んにちは。

 

K5です。

 

 

 

数学の勉強を始める際、

まず何から始めたら良いのか

悩んだことはありませんか?

 

 

 

得意教科なのであれば

このような問題は発生しないでしょう。

しかし、苦手であれば話は別です。

 

 

 

数学には順番があり、

その順番通りに勉強すれば

問題なく課題をクリアでき、

自信を持って試験に臨めます。

 

 

 

その順番とはシンプルです。

①基礎 ②標準 ③応用 ④受験レベル

 

 

 

定期テスト対策であれば③まで。

受験対策であれば④までの流れです。

 

 

 

だから、

まず何から手をつければ良いかと

悩むのではなく、①の基礎から

始めれば良いです。

 

 

 

基礎から勉強を始めれば、

スムーズに数学を進められます。

 

 

 

どの教科にも言えることですが、

理系の数学に対しては強く言えることで、

基礎が固まっていなければ何も

問題を解くことができません。

 

 

 

 

私の場合、高校生の時、

数学の勉強の始めに必ず

各分野の基礎問題から

解くようにしていました。

 

 

 

基礎問題なので

かなり簡単なものばかりで、

時間を使って考え込む必要が

まったくありませんでした。

 

 

 

この基礎問題を解くことは

勉強する分野の標準・応用の

準備をしているのと同じです。

 

 

 

 

単純に定理を使う、

公式に数を代入するといった

シンプルな問題を解くことで、

定理や公式を再確認します。

 

 

 

これによって忘れにくくなり、

次のレベルの問題を解くリズムを

自然に作り出すことができます。

 

 

 

 

だから、数学の勉強をする際、

標準や応用、あるいは受験レベルの

問題を解くことばかり考えず、

基礎問題から始めることが大切です。

 

 

 

それが数学ができるようになる一歩で、

今まで解くことができなかったものも

解けるようになります。

 

 

 

数学は基礎が全てです。

基礎さえ固まっていれば

どんな問題だって解けます!

 

 

 

それを信じて

基礎問題を徹底的に

取り組んでみてください。

 

 

 

以上です。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

 

 

 

       ブログランキング・にほんブログ村へ

↑  ↑  ↑   ↑  ↑  ↑

応援クリックよろしくお願いします。

 

 

 

K5

 

AD