宮城県石巻市の宮城県水産高栽培漁業類型の生徒7人(3年)が21日、同市寄磯漁港内に産卵期を迎えたナマコを網かごに入れて海底に沈めた。増殖を目指す県内初の採卵試験だ。

 成熟したナマコは6~8月に産卵期を迎え、1個体当たり50万~300万粒の卵を放出。稚ナマコは約3年で出荷サイズに育つ。同校は10月に潜水調査を行い、分布や成長状況を確認する。

 コリコリした食感のナマコは韓国などでは高級食材として好まれ、密漁も多いという。「増殖を成功させて漁場にしたい」と意気込む関係者。見た目は不気味なナマコだが、人気者の素質は十分?【石川忠雄】

【関連ニュース】
雑記帳:きもかわいい第2弾 青森ナマコ形お守り

娘思いの信玄さん「富士に祈った息女の平癒」 200年ぶり願文見つかる(産経新聞)
高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)
AD