宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると13日午後11時前、小惑星探査機「はやぶさ」の回収カプセルが地球の大気圏に再突入した。エンジン故障や通信途絶など、数々の困難を乗り越えてきたはやぶさは、約7年間の宇宙の旅を終えて帰還した。

 回収カプセルは直径約40センチで、小惑星「イトカワ」の土壌試料が入っている可能性がある。再突入時は秒速約12キロの猛烈なスピードで、表面温度は約3千度に達するという。

 大気圏を無事に通過すれば高度約10キロでパラシュートを展開。再突入から約30分後、オーストラリア中南部ウーメラの砂漠地帯に着地する。

 現地では約60人の回収チームが待機しており、カプセルが発信する電波などを頼りに捜索にあたる。カプセル分離後の本体は大気圏で燃え尽きる。

 はやぶさは2005(平成17)年、地球から約3億キロのイトカワに着陸し、土壌の採取に挑んだ。小惑星への着陸と往復は世界初。

 土壌を採取できたかは不明だが、回収に成功すれば、地球以外の天体の地表試料の回収は、米国や旧ソ連による「月の石」以来の快挙となる。試料は太陽系の起源解明などの研究に役立つと期待されている。

【関連記事】
回収カプセルを分離 はやぶさ帰還へ
小惑星探査機「はやぶさ」 きょう7年ぶり帰還
はやぶさ帰還 不撓不屈みせた宇宙の旅
けなげな姿「はやぶさ君」に共感の輪 きょう地球帰還
迷子-満身創痍-最後は燃え尽き… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる

「民主政権を厳しく監視」=参院選公約原案―社民(時事通信)
<南アW杯>いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
<民主党>小沢氏の政倫審出席は応じず 「時間的余裕ない」(毎日新聞)
トラック18万台リコール=いすゞ(時事通信)
東北厚生局 開示文書改ざん…厚労相「調査を指示」(毎日新聞)
AD