テーマ:
良い負け方と悪い負け方がある。
このような言葉を聞いたことがある。
指導者が選手にいう指導言としてである。
内容はおおよそ次のようなものだ。

「やるべき事をやって負けるのは,仕方がない。
しかし,やるべき事をやらずに負けるのは,だめだ」

前者が良い負け方で,後者が悪い負け方という訳だ。

一理ある。

しかし,いつもこのように単純に割り切れるものではない。

「やるべき事をやって負けるのは,仕方がない」
これは,力不足だろう。力不足を容認するのか。選手に力を付けていない指導者の責任である。

「しかし,やるべき事をやらずに負けるのは,だめだ」
これは,怠けだろう。やっていれば勝っていたのではないか。選手にやらせない指導者の責任である。

敗戦に良いも悪いもない。

敗戦は敗戦である。

6-5で一回戦敗退。

敗戦の責任は,指導者にある。明日も練習。
負けようが,何をしようが,情熱の火は消えない。
そうだろう,選手達。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

渥美清孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。