間もなくゴールデンウィーク。

5月病という言葉もあるが

学校を卒業して初めて社会に出る新人君たちが

ほっと息をつける連休がくると

なんとなく やる気が起こらなくなる、そんな時期。


だからこそ こんなうつという病気がこの時期見直され

「あなたも 自分自身をちょっと見つめなおしませんか?」

と 問いかけてくれるのかもしれない。


うつは ココロの風邪だという。

ちょっとした疲れや 気になることが続くと 誰でも簡単に陥ってしまう。

うつだと気付かず 治ってしまうこともある。


何度も繰り返し罹り 慢性にならぬうち

底の見えない深みにはまらぬうち

「え~~、超ブルー(`・ω・´) プチうつ~~~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

なんて言っているうちに 気軽に相談してみてはいかがだろうか。

歯科治療の創まり

テーマ:

歯磨きをサボったり 甘い物を食べたり

現代人の現代人による 現代の病気。

それが虫歯だと思っていた。


私自身も気を付けているつもりでも虫歯は多く

何本も治療を受けている。

幸い娘は今の所 1本の虫歯もないため

「古代人かも」 などとからかっていたのだ。


ところが


なんと有史以前、どころか はるか9000年もの昔にも

歯科治療は存在したというのである。


>パキスタン西部の9000-7500年前の墳墓で、生存中にきりのような物で

穴を開けられた形跡がある人の歯11本を、

フランスなどの国際チームが確認し「歯の治療の原型だ」と発表した。


その時代に使われていたとみられる道具から推測するに

堅い石などが使われたようだが

その表面は磨り減っていたことから 穴が開いたあとも

その歯を継続して使っていたとみられるのだ。


>虫歯があったとみられる歯は11本中4本で、

チームは「治療や痛みの緩和が目的だった可能性がある。

残りの歯がなぜ削られたかはっきりしないが、奥歯なので美容目的ではない」としている


当時、その治療を行う時には麻酔になるようなものはあったのだろうか。

歴史を少し調べてみると 鎮痛剤として古代に使われたものの代表として

アヘンがあげられる。

紀元前300年頃のギリシャの哲学者テオフラステスの著書に

アヘンについての記述が見られる。

ギリシャ神話では女神デメテルがアヘンの発見者といわれている。

果して9000年の昔 アヘンが治療に使われたかどうかはナゾである。


ただ そうまでして取り去りたいほど 痛みは強烈だったのだろうと思うと

今も昔も 悩みは同じなのだろうな、と親近感を感じてしまうのだった。

千害にもなる

テーマ:

これまで何度も その害について書いてきたタバコ。


新しく実験や研究の結果が発表になるたびに

改めてその報告を載せてきたつもりである。


そして今回、新たに研究結果の報告があった。


>たばこに含まれるニコチンは肺がん治療に使われる抗がん剤の働きを妨げる


ということが実験で明らかにされた。

ニコチン自体に発がん性はないとされるが、がんの増殖には一役も二役もかっているのだ。


>肺がんの細胞にニコチンを加えたときの抗がん剤の効き目を、

日本でも認可されている3種類の肺がん用抗がん剤

(ゲムシタビン、シスプラチン、パクリタキセル)で調べた。

その結果、ニコチンがあると、抗がん剤で死ぬがん細胞の数が

明らかに減ることが分かった


これは衝撃の結果ではないだろうか。

喫煙の結果、肺がんになるリスクは非常に高くなる。

肺がんになった患者が100%禁煙するかと言うと

実は結構怪しいものなのだ。

何をしてもやめられない人は たとえその結果が肺がんという

最悪の結末を迎えても 吸い続ける確立は意外と高い。


やめられないが がんは治したい。できれば初期のうちに。

そう考えて抗がん剤を始めても

こっそり吸ってしまっては意味がない。

それならと 苦肉の策でニコチンパッチやニコチンガムを使うと

薬がうまく効かない恐れがある。


この4月から禁煙の治療は 保険がつかえるようになった。

これまで全額自費で購入していたニコチンパッチも3割負担で済む。

よい機会だと 思い切って始めてみてはいかがだろうか?