警察庁長官銃撃事件が時効を迎えた30日、国松孝次元長官は「何としても解決したかったが、残念なことになった」と心境を話した。警察トップの立場でありながら銃撃を受けた事態には「誠に申し訳なく、一生忘れない」と語った。
 警視庁がオウム真理教信者グループが関与したとする捜査結果概要を公表したことについて「異例のこと。『分かりません』では説明責任を果たしていないので、理解はできる」と話した。
 ただ、起訴できるだけの証拠が集められなかったことについては「反省、検討し、教訓をくみ取ってほしい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
「コメントは不可能」=長官銃撃時効でひかりの輪
「力及ばずに尽きる」=謙虚に反省、テロ防止誓う

検察官役の弁護士追加 JR西3社長起訴議決で4人目(産経新聞)
<京浜東北線>線路に男性侵入、6万人影響 埼玉・北浦和駅(毎日新聞)
裁判員制度「裁判良くなった」59%…読売調査(読売新聞)
女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)
「規制改革庁」創設を=経済同友会が提言(時事通信)
AD