くりあ☆ぶるう

クリアなものが大好きです。

色や見た目だけではなく、あらゆる事柄も全て…

思った事をクリアに書いていくつもりです。


テーマ:
以前ここへ書き込んだインフルエンザ・ワクチンが不足している
アメリカの話だが、ここへきて新たな話が沸き上がってきた。

なんと、高速フェリーで国境を越え、カナダでインフルエンザの予防接種を受けるというパッケージが発売されたというのだ。
>朝シアトルを出発したフェリー「ビクトリア・クリッパー」号は風光明美なピュージェット・サウンド湾を渡り、カナダの観光都市ビクトリアへ。通関手続きを済ませた乗客は、ターミナルで接種を受けることができる。フェリーは夕方、ビクトリアから再びシアトルへ向かう。料金は往復105ドル(約1万1200円)。通常の往復料金より10ドル安い割引ツアーとはいえ、高くつく予防接種になる。

予防接種だけが目的でツアーに参加している旅客も多いそうで、
気温が下がり雨も多くなるこの時期は、集客がそれほど見込めないのだが、
この予防接種ツアーに限り、連日問い合わせ・予約が殺到しているそうだ。

さすが陸続きの国境がある国ならではの考え方だと
妙に納得してしまった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
イギリスでこのほど女性の胸を文字通りくすぐるような発表がされた。
>豊胸手術で胸に埋め込む袋で、より体になじみ、安全で劣化しにくい生体材料「Elast-Eon」を使ったバッグの開発に成功し、近く臨床試験を実施する、と発表した。

これまで豊胸手術と言えばシリコンバッグが主流だった。
しかし、中のシリコンジェルが漏れ出し、がんや神経性の病気を引き起こす
恐れがあるとして、徐々に生理食塩水を使用するようになっていったという。
しかし、シリコンほどの強度がなく、これも恒久的に使える材料としては
今一歩だったようだ。

しかも、
>乳房撮影を受ける際、乳房を圧迫して検査するため、豊胸手術を施した女性はバッグの中身が漏れてしまう危険性があるなどと指摘されていたが、Elast-Eonバッグはこれらの問題にも対処しているという
から、この臨床試験が有益な結果を残すことになったら、
世界中の女性の注目を集める事は必至である。

私も多分注目は、する。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
微妙な猫たち
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカで、犬が飼い主の危機を察知し救急車を呼んだという
記事が出た。

この犬は肝臓病が持病の飼い主によって飼われていた
介護訓練を受けた犬であるという。

とはいえ、短縮ダイヤルにセットしてあるとおりの <911> を見事ダイヤルし、
救急隊員に吠えて異常を知らせたとの事。
さらに驚くべきは、救急隊員が到着したときには
『訓練どおり』鍵を開けていたので迅速に家の中に入る事ができた、
と言うものである。

わが家にも室内のみで飼われている猫がいる。
飼い主の動きには敏感である。
飼い主がトイレに入れば ドアを開けてでも覗きにくる。
風呂に入れば 入り口脇の洗濯機の上で待っている。
台所に立てば 足元にまとわりついて離れない。
餌場の近くを通りかかれば どこにいても飛んでくる。

果たして この猫たちは飼い主の異常は察知してくれるだろうか…
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
人間は記憶の動物であり、忘却の動物でもある。
起こった事や考えた事を瞬時にふるいにかけ、
記憶するべきかどうかを判断する。

自分に都合のよい記憶だけを留めておく事もできるし、
逆に大切な事まですっかり忘れ果ててしまうこともある。
忘れなければならないほどつらい記憶も、脳が判断して忘れさせてくれることもある。

ところが、科学は忘れたい記憶をも忘れさせてくれない領域へ
足を踏み入れているようだ。
脳の、記憶を司る『海馬』と呼ばれる器官だが、そこにマイクロチップを埋め込むことで、脳をハードディスク代わりに使おうというものだ。
記事によると、
>入力した情報がどのように変換されるかを解明できれば、人工器官を作ることができる。そして、その人工器官を脳に移植することが可能かもしれない。そうなれば、後はその人が何を見ようと関係ない。損傷した海馬を人工海馬に置き換えてやれば、本物の海馬の細胞と同じようにインプットをアウトプットに変換する
そうすることにより、短期記憶を長期記憶(自分の名前等、ずっと忘れない記憶)に置き換えることができるというものだ。

基本的には、脳の外傷やアルツハイマー病などに対応できるよう開発が進められているものではあるが、触れてほしくない心の傷は、できればそっと忘れてしまったほうが幸せだったりもするはずである。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
北海道から沖縄まですべての都道府県庁舎のロビーや事務室からたばこが追放されて禁煙・分煙が進み「庁舎内で自由にたばこを吸える都道府県」が1月時点でゼロになっていたことが厚生労働省の全国調査で分かった。

子供からお年寄りまであらゆる人が利用する可能性のある庁舎である。
分煙化システムが叫ばれて久しいが、ようやく「標準仕様」 まで追いついたといったところか。

ただ、所詮お役所仕事である。
>都道府県庁舎で公共スペースを完全に禁煙にしているのは6%で、残りは喫煙場所を限定する「分煙」。しかし、そうした分煙施設の84%は喫煙場所の換気や仕切りが不十分で、煙が漏れないよう厚労省が定めた基準を満たしておらず、設備面の対策が不十分な実態もうかがえた
最近はEUもタバコのパッケージに肺がん患者の肺の写真を掲載したりと、
世界各国で 「死ぬぞ。やめろ」 系のメッセージをアピールしているが、
日本ではまだまだ 「できればやめといたほうがいいよ。無理にとは言わないけど」
くらいの力しかないということだろうか。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大豆やトウモロコシで言葉に馴染みの出てきた『遺伝子組み換え』
消費者のニーズにあった作物を生産できると、話題になった。

さらに、その技術は植物のみに応用されるものではなく、動物にまで
広げられたのである。

そして…
今日発表された世界初の技術がある。
それは『遺伝子組み換え猫』の開発である。
猫は好きだが、アレルギーを持っているので触れない、飼えないといった人のニーズに応えるためたのだろうか。
猫の皮膚や唾液に含まれる、アレルギーを引き起こす強力なたんぱく質の生成を、
遺伝子を組み変える事により抑制するということだ。

また、組み換えを行っていない相手との繁殖行為を防ぐため、あらかじめ避妊、去勢手術を施すという。

価格は1匹3500㌦(約37万円)。
これが安いのか高いのかは人により価値観が違うと思うが・・・

いつか人間にもこの技術が応用される日がくるのかもしれない。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
秋は食べ物がなんでもおいしく感じられる。
秋に実るものが多いのは、冬眠に備えてしっかり栄養をつけることが
できるからなのだろうか?

そんな中、今の季節にぴったりの情報が公開されている。

>ブドウには処方薬と同じようにコレステロールや血中脂質の一種であるトリグリセリドを低下させる可能性がある成分が含まれている
病院で診察を受け、処方される薬と同じ成分なら、果物を直接摂取できるほうが
安心・安全と考える人も多いだろう。
>その成分はブドウにだけ含まれているというわけではなく、ブルーベリーにも含まれており、その抗脂質作用および抗コレステロール作用の根拠となっている
薬やサプリメントに抵抗のある人も、果物なら続けられるかもしれない。

ただし、有益な作用を得るにはどのくらいのブドウを食べなければならないかは、まだ明らかにされていない、ということなので 念のため。

継続は力なり、ということだろうか。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
新潟の地震のニュースは毎日紙面・画面からあふれかえっている。
被災された方にとっては 貴重な情報源となっているはずだ。

しかし、各メディアから報道スタッフはどれほど派遣されているのだろうか。
どの番組を見ても、番組独自の取材スタッフが受け答えをしている。
現場では「毛布が足りない。食料が足りない。電気がつかない、ガスが出ない」
との声が多数上がっているのだが、
現地に赴いた取材クルーは、そういった支援物資を携えて行ったのだろうか。

災害発生翌早朝から報道は開始されていたが
そこへ赴いたスタッフは、ヘルメット以外に何を持参したのだろうか。

多分何百人もいるはずの報道関係者。
彼らはいったい何を食べているのだろう。
被災者たちの食料?自分たちで持ち込んだ食料か?

現場の声は大切だ。現場の状況を伝える事も彼らには大切な職務なのだろう。
しかし、飴に群がるアリのように大挙して押し寄せたところで
伝えられる真実は、それほど多様なものではないはずだ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近市民権を得て、一般的にも手に入りやすくなったのが
経口避妊薬(ピル)である。
実は、まだ現在の低容量ピルが認可になるずいぶん前から
私はピルを飲み続けていた。
20歳すぎから 7年飲んで4年止めて、また5年飲んで…
現在は少し中断している状態である。

避妊だけが目的ではなく、予測もつかないほど乱れた
生理周期のせいでもあるのだ。

ただ、今回おもしろいデータが発表になった。
>経口避妊薬の使用歴のある女性は有害な心血管系疾患(CVD)の転帰のリスクが低い可能性があるという「Women's Health Initiative(WHI)」のデータの最新解析結果が発表された
というものである。
>経口避妊薬の使用期間が長くなるほど大きな効果が得られるようであった。例えば、経口避妊薬の使用が1年未満の女性ではCVDのリスク減少は認められなかったが、8年を超える女性では大幅なリスク減少が認められた

ということは 私のように長期にわたり服用しているほうが効果が高いというわけだ。
ただし、1日15本以上のタバコを吸う人や、肝障害のある人など、
服用できない人や判断のむずかしい人もいるので、女性全員に効果があるわけではない。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。