よこはまウオーキング協会(略称YWA)

NPO法人 神奈川県ウオーキング協会 
一般社団法人 日本ウオーキング協会 加盟団体


WALKよこはま15年07月号 1表紙.jpg








 2015年7月の予定


通常例会】 
 5日(日)   アニメ「夏のあらし」の舞台を歩く  12km
20日(月/祝) 横浜の18区を歩こうP-16・西区 10km
           「日本丸 総帆展帆」  ※早朝ウオ-ク

【かもめウオ-ク】 
15日(水) 第40回   「都筑の緑道と公園巡り」 10km
                ※早朝ウオ-ク

【ウオ-キング教室】
27日(月) 第110回   ~ 夏もウオーク ~  10km

 

ホームページへの投稿募集中!!

皆様からの投稿を当ページで紹介いたしますので、写真、投稿等を事務所にお送りください。

(メールからも投稿できますので、奮って御参加ください)
メールアドレス
yokohama.walking.association@gmail.com



テーマ:
よこはまウオーキング協会(YWA)の会報「WALKよこはま」の2015年7月号です。
御覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

PDF文書
WALKよこはま15年07月号 1表紙.pdf
WALKよこはま15年07月号 2原稿.pdf

Word文書
WALKよこはま15年07月号 1表紙.doc
WALKよこはま15年07月号 2原稿.doc


Word文書をウェブ上で御覧になる場合、文書の配置が一部崩れています。
正しい配置で御覧になりたい場合は、次のようにしてください。
1 まずクリックしてウェブ上に文書を表示してください。
2 キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「S」キーを押すと、Word文書をダウンロードできます。お使いのパソコンの適当な場所に保存してください。
3 保存したWord文書をMicrosoft WordやWord Viewerで開いてください。

Word Viewer
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=4

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

雨に濡れたアジサイも良かろうと集まって頂いた200人余のウオーカーの方々、ありがとうございました。とは言うもののやはり不安定な天気は責任者には怖く、苦渋の決断で雨が本格的に落ち出す前に上がるべく、コースをショートカットして、スタートしました。
 {湘南台公園をスタート}

しかし、見どころはちゃんと押えてありましたし、雨が本格的に落ち出す前に上がれましたし、皆さまそれなりにご満足頂けたのではないでしょうか。

久々広々として境川遊水地も爽やかだったし、初めての、俣野別邸庭園、大清水のあじさいロードも、それぞれ見応えがありました。特に昼食を予定していた俣野別邸庭園のゆるやかな傾斜地を利用した四季折々に楽しめる花々と木々、芝生。ぜひまた訪れてゆっくりと食事をしたり、花木を観賞したいものと思わせるものがありました。皆さまは如何だったでしょうか。
 
{俣野別邸庭園のアーティチョーク、アザミに似た大きな紫色の頭花をつける。若い花の花托と萼の肉質部を食用にする}
また境川沿いのあじさいロードも大清水橋と鷹匠橋の間、僅か400メートルではありますが、地域の皆さまの丹精されたアジサイも素晴らしいものでした。
  
 

次回は、7月5日(日)、"アニメ「夏のあらし」の舞台を歩く" です。どうぞ、舞台となった大倉山公園周辺を巡って、夏のひと時をお楽しみ頂ければと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

矢来の風雨が7時ごろまで残り、少し出鼻をくじかれましたが、約330名が横浜公園に集合。出発する頃にはちょうど良いウオーキング日和になりました。幕末開港時に横浜開港場と旧東海道を結ぶために整備された「横浜道」と「保土ヶ谷道」を歩いて保土ヶ谷宿に至り、さらに難所と言われた「権太坂」を登って東戸塚にゴールするという約11キロの新しいコースに自由歩行で挑戦しました。関内から旧東海道浅間下に至る「横浜道」に沿って野毛坂の切り通しを登り、峠を越えた戸部1丁目で左折して「保土ヶ谷道」に入り、途中「くらやみ坂」や藤棚商店街を通過して国道1号線とJR東海道線等に架かる「杉山神社前歩道橋」を越えると、旧東海道保土ヶ谷宿の大門通に出ます。そこからは江戸時代までの古東海道や保土ヶ谷宿の面影をしのびながら旧東海道を歩きました。                権太坂の道標         権太坂を上るアンカー
権太坂にかかるころには日差しも強くなり、皆それなりにふうふう言いながら坂を登り切り、昔行き倒れの旅人を葬ったという「投込塚の碑」を経て武蔵と相模の国境の「境木地蔵尊」で一休み。「焼餅坂」を下り「品濃一里塚」を過ぎて東戸塚駅前のオーロラシティ広場にゴールしました。
 オーロラシテイへゴール

アップダウンが比較的多いコースで後半は暑くなりましたが、幸い事故もなく、全員予定時間内にゴールすることができました。郊外の一本道ならいざ知らず、自由歩行は主催側にとって負担が大きいのですが、都心部の商店街や住宅街を通り抜けるコースであり、大人数の団体歩行では一般の方々に迷惑をかける恐れがあるために、皆様に交通ルールやマナーを守っていただく前提で、あえて自由歩行にしてみました。都心部を歩く例会の場合には今後も同様のケースが増えていくかと思いますが、皆さまの感想は如何でしたでしょうか。

シリーズ最終回は919日(土)、「旧東海道戸塚宿 いま・むかしウオーク」です。シリーズ完歩を目指す方も、そうでない方も奮ってご参加をお願いします。
6月次回例会は、11日(木)「東京湾施設巡り」。レインボーブリッジ、お台場公園、イーストプロムナード、有明コロシアム(テニスの森)、晴海大橋、かちどき橋等の東京湾の有名な施設を巡ります。よこはまウオーキング協会としては、珍しい東京遠征です。どうぞ、お楽しみ下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
  
 
昨年までの湘南江ノ島裸足ウオークのコースを一部変更したリニューアル版。真夏の暑さが予想される中でしたが、370名に達する方にお集まりいただきました。ありがとうございました。
鵠沼橋からはサイクリングロードを自由歩行して、茅ヶ崎球場へ。ショートコースはここから茅ヶ崎駅へ、ロングコースはここで折り返し小田急江ノ島駅へ。陽射しは強かったものの、海からの風はまだまだ爽やかで、熱中症などの心配もなく、無事終了いたしました。いつもお世話になる湘南海岸の美化に少しでも協力出来れば、と、役員を中心にゴミ拾いのクリーンウオークを行いました。これを何とか恒常化させたいものと思っている次第です。
次回は、6月6日(土)旧東海道宿場シリーズ②「横浜道・保土ヶ谷道と保土ヶ谷宿」です。
沿道の道標や案内板を見ながら、全区間スタンプラリー方式の自由歩行です。シリーズ全3回完歩者には、横浜市と関係各区から提供された特製の記念品がを差し上げます。ご期待ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
よこはまウオーキング協会(YWA)の会報「WALKよこはま」の2015年6月号です。
御覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

PDF文書
WALKよこはま15年06月号 1表紙.pdf
WALKよこはま15年06月号 2原稿.pdf

Word文書
WALKよこはま15年06月号 1表紙.doc
WALKよこはま15年06月号 2原稿.doc


Word文書をウェブ上で御覧になる場合、文書の配置が一部崩れています。
正しい配置で御覧になりたい場合は、次のようにしてください。
1 まずクリックしてウェブ上に文書を表示してください。
2 キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「S」キーを押すと、Word文書をダウンロードできます。お使いのパソコンの適当な場所に保存してください。
3 保存したWord文書をMicrosoft WordやWord Viewerで開いてください。
Word Viewer
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=4
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
第17回港よこはまツーデーマーチが始動しました。

港よこはまツーデーマーチは、日本の「文明開化発祥の地」である横浜を2日間のウオーキングで余すところなく見ていただこうというウオーキングイベントで、よこはまウオーキング協会にとって最大のイベントです。

今年の日程は、歓迎ウオークが10月9日(金)16時集合、本番が10月10日(土)、11日(日)です。
詳しくは、下記のチラシをクリックしてください。
「第17回港よこはまツーデーマーチ」ちらし.pdf

次の記事・写真は、2013年のツーデーマーチの実施報告です。
第15回港よこはまツーデーマーチ、延べ2700人が横浜の街を楽しむ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 


 

 

 
30℃近くへの気温上昇が予想される中でしたが、380名近い数の参加者、先ず先ずの集まりでした。
今回、往きは、戸塚駅をスタートし、柏尾川河畔と舞岡川河畔、舞岡町小川アメニテイを辿り、  
 
源流部の舞岡公園を訪ね、昼食後の帰りは、明治学院大学との間の尾根道を辿り、戸塚駅を目指すものでした。幸い、気温の上がる午後は新緑の尾根道の樹陰を歩け、熱中症の心配もなく、無事終了しました。
昼食時は、古民家園や管理棟の近くで、田植えのボランテイアや実習の学生さんが沢山おられ、ウオーカーと入り乱れて混雑することが心配されましたが、幸いお互いの気配りでトラブルもなく、終始、責任者としてはホットしたところでした。ありがとうございました。
次回は、6月2日(火)湘南シーサイドウオークです。
スタートは小田急線湘南江ノ島駅近くの西浜で、ショートは茅ヶ崎球場から茅ヶ崎駅を目指す10KMコース、ロングはスタート場所の江ノ島西浜へ折り返す16KMコースです。お好きな方でお楽しみ頂けます。どうぞ、大勢でお越し下さい。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
 新シリーズ「横浜緑の七大拠点」の第三弾。
 季節前の台風6号の発生に気を揉んでいましたが、幸い前々日に熱帯
 低気圧に変わり、横浜を通過しました。当日は台風一過の晴天で
 今度は、気温が上がり真夏日になるとの予報があり熱中症の心配
 が出てきました。
 集合場所の中山駅北口第一公園に参加者400名近くが集まり、広くも無い
 公園がウオーカーで溢れそうになるほどでした。
 スタートしてしばらくは、恩田川の土手を爽やかな川風と回りの草花
 を愛でながら、東に進み、落合橋で中原街道を右折し街道に沿って
 南下し、「四季の森公園」の東口に到着、公園に入ると、周り
 一面の新緑が私たちを歓迎してくれているようでした。
 公園の中央にある池では、野鳥の写真を撮ろうと望遠レンズの
 砲列が十数台、じゃまをしないよう静かに通り抜け、不動の滝を
 目指します。滝の横の百十三段の階段を登り西口より公園を出ます。
 ズーラシア横の雑木林を抜けて、道路に出ると工事を行っていました。
 現場の関係者に聞くと「太陽光発電所の工事用道路を作って
 います。」との事、また緑が減ってしまうのだな、来年同じコースを
 歩く時、どのように変わっているのだろうか?などと考えながら
 梅田川の川沿いに北進して、昼食場所の新治里山公園に到着。
 先頭は予定時間の12時15分に着きましたが、アンカーは20分位
 遅れて到着、一部の方が道を間違えたとの報告、次回の検討事項
 とする。
 
 昼食後伝達式を行い11キロコースと17キロコースに班分け、
 11キロコースはゴールの十日市場駅をめざします。
 17キロコースは新治市民の森の尾根道を行く予定でしたが。
 管理事務所から、尾根道は現在オオタカが営巣中なので、大勢の人の
 通過は悪影響の恐れがあるので、遠慮して欲しい、との要望
 がありましたので、問題の無いコースに変更を致しました。
 「霧が丘公園」「玄海田公園」を通過して最後の山越えをした、
 国道246号線に出る手前でIVVを配布。
 ここも2年前から始まった大型配送センターの工事が完成まじか、
 ここも緑が大きく減ったところです。
 事故も無く、無事ゴールのすずかけ台駅に到着いたしました。
 参加者から「緑が多く緑陰の下を気持ちよく歩けた」との好評を
 得ましたので、次回もトライしたいと思います。
 ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

当日は、夜半から出発直後まで驟雨に見舞われる天候にも関わらず250名もの方々に参加戴きました。

当初の予定では、前半はウォーターフロントから滝野川水系を遡っていき、 
後半は神奈川区の西部の奥座敷、菅田・羽沢の田園風景を楽しんで戴くという、神奈川区を横断するコースでしたが、昼食予定の片倉うさぎ山公園での芝生が濡れていて座れず、とても昼食に適さないだろう、と考え、ロングコースは取りやめ、ショートコースを一部カットし、昼食無しで、地下鉄片倉町駅へゴールと変更させて戴きました。

神奈川区の東南端のウォーターフロントであるポートサイド公園を出発し、滝野川を遡るようにして、反町公園から馴染みの三ツ沢せせらぎ緑道を進み、途中から坂を上がり三ツ沢公園東端の入口から公園に入り、慰霊塔の脇の散策路を経て、三ツ沢公園の競技場前で、トイレ休憩をいたしました。

ここでウオーカーの皆さんに状況説明し、滝の川あじさいロードに寄らず、片倉うさぎ山公園前に直行通過し、うさぎ山街道の見晴らしを楽しんで戴きながら地下鉄片倉町駅にゴールしました。

特に三ツ沢公園東端辺りは比較的最近整備され、ここからのアプローチは、初めての方も多くいらしたようで、その旨楽しかったとのお言葉を戴いたりしました。

うさぎ山街道は、片倉町と三枚町と境の尾根道で、ランドマークビルや新横浜の丸ビル、都筑辺りの丘陵も望め、牧歌的な田園風景も喜んで戴けました。

雨も自然で、午前中だけでのコースになってしまいましたが、それでも神奈川区の見どころである、海と滝野川水系の遊歩道と丘の緑、を楽しんで戴けたと思います。コース統括者として、ホッといたしております。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

台風6号接近の予報が伝えられる中、バス2台総勢86名で横浜を出発、東海道五十三次の江戸から数えて20番目の鞠子(丸子)宿と21番目の岡部宿の中間に位置する「宇津ノ谷峠」(静岡市)に向かいました。ここは古くは「蔦の細道」と呼ばれた難所の峠道と、豊臣秀吉が小田原攻めに当たり新たに開かせ、江戸時代に「東海道」として整備された峠道があり、さらに明治、大正の時代に掘られた2本のトンネル、そして昭和、平成の時代に掘られた現在の国道1号上下線の計4本のトンネルがあります。これらすべてが現在も使用中か、通行可能な状態に維持されている珍しい場所で、「道の博物館」とも呼ばれ、「歩きたくなる道500選」にも選定されています。

「蔦の細道」は短くも険しい上り下りがあるため健脚組の約半数が挑戦。残りは「明治のトンネル」を中心に歩きました。  
 
時折小雨がぱらつきはしましたが、滴るような新緑の峠道を鶯の谷渡りの声を聴きながらゆっくりと楽しみました。途中伝統的な建物が残る宇津ノ谷集落の旧茶屋「お羽織屋」では、秀吉が休息して茶屋の主人の気配りへの謝礼に与えたという「お羽織」を全員で拝観しました。午後は三保の松原に向かう途中の日本平山頂で、会員の
Oさんの弟さんが出迎えてくださり、写真を撮る場所やお土産の買い方まで懇切丁寧にご案内を頂き、思わぬ歓迎に全員大喜び。三保の松原では「神の道」「羽衣の松」周辺を歩き、  
 
帰り道では新東名高速の「駿河湾沼津
SA」でも買い物を楽しみ、事故もなく予定通りに横浜に帰着しました。解散後帰宅途中で大粒の雨に遭われた方も居られたとは思いますが、旅の途中ではほとんど降られず、予定通りの行程をすべてこなし、唯一予定外だったのが日本平や三保の松原からの富士山を見ることができなかったことでした。皆様のご協力のおかげと幹事一同心からお礼申し上げます。幹事 松田俊夫

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇