中国電力の島根原発1、2号機(松江市)で自主点検の漏れや不備が多数あった問題で、山下隆社長は3日、島根県庁で記者会見し、「再発防止策をきっちりとやり、皆さんの信頼回復を得るのが私の責務だ」と述べ社長退陣を否定した。ただ組織風土や連絡体制に問題があったとして、自らも含めた経営陣の処分を行うことを改めて明言した。
 山下社長は「われわれに対しての市民の思いは複雑なものがあると思う。常に問い掛ける姿勢を皆さん方に見ていただきたい」と話し、島根原発のある松江市鹿島町の住民宅すべてを社員が訪問し、再発防止策などについて説明するとした。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開~信頼は取り戻せるのか~
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
原発事業、14年度に6000億円=三菱重工

女子高校生が包丁で兄の脇腹刺す、殺人未遂容疑(読売新聞)
近畿ブロック知事会議 橋下知事が基地問題で問題提起(産経新聞)
「あーん」虫歯予防デー、カバも歯磨き 和歌山(産経新聞)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)
「銀行強盗するため」 交番で拳銃奪おうとした包丁男逮捕(産経新聞)
AD