資源エネルギー庁は31日、使用済み核燃料を再処理して使うプルサーマル計画に関し、計画を受け入れた自治体に対する交付金を復活する方針を明らかにした。

 原子力発電所の地元で同計画を受け入れた自治体への交付金は、国が2006年度に「核燃料サイクル交付金」を新設し、1原発あたり60億円を限度に交付していたが、08年度末に打ち切られた。自治体側からの復活を求める声を受け、エネ庁で詳細を調整している。

 同計画を進める東北電力女川原発の地元、宮城県女川町で同日、経済産業省が開いた住民説明会で、エネ庁の担当者が方針を明らかにした。

新医師臨床研修制度の激変緩和措置への対応などで議論(医療介護CBニュース)
元運輸部長、不起訴は不当=福知山線脱線で検察審査会-神戸(時事通信)
東海道新幹線の停電、運転再開めどたたず(読売新聞)
横浜の小学校、不登校・暴力行為の専任教諭配置へ(読売新聞)
NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
AD