【釜山時事】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が4日夜、韓国・釜山で開幕する。欧州を中心とする債務危機が金融部門や新興国経済にも波及しつつある現状を踏まえ、対応策を協議する。金融危機の再発防止に向けた規制強化も重要議題となる。5日午後に共同声明を発表して閉幕する。
 日本の財政に対する懸念も高まっているが、菅直人副総理兼財務相は民主党代表戦に臨むため参加を見送る方針。存在感の高まる新興国とは対照的に、経済財政運営の責任者が欠席する日本の発言力は一段と低下しそうだ。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
【特集】ギリシャ債務危機現地リポート~債務危機 そこに生きる人々~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

世界自然遺産 推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN(毎日新聞)
民主代表選 樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞)
<普天間移設>日米合意「重要な一歩」ルース大使(毎日新聞)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)
小沢氏「役職ない」うっすら涙…院政警戒の声も(読売新聞)
AD