政府の総合科学技術会議(議長・鳩山由紀夫首相)は9日、「先端研究助成基金」による最先端研究開発支援プログラムの対象となった、山中伸弥京都大教授の人工多能性幹(iPS)細胞再生医療応用研究など30課題に対する総額約1000億円の配分額を決めた。
 30課題のうち、山中教授の研究に対する助成(50億円)など2件は満額回答だった。
 同基金は、日本の中長期的な競争力強化を目標として、総額2700億円の規模で麻生前政権下の補正予算で創設された。山中教授の研究など30課題を選定したが、政権交代後に総額1500億円に減額。このうち、500億円が若手・女性研究者支援に配分されることになった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足
部落解放同盟が全国大会=東京

トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ-消費者庁(時事通信)
首相動静(3月11日)(時事通信)
鳩山政権半年、職ない・保育所足りない・期待なし(読売新聞)
新幹線あわや…ドラム缶爆発、日本新薬3社員あすにも書類送検(産経新聞)
暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)
AD