くりあ☆ぶるう

クリアなものが大好きです。

色や見た目だけではなく、あらゆる事柄も全て…

思った事をクリアに書いていくつもりです。


テーマ:

日本の韓国ブームにあやかり 韓国はあらゆる売込みをしてきている。

昨日の記事の 仁川空港ラウンジの件も後押しとなっているだろう。


ここへ来て、もう一つ航空会社ネタがあった。


>大韓航空は4月中旬から、香港やマニラ、シンガポールなど

アジア各地と結ぶ5路線で、機内食メニューにビビンバを加えた。

これまでビビンバは韓国とオーストラリアなどを結ぶ

長距離路線で出していたが、日本や中国の韓流ブームをみて、

中距離路線に広げることにした。

とくに、韓国ドラマが高視聴率を記録した香港路線では、

多い時で乗客の7割近くがビビンバを注文する人気ぶり。

さらに第2の韓国食メニューを開発中だ


ピビンパ

これが 人気のビビンバ定食である。

このビビンバは 本来長距離のヨーロッパ路線で主に出されていた食事である。

意外とおいしいと評判で、好きな人は

「機内食は全部ビビンバで」 とオーダーする人もいるほどである。


現在日韓線では ファーストクラスとビジネスクラスのみで提供されているが

韓流ブームに乗り、今後エコノミークラスでも

食べられるようになるかもしれないのだとか。


ちなみに 上の写真の左下、

チューブの歯磨き粉のようなものは コチュジャンである。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

下の画像を見ていただきたい。

できればクリックして 大きな画面で見ると よりいっそうの効果が得られるかも。




動いてる?



じっと眺めていると・・・


揺れてこないだろうか?


○が ちょっと浮き出て見えないだろうか?


酔わないよう、休憩も挟んでくださいね。



楽しんでいただけましたか?

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

この度 英国のプライオリティ社が独自で調査した

「アジア・太平洋地域の最優秀ラウンジ」 というのを発表した。


このプライオリティ社は80か国、245都市の450の空港ラウンジと

提携を結び、全世界の100万の会員が航空会社や座席等級に関係なく、

空港ラウンジを利用できるサービスを提供している。


その会員を対象に オンラインの調査で

ラウンジの施設

安楽さ

室内の雰囲気

職員のサービス態度

などを中心に アンケートを取ったのだそうだ。


その結果 アジア地区で最優秀に選ばれたのが


仁川空港


こちら 韓国の 大韓航空の仁川空港ラウンジである。


この仁川空港は 2001年3月に ソウルにあった金浦国際空港から

シフトして作られた新しい空港である。

開港からわずか4年で 最高の栄誉が与えられた事となる。


新しい空港といえば 今年2月に開港したばかりの

名古屋のセントレアがあげられる。

セントレアも 他空港と一線を画しているのが 営利目的の空港であるということ。

利益を追求するということは お客様に満足していただけなければならない。

その満足をどういう形で得てもらうのか

セントレアの今後に期待したいものである。


・・・まぁ、飛行機を利用する機会もほとんどなく

まして ラウンジにも 全く縁のない私が 言える事ではないのかもしれないが・・・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の出生率は 年々低下の一途を辿っている。

思えば私が生まれた頃は 第○次ベビーブームとも言われ

やたらと同級生は多かった。


何しろ片田舎の学校とは言え

小学校6クラス、中学校10~11クラスは当たり前だった。

すぐ隣の学区の中学は 15クラスにも及んだほどである。


今、娘は同じ学校に通っているわけではないが

かなり規模の大きい団地を何件か抱えている割には

各学年3-4クラスしか設置できないようである。

おかげで余った教室を、昔はなかった用途で活用できてはいるようだが。


教育費などで 子供を一人育て上げるのにもお金のかかる時代だが

実は 「欲しくてもできない」 と 真剣に悩んでいる人の数も増えている。

私自身も 不妊治療の経験がある。

不妊の原因には さまざまなファクターがあるが

「できない」 ことには変わりはなく、一旦治療というラインに乗ってしまうと

なかなか降りる勇気も タイミングを見図る余裕もなくなる。

見えないゴールを目指して 疲れ果てるまで走り続けるしかないのだ。


そのファクターの一つに 喫煙があげられるようになった。

以前から 妊娠してからの間接喫煙の害については言われていたのだが

妊娠のしやすさにまで言及している報告は なされていなかったのだ。


今回、体外で受精させた卵子を胎内に戻した妻が妊娠する確率は、

妻本人や夫がたばこを吸っていると、

夫婦そろって非喫煙者の場合の約半分に減ってしまう-。こんな調査結果が出たのだ。


>調査対象は、不妊治療で体外受精を受けた女性225人。

(1)本人が喫煙者

(2)夫だけが喫煙者

(3)夫婦ともたばこを吸わない-

のグループごとに治療結果をみると、受精率には違いがないのに、

妊娠率は、たばこを吸わない夫婦が25%だったのに対し、

本人か夫のどちらかが喫煙者の場合は、いずれも12%台と半減していた


タバコの害についても 以前から何かと話題になっていたが

数字に現れることにより 少しは現実を受け止められるだろうか。

少なくとも 子供が欲しいと願うカップルの

生活習慣を見直すきっかけとなれば良いのだが。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

北海道知床も そろそろ雪がとけ、春の兆しが見えてきた。


ヒグマの親子


昨年生まれた仔グマが 母グマに甘えている様子である。

たっぷりとミルクを飲み、飲み終わると、

甘えるように母グマの胸に顔をうずめ、眠り込んでいた。

子グマたちは、今年から来年にかけて母グマと別れ、独り立ちする


山に食料が不足がちになり

街中に現れることが増え、何かとお騒がせなクマ達であるが

本来、山での生活だけで 十分彼らの生活は潤うはずである。


彼らの生活が 静かでいつまでも幸せなものであることを願う。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

縦に長い日本列島だが そろそろ全国的に初夏といえる季節になった。

動物たちは 春から夏に向けてが繁殖のシーズンとなる。

やはり暖かい時期が 子育てにも向いているのだろう。


ウミネコ


こちらは ウミネコの繁殖地として 国の天然記念物となっている

青森県の蕪島。

>1万7000個の巣に平均2.2個の卵が産み落とされ、

そのうち約4分の1が孵化(ふか)中という


つまり 現在孵化しているヒナの数は 約9000羽ということになる。


>巣が密集してヒナが巣をちょっと離れると隣の親鳥につつかれ、死ぬときもある。

「成鳥になるのはヒナの2、3割。これも自然のバランスです」


私の住むところは 比較的海に近い事もあり

川沿いではカモメなどの海鳥も よく見かける。

「いてあたりまえ」 の環境を 是非守っていきたいと思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日来、大フィーバーになっている レッサーパンダの直立姿勢。

毎日のように ニュース、ワイドショー、バラエティで報道されている。


そのせいだろうか。

全国の動物園には 今問い合わせが殺到しているのだそうだ。




それは




動物園を遠足先と決めている 小学校や幼稚園・保育園からのもの。


なんでも 一番多い問い合わせ内容は


『レッサーパンダはいますか?』

『立ちますか?』


というものだそうだ。


可愛らしい風太くんの様子は 確かに見ていて心が和む。

全国的にも ブームになっている気風は十分わかる。


しかし


立たなければ レッサーパンダではないのか

レッサーパンダがいなければ 動物園に行かないのか

立たないレッサーパンダには 価値がないと言うのか


親子のイベントとして 動物園に行くのならまだしも

教育者としての「教師」の立場で 児童を引率するのなら

できれば

『特別な才能はなくても 世界中から集められた動物達を一度に

見る事ができる動物園を訪れる』 

という感覚で来ていただきたいのだが。


著者: 土家 由岐雄, 武部 本一郎
タイトル: かわいそうなぞう
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカはミシシッピー川で とんでもない大物が捕まった。


なまず


>体長146センチ、胴回り111センチ、重さ56キロの

「アメリカナマズ」を釣り上げた。

これまでの記録は、2004年1月16日に

米テキサス州テキソマ湖で釣れた、55キロだったという。


ここまでくると なんだかナマズには見えないのだが・・・


生きたまま捕獲されたこのナマズは

カンザス州カンザスシティーのアウトドア用品店で

展示される予定だったが、輸送中に死んでしまったという。


ナマズは白身の魚で 意外とたんぱくでおいしいと言う噂があるが

こんなに大きいと どうも大味になる気がしてならない。


アメリカと言えば 肥満大国という印象が強いのだが

アメリカ産は何でも大きいのだろうか・・・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あの惨事から1ヶ月が過ぎようとしている。

JR福知山線の脱線事故である。


私の知り合いや身内に あの列車に乗り合わせた人はいなかった。

それは 『幸い』 などではなく 『偶然』 にすぎない。

あの列車に乗ってしまった乗客の方々の 『偶然』 と なんら変わりはない。


事故後今日まで 記事に一度も載せなかったのは

おそらく出てくるであろう JR西日本の体質についての報道を

しっかり確認したかったからだ。


そして やはり出てきたのは 営利のみを追求し 

自分達が運ぶのは 『人ではなく、モノ』 という体質。

自社の従業員さえ 代わりはいくらでもいるという 考え方。

懲罰のみで社員を縛り付けた結果が 今回の事故に繋がっていたのではないか。


できれば私は 頭を下げて回っているトップ陣に

「あなたが一番最後に乗った 新幹線以外のローカル線はどの路線で、いつのことですか」

と 是非聞いてみたい。

果たして即座に答えられる役員がいるのだろうか。


ただ、こういった体質を持つ企業や団体は JRに限った事ではない。

組織が大きくなればなるほど 上に座る人間の驕りは ますます高くなる。


雪印しかり、警察しかり、そして最近では JALも同じ道を歩んでいた事がわかってきた。

いずれも一番下で働く職員は 頑張っていると思われる。

しかし 巨大な山のような組織となっている以上、

ふもとの小石のつぶやきや投げかけは 決して頂上には届かないのである。


犠牲になる人がでなければ 企業の体質は変わらないのか。

それとも どうあっても変わる事はないのか。

何年も、何十年も 私たちは見続け、見届けなければならない。

それが 遺された私たちが、慢心さの犠牲となってしまった方々にできる

唯一のレクイエムとなるだろう。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

スイス・アルプスのスキー場で 地球温暖化対策の一環として

珍しい試みがされている。


氷河


夏の間に氷が解けるのを防ぐため、約4000平方メートルの巨大な布が広げられたのだ。

アルプスの氷河は このまま後退が続けば

今世紀中にも消滅する事が懸念されているのである。


この布はポリエステル製で、白い色は雪のように見えるうえ

夏の日差しを反射する効果も期待されている。


これしきの事では 氷河の融解は免れないのかもしれない。

しかし こういった 『草の根運動』 的な活動が

いずれ多くの人を動かし、多くの国を動かし、

世界中の国や人を動かしえるのである。


このことが地球温暖化を直ちに止める楔となる事はないだろうが

一人一人の 心の楔となり

いずれは 母なる地球を守っていく 礎になることだろう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。