無登録で携帯電話を使った「090金融」を営業し、高金利を受け取ったとして、警視庁生活経済課と渋谷署などは24日、出資法違反容疑などで、東京都練馬区豊玉北、元貸金業森本和憲容疑者(32)ら8人を逮捕した。
 同課によると、いずれも容疑を認めている。2006年12月から昨年10月にかけ、多重債務者らに最大で法定の109倍の高金利で金を貸し、元利合計約3億7700万円を受け取ったという。
 逮捕容疑は昨年2月中旬から10月下旬の間、84回にわたり、都内の男性会社員(43)ら7人に無登録で金を貸し、法定利息を約225万6000円上回る計239万1000円の利息を受け取った疑い。
 同課によると、森本容疑者らは練馬区内のマンションなどに事務所を設け、「やまと信販」などの名称で営業。固定電話への着信を携帯電話に転送し、店舗があるように装っていた。 

【関連ニュース】
純益3割減の25億円=ジャックス
段階的返済を促進=激変緩和措置公表
6月18日施行を閣議決定=改正貸金業法
KDDI、業績予想を下方修正=携帯販売奨励金が影響-10年3月期
高速通信も全国一律化検討=総務省

口蹄疫 半径10キロ以内を殺処分に 政府検討(毎日新聞)
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)
専門看護師の在り方などで議論-文科省検討会(医療介護CBニュース)
選挙期間中のHP、ブログ更新OK…与野党合意(読売新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛--集計(毎日新聞)
AD