川中小町の社会復帰に異常アリ

ブラック企業で毎日罵られたトラウマを越え再び社会人へ。日々緊張しながら生活する私の雑文ブログです。


テーマ:

皆さん、こんばんは。

 

自宅でもシンシンとした寒さに震える私です・・・ゲホゲホ

 

ブレイカーがすぐ落ちるから暖房つけられない我が家・・・雪の結晶

 

頑張らなきゃ・・・DASH!

 

 

 

 

 

さて、本日月9枠で映画「信長協奏曲」が放送されました。映画

 

 

2014年10月の月9枠で放送されたドラマの続編として作られ、2016年1月に公開されたこの映画。

 

 

皆さん、ご覧になられましたか?

 

 

ドラマを夢中になって見ていた当時の私は映画を観に行こうかと悩んだものです・・・。シラー

 

 

ドラマについて書いた当時のブログ記事の抜粋---

 

 

原作はコミックです。


平成からタイムスリップした高校生サブロー(小栗旬氏演)が、織田家から逃げて明智家の養子になるホンモノの織田信長(小栗旬氏二役)に頼まれて入れ替わってしまい様々な歴史的な合戦に巻き込まれていくコメディ感のある物語です。

 

 

------------

 

 

2014年のドラマでは明智光秀になったホンモノ織田信長がニセモノでありながら人望の厚い信長になったサブローに嫉妬するところまでしか描かれず、「本能寺の変」は映画へ持ち越されていました。

 

 

そして今夜の映画。テレビ

 

 

現代からのタイムスリップという設定があるので笑いの部分も盛り込まれています。

 

 

しかし一応作品は「歴史物」。

 

 

悲しいかな筋書きは想像していたとおり。あせる

 

 

ただ。

 

 

一人一人のキャラクターが発する台詞や回想シーンがなかなか観る側を泣かせるのです・・・しょぼん

 

 

NHKの大河ドラマ「真田丸」で「歴史を変えてくれ!」と視聴者が望んだという話しを耳にしました。

 

 

今回の「信長協奏曲」を見ていて「歴史は変わるのか!?」と思う私がいて、ちょっと笑ってしまいましたあせる

 

 

歴史上の人物を描き方次第でこんなに解釈を変えられるって・・・すごい事です!

 

 

そして、その描かれた世界に浸って感情移入して号泣している私もすごい!?ドクロ

 

 

しかし・・・

 

 

こんな風にキャラの作りこみが出来たら「ケータイ大喜利」の「あるある」や「ナシナシ」に活かせますよね・・・爆弾

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。