エコ・ブログトップへ エコ・ブログ
2012-06-01 20:30:50

フルアコにウッドブリッジの是非

テーマ:ブログ
私はキンキントーンのドンシャリギターは好みではありません。
何度も記事にしておりますが、フルアコのキモはナットとブリッジです。

例えばセミホロー構造なら、ビグスビーアルミブリッジはド定番です。
過去の偉人が証明してくれてますね。

6128
photo:01



325
photo:02

いうまでもなく、クリフギャラップとジョンレノンですが、この2本は、このビグスビーアルミブリッジでなくてはならないのです。
「神」がそうしていたからです。

Oホールより音量が劣り、しかも何の増幅機能がないFホールのオーケストラギター、通称「ピックギター」。
この音を変える、または大きくするのにはブリッジ変更が最も効果的です。

最初から鳴る様に最高の材を使用し、Oホール並に鳴る様に作られたギターはそのままウッドブリッジで構いません。
photo:04



例えばこんなピックギター、超軽量の西ドイツ製、ヘフナープレジデント
photo:03

このウッドブリッジを木製台座のこれに変えてみましょう。
photo:05

ハイ!バカ鳴りです!

ディアンジェリコニューヨーカーにつけてみましょう。
photo:06

ハイ!マーチンのアデュロンダックスプルースが尻尾を巻いて逃げ出しましたね。

このブリッジはチェットアトキンスが絶賛したただの金属棒。通名「ストレートバーブリッジ」
photo:07



このブリッジ、一個持って置いて損はありません!
photo:08

私はピックギターに特にお勧めいたします!

ホルダー
photo:09



私はFホールフルアコギターマニアと同時にブリッジマニアでもあります。

騙されたと思ってお試しあれ!金属棒なのに主張しない、綺麗に箱を鳴らしてくれる魔法のブリッジですよ!

また次回です!
photo:10





iPhoneからの投稿
PR

[PR]気になるキーワード

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?