環境省は22日、新潟県佐渡市で巣に卵があるのが確認された放鳥トキのペアのうち、雌がくちばしで卵1個を突き刺し、巣の外に捨てたと発表した。巣にはまだ2個以上が残っているとみられ、ひながかえる可能性はあるという。

 環境省によると、ペアは08年に放鳥された3歳の雄と、09年放鳥の1歳の雌。捨てられた卵が有精卵か無精卵か、何番目に産んだものかは不明。雌はその後も卵を温める「抱卵」行動を続けている。

 環境省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官は「飼育下のトキでも卵がふ化しない無精卵だったり、有精卵でも成長しなかったときには捨てることがある」と話している。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ:新たに1組産卵か 3組目に 環境省が発表
トキ:ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡
環境省:雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明
トキ襲撃:犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡
放鳥トキ:卵は2個 別のペアも産卵か…新潟・佐渡

無許可ガールズバー摘発=店員は14歳中学生-大阪府警(時事通信)
がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可(医療介護CBニュース)
抗うつ薬サインバルタを新発売―塩野義とリリー(医療介護CBニュース)
<渡部恒三氏>「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で(毎日新聞)
共産・志位氏、米大使と初会談=普天間の国外移設求める(時事通信)
AD