注意義務を怠ったために飼い犬が7歳の子供にかみ付いてけがをさせたとして、過失傷害罪に問われた無職の男性(64)に対する控訴審判決公判が20日、大阪高裁であった。的場純男裁判長は「犬がかみ付いたとするには合理的な疑いがある」として、罰金5万円(求刑罰金10万円)とした1審葛城簡裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 的場裁判長は判決理由で、子供の左太ももにあった2点の赤い跡について、「2日後にも同様の跡があり、皮膚疾患の可能性がある」と指摘。また、「犬にかまれた。かまれる前は傷はなかった」という子供の証言も「理解力や表現力に限界があり、男性を快く思っていなかった父親の影響が強かった」として、信用性に疑問が残るとした。

 男性は平成19年6月20日早朝、奈良県橿原市の公園で、飼っている中型犬に対する注意義務を怠り、子供にかみ付かせて1週間のけがを負わせたとして起訴された。

【関連記事】
【News解説】アスベスト訴訟 国に賠償命令 「対策怠った」不作為責任発認定
大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取
幹部射殺で二審は懲役14年、熊本の暴力団抗争
ネット犯罪に手を染めた中国人留学生の代償
ペコちゃん盗に懲役5年 和歌山「身勝手な動機」
中国が優等生路線に?  

「気持ちや要望伺いたい」長妻厚労相、今夜B型肝炎原告団と面会へ(産経新聞)
警察官の「防護衣」には左胸部など3カ所に損傷が(産経新聞)
新年金制度 基本方針案の全容判明 抽象的であいまい 最低保障額明記見送り(産経新聞)
<詐欺>小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
「農家の補償どうなる」殺処分、地元に戸惑い(読売新聞)
AD