時代の騎士のSTAR WARSブログ(スター・ウォーズブログ)

STAR WARSファンの私の勝手な解釈や撮影時の裏話

コレクション

スター・ウォーズニュース・スター・ウォーズ情報

気になるアイテム等の紹介ブログ





宜しくお願い致します。また、当ブログからの画像転籍はご遠慮願います。


テーマ:
「ローグ・ワン」の主要キャラクターの詳細が判明いたしました。


(以下、ギズモード・ジャパンより)

ドニー・イェンがまさかの……!

エピソード3と4の間を描く、映画スター・ウォーズの最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の謎の多い登場キャラクターたちの詳細がついに発表されました。

ネタバレが満載なので、気になる方はご注意ください!

こちらはEntertainment Weeklyに掲載された公式情報。ちなみに名前のカタカナは英語表記をもとに筆者が独自に書いているものなので、公式の訳とは異なる場合がありますので、ご了承ください。

ジン・アーソ




物語の主人公となるジン・アーソは15歳のころからストリートを一人で生き抜いてきた複雑な過去を持つ女性。戦闘スキルと、反乱同盟軍が喉から手が出るほどほしい裏社会の知識を持っている。

予告編でもあったように反乱軍によって逮捕され、減刑と引き換えに彼らへ協力することになっているようです。そしてスター・ウォーズの伝統として、やはり彼女の家族もストーリーに関わってくる模様。

キャプテン・カシアン・アンドール




反乱軍のベテラン情報将校。豊かな経験を元に、帝国軍に対して効果的に対抗する手段を常に考えている冷静沈着な人物。今回は気まぐれなジンを監視する役目を負っている。

ファンの予想で盛り上がっていたビッグス・ダークライターとは今のところ全く関係はなさそうです。でも、彼の活躍によって素敵なヒゲが反乱同盟軍で流行し、ビッグスも真似をするなんていうつながりがあったりして……?

チラット・イムウェ




ジェダイではないものの、彼らの道を信奉し、その霊的な力で盲目であることを乗り越えた戦士。

いわゆる僧兵的な人物らしい。(独自の?)信仰と鍛錬を通じて、ジェダイの正規の訓練を受けずともジェダイに近づいた人ということでしょうか。フォースはあらゆる生命とともにあるので、理論上は出来なくはないはずですが、それでも凄い奴。さすがドニー・イェンだぜ!

スター・ウォーズの世界には、フォースを生まれながらにして感じることができる「フォース・センシティブ」と呼ばれる人々がいる(そして彼らが訓練されジェダイやシスとなる)ので、チラットもきっとそのうちの一人なのでしょう。

ベイズ・マルバス




友であるチラットを命がけで守ろうとする重装の男。チラットが霊的な物を重視するのは理解しているが、彼の宗教や古代の武器よりもブラスターを信頼している。

どうやら宇宙版ドン・キホーテとサンチョ・パンサのような関係のキャラクターとして描かれるようです。なぜ彼がチラットの友人となったのも気になります。

ボーディ・ルーク



この反乱軍部隊を支えるパイロット。短期で無愛想な男だが、それを補ってあり余るほどの操縦スキルを持っている。

なかなか面白そうな新キャラクター。ハン・ソロやポー・ダメロンとは別の魅力を持った人物であることに期待しておきましょう!

K-2SO




屈強で自信に満ちた長身の警備ドロイド。ジンと同様に、過去の過ちを償おうとしている。

監督のギャレス・エドワーズ曰く、K-2はC-3POの真逆の存在。相手の気持ちなどはお構いなしに真実を語り、まるでチューバッカの人格がドロイドに宿ったかのようなキャラクターとのことです。

ガレン・アーソ




ジンの父で、世界を終末へと導く知識を持ち帝国軍と反乱軍の両方からその行方を追われている人物。

銀河版のロバート・オッペンハイマーのような人物。どうして彼とその家族がこのような状況になってしまったのかは、製作側はまだ明かしたくないようです。

ちなみに、写真も未公開。なので、こちらは演じるマッツ・ミケルセンの普段着の写真です。宇宙でボタンダウンが流行っているというわけではない模様。

オーソン・クレニック長官




自らのデストルーパーの部隊を使い、反乱軍を粉砕せんとする帝国の政治局員。皇帝に取り入ろうと野望を抱く一方で、彼の右腕であるダース・ベイダーの逆鱗に触れないようにしている。

政治局員と表現されてはいますが、そうするとやはり帝国保安局と関連する人物なのかもしれません。ダース・ベイダーの登場は確定しているので、ベイダーと彼がメインの悪役となりそうです。果たして彼はフォースで首を締められず、生き延びられるのでしょうか……。

ソウ・ゲレラ




スター・ウォーズの熱心なファンなら名前を聞いただけでわかる人物。以前見た時とは大きくその姿が変わっている。

当初名前が伏せられていましたが、なんとこのキャラクターはアニメ「クローン・ウォーズ」で惑星オンダロンでドロイド軍を相手に戦った抵抗勢力の戦士のソウ・ゲレラであることが判明。

アニメでは、アナキン・スカイウォーカーやその弟子のアソーカといったジェダイの協力のもと、ドロイド軍と激しく戦って勝利するも、その最中で妹を失った人物です。もしかすると、反乱軍のために戦うジン・アーソに妹の姿を見ているのかもしれません。ダース・ベイダーとの関係も気になります!

今回もワクワクする情報がてんこ盛り! ソウ・ゲレラが生き延びて帝国と戦い続けたといった言及はあったものの、まさか再登場するとは! でもサプライズはこれだけじゃないはず。マッツ・ミケルセンのキャラクターの見た目も含め、きっとあっと驚く展開が待っていることでしょう。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は2016年12月16日(金)全世界同時公開。

このキャラクターたちが、どの様な繋がりでストーリーが進み展開していくのか?

今までの「スター・ウォーズ」作品との伏線など、どの様に描かれるのか?

「スター・ウォーズ」初のスピンオフ作品だけに期待が膨らむ時代の騎士でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ローグ・ワン」のシーンより新たな画像が16枚公開されました。



16枚全てを見たい方はこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ローグ・ワン」にダース・ベイダーが参戦することが公式発表されました。



(以下、オリバー・スタイル・シネマより)

Entertainment weelky誌が、映画『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』の独占情報を公開するとしている。今週発売予定の同誌は、『ローグワン』特別表紙となっており、そのカバーアートが先ごろ公開された。



この号では、話題になっている『再撮影問題』の真相や、主人公ジン・アーソら登場人物のディテールを明かす他、数々の新事実が掲載されるそうだ。

『ローグワン』にダース・ベイダーの登場が公式発表

上のカバー画像右下に『DARTH VADER IS BACK!』と書かれている事からわかるように、『ローグワン』では映画史上最高の悪役、ダース・ベイダーが再びスクリーンに帰ってくることがほぼ公式に発表された。
ダース・ベイダーの登場については、数週間前に発表された公式ガイドブックのプレビューにもその姿が大きく確認できたため、もともと確度は高かったが、今回の発表でその登場はついに確実なものになった。

新トルーパー出陣



また、同誌からは先行してこちらのトルーパーの画像が公開された。これまで馴染みの白いストーム・トルーパーとは大きく異なり、かなり実戦的・機能的に見えるアーマーに身を包んでいる。いい意味で、スターウォーズらしくないと言えるだろう。

いや~嬉しいですね~

公開が待ち遠しい時代の騎士でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。