ゴールデンウイーク中盤の絶好の行楽日和となった3日、テントが飛ばされたり、ボートが転覆したりするなどの事故が相次いだ。

 3日午後2時10分ごろ、山形市あかねケ丘の陸上競技場で、休憩用のテントが強風に飛ばされ、近くにいた東海大山形高校の女子高生6人にぶつかった。6人は軽傷。山形署などによると、競技場では陸上競技大会が開かれており、テントは同校が使っていた。岐阜県郡上市白鳥町でも午後1時50分ごろ、温泉施設の駐車場で突風が発生。レジャーテント10張りが飛ばされ、観光客4人が打撲などの軽傷を負った。

 埼玉県春日部市西宝珠花(にしほうじゅばな)の江戸川河川敷で開催されていた「大凧(だこ)あげ祭り」で、同市の中学2年の男子生徒(13)にたこのロープが当たり転倒。首や後頭部に軽傷を負った。男子生徒はロープの後方を持っていて、春日部署に「手を離すのが遅れた」と話しているという。午後3時ごろには、宮城県色麻町の雑木林で、近くに住む農業、浦山一男さん(84)が全身にやけどを負って死亡。野焼きの火に誤って巻き込まれたと見られている。

 栃木県日光市の赤薙(あかなぎ)山付近の山道では午前10時ごろ、東京都練馬区に住む夫婦=ともに(58)=が動けなくなっているのが見つかった。救助されたが、2人とも左足首を骨折。妻が登山道から滑落し、助けようとした夫も滑り落ちたという。

 水の事故も相次いだ。正午ごろ、福島県郡山市湖南町舟津の猪苗代湖で、同町の無職、渡部政雄さん(60)が乗った手こぎボートが転覆したのを男性が見つけ、119番した。消防隊員が湖底から引き揚げたが、搬送先の病院で間もなく死亡した。

 福岡県福津市の海岸でも1時ごろ、福岡市博多区の無職、荒木政年さん(69)が流されたゴムボートを追い掛けて海に飛び込み、おぼれて死亡。高知県四万十市の四万十川でも午後2時ごろ、福岡県久留米市の吉谷英輔さん(76)が流され、死亡した。

枝野氏「母国の子は支給対象外」(産経新聞)
署課長代理を懲戒免職=特定女性に痴漢-警視庁(時事通信)
元大和郡山市議、無罪確定へ=融資詐欺、控訴断念-奈良地検(時事通信)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
<将棋>1、2局に続き横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)
AD