昔の話を絡めて

テーマ:




はるちゃん、立ちました(笑)

は、はやくね~か?!
まだ6ヵ月と3週だぞ…




私が確か26歳くらいの頃


私も含めて結婚した友だちも多かった。

私以外の友だちは次々に妊娠していた。

子どもが欲しかった私は

それはそれは羨ましくてキョロキョロ

でも何となくその気持ちが言えなくてショボーン


その当時の親友も結婚してすぐに妊娠。

親友の妊娠が一番ショックだったキョロキョロ

なんとも説明がつかない、

とにかく羨ましくて。


当時の私のパートナーからは

子どもはいらないって言われてて

父親になる自信が無いからってショボーン


妊娠できること、

受け入れてくれるパートナーがいること

とても羨ましかったショボーン


親友だからよく会うし

よく話すし、

でも自分の気持ちを話せなかった。


彼女はどんどんお腹が大きくなって

赤ちゃんが産まれた時

私の心はどうなるのか

もしかしたら、

会いたくなくなっちゃうのかも

不安になってました。



そして彼女から

「産まれました」

とメールが来たとき



嬉しくて嬉しくて

涙が止まらなくて

とにかく幸せで

喜び勇んで

家族ぐらい病院へ会いに行きまくって

たくさん抱っこした。





赤ちゃんってホントにスゴイですウシシ





私が子どもが欲しいという夢を

抱き続けられたのは

この経験があったからかも知れません。



そんな私のママ和み、

次回で東京での開催を最後とします。


ベビ待ちさんも

妊婦さんも

ママさんも

いらしてくださいねつながるうさぎつながるピスケ











AD