検察側が描く構図がついに崩れた。27日、郵便不正事件をめぐる偽の障害者団体証明書発行について、「凛(りん)の会」元会長、倉沢邦夫被告(74)に対し、大阪地裁が言い渡した無罪判決。倉沢被告の捜査段階の供述調書に加え、厚生労働省元係長の上村勉被告(40)らの調書にも「あいまいで慎重な考慮が必要」と言及、その信用性に次々と疑問を差し挟む判断に、検察側は元局長の村木厚子被告(54)の公判でも極めて厳しい状況に追い込まれた。

 「主文、罰金540万円に処する。虚偽有印公文書作成・同行使の点については無罪」

 直立の姿勢で裁判長を見つめた倉沢被告は被告人席に戻り、穏やかな表情で何度もうなずきながら判決を聞き入った。一方、3人の検察官は顔を紅潮させたり唇をかみしめたりした。

 郵便法違反の犯罪事実の認定に続き、証明書発行に関して無罪とした理由に入ると、裁判長から次々と検察側に厳しい言葉が発せられた。

 特に、村木被告の公判も含めて最大の焦点になっている捜査段階の供述調書の信用性はことごとく否定された。「内容に不自然な点がある」「信用性に疑いを差し挟む余地がある」

 何度も繰り返される指摘に、検察官は首をかしげたり、頭を押さえたりしながら厳しい表情でメモを取り続けた。

 一方、横田信之裁判長は、証拠上認定できる事実として、倉沢被告から民主党の石井一参院議員、厚労省元部長、村木被告、上村被告ら部下へと至った依頼や指示の流れは認めた。

 しかし、「厚労省関係者の調書と倉沢被告の公判供述と矛盾がない言動を事実として考慮する」とあえて注釈をつけており、村木被告の公判で同じ判断が示されるとは限らないという。

 ◆「制度悪用 申し訳ない」

 倉沢被告は判決後に記者会見し、「私の言い分がほとんど認められる形になったことをうれしく思う」と語る一方、「障害者のみに許された制度を悪用したことについては世間に対して申し訳ない」と謝罪した。

 検察の取り調べについて、「最初から石井議員と厚労省の関与に絞って聴かれた。長期間の勾留(こうりゅう)で不眠症になって体調を崩していたこともあり、調書にサインしてしまった」としたうえで「罪というものはこういうふうにして認めさせられるのかなと恐ろしさを感じた」と振り返った。

 ◆「極めて意外」 大阪地検、控訴の意向

 大阪地検の玉井英章次席検事は「虚偽有印公文書作成・同行使について無罪とした点は、極めて意外であり、ただちに判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、控訴する方向で対応したい」とコメントを出した。

 一方、村木被告の弁護人の弘中惇一郎弁護士は「村木被告との共謀について無罪判決が出たことは大変喜ばしい。倉沢被告と村木被告は証拠が共通する点と違う点があるが、判決で裁判所は倉沢被告の調書に重大な問題があると指摘した。村木被告の判決で無罪獲得に向けて、より一層努力したい」と話した。

【関連:郵便不正公判】
村木被告「役所の仕組みを知らない検事が作り上げたもの」
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 第17回詳報
証人尋問で取調官「調書“作文”ない」 メモは廃棄
「俺はフィクサー」 元厚労省部長が政治家の窓口
証明書発行「然るべくやりました」厚労省元部長が民主党議員に報告

「法事で市議会欠席」…実は支援者と中国旅行(読売新聞)
支援制度、9割が「事前に知らず」=認知度向上が課題-犯罪被害者への調査・警察庁(時事通信)
全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
舛添氏 近く離党の意向 新党結成目指し「最後の詰め」(毎日新聞)
詐欺容疑、社長ら再逮捕=石油事業出資事件-広島、熊本両県警(時事通信)
AD