くりあ☆ぶるう

クリアなものが大好きです。

色や見た目だけではなく、あらゆる事柄も全て…

思った事をクリアに書いていくつもりです。


テーマ:

近くのスーパーに アンドーくんという男の子がいる。

見かけは20代後半くらいの青年である。

このあたりには珍しく なかなかのイケメン。

平日 昼間に行ったときもいたので 単なるアルバイト、

というわけでもなさそうだ。


同じ職場の人と 偶然同じスーパーを利用するということがわかった時も

「あそこに 結構かっこいい店員がいるよねぇ。なんて言ったっけ」

「あ~、もしかしてアンドーくん?」

「そうそう!ヽ(゚◇゚ )ノ 知ってる?やっぱり」

という会話が成り立つほどである。


ちなみに アンドーくん自身も そのあたり十分意識しているようで

とりわけ 若い女性がレジに並ぶと

独特のフォームでレジの打ち込みをし

さらにかなり意識した感じの おつりの取り扱いをする。


これをされなくなると アンドーくんのストライクゾーンから外れたということで

オバサマ方の間では 熾烈な攻防戦が秘かに繰り広げられているのだとか。


ここ半年ほど 私は別のスーパーに通うようになり

アンドーくんとも ご無沙汰であった。


この度 牛乳が切れそうになったため

「ま、牛乳くらいなら」 と 久々にかのスーパーに立ち寄った。


果して 偶然並んだレジは アンドーくんが担当だった。


あらゆる意味で 微妙な緊張を伴い 自分の番が来た。


幸いにも アンドーくんは件のパフォーマンスを華麗に披露してくれたのだった。


アンドーくんのストライクゾーンが 意外に広かったことを有難く思うのだった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

スズメの子育ての話である。

スズメと言えば 日本中いたるところで見かける鳥で

今更子育ても何もないような気がするが

このスズメはちょっとちが~う。 のである。


巣を作っちゃった場所が問題なのだ。


子育て 
ここに作っちゃったのである。

ここはどこかというと 元はなんとスズメバチの巣。

ちゃっかりと間借りしたというわけだ。


>スズメバチの巣は直径約五十センチ。高さ6メートルほど。

最初は巣をくちばしでつつき、縦二十センチ、幅五センチほどの穴を開け、

自由に出入りできるようにした。四月にはひながかえり、

秋には姿が見えなくなった。「寂しくなった」と思っていたところ、

今年三月に同じとみられるカップルが再び「住民」となった


巣の内部はいわゆる 『ハニカム構造』 で 音が伝わりにくい上

軽く保温性もある。

蛇などの侵入も防ぐことができるため

スズメにとっては まさに一石二鳥どころか 何鳥にもなるのだろう。


見るからに丈夫そうなスズメバチの巣である。

このスズメのカップルには 何年にも渡り活用してほしいものだ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

私も一応母という身分である。


娘が3日ほど前、突然ニヤニヤしながら聞いてきた。


「ねぇ、お母さんの好きな花ってなに?」


好きな花と言われれば多々あるが、さてどうしよう。


「そうだなぁ。ガーベラかな」


ガーベラは以前ネットで 『100本セット』 なるものを購入し

家中をガーベラで一杯にしたことも何度かある。

今はベランダで2鉢、冬場は全く水をやらずにいるのに

ちょっと暖かくなって 気まぐれに水をやると

ぐいぐいと伸びてきて 今や花盛り。

以外と丈夫な花なのだ。


娘は 「ふ~~~ん、ガーベラねぇ」

と 意味深につぶやき

来た時と同じように ニヤニヤしながら下がって行った。


そして今朝、早い時間から起き出していたらしい娘に起こされると

「はい、これ。母の日ありがと」


と 差し出されたものが これである。


母の日


「ちょっとさぁ、色紙が足らなくてさぁ。

寂しい感じになっちゃったんだけど」


それでもなんとか特徴はつかんでいるかも。

ちょっと嬉しいプレゼントなのであった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、職場に献血車が来た。


じつは私は 「趣味:献血」 と書きたいくらいの

献血フリーク。


以前は献血センターに月に2度通い

成分献血をできうる限りのスパンで参加していた。

センターの職員ともいつしか顔なじみとなり

お互い私服で全く関係ない場所で偶然会っても

「あ、こんにちは。お久しぶりですね~~♪」

と 普通に会話ができるほどだったのだ。


娘を授かってからというもの、妊娠中は当然の事

生まれてからもなかなか一人で街中にでることもなくなり

出かけても用事だけを済ませて帰るくらいしかできなくなっていた。


それでも 全血献血ならばそれ程時間がかからないため

献血車を見かけるたびに立ち寄っていたのだ。


ただ、全血献血は 当然ながら赤血球の比重を厳しくチェックする。

比較的 私はいつもこの比重が基準に達せず

空しく帰途につくことも多いのだ。


今回も 献血車ということもあり 採取されるのは全血のみ。

前もって日程はわかっていたので

当日は少し多めに朝食をとって 挑んだのだが

残念ながら玉砕したのだった。


今回 もし無事に採血されれば

記念すべき50回目の献血となるところだったのだが

この壁が厚く じつはこれで3度目のチャレンジだった。




ところで





今日の報道で出ていたのだが

最近の献血経験のない若者のうち

4人に一人は 『献血って? なにそれ?』 という状態だということが

判ったのだそうだ。


最近骨髄バンクなどは ドラマや映画の影響で

多少周知されてきているのかもしれないが 

(今年3月末のドナー登録者数は 約243,000人である)

私の若い頃 よくCMで流れていた

『二十歳の献血』 というコピーは 思えば最近ぱったり聞かなくなった。


是非とも日本赤十字には もう少しPR活動にも積極的になってもらい

あまり気味の若者のパワーを分けてもらえるよう 頑張ってもらいたいものだ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

近いようで遠い大阪。

とりあえず近鉄で名古屋から難波まで行ってみたものの

手元には列車の路線図くらいしかない。

10年以上来ていない街は 全く見知らぬ土地と同様である。


街のペースに慣れるため とにかく地下街をウロウロと歩き回る。

そして書店なんかに入ってみたりして

その土地のもののようなフリをしてみるのだ。

多少 「溶け込めた感」 をつかめば 少し安心したりして。


極力 『大阪っぽいもの』 から離れるようにしつつ (通のフリ)

宿泊先にチェックインをして

待ち合わせ場所へ向かうのであった。


夕方、乗ったJRには やたらと若い女性の熱気。

あら、中島さんもずいぶん若い女性に人気が集中したのかしらと思いつつ

彼女らに目をやると

抱えたカバンには 『関ジャニ』 の真っ赤な文字。

どうやら同じ日、近くの別会場で 別のコンサートがあるようだ。

あら、そうだったのね・・・ ^^;;


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中はゴールデンウィークが終わり 静かに日常がスタートした。

娘も久しぶりの学校や習い事に 夕方帰ってくるなり

「あ~、あと少しで今日が終わるぅ。一日疲れたよ~、早く寝たい」

などとぐったりした様子だった。


ところで 私はこの連休中、1泊2日で

娘を置き去りにして 大阪へ一人旅を敢行した。


実は大阪へ コンサートにでかけたのだ。

観に行ったのは 中島みゆきさんの 『夜会』

本当は娘と行くつもりでチケットをとったのだが

開演時間が20時と遅いため 小学生以下は入場不可だったのだ。

せっかく連休を利用して コンサート前後に大阪見物、USJなどを

満喫しようと思っていたのだが。


しかたなく 娘は実家で過ごす事となり

私は病院で同じく好きだという人を見つけ 一緒に観る事となったのだ。

同行者は当日も翌日も仕事があるため

現地集合・現地解散。

私はじっくりと丸2日、大阪の街を一人きりで堪能する事となった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。