社民党は24日、党首の福島消費者相らによる緊急の三役会議を国会内で開き、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先を米軍キャンプ・シュワブのある同県名護市辺野古周辺とする政府方針に反対する考えで一致した。

 移設案に関する日米共同文書の発表のほか、政府の対処方針を閣僚の署名が不要な「首相発言」で決定することにも反対することにしたが、連立政権の離脱は議題にしなかった。福島氏は25日に沖縄を訪問し、仲井真弘多知事や稲嶺進名護市長らと会談する。

 会議に先立ち、福島氏はさいたま市で記者団に、日米両政府が共同文書をまとめることについて、「地元の同意も連立政権の同意もなく、米国との交渉が先行して宣言まで出す直前になっていることは、手続きがおかしい」と批判した。

無免許まつ毛エクステ、サロン経営者ら書類送検(読売新聞)
「HIV検査普及週間」を実施(医療介護CBニュース)
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
「自分で作った方が早い」 警部補が交通違反の実況見分調書にうそ記載(産経新聞)
<普天間問題>自民、不信任案提出へ(毎日新聞)
AD

コメント(1)