んにちは。

 

K5です。

 

 

 

数学は計算してなんぼの分野で

ササッと計算することが大切です。

 

 

 

計算を解く際、

何度も途中式を書いて

答えに辿り着かなければなりません。

 

 

 

のんびり計算していては

試験時間が少なくなってしまうので

注意しなければなりません。

 

 

 

もちろん、

ケアレスミスがないよう

丁寧に進めることも大切です。

 

 

 

しかし、時間がかかってしまっては、

後に解ける問題に触れることができない、

あるいは十分に考えられない、

という事態に陥るでしょう。

 

 

 

ケアレスミスを減らすことも大切ですが、

一旦忘れてスピードを意識してほしい!

というのが私の意見です。

 

 

 

ケアレスミスを減らすことについては

いつかお話しようと思うので、

それを参考にしてもらえばと思います。

 

 

 

 

計算スピードさえ上げれば

問題を考える解く時間

十分に確保できます。

 

 

 

変に綺麗に式を書こうとはせず、

丁寧に途中式を挟み過ぎず、

テキパキと計算を進めましょう。

 

 

 

計算スピードを上げる方法として

制限時間を設けて計算する

暗算力を向上させる

工夫して計算する

 

 

 

上記の3つの方法を

数学の勉強で取り入れれば、

ほぼ確実にスピードアップします。

 

 

 

特に①と②の方法は

今この瞬間からでも始められるので、

他の人との差をつけるためにも

ぜひ取り組んでみてください。

 

 

 

計算問題を解けば解くほど

スピードが上がっていき、

ついでに精度も向上していきます。

 

 

 

 

計算する分野は何でもOKです。

分野問わずで取り組むことで

どんな計算問題に対しても

速いスピードで解けるようになります。

 

 

 

計算しつつ、

その難易度を少しずつ上げると

計算レベルも上がります。

 

 

 

そして、

計算スピードさえ向上すれば

時間が足りないという状況はなくなり、

焦って考える事態が解消されます。

 

 

 

数学の試験で余裕が手に入る

この体験をぜひ味わってください。

 

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

       ブログランキング・にほんブログ村へ

↑  ↑  ↑   ↑  ↑  ↑

応援クリックよろしくお願いします。

 

 

 

K5

 

AD