まなび場PolePole

ホームページ ⇒ http://manabibapolepole.com/

  • 20 May
    • 日本語が理解できない

      ある高校生が現代文のテストを白紙のまま持ってきました。 50分間考えても何も答えられなかったとのこと。   よくよく聞いてみると、文章が読めない。 日本語だから読めてはいるけれど、 半分以上理解ができなかったのです。   特に評論文。   例えば、 「そう言えなくもない」 「一般化する」 「いじましい心根」 「親和関係を保つ」 「畏れ親しむ」 ・・・・     そして、中学生のある生徒の場合、 「戦犯」 「古武士」 「頼みになる」 「ご馳走ずくめ」 ・・・・   あげればキリがないのです。   ところが・・・   国語だけではありませんでした。 別の、世界史の勉強をしていた生徒は、 暗記に苦しんで得点できないので 様子を見ていると、   「慣習法を成文化した・・・」 「頭角をあらわす手段としての弁論術が・・・」 「~の模倣に・・・」 「権力の誇示」   など、これまた書かれた文章が よく理解できていないため、覚えるべきところ以外の、 普通に国語力のある生徒なら読み飛ばすところまで 必死で覚えているのです。   書かれた文章が際限なくわからないのです。 分からないから覚えてしまおう、ということのよう。   日本語自体が分からないという認識すらないようで、 「世界史は難しいですね、心折れそうです。」   それは大変な「作業」です。 文章ごとパターン化して覚えてしまおうだなんて。   結果、違う表現の設問が出たらアウト。   こうした全ての原因は、   「語彙量の少なさ」   活字を読むことが極端に少なくなり、 地域の大人やお年寄りと話す機会もなく、 兄弟も少なく、遊びの集団も同年代ばかり。   これでは、様々な言葉の獲得や表現が 困難になるのは当然のこと。   受験を控えた中学生、高校生になってからでは 遅すぎます。   小学生のうちから語彙量を増やす訓練をしましょう。

      6
      4
      テーマ:
  • 08 Apr
    • 国語の苦手な理由

      「あー、やっぱりできへん」 「苦手ー!!ヤダー」   今日も一人つぶやいてるA君、小学4年生。   「できない」 と嘆くのは、   ・自分の考えを述べること ・選択肢を選んだ理由を書くこと ・~の場面の要点をまとめること  などなど   A君の場合、とにかく記述問題になると   それまですらすら動いていた手が ピタリと止まり、独り言が始まります。   こうした問題で苦しむ原因は、   文章中に書かれていないことを 書かなければいけないとき。   書かれていても全部抜き出せぬ、 いわゆる「要約問題」   「自分がどう思うのか?」 「何を聞かれている?」 「どう答えたらいいの?」   こうした漠然とした疑問から 不安な気持ちになっていき、   「書けない。できない。」となる。   これはただ、答え方を トレーニングされていないだけです。   まず、   「自分はどう思うか」   作文や感想文で求められることですが、 小学校低学年でもよく問われます。 自分の思っていることなのに、 書けない、というかうまく表現できない。   うちの生徒のなかでは男の子に 苦手意識が多いですね。   これは、文を読みながら、 設問の周辺で、   「どう思った?」 「悲しい?うれしい?悔しい?」   と聞いてあげます。   そうすると、   「僕なら悔しい」などと気持ちを発します。   これです。最初はこれでいい。   文章を読みながら、 あるいは書きながら、   「どう?」と合いの手をいれると、 気持ちを書きやすい。   本来なら子どもたちにとって、 文章を読むことは楽しいことで、 途中でこんな質問など すべきではないのですが、、、   そこは、お勉強     他にも、理由を述べたり、 要約を書いたりするときも   「どこら辺に書いてあるか だいたいわかる?」   と大まかな範囲を選んでもらいます。 そうすると、よく分かってはいるのです。   「そうそう、そこらへん。 線引いておこうか。」   最初は丸写しでもいいのです。 だいたい合っていればOK.。   文を書くことが嫌いな子どもたちは 自分が書いたことが間違っているんじゃ ないだろうかと不安になるからです。   おおよそのパターンが掴めてくると   次は削ぎ落しの練習。   要約で大切なことは『述語』   まず、述語を書いてもらいます。   そして、その述語を説明する言葉を 上にもってきてつなぐ。   副詞や形容詞など飾りの部分は、   「ここは要らないね。 ここも余分な話だね~、なんでかなあ」   などと言いながら不要な部分を そぎ落とす練習をます。   高学年、中学生になると言い換え表現も必要。   なぜなら二つの文をくっつけたり、 長ーい文をまとめたりする必要があるからです。     ざっくりですが、当塾でしている 国語のお勉強方法でした。   さて、記述問題で苦しんだA君、 今週末に2年間の予定でアメリカへ。 どうぞ国語がさび付きませんよう。   お母様にはおうちでできる国語学習法を 伝授させていただきました

      3
      2
      テーマ:
  • 25 Mar
    • お母さん、ご卒業おめでとうございます!

      なんで? お母さんが卒業?     今から3年半前、親子ペア授業で、 ご紹介したMちゃんのお母さんが 先日、看護学校を無事卒業され、 本日、その報告に見えました。     三年間様々な困難が、 これでもかこれでもかというように、 彼女の前に立ちはだかりました。   まるで本気度を試されるかのように。   この間、何度かうちに立ち寄られ、 学友たちのこと、お子さんたちのこと、 勉強のことなどたくさん話して帰られました。   わが子と同世代の同級生たちとの接し方や、 英語や数学のほかに何やら難しい 専門科目に看護実習の大変さ。   帰宅後は家事に、山ほどの課題や予習。   そんな状況下でも成績は常に優秀で、 (本人は一切そんなことは口にされませんが)   就職も第一志望の病院に決まったそうです。   Oさん、これからですね。   看護師を目指された時からの崇高な使命感と、 若い同級生に負けない情熱をもって、 新しい看護の形、道を切り拓いていかれること 期待しています。

      5
      3
      テーマ:
  • 16 Mar
    • 全員合格ー!!! でも・・・

      滋賀県の公立高校の合格発表を迎え、 全員が第一志望へ合格となりました。   今年度の目標達成!!!   喜びのメールに返信をしながら、 毎年、頭をもたげること。。。     第一志望に合格することは 本当にこの子たちに良いことになる?   これは全員合格してくれたからこそ 言える言葉でしょうね。   不合格の子が一人でもいれば 負け犬の遠吠え と受け取られかねない。。     では、   第一志望叶わなかった子たちは不幸?   う~ん、難しい   受験生の気持ちになれば当然、 少なくとも幸せではない。 泣きたい気分。  不幸のどん底かもしれない。     けれど、   人生はナガーーーーーイ   高校受験や大学受験で人生が 決まるわけではないのです。 (言うことはカンタンですか)     ただ、それからをどう生きるか。   顔を上げ、前を真っすぐ向いて 胸を張って生きよね。     あなたたちの価値は試験の結果などで 測れるものではものではないので。   下を向いてると幸せが頭の上を 通り過ぎるっていうしね。   いつか必ず、この道でよかった と言える日がきます。     という、この時期、 毎年同じようなことを書いてます。  

      3
      テーマ:
  • 04 Jan
    • 新しい仲間

      今日からPolePoleの仲間になられたHさん。ここは小学生から高校生までが同じ部屋で勉強するため、皆が兄弟姉妹のよう。3時の休憩時間には全員でボードゲーム。Hさんもすっかりうちとけた様子。温かい仲間のなかでこれから学びを楽しんでくださいね。Hさんのお母さまからいただきました。美しく見事な苺。ありがとうございました。皆で美味しくいただきました。

      6
      テーマ:
  • 01 Jan
    • 学び初め

      明けましておめでとうございます🎍 朝から、「明けましておめでとうございまーす」駆け込んできたのは小学生のA君。 塾だよりで「学び初めに来てください」と書いておいたら、ちゃんと来てくれました。 彼にとって勉強は毎日休みなくするもの。 朝起きて顔を洗ったり、歯を磨いたり、食事をすることと同じ。 むしろ、お正月だからこそ特別のおせち料理同様の特別な勉強?  だから、、、 小学生には少し難しいかもしれない国語の読解方法を指導しました だ~れもいない教室で一生懸命お勉強しています。  

      4
      5
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 国語がご縁で

      先日の夕方、自宅の電話が鳴って、 「久保先生でいらっしゃいますか?」 「はい、そうですが」 「あの、、、覚えていらっしゃるかどうか・・・」 「?????」 「Kと申します。  以前、〇〇塾でお世話になった」 少し、お話してすぐに思い出しました。以前、私が勤めていた大手塾にお子さんを通わせてらしたKさん。 お話から、私が退職してすぐにその塾を止められたとか。 そして、国語に力を入れている塾を、と色々なところを渡り歩かれ、、、 ネットで検索しているうちにナント偶然にも当塾にたどり着いたとのこと。 「ホームページの写真から、間違いない。久保先生だ、と嬉しくなりました!でも、すみません、何だかストーカーみたいで・・・」 ネット社会恐るべし でも、とても嬉しかったですよKさん。そこまでして私を探してくださって、 本当に光栄です その電話の翌日には遠方からお子さんのNちゃんと一緒に訪ねてくださり、 「1月から通わせていただいてよろしいでしょうか。」 お断りする理由などございませんよ。責任をもってお預かりさせていただきます 

      3
      テーマ:
  • 22 Nov
    • まったく別人です!?

      一週間前に入塾してくれたA君。今日で4回目。 初日は2時間、ほとんど休憩せず集中して勉強していたので、I 先生と 「A君、少し頑張りすぎですよね。多分、緊張して頑張ったんでしょう。相当疲れてますよ、次から少しペースを落とさせましょう 」と、話していたのですが、 その次の回も次から次へと課題をこなすおうちへ帰っても全く疲れを見せないとか。 昨日はお母様も様子を見に来られていて、 「家にいる時と、まるで別人のようです。学校の宿題はおろか、塾の宿題さえせずに毎日ケンカ状態でした。今の姿を学校の担任の先生にもお見せしたい・・・」 色々、先生にも注意をされていたとか。。。 そういえば、7月に入塾したT君も前の塾では何度も脱走?したりサボったりで、お母さまにGPS持たされて 来ていましたが、、、 それが今や土日も「先生、自習に来ていいですかー」と。 お母さまは、にわかに信じられないようで、今でも時々「本当に行ってますでしょうか?」と連絡をしてこられます。 そこで、 彼の学習中の写真を撮ってメールで送ると、 A君のお母さま同様に、 「うちにいる時のTと別人のようです」 私は私で今の彼らしか知らないので、以前のそんな様子が信じられません。 いったい彼らにどんな心境の変化が起こったのか不思議で不思議で ま、好ましい方向に向いてくれたので良しとしときましょう。(でも、フシギ)

      1
      2
      テーマ:
  • 16 Nov
    • 大丈夫!ご心配無用ですよ。

      今日は発達障がいをもつ小学校5年生さんの体験授業。 火曜日は私が別の塾で授業をしているため、医大生の I 先生が担当。 お母さまから事前にお子さんの情報を入手し、チ―坊先生からも貴重なアドバイスをいただき、多少不安そうな I 先生に伝えておきました。 授業開始後、1時間で戻って教室をのぞくと、、、 一生懸命理科のプリントを解いていた、そのA君が振り返って「こんにちは」と笑顔。既に何枚も理科と算数のプリントを済ませてしまったとか。 「算数好き?」 と問うと、「うん、面白い!もっとやる」 初回なのに2時間も机に向かっていたA君お母様もご心配だったのか、2時間ずっと教室内で見守られていましたが、大丈夫。何のご心配にも及びません。 I 先生もいつもどおり優しい笑顔で対応してくれていました。 これまで何人か発達障がいの生徒さんを指導させていただきましたが、私にはやはりよくわかりません。発達障がいの子と、そうでない子の違い。 学校や集団授業をする塾では相対的に、一般的にいわれるような異質な面が見えたり、一斉授業の進行に支障があったりするのかも知れませんが、 うちのように個別に対応していると、体格や顔や声の違う他の生徒たちと同様、なんら違和感もなく、可愛い生徒の一人。 来週から週2回通ってきてくれることになりました。 I 先生、貴重な体験をしていただけましたね。いつかお医者様になられて役立つかも?

      2
      2
      テーマ:
  • 27 Aug
    • 作文書けた♫

      今年も書きあげました。一人3枚から多い子で22枚。お決まりの税の作文人権作文生命保険について、明るい街づくり   etc...そして、小学生はほぼ読書感想文。保護者の方々も相当ご心配な様子。作文は書きたいことがなければ書けません(当然と言えば当然)。少なくとも書く対象に対しての関心がなければ無理。ほとんどの生徒が「税金なんて興味ない」「保険知らない」「人権てなに?」という状態ですから書けるわけがないのです。大人でも自分の関心のないことなど話せないし、ましてや書けないですからね。という訳で塾生には夏休み入るとほど同時に「税金のない社会」「生命保険かけてない人」「人権のない国」などについて、授業時間一コマ使って話します。誰でも自分の身に困ったことが起こると他人ごとでなくなり、グッと自分に問題を近づけます。これは英文法を学ぶ時にも使う手法ですが(`∀´)そうそう、その前に生徒に伝えることがありました。「人の話を聴く時は、 いつ、なんどき質問されても もしくはコメントを求められても 即答できるような聴き方をすること」これは文章を読む時でも同じです。こうした態勢ができていないがゆえ、「え?何て言いましたか?」「聞いてませんでした。」ということになるのです。こうしてある程度書きあげてもってきてもらうと、やはり、あります。“良い子ちゃん”作文。税の作文でも、人権作文でも、「○○はしてはいけないと思います」「イジメはなくすべきだと思います」昨日まで平気で妹いじめてた子がまるで“公序良俗”が服を着たように「本当の気持ちは?」とダメだしすると、「……やっぱ難しいです。」作文でも読書感想文でも、書いた人の本音の部分や心の動きが表れてこそ、読む人の心をうちます。「ハイ!書き直そ!!」何度か書きなおすと、素敵な文章に変貌していきます。“使用前、使用後”的文章をみて、「こんなに変わるんやー」と、まんざらでもない顔こういう過程を経ての各自の大作完成!!おめでとキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

      2
      2
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 実力テストで得点できない

      中学一年S君が 先月の中間テスト終了後 「先生、大手塾に行ってる人は 学校の定期テストの過去問で テスト勉強してはるから有利やわ」 と問題提起してきてくれました。 小学生の時から競い合ってるのか 相当くやしそう。 私も大手の塾にいたとき、生徒に 中間・期末の度に試験問題をコピー させてもらっていましたが、 今もまだ続いてるんですね・・・ 確かにこれで成績があがり、 評定平均が4.5以上の生徒もいます。 ただし、弊害も多々あります。 特に基礎学力のない人がそうした 目先の得点にとびつくと後々大きな しっぺ返しがあります。 実力テストで、あるいは模試で 得点できないのです。 つまりは、受験で失敗するのです。 (志望校を変更すればいいことですが) だって、自分は何がわかっていて どこがわからないのかすら、 わからないのに点が取れちゃうから。 ただ今そうしたしっぺ返しにあった 生徒の一人を手当中。  現在高校生です。大学受験には 何とか間に合いそうです。 とか、書いてる間に、、、 当のS君が期末テスト片手に 「先生、あの生徒追い越した!! 数学も理科も英語も!!!」 あらあら、けっこう簡単に結果 出してきてくれました。 そうでしょう、私を信じてついてきてね。

      3
      テーマ:
  • 05 Jun
    • なんとも不可解!?

      中学一年生のK君が 学校の先生ともめたそうで、、、 その理由が、 英語のアルファベットの書き順をめぐって。 彼は他ですでに英語学習をした経験があり、 英検4級のレベル。 「先生、WやMって、書くときに先生も  いつもその書き方で書いてるんですか?」と・・・ 正直者のK君に私は、 「あなたの言ってることは間違ってないね」 と伝えると、 「でも、学校の先生から目をつけられた。。」 と嘆いていました。 アルファベットの書き順については うちの息子が中学の時にも同様の 指導があったのを覚えていますが、 それが20年以上続いていたとは・・・ そんな無駄なこと教えてる間に 日本語と英語の構造的な違いとか、 他動詞・自動詞の区別や 前置詞の意味など もっともっと重要なことが たくさんあるのに。 しかも、筆順なんて 彼らが小学校でローマ字を 習う時点で学習済みでしょうに。 しかも② 書き順のテストまであるなんて(泣) 国語の漢字同様、 型にはめてきれいで読みやすい文字 を書くように、というのもわかるけれど、 数カ月後には ダーレモその筆順守らないのに・・・ 先生方も誰一人その筆順で書かないのに。 中学入学時に他で英語を 勉強してきている子は大勢いるはず。 そういった無意味な学習をさせる 先生に対して不信感もたないかしらん。

      6
      3
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 人生で一番楽しいとき

      今日は、 一週間病み続ける風邪をおして 元教え子の S さんからのお誘いで 2016京都さくらよさこい祭りへ 。 全国から100チーム以上、 3000人以上の大学生が参加する 近畿で最大級のお祭りです。 2年前、授業中にどんなに話しが はずんでも笑顔なぞ滅多に 見せなかった彼女が 満面の笑みで元気よく踊る姿を見て、 『今が人生で一番楽しいです!!』 という彼女からのメールに納得。 子どもたちが健康で幸せに 様々な花を咲かせ、実をつける 姿を見ていて 私たち大人の役目は 彼らの個々に適度な土壌となり、 太陽の光でありたいものだなあ、 と、帰りの電車でコンコン咳を しながら考えていました。 (あまり健康な土壌じゃないかも)

      13
      4
      テーマ:
  • 17 Mar
    • なだれのような合格!!!

      S君、O君、Y君、K君、H君、 今年は男子ばかり。 全員そろって第一志望合格おめでとうー! 今年もヒヤヒヤドキドキ不安の瞬間と ヤッター!!の感動と涙のひと時を 味わわせてもらいました。 特に、 昨年7月末から指導開始したS君。 学力に見合わない(失礼)高い目標で、 最後の最後まで私に冷や汗 をかかせてくれて。。。 センターで失敗。 前期、中期でも得点は伸びず。。。 毎日が薄氷を踏むような日々。 後期は、どうなっただろう・・・ 連絡来ないとこみると、アカンのか(・_・;) 勇気を振り絞って、お母さまに電話。 すると、 心臓バクバクしながら待ってると、 「センセー、〇〇大学△△学部  合格しましたよ」 と、あっけらかんとしてる。 もっと感動してよ。 声詰まらせて鼻水すすれよ!! 周囲が次々合格を手にするなかで、 すべり止めで妥協せず、最後まで よく頑張ってくれました。 しかも、ちゃんと第一志望手にした。 君たちは皆、私の誇りです。 新たな門出にカンパーイ!!! 「あ、先生。本人と代わりますね」 (え?なに?不合格で落ち込んでる本人を  慰めてくれとでも?  ワ″-!ワ″-!第一声、何て言うんだ?)

      9
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 遅くなってゴメン!!!

      Tちゃん県内でも有数の難関高校特色選抜合格おめでとうー!昨年末、急きょ入塾となり、一生懸命頑張って夢を叶えた人。本来なら決してこんな時期に受験生を受け入れたりはしないのですが、お母さまから何度も何度も電話をいただき、本人の熱意も伝わってきたのでつい・・・それでもものすごい勢いと情熱で、とにかくすごい勉強量でした。課題として出した英作文200問をわずか2日で仕上げてもってきて、コメント書いたたら・・・なんと訂正してまた2日後に持参。苦手な数学も有紗先生に特訓うけて、毎回2時間休憩も取らず、ひたすら問題を解きつづけた日々。これまでの塾生のなかでも最もたくさん勉強した生徒の一人。他の塾生の刺激になってくれて、わずか2カ月で結果を出してくれて、ありがとう。嬉しさ9.5割、寂しさ0.5割。さて、私にはまだ大学受験生くんたちが控えているので気を引き締めてガンバリマス!

      8
      テーマ:
  • 24 Jan
    • 国語力を伸ばす

      この三月より国語専科の塾をすることになりました。といってもここではなく、他市で。PolePoleと競合しないように?いえいえPolePoleはどことも競合しませんよ。うちにはうちにしかない良さがありますからね。詳細は後日お知らせしますね。で、私の専門は英語教育ですが、どうしてまた、国語とな。。。もちろん2020年センター試験に記述式が導入されることも考慮してですが、それ以上に何人もの受験生を指導してきて改めて気づいたことが、全ての学力の基礎は国語ということ。数学でも物理でも歴史でも英語でもまず、設問を理解しないと正解にたどり着けません。さらに国語、英語ならなおさら長い文章を読んで解答しなければならない。少なくない数の生徒たちが設問の意味を理解できず、回答をすることがあります。それでは本文を何百回読み直してもムダ。先ずは的確に設問の意味を理解し、それに見合う適切な回答をする。国語の得意なある生徒が、「問題を一目見て、感覚で正解がわかってたのに 前の塾の先生に『パラグラフリーディングが大切だ』とか『接続詞は順接か逆接か』、『ネクサスは・・・』って言われて、その通りにしていくうちに全然わからなくなって、、、 」国語は感覚で解いてはイケナイと言われます。それは一般的に事実です。ただ、自分の独りよがりの感覚と文章を的確に読むセンスの感覚とは全くの別もの。同じ文章を読ませても生徒によって全く違った意味に理解することがあります。日本語を的確に読める人に、段落や文脈を考えているか?この文とその文はどういった関係か?主語と動詞の関係は?などといちいち確認したりしないのと同じ。適切に文意をとらえている人には独りよがりの読み方にならないよう適時アドバイスする程度で十分。同様に、英語を読めるのと、文意がつかめるのとは別もの。これだけ単語も文法も万全なのに、どうして長文問題が解けないのか、と思わせる生徒がいる一方で、単語は文章全体の60%程度の知識量で文法は特に勉強していないのに、内容を理解し、問題が解けてしまう。こうしたあまりに語彙量の少ない生徒に皮肉をこめて「なんでかなあ」と尋ねたところ、「センセー、だいたい文脈からわかりますよぉ。」これが、国語力のなす技。PolePoleでもこれからますます国語に力を入れます。

      16
      11
      テーマ:
  • 23 Jan
    • 高一、センター試験に挑戦

      いつものようにやってきた高校一年生くん「先生、今回のセンター試験の問題ってありますか?」と来るなり尋ねてきました。「どしたの?」と尋ねると、、、「高校の先生が今回の国語は簡単やったからきみたちにもできるはずや、て言わはったから」何と意欲的な・・・普通そう言われて何人の生徒が挑戦するのか。とはいえ、彼の場合は高校入学当初から国公立目指すと決めているので当然と言えば当然の反応か。。。ということで、さっそく取りかかっていました。制限時間を40分オーバーして、自己採点。結果は・・・?「やっぱ、難しいわ。思ったほど取れへん」実は彼、先日もセンターレベルの英語にも挑戦していました。もちろん先輩のしているのを見て、自分もやってみたいと。やはり無念そうに「難しーい!」とお手上げ状態でした。ただ、上を目指す人たちは是非とも高校一年か、少なくとも二年生の初めにはセンターに挑戦してほしいと思っていますし、全員にやってもらっています。理由は、己の力量を知るため!!!目指す得点と現在の力の差を埋めていくのが受験勉強ですからね。

      5
      3
      テーマ:
  • 15 Jan
    • いよいよ♪

      明日はいよいよセンター試験!みんなホントによく頑張りました。毎日毎日、  学校帰りに教室に寄って自習したり、制服の胸ポケットに単語カードを入れ、  自転車が信号で止まる度に目を通したり、世界史の勉強用に壮大なマインドマップを  つくって偏差値28点も揚げた人もいたし。またまた一方では、気分がのらなくて机に向かえなかったり、イライラして親御さんとケンカしたり、得点が伸びなくて落ち込む日々が続いたり。ペースメーカーとしてあなたたちと走り続けた数ヵ月が感慨深く思いだされました。さて、明日はこれまで蓄えてきた力が思う存分だせますように!

      4
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 見かけによらず・・・?

      ここのところ嬉しい知らせがたくさん!順番からいくと・・・短期決戦でAO入試を制したH君を筆頭に、まさかの大手企業へ就職の決まったK君、一次募集は受験の練習のつもりで、ダメ元でとりあえず来年一月に二次募集に、私たち教師は浪人も覚悟していたI君が一発合格。超狭き門の専門学校へ合格したY君。それぞれが鳥肌が立つほどの感激で私たち教師は思わず「バンザーイ」と狂喜乱舞。ところが当のご本人たちは、、、「おめでとー!!!」の私たちの言葉に、「ありがとうございます」とは言いつつ、私たちの20%くらいの感動にしか見えない。。うーん、現代っ子は喜怒哀楽の表現下手?というより、人間が大きくて大胆不敵?根拠のない自信家?私たち教師の思い入れの強さ?いずれにしても、彼らに共通しているのは、見かけによらず素直に言うことを聞く。見かけによらずヤルときはヤル。見かけによらずコツコツ努力する。見かけによらず・・・可愛い。なにより、、、これまでの彼らには無謀ともいうべき挑戦なのに誰からも、「ムリです」という言葉が出なかったこと。「夏休み3日間のワークショップ参加がAO入試の必須要件らしいよ」と「〇〇の勉強も必要みたい」と軽く言っただけなのに、どうやら夏休みにガッツリ勉強してワークショップにも出席していたようで。。。「SPIの試験勉強しといたほうがいいよ~」と、サラッと言っただけなのに高校生用SPI対策本なるもの買って夏休みにサラッと勉強してたようで。。。「面接の練習しとく?」とひょいと言ってみただけなのに、「も一回お願いします!」と4回も練習繰り返すだなんて。。。皆、「見かけによらず」などではなく感情表現が足りないのではなく、私たちの思い入れが強すぎるのでなく、私たちの方が歪んだ見方をしていた、つまり認知バイアスがかかっていただけのことでした。あなたたちのおかげで大切なことを思いださせてもらいました。ありがとう!!

      20
      7
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 面接特訓

      常軌を逸した夏の暑さがようやく去ってくれましたね。今年の夏は本当に異常な暑さでした。昼間というのに私は車を運転しながら頭がボーとして何度か眠りそうになり、赤信号の度にひと眠り、なんてことを繰り返していました。よくまあ事故にならなかったもの、と幸運の神さまに感謝。さて、大学生たちの就職活動が一段落し、次は高校生たちの就職活動がスタート。さらに進学組の推薦入試の準備で目の回るような毎日を送っています。就職、進学いずれにしても必要なのがマナー教育を含めた面接指導。初対面では最初の印象がとても大切!ということで先ずは、髪型や服装、お辞儀のしかたなど特訓。初めは緊張してぎこちない動きが練習を重ねるにつれ自然で優雅に・・・型が定着すると次がいよいよ質問タイム。必ず聞かれるのが、  ・学校(会社)への志望理由  ・自分の特性(長所・短所を含め自己アピール)  ・高校生活で得たこと、学んだこと面接官の人に最も響くのが、自分の進学(就職)分野や目標が明確で、その大学(会社)の特長をしっかり理解し、自分の目標と先方の特長が〇〇の点で合致しているので、、、この大学(会社)でなければダメなんだ!ということをしっかり伝えてくる言葉です。実際、そういう言葉をこちらの目を見て伝えてくる生徒たちには感動を覚えます。家から近いから、とか先生に言われて、とか本音はそうでも絶対に言わないこと。面接後のフィードバックで彼らと話すとほとんどの生徒が自分の隠れた長所に気づいていないことです。これは私たち周囲の大人が彼らとの交流を通して引き出してあげることかな、と痛感しました。新たな自分のアピールポイントを見つけた彼らは何だか活き活きと教室を後にしたような・・・気がしました。

      25
      テーマ:

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。