くりあ☆ぶるう

クリアなものが大好きです。

色や見た目だけではなく、あらゆる事柄も全て…

思った事をクリアに書いていくつもりです。


テーマ:

天気がいいと 工事のピッチもあがるよう


ブランコ


子供達が 遊んでいた 数少ない遊具


意外と人気があったブランコも解体。


近くにあった しっかりとしたコンクリート作りの滑り台も消えた。


この公園を通り道にしていた猫たちは


どこへ行くんだろう

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

台湾のメーカーが フェラーリ仕様のノートパソコンを作っている事はご存知だろうか?

エイサー社は チームのオフィシャル・サプライヤーで

従来からフェラーリ仕様のノート機を販売している。


今回発売となった 最新モデルがこちら(現在は北米のみの販売)


フェラーリ


黒を基調として、フェラーリ特有の赤でアクセントを付けており

黄色のエンブレムも描かれている。


見にくいかもしれないが 確かに本体の右下隅に見えるのは

フェラーリのロゴである。


>15.4インチ型ワイドの横長ディスプレーを搭載したモデルで、

ボディは軽くて強いカーボンファイバー製。

OSは『ウィンドウズXPプロフェッショナル』

メモリーは1GB(DDR333)

ハードディスクは100GB

2層ディスクにも対応したDVD±RWドライブを搭載。

802.11b/g規格の無線LAN機能内蔵で、

ブルートゥース、ギガイーサネットにも対応している。

重さは2.9キロ


日本国内のノートPCに比べても ほとんど同じか

さらに軽量化が進んでいるようだ。

価格は 1999ドルと こちらもフェラーリモデルにしては軽量化。


日本での販売は今の所まだのようだが 

気になる方は メーカーのHP をチェックして待っていてもいいかもしれない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

すっかり読み飛ばしてしまった 橘花さん の記事から

ミュージカルバトンとやらが巡ってきました。


音楽に関する4つの質問に答えて え?5人にバトンを廻す?

○○の手紙みたいなものでしょうか?

まぁ 楽しいバトンのようですので 是非参加させていただきますです。


1.今コンピュータに入っている音楽ファイルの容量

  783MBですね。借りたCDはもちろん 何故か購入したCDも入れてます。

  普通に再生だけにすればもう少し容量確保できるのにもったいないですね~


2.今聞いている曲

  今ですか。先日ネット購入した 小田和正の 「そうかな」 と

  マライア・キャリーの 「Mimi」 は 今の旬ですかね。

  でも今日は昼間 (休みでしたので)

  ノラ・ジョーンズ と スティービー・ワンダー を聴いていました。

  これからの季節 シャカタク を よく聴くようになるかも・・・


3.最後に買ったCD

  最後といえば 上でも書いた 小田和正です。

  ちなみにわが家では 小田さんは 小田さま と呼ばれ

  娘もCMで曲が流れても テレビのインタビューをみても

  「あ! 小田さまだ!」 と ちゃんと言えます。


4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

  え?これまた難しいですねぇ

  

  ジャーニー 「セパレイト・ウエイズ」

   洋楽を聴きはじめるきっかけになった曲です。

   このあと ボンジョビとか カルチャークラブとかデュラン・デュランとか

   80年代の洋楽にはまっていくんですねぇ・・・


  オフコース 「愛を止めないで」

   確かこの曲を聴いて オフコースのファンクラブに入った記憶が・・・

   今日掃除をしていたら 当時の写真集のようなものが出てきてビックリしました。


  グロリア・エステファン 「コンガ!」

   すごく強烈に耳に残った曲です。

   歌手と曲名がやっと分ったとき すぐCDを購入しました。


  ケニー・ロギンス 「フットルース」

   高校時代、器械体操をしていました。

   ちょうど当時 フットルースやフラッシュダンスといった映画が全盛で

   クラブ仲間みんなで観に行きました。

   ケビン・ベーコンもかっこよかったのになぁ・・・


  中島みゆきさん

   曲を選ぶという事ができず 考えた上 やっぱり個人総合!という結果になりました。

   思えば 「オールナイト・ニッポン」 を親にナイショで布団に隠れて聞いていた

   そんな思い出も今は昔・・・

   すでにファン歴が 20年を軽く越え・・・

   今年は娘と共にライブにも行けたので 満足です。今後の活躍も期待シテマス♪


5.バトンを渡す5人

  バトンを5人に・・・

  すでに渡っている人は多いのじゃないかと思うので困りますねぇ。

  ここに来ていただけるのかどうかも わかりませんし

  この記事を無事目にしていただけるかどうかも わかりませんが・・・


  かんてんさん、だんだんさん、はいろさん、ちゃむさん、あたたさん の

  5名様 よろしくお願いしますです。 


それでは。

あ~、これまでで一番時間のかかった記事でないかい?

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、帰宅すると 先に帰っていた娘が泣いていた。

聞いてみると 案の定公園の事だという。


実は今私が住む団地では 駐車場の整備工事が始められようとしている。

もともと 棟間には それぞれの日照権を奪わない程度の間隔があり

そこに木を植え 広場としていた。

広場のはずれに若干の遊具がある以外はとくに何もなく

そのかわり 子供達がキャッチボールをしたり 鬼ごっこをしたりと

車の進入がなく 安心して走り回れるスポットとなっていた。


娘もここで 自転車やローラースケート、一輪車の練習を積んできた。


そして 花の咲く木も咲かない木も 多くの樹木が木陰を提供して来たのだ。

木の根元からは 毎年たくさんのセミが顔を出し

うるさいくらいに鳴きわめいていた。


今年、そのスペースを全てアスファルトで埋めて 駐車場ができる事となった。

長く住民たちの要望が出ていた話で

大人だけの話し合いは スムーズに進み その案はあっというまに決済された。


今週からその工事が始まる事になり 週末、広場のスペースは全て

工事用の柵で覆われたのだ。


子供達が学校から帰ってくるころには 何本も植わっていた、

生活の全てを優しく見守っていてくれた木

子供達が木登りの練習をした木

子供達の入学を祝うように咲き誇った桜

秋には美しく紅葉していた楓

その全てが 初めから何もなかったかのように 切り倒されていたのだ。


その光景を見ながら帰ってきた娘は

思わず涙が溢れ 止まらなくなったのらしい。


間もなく夏休みになり、2学期が始まる頃には

すっかり工事も終了する。 

いつかそこに何があったのかを思い出すことすら難しくなっていくだろう。

初めから ここは駐車場だったのではないかと思えるほどに。


しかし そこに倒された木や 埋め立てられたセミの命が

確かに息づいていたことを 記憶の片隅に留めておきたいと思っている。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

下の画像を よく見ていただきたい。

クリックして 大きくしてから見た方が 目にも優しいし見やすいはず。


模様


じっと模様を見つめていると・・・


大きな白とグレーの八角形の隙間。


小さなひし形の模様をよく見ていただきたい。


実は 全てのひし形は 同じ色なのだ。


濃く見えるもの、薄く見えるもの。


楽しんでいただけましたか?

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日でちょうど1週間。北海道の一部地域で

サマータイムの試行が始まっている。


>期間は7月31日までの42日間。

2年目の今年はほかの5市町や北海道庁も新たに加わり、

昨年の2倍以上の約470の企業と団体、計1万2000人の参加となる


サマータイムとは 夏の間の日の長い期間に

時計を1時間進めて昼の時間を長くする制度である。

欧米を中心に世界の約80ヶ国で実施されている。

長くなった時間で余暇を楽しむことができ

照明や冷房の省エネルギー対策としても期待されている。


サマータイムを実施すると 通常の時間の午前9時が

午前10時に時計を合わせる事となる。

私の起床時間は 今毎朝6時半だが、実施後は

5時半に起きる事となるのだ。


5時で終わる仕事は これまでの4時で終了となるため

夕方からが1時間、長く過ごすことができる計算である。

つまり早起きをして1日をさっさと済ませようという算段である。


ただし 全国的に導入されないのには 反対意見が多いからだ。

その理由として

>1.省エネ効果は期待薄
  2.中緯度・高温多湿に不向き
  3.世界最短の睡眠時間に拍車
  4.巨額のシステム変更と事故懸念
  5.中小、サービス業で労働強化
  6.家電内臓時計の変更が面倒

というものが あげられている。


生活を変えるほどのことを 新しく始めようとすれば歪が出るのはあたりまえである。

メリットもデメリットも よく協議した上で決めればよいのだろう。

なんでも他国のマネをするだけでは能がない。

ただ 北海道のように 「とりあえずやってみよう」 と

全国に先駆けて 試行するのはプラスに働くだろう。

今年で2年目。挑戦者たちの生きた言葉が聞いてみたい。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

数々の発がん物質が発見されていて 身体に悪いとわかっていても

止められないのが たばこである。

タバコに含まれるニコチンには 強烈な中毒作用があり

一度依存してしまうと 離れがたい物になるようだ。


これまで 私は何度かタバコの害についての記事を書いてきたつもりだが

ここへきて 改めて新しい研究結果が発表になったのでご紹介しよう。


>喫煙者はたばこを吸わない人に比べ、細胞のDNAレベルでも老化が早いという。

試算では、1日1箱を40年間吸い続けると、吸わない人に比べ細胞が7.4年分、

余計に歳をとることになるという。


これは逆に言えば、喫煙者は嫌煙者に比べて 寿命が短くなるということだ。


>研究対象は18-72歳の女性1100人余り。白血球の核DNAにある

「テロメア」と呼ばれる部分に着目した。

テロメアは、ひも状になったDNAの両端で

ほつれを防ぐ「キャップ」役を果たしている。

細胞分裂の度に少しずつ短くなり、若者より高齢者の方がこの部分が短いため、

老化の1つの目安にもされている。


このテロメアの長さを 「喫煙者」 「元喫煙者」 「非喫煙者」 で比べたところ

平均的な長さが 喫煙経験が長いほど、また直近まで喫煙していた人ほど

長かったという結果が出たのだという。


タバコに含まれる発がん物質だけが危険というのではなく

遺伝子レベルでも 寿命を縮めることが明らかになったようだ。

私はタバコを吸わないが、「吸ったことがない」 という人間でもない。

20歳そこそこの頃 興味半分でふかしてみたこともあるし

副流煙による受動喫煙も 経験している。


しかし 紫煙をくゆらす姿がかっこいい・・・などと言われた時代は遥か遠く

今や嫌われる一方のタバコである。

タバコにかかわる仕事をしている方々には申し訳ないが

(JTの職員にしろ たばこ葉を栽培している農家の方々も含め)

そろそろ政府をあげて タバコの規制に目を向けてもよいのではないかと

真剣に考えているのだが・・・

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
都会だけに限らず 最近は国内どこでもあまりたくさんの星を見なくなってきた。

空を見上げる機会そのものも 減ってきたのではないだろうか。


>セガトイズ(東京都台東区、國分功社長)は、業務用プラネタリウムに匹敵する

1万個以上の星を観賞できる家庭用星空投影機「ホームスター」を

7月末に全国で一斉に売り出す。希望小売価格は税込みで2万790円。


天の川


こちらが そのホームスターで見られる星空。

なんともロマンティックではある。


>光源は高輝度白色LEDを用い、4畳半から6畳間の天井や壁に

最大直径約270センチの星空を投影できるという。


これなら狭い我が家でも 外の天気に関係なく

いつでも満天の星を眺める事ができるだろう。


単1の乾電池4本で動くというのも ちょっと魅力的?


意外とリーズナブルな この家庭用プラネタリウム、

今年の七夕には間に合わないようだが ほしい方は是非どうぞ。


メーカー: セガトイズ
商品名: 家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 スターシルバー
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

さる巨匠の作品が ロンドンで競売にかけられ

予想をはるかに上回る金額で 落札されたのだという。


さる巨匠の絵


これがその作品。 大胆にして繊細な筆使い。

ダイナミックな構図。 すばらしい配色。


だれもがため息をつくような まるで花の絵でも見ているかのようなこの作品。


落札価格は 1万4400ポンド(約288万円)。


この絵を描いたコンゴは1954年に生まれ、2~4歳の間に約400点の「作品」を残した。


ん? 2~4歳で400点?

 

よく見ると なんとチンパンジーの作品なのだった。

かのピカソも 彼の絵を気に入り 作業場に飾っていたのだという。


全国各地に 絵を描く動物たちは存在する。

彼らにも 芸術のセンスを理解する心が存在するのだと言うことを

私たちは理解した方が良さそうだ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪にある遊園地 「みさき公園」 で生まれたシマウマの赤ちゃん。

その名前をつける命名権が なんとネットオークションにかけられた。


シマウマ


右側の可愛らしい赤ちゃんシマウマの 運命やいかに・・・!


結果、大阪の会社員が 8万5千円で落札したそうだ。

このシマウマに どんな名前が付けられても だれも文句は言えないのだ。


命名権というのは 確かにいいアイデアだが、危険も伴うものだ。


ただ、この会社員 いたってまともな考えの人だったようだ。


>落札した男性は「できれば昨年誕生した孫の名前をつけたい」と話したという。
落札者に3年間使える入園パスなどを贈り、

落札金は世界自然保護基金(WWF)などへ寄付する。


シマウマは まともな名前で呼ばれそうだし

落札金は WWFで有意義に使われそうだし

落札者も喜ぶし 遊園地も話題になって 多少の集客も見込めるし。

全てが丸く収まったというところだろうか。


あ~、よかった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。