三島満喫 最終章

テーマ:

快晴!

いざ、スカイウォークへ。

 

バスでおよそ30分。

 

到着しました。

日本一長いつり橋です !

いい天気でしょ 100点

 

さぁ渡ってみましょう。

そして素晴らしい富士山を拝みましょう。

下を覗いてみると、お尻のあたりがスーとする高さ。

 

さぁ富士山です。

が~~~~~ん 笑い泣き

 

雲が~~~~~

 

しばし待ってみましたが、これが一番の写真です。

 

ダイナミックさは伝わりましたが、いささか残念でした。

いつの日かリベンジしたいと思います。

 

 

気を取り直してもう一つの目的地山中城址へ。

 

スカイウォークの奥に入り口が。

 

結構な工程らしいですが、レッツゴー アップ

 

歩く歩く・・・

 

どこまでも歩く歩く・・・

 

いやな予感。

 

そうです。

知らないうちにコースを外れ・・・

 

とんでもないところにいる

わ・た・し・・・

なんでこうなっちゃうの えーん

 

強引に気を取り直して

 

歩く歩く・・・・・・

 

国道に出てほっとするも

そこからまたてくてく てくてく・・・

 

さっきまでいたスカイウォークがはるか彼方に。

(写真はズームです)

 

てくてく・・・てく・・てく・

 

いやな予感。

こんなに遠くはないはず。

 

前から黒ずくめの人が登場。

 

そういえばこんなに歩いたのに

一人も人とすれ違っていなかった あせる

 

私「あの~~山中城址はこちらでよろしいでしょうか?」

 

黒ずくめの人がゴーグルをとる。

なんと若い女性 ニコニコ

携帯のGPSで調べてくれました。

そして。

 

黒ずくめの娘「もう、通り過ぎていますよ」

 

が~~~~~~~ん 笑い泣き

いまだにガラ携なことをこんなに後悔したことはないかも 汗

 

 

疲労が溜まりだした脚と腰に喝を入れつつ

戻る。戻る・・・

ようやく入り口に到着 ラブ

 

きれいな藤棚がお出迎えしてくれました。

お濠の多さに驚きます。

 

今は、花々が植えられ美しいですが、当時はここに人が落ちると

その土質から、登ることが困難だったそうです。

 

北条氏が豊臣氏との戦いに備えて築城。

しかし未完成のまま攻められ、わずか半日で落城したそうです。

 

 

さぁ、スカイウォークに戻ります。

二度と道を間違えないように入念にチェック。

無事に到着したのですが。

またまたトラブル・・・

ここは再入場がNG・・・

 

「私はまだ往復していません えー

熱く訴えるも

「原則として再入場はできません」

 

また来いってことですね。

そうします。

 

時間が余る。

 

普段口にしないソフトクリームを食す。

おいしい~~~~

 

スカイガーデンに足を運んでみる。

きれい~~~~

 

人に頼んで写真を撮ってもらう。

何だか照れる~~~

 

余った時間でしたが結構いい感じで過ごせましたてへぺろ

 

 

珍道中にお付き合いいただきありがとうございました。

 

今後はもう少し入念にマップチェックしてから出かけます。

 

それでは、また ドア